乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2017/12/23(土) 21:28:48.96 ID:CAP_USER

    no title


    小兵ながら横綱相撲

    BMWの世界戦略を担う小排気量モデル「G310」シリーズ。その第2弾として、BMW得意のアドベンチャースタイルをまとう「G310GS」が登場した。圧巻のブランド力を誇る、“GS”という看板を背負った最新モデルのライドフィールを一言で表すと?

    BMWが繰り出した必殺の得意技
    「めちゃくちゃ乗りやすい!」。それがBMW G310GSの第一印象。しかし印象などというのは絶対値ではなく、過去の経験との相対値に他ならない。では何と比較して「乗りやすい!」と感じたかと言えば、ここで前に紹介した「BMW G310R」である。エンジンやフレームはまったく同じながら、フロントホイールをRの17インチから19インチに変更。ディメンションを改めた結果、見事なまでに乗り味を変えてきた。

    そんな話を続けると、「じゃG310Rは乗りにくいのか」と誤解を招くかもしれない。そうではなく、先に発売されたのがRだったがために後発組の基準になっただけだ。歌やダンスのうまさを競うコンテストでも、後の組ほどインパクトが大きく感じられるのと同じです。それほどに印象という査定値は曖昧なのだ。

    けれどG310GSにある種の絶対的な乗りやすさを覚えたのは事実。その感覚を導き出したのがBMWの“GSチューン”である。千代の富士の左上手とBMWのGSは、それを出された日には「ごめんなさい」という他にない、必殺の得意技なのだ。

    オタメゴカシじゃない!
    このままBMWの決め技について書きたいところだが、まずはG310シリーズについて触れておく。

    313ccの排気量に由来する310は、BMWが新たにチャレンジした小排気量クラス。パートナー企業のTVSモーター・カンパニーがインドで製造しコストダウンを実現。各国各地域の排ガス規制や現地法令をクリアするスペックを備え、早い話が新興国市場を席巻するためにつくられたシリーズだ。これまで、そうした小排気クラスは日本メーカーの得意分野だったが、BMWもブランド力を誇示して急成長するマーケットに乗り込んできたのである。

    いやいや、ブランド力だけでオタメゴカシにしないのがBMWの偉いところ。新開発の液冷単気筒エンジンは、吸気系が前で排気系が後ろの後方排気型という珍しい形式を採用。これがするするとストレスなくよく回る。その第1弾が、前傾するシリンダーに合わせるような前のめり感を強調したロードスポーツのG310R。それに続いたのがアドベンチャー系のG310GS、という図式だ。

    これもG310Rの記事で書いたことだが、このモデルに対して取材チームは「もしバッジがなかったら?」というかなり意地悪な考察を試みた。では、G310GSに同じ問い掛けをしてみたらどうだろう。答えは、「ごめんなさい」。なぜならGSチューンは白鵬の左四つと変わらぬBMWの得意技だからだ。ふむ、それにしても相撲はどうなってしまうのだろう。

    排気量に関係ない存在感と扱いやすさ
    G310GSのボディーからBMWのバッジやGSの文字を取り去っても、やはりG310GSはBMWにしか見えない。最近は日本メーカーもこの手のアドベンチャー系の新型を続々発表しているので、「もしかしたら?」と思ったりもするが、やはりシルエットだけでもGSの文脈を正しく受け継いだものだとはっきりわかる。

    単純に言えば、オリジナリティーとクオリティーの差なのだろう。BMWには、横綱と呼ぶべき「R1200」を頂点に「F800」「F700」にもGSが用意されている。そのどれもが見まごうことなきGSルック。この形になったらBMWは勝ち星を計算できるのかもしれない。ゆえに、小兵ながらG310にも横綱相撲を取らせるためにGSを用意した。恐るべき独逸部屋の勝利への執念……。


    【BMWから300ccクラスのアドベンチャーモデル「G310GS」が登場。その走りを一言で表すと?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2017/12/18(月) 07:53:38.73 ID:oN2ua4+E0● 

    日本の公道が走れる折り畳み式のキュートな電動バイク「Cute-mL」
    https://bouncy.news/6680

    山梨県に拠点を置く株式会社アクセスが開発した、キュートなデザイン折り畳み式電動バイク「Cute-mL」。日々の街乗りからちょっとしたお出かけまで様々なシーンで活躍してくれるモビリティだ。
     
    女性でも手軽に扱えるコンパクトな設計
    フレーム中央のレバーを引くだけでサッと折り畳める「Cute-mL」。コンパクトかつ軽量なので女性でも手軽に扱うことができ、一般的な原付バイクよりも場所を取らないので、自宅や出先での置き場にも困らない。



    国産メーカーならではの充実したサポート
    「Cute-mL」は、15年以上電動バイク・電動バイクの製造卸・販売を行なってきた株式会社アクセスが、日本国内で安心して乗れる手軽なパーソナルモビリティを届けようと開発された。
    国内メーカーならではの充実した保証が用意され、スマホの充電が可能なUSBポートや盗難防止機能など嬉しいサポートが満載。

    シンプルで可愛らしいデザインの5種のカラーが用意されており、2018年1月末までクラウドファンディングでキャンペーンを行なっている。
    一般販売時には「144,000円(税込)」で販売予定だが、クラウドファンディングプロジェクト限定で「85,000円(税・送料込)~」から購入することが可能だ。

    キュートで手軽なモビリティで、日々の移動を楽しんでみては?


    https://bouncy.news/wp-content/uploads/2017/12/cute_folding.gif
    https://youtu.be/RQ1ASHCPPsU


    【公道走行可能で車のトランクにも入る折りたたみ電動バイク144000円が割引で85000円!いそげ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2017/12/07(木) 16:05:46.69 ID:CAP_USER

    ベラルーシの首都・ミンスクの高速道路を走っていたライダー。

    その時、ライダーはハッとしました。『飛び降りようとしている人』の姿が目に入ったのです。
    自殺を阻止するため、高速道路を逆走したライダー
    おそらく、ライダーは迷ったことでしょう。「見間違いかもしれない」「逆走は違法だ」…と。

    しかし、決心したライダーは急きょ高速道路を逆走し始めました。

    そして、いまにも飛び降りそうな男性に手を振り、大声で男性を説得し始めます。
    説得が成功した後、ライダーは急ぎ男性の元に駆けつけました。ライダーが声をかけたことで、男性は思いとどまることができたのです。
    「ルールを破っていることは分かっていました。
    許してください。これしか解決法はないと思ったのです」

    動画の投稿者コメントで、そう謝罪したライダー。自分の行動がルール違反であると分かっていても、男性の命を助けたかったのでしょう。

    ライダーの行動に対し、「あなたのやったことは間違っていない」「心優しい行動に感謝します!」「よくやった!」といった、称賛のコメントが多数寄せられました。

    確かに、ルール違反はいけないことです。しかし、ライダーの勇気ある行動によって、尊い命が救われました。

    周囲の車も、ライダーが説得している間は停車してくれていたようです。優しさあふれる光景に、心が温かくなりますね。
    grapee
    2017年12月3日
    https://grapee.jp/425082


    【突然、高速道路でバイクが逆走! その理由に「素晴らしい!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/12/06(水) 19:08:16.53 ID:CAP_USER9

    「珍しいハーレーだった」ひき逃げなどの疑いで男逮捕

     
    ひき逃げ事件、逃げていたのは珍しいハーレーのバイクでした。

    東京・足立区の会社員、桑山太一容疑者(45)は先月13日、大型バイクを運転中、
    江戸川区・東葛西の路上で会社員の男性(27)をはね、そのまま逃げた疑いがもたれています。
    男性は左足を骨折する重傷を負いました。

    桑山容疑者は1998年式の「ハーレーダビッドソン」社製のバイクを運転していて、
    現場近くを走行していたタクシーの運転手が「古いタイプの珍しいハーレーが事故を起こして逃げた」
    と情報提供をしていたことなどから、桑山容疑者の関与が浮上したということです。
    桑山容疑者は、「衝突したときの衝撃が大きく怖くなって逃げた」と容疑を認めているということです。

    TBS Newsi
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3232057.html
    no title

    (ソースに動画あり)


    【「珍しいハーレーだった」と情報提供があり関与が浮上 大型バイクを運転中にひき逃げをした疑いで男(45)逮捕 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2017/12/04(月) 22:38:51.85 ID:CAP_USER9

    no title



    寒い、さむい、さむい~ッ!! いよいよ冬がやって参りました。さらに今週は寒波襲来とあって絶望的。とくにバイク乗りにとっては、絶望に絶望をかけあわせたツライ季節である。着こもうが手袋をしようが、すき間から風が入るし、寒いんだよぉぉぉぉ!

    そんなあなたにオススメしたいのがコレだ! 中国で売られている「バイク用防寒着」である。質実剛健という表現がピッタリのガチなやつ。これさえ着れば防寒着の下は春のよう、冬将軍なんかどこ吹く風だというスグレモノなのだ。

    ・中国のバイク防寒着が天才的
    なにがどうスグレモノなのか! それは画像をご覧いただければイッパツだが、あえて言葉で説明すると、

    「体ごとバイクの前面をすっぽり覆うふとん」

    のようなものだ。

    走る姿は、マジふとん。というかコタツ! 前からの風を防ぐばかりでなく、ハンドル部分までしっかり覆われており、これなら素手で握っても大丈夫そう! これは天才的だ!

    中国のバイク防寒着は2013年にも紹介したが、その後さらなる進化をとげ、表面はPVC加工で雨風雪にさらに強く! 中は裏起毛でフンワリ暖か。そして、夜間走行に嬉しい反射板に便利な内ポケット。フランス羽毛を使ったものまで登場しているぞ。

    ・ただし、絶望的にダサい
    もういいことずくめだが、ひとつだけ注意点がある。それは非常にダサいということだ。「ダサいを極めたらこうなった」と言いたくなるほどのダサさである。


    全文はソース
    https://rocketnews24.com/2017/12/04/989947/


    【中国の「バイク用防寒着」が絶望的にダサいが天才的 / さらなる進化を遂げた】の続きを読む

    このページのトップヘ