乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2016/10/20(木) 22:45:46.49 ID:ykgbkaSu0 

    no title

    ホンダは、軽二輪ロードスポーツ「VTR」と、足着き性を向上させた「VTR Type LD」、ハーフカウルを装着した「VTR-F」の
    カラーリングを変更するとともに、特別カラーを施した「VTR スペシャル エディション」を新たに設定し、10月21日に発売する。

    http://response.jp/article/2016/10/20/283920.html


    スポンサーリンク

    【ホンダ VTR シリーズがカラーリングを変更、特別カラーモデルも設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    cw1016-2017-yamaha-yzf-r6-first-look-024

    1: 2016/10/15(土) 01:19:19.28 ID:65ZRPhXo0 

    ヤマハ発動機株式会社は、排気量 599cm3のスーパースポーツ「YZF-R6」を9年ぶりにモデルチェンジし、2017 年3月から北米で発売することを発表した
    (10 月 13 日に米国フロリダ州で開催の AIMExpo "American International Motorcycle Expo"で世界初公開)。
    http://jp.autoblog.com/2016/10/14/2017-yzf-r6/


    スポンサーリンク

    【ヤマハ発動機、2017 年モデル「YZF-R6」を北米で発売。高いスポーツ性能をさらに進化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    L_mbx50f_198510
    1: 2016/10/13(木) 14:13:30.83 ID:JdTjM9aU0

    MBX50は1982年に登場した50cc原付で、125ccクラス並の大きな車体が発売当初に、話題となりました。製造期間は1982~1991年。
    このMBX50の特徴は、2ポットのフロントディスクブレーキ、プロリンクサスペンション式リアスイングアーム、コムスターホイールにハイパワーな2サイクルエンジンとなっています。

    エンジンはMBX50で新設計となった7.2PSを出力する水冷式の2サイクルエンジン。当時はスピードリミッターが装着されておらず、
    90km/hを軽くマークしてしまうほど高性能で、そのことが朝日新聞に取り上げられ、社会問題となったことが記録されています。
    これにより1984年に最高出力を5.6PSに落とし、6速だった変速機を5速に減らし、スピードリミッターを装着するなどの対応をしましたが、そのことが原因で販売台数が減少へ。

    1985年にはMBX50Fとなり、もとの7.2PSへ、変速機も6速へに戻し、フロントカウルを標準装備するといったモデルチェンジを行い、人気は復活しました。

    https://goin.jp/14553


    スポンサーリンク

    【【ホンダ MBX50】社会問題にもなった原付!最高速は90km/hオーバー?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2016/10/12(水) 19:13:08.92 ID:CAP_USER

    http://internetcom.jp/201650/bmw-motorrad-reveals-concapt-model-vision-next-100

    no title

    no title

    no title


    BMW Group各社は創業100周年を祝い、同グループの次の100年を見据えたコンセプトモデルを今年に入り次々と発表してきた。
    その締めくくりとなるのがBMW Motorrad。同社は米国ロサンゼルスの「Iconic Impulses. The BMW Group Future Experience」で、
    バイクの未来を示すコンセプトモデル「VISION NEXT 100」を公開した。

    通常、コンセプトモデルは、5~10年先の社会を想定してデザインされるという。だが「VISION NEXT 100」では、
    数十年後の未来がターゲットとなった。BMW Motorradは、今よりもデジタル化が進み、あらゆるものが繋がった世界で求められるバイクは、
    “デジタル時代に、アナログ体験”が可能なものだとして「VISION NEXT 100」を設計。BMW Motorradのデザイン部門トップである
    Edgar Heinrich氏はこのコンセプトモデルを、ありふれた日常からの「大脱出(Great Excape)」であると表現している。

    「VISION NEXT 100」では、バイクライダーは身体を保護するジャケットやヘルメットを着用する必要がない。バイクにライダーを
    保護する機能を持たせているので、ライダーはバイクのパワーや加速感、それに自然の風を常に直接感じる“アナログ体験”を得られるようになる。

    この機能を支えているのが、自動バランス機構。バイクは路上を走行しているときも、路肩で一時停止しているときにも、
    この機構によって自立が可能だ。バイク初心者は、自動バランス機構が提供する様々な機能と、絶対に倒れることのないバイクから
    多くの恩恵を受けられるという。上級者であっても、より軽くなったハンドルとこの機構により、いままで以上に敏捷かつダイナミックな操作が可能となるそうだ。

    (以下略)


    スポンサーリンク

    【BMW、ヘルメット無しで乗れる絶対に倒れないバイクを初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    exterior01_001

    1: 2016/10/07(金) 14:08:05.89 ID:CAP_USER9

    “原チャリ”の愛称で親しまれ、1970年~1980年代には年間200万台も売れていた排気量50ccの原付バイク(原動機付自転車)。
    当時、ホンダ、ヤマハ発動機の2大メーカーが激しく販売競争を繰り広げた様は「HY戦争」とも呼ばれたが、
    その市場はいまや37万台にまで落ち込み、風前の灯火となっている。

     そんな中、ヤマハ発動機は主力の『ジョグ』『ビーノ』の生産をやめ、最大のライバルだったホンダに生産を委託するという驚きの決断を下した。
     10月5日に記者会見した渡部克明・ヤマハ発動機取締役常務執行役員(MC事業本部長)は、
    〈このままでは事業継続が難しかった〉と、苦しい経営事情を明かした。

    ここまで原付バイクの需要がなくなってしまった理由は、人気の座を電動アシスト自転車に奪われたことが大きい。

     免許不要、ヘルメット不要、税金がかからない──といった手軽さから、近距離の移動手段として購入する層が増えた電動自転車。
    年間の出荷台数は2003年の20万台から2015年には50万台と、あっさり原付バイクを逆転してしまった。

     電動自動車のブームに火をつけたのが、ヤマハ発動機が1993年に発売した『PAS』だったことを考えると、
    自ら原付バイクの市場を侵食してしまったとの見方もできるが、自動車ジャーナリストの井元康一郎氏は、
    「以前から原付バイクが乗り物として本当に魅力的なのか議論はあった」という。

    「日本ではクルマの普通免許があれば乗れるバイクが50ccまでということもあり、日本特有の“原付文化”が築かれていきましたが、
    50ccは小さくてパワー不足なうえに、さほど燃費も良くありません。

     また、公道での制限速度が30kmと遅いがゆえに、すぐにスピードオーバーで警察に捕まったり、
    後方からトラックに巻き込まれたりとリスクがつきものでした。そこまでして原付に乗るくらいなら、『電動自転車で事足りる』と乗り換える人が増えるのも当然です」

     世界の小型二輪市場を見渡せば、いまや125ccクラスが主流のため、「国内メーカーは商売にならない“ガラパゴス”の原付市場を諦め、
    世界の趨勢に合わせて排気量の大きなバイクに経営資源を集中させていきたい」(自動車業界関係者)のが本音。
    ヤマハ発動機が原付生産から事実上撤退するのも、その布石といえる。

     では今後、50ccの原付バイクは日本から消滅してしまうのだろうか。

    「まだ地方に行けば、クルマを持っていない女性や高齢者などが足代わりに原付バイクに乗っている光景をよく見かけます。
    そうした人たちの生活を維持させるためにも、メーカーは原付ビジネスを細々ながら続けていく責務があると思います。

     仮に排気量を大きくした原付規格や免許制度にする案が持ち上がっても、『大きくスピードの出るバイクは危険』と、
    また安全性に疑問を持つ国民世論が高まる可能性は高いので、そう簡単に変えられることではありません」(井元氏)

     萎みゆく原付市場でなんとか活路を見いだそうと、メーカーも充電式の電動スクーターを発売するなどしているが、売れ行きはいまいち伸びない。

    「電動化に伴うコストがかかり過ぎて価格が高いうえに、長い充電時間、短い航続距離など改善すべき課題が山積しています。
    いっそのこと、電気が切れた緊急時のためにペダルをつけてみたらどうかとも思いますが、それでは完全に電動自転車ですからね」(井元氏)

     いずれにせよ、原チャリは利便性や安全性も含め、その「存在価値」を抜本的に考え直す時代にきていることは確かだ。

    http://www.news-postseven.com/archives/20161007_455034.html


    スポンサーリンク

    【原付バイクの需要が激減 このまま消えてしまうのか】の続きを読む

    このページのトップヘ