乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: きのこ記者φ ★ 2013/06/26 21:29:27
    長く低迷が続いていた国内の二輪車需要が回復の兆しを見せている。
    かつてのバイクブームを支えた四十~五十代の間でブームが再燃しているためだ。

    ヤマハ発動機はこの流れを好機と捉え、二〇一二年に欧州で販売のトップだった五三〇ccバイク
    「TMAX(ティーマックス)」を旗艦モデルとして国内に導入した。

    六月八日、東京・表参道で開かれたイベント「TMAX530スタイル」。
    雑誌編集者の岸田一郎さんとモデルのRENA(レナ)さんが、トークショーでTMAXの魅力を語り尽くした。
    ファッションショーも開き、カジュアルなスーツやジャケットを着こなしたモデルがTMAXを前に写真撮影に応じた。
    岸田さんは「イタリアではバイクはファッションアイテムの一つ。おしゃれをした人が普通に乗っている」と解説した。

    ヤマハ発が狙うのは、バイクの性能のアピールだけでなく、TMAXを取り込んだ生活スタイルを提案して
    新しい需要を掘り起こすことだ。TMAXは、スーツやおしゃれな服装でも乗りやすいよう、服が乱れにくく汚れにくい構造を取り入れた。
    担当したデザイン本部の大富部兼二さんは「欧州のファッション感覚の高いお客さんの意見を反映してつくり込んだ。
    新しい文化的な価値を持った乗り物になる」と自信をのぞかせる。

    国内の二輪車需要は減少を続けてきた。一九九九年に年間百万台を割り、一二年には四十四万二千台にまで落ち込んでいる。
    ただ、長年続いた低迷も底打ち感を見せ始めている。

    原付き二種(五〇cc超~一二五cc以下)以上では、一二年に十九万六千台と前年比5%増。
    「子育てを終えて一段落した世代が乗り始めている」(ヤマハ発広報担当者)ことが要因となり、
    一三年も二十万六千台(5%増)と増加が見込まれる。

    ヤマハ発動機販売のマーケティング担当者は「従来、バイクメーカーはレースで技術を培いながら性能を競ってきた。
    しかし、近年はデザインや乗りやすさなどを重視して、バイクを生活様式の中に取り入れようとするユーザーが増えている」と明かす。

    ヤマハ発の一三年一~三月期の国内出荷台数は二万八千台。前年同期比四千台増で「新しい需要を獲得できる機運がある」
    (マーケティング担当者)という。これを受け、新中期経営計画(一三~一五年)ではTMAXを筆頭に新モデルを積極的に投入する計画だ。

    http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20130626/CK2013062602000086.html
    ファッションモデルが登場し「TMAX」を取り込んだライフスタイルを提案した=東京・表参道で
    no title

    国内の二輪車需要の推移
    no title

    【長く低迷続いたバイク国内需要、回復の兆し…四十~五十代の間でブームが再燃】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    573926

    1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/06/25 13:49:09
    6月20日、二輪事業への参入を発表した英国の名門スポーツカーメーカー、ロータスカーズ。
    最初に登場する二輪車が予告されている。

    これは6月20日、ロータスモーターサイクルズ社が明らかにしたもの。
    ロータスモーターサイクルズ社は、ロータスカーズ、レーシングチームのKodewa、ドイツのHolzerグループ、
    元フォルクスワーゲングループのデザイナー、ダニエル・サイモン氏が共同設立した新会社。
    同社が、二輪市場へ参入する。

    ロータスモーターサイクルズ社の最初の二輪車は、『C‐01』と命名。
    その詳細は現時点では公表されていないが、ロータスモーターサイクルズ社によると、高性能な「ハイパーバイク」になるという。
    最大出力は200psレベル。

    また素材には、カーボンファイバーやチタンなどの軽量素材を使用。
    F1マシンにも使われている航空宇宙用の鉄素材も採用される。

    なお、ロータスモーターサイクルズ社は、C‐01の予告イメージを1点公開。
    カウル部分のデザインと推測され、ロータスらしいカラーリングで仕上げられるのが見て取れる。

    http://response.jp/article/2013/06/25/200769.html

    【ロータス、二輪車事業への参入を決定…最初の二輪車は200馬力の高性能「ハイパーバイク」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: スフィンクス(神奈川県) 2013/06/24 16:54:00 ID:YnVmo7fGP
    これは6月20日、ロータスモーターサイクルズ社が明らかにしたもの。同社が、二輪市場への参入を発表している。

    ロータスモーターサイクルズ社は、ロータスカーズ、レーシングチームのKodewa、ドイツのHolzerグループ、元フォルクスワーゲングループの
    デザイナー、ダニエル・サイモン氏が共同設立した新会社。

    Kodewaはロータスとの関係が深い。新型スポーツカーのロータス『T128 LMP』(LMPはル・マン・プロトタイプの略)を製作したのは、Kodewa。
    また、ロータスの世界耐久選手権(WEC)LMP2プログラムを運営しているのも、Kodewa。

    ロータスモーターサイクルズ社は、「象徴的な自動車メーカー、ロータス初の二輪車をデザインし、製造する」と説明している。
    http://response.jp/article/2013/06/24/200701.html

    【英ロータスが二輪事業に参入、ロータス製バイク誕生へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    1: スノーシュー(神奈川県) 2013/06/23 22:03:58 ID:tZQe5ZcCP
    [シカゴ 21日 ロイター] - 1960―70年代の「反逆の象徴」であり、ベビーブーム世代が顧客基盤の中核であるバイクメーカーの
    ハーレーダビッドソン(HOG.N: 株価, 企業情報, レポート)。同世代の高齢化に伴い、同社は顧客の若返りを図っている。

    同社のグローバルマーケティング責任者、マークハンス・リッチャー氏はロイターとのインタビューで、2012年は数年ぶりに顧客の平均年齢が
    ベビーブーム世代ではなくなったと明かした。ベビーブーマーと共に歩んできた同社にとって、若い世代がけん引しつつあるというのは大きな変化だ。

    リッチャー氏はそれは大したことではないとの主張を繰り返すが、これまでハーレーの成長を担ってきたベビーブーム世代の高齢化に伴う
    同社の「斜陽化」を投資家たちは懸念してきた。

    UBSインベストメント・リサーチのアナリスト、ロビン・ファーリー氏は、顧客の平均年齢に関するハーレーダビッドソンの歯切れの悪さは、
    同社の顧客開拓への取り組みが精査されるのを避けるためだと指摘。同氏の試算によると、ハーレー愛好家の平均年齢はいまだに上昇しているという。
    同社はこれを否定しているが、たとえファーリー氏の計算が正しくても、新たなマーケティング戦略では平均年齢のような測定基準は昔に比べて
    重要ではないとしている。

    これについて、ファーリー氏は懐疑的な見方を示しており、平均年齢は顧客基盤の中核であるが故に重要だと指摘する。

    <顧客開拓の取り組み>

    ハーレーダビッドソンの顧客基盤は中年の白人男性が圧倒的で、売上高の3分の2は北米市場に依存してきた。そうした一極集中を軽減しようと、
    数代前の最高経営責任者(CEO)が1964年以降生まれの消費者を引きつけようと改革を開始し、製品のデザインをリニューアルし、若者や女性、
    マイノリティーの支持を得られるよう努力してきた。
    http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPTYE95M00M20130623

    【ハーレー「今の顧客はおっさんばかり。若者や女性にも乗ってほしい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: ハバナブラウン(catv?) 2013/06/22 10:19:33 ID:z94QGNcO0
    トライアンフ ジャパンは6月20日、『ストリートトリプル85 ABS』に新色を追加、7月より販売を開始すると発表した。

    現行のカリビアンブルー、クリスタルホワイト、ファントムブラックに加えコスミックグリーンの新色を追加。スポーティーさと個性をより引き立てるニューカラーとなっている。

    価格は89万0190円。

    no title

    【【週末バイク】トライアンフ、ストリートトリプル85 にKawasakiを意識したと思われる新色追加】の続きを読む

    このページのトップヘ