乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント
    676123

    ヤマハ発動機は、同社初の市販3輪型マルチホイールモデル、125ccオートマチック(AT)コミューター『TRICITY(トリシティ)』を4月からタイ市場に投入する。

    発売から1年間のタイ国内での販売計画は1万台を予定している。
    TRICITYは、AT二輪車と同様の扱い易い運転操作で、新たなコミューター市場の創造をめざして“ニュースタンダード シティコミューター”のコンセプトのもとに開発されたという。

    同車は先日開催された大阪モーターサイクルショー14でも参考出品で出展された。
    同社では、TRICITYのような3輪型バイクをリーニング・マルチ・ホイール(LMW)と呼んでおり、今回のTRICITYは同社LMW車の第1弾となる。

    TRICITYは、タイで生産し、グローバルモデルとして2014年中に欧州・日本市場への導入も予定している。
    主な特徴は、
    1)軽快でスポーティなハンドリングと安定感の両立による新しい楽しさ、
    2)様々な路面状況で快適な乗り心地、
    3)シティコミューターとしての高い利便性、
    4)パワフルで経済的な水冷125ccYMJET-FIエンジン、
    5)フロント二輪の特徴を活かした先進的かつ親しみやすい個性的デザインだ。

    なお、同社ではLMWを、オートバイのように傾斜して旋回する3輪以上の車両の総称としており、商標登録出願中だ。

    引用元:Response
    【ヤマハ、タイ市場に『TRICITY』を投入…タイで生産し、日本でも発売予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント
    01

    TEAM MIRAIは3月24日、東京・秋葉原にある秋葉原UDXで6月23日〜29日に開催される「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2014」の参戦体制を発表した。
    TEAM MIRAIを運営するMIRAIは、愛知県一宮市にあるEVバイクの開発と販売を行っているベンチャー企業。
    パイクスピークとはロッキー山脈にある山の1つで、ここを舞台にするPPIHCは、2輪、4輪のマシンが参加するタイムアタック競技。このPPIHCにはさまざまなクラスが設けられているが、TT零13改が参加するのは2014年から新設されたEVバイククラス。
    今回が初開催となるクラスだけに、ライバルの状況からコースとEVバイクのマッチングなどは一切不明だが、なにも分からないのはほかのチームも同様だ。
    それだけに「出場するすべてのチームに優勝するチャンスがある」とも言えるだろう。
    02

    また、TEAM MIRAIをサポートする企業の1つに、SUPER GTの強豪チームとして「GSR 初音ミク BMW」を走らせる「グッドスマイルレーシング」がある。
    グッドスマイルレーシングと言えば、レーシングカーのボディーに貼られた「初音ミク」のイラストが最大の特徴。音声合成システムの「VOCALOID」として初音ミクが2007年にリリースされた当時は“新しい時代の音楽”と呼ばれ、ユーザーによって育てられて一大メディアに成長した。
    そんな初音ミクを登用するグッドスマイルレーシングもファンによって支えられているチームであり、MIRAIが開発を続けている電動バイクも「これからの乗り物」。さらにサポートしてくれる仲間の存在によって育てられている部分などはグッドスマイルレーシングの活動と重なる部分があり、これに共感したグッドスマイルレーシングが2013年からTEAM MIRAIとコラボレーションをスタートさせている。
    その証としてTT零13改のカウルには、2014年仕様のGSR 初音ミク BMWでも使用されている「レーシングミク 2014 Ver.」のイラストがデザインされている。
    引用元:CarWatch 【レーシングミク仕様のEVバイク、アメリカパイクスピークへ参戦!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント
    675350

    ヤマハスポーツバイク専門販売店の全国組織「YSPメンバーズクラブ」は、YSP誕生30周年を記念し、YSP限定のカラー&グラフィックを採用した『セロー250 YSP 30th アニバーサリー エディション』を5月24日より発売する。
    セローは軽量コンパクトな車体に扱いやすい4サイクル単気筒エンジンを搭載した、デュアルパーパスのロングセラーモデル。

    価格は51万8400円。
    引用元:レスポンス 【ヤマハ セロー250 YSP30周年記念 限定モデルを発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    02_s

    本田技研工業は3月21日、「第30回大阪モーターサイクルショー2014」(3月21日~23日、インテックス大阪開催)において、新コンセプトモデル「NM4(エヌエムフォー)」を参考出品車(市販予定車)として世界初公開した。

     NM4は、「近未来」と「COOL」を開発のテーマに設定し、これまでのモーターサイクルとは一線を画した新感覚で独自のスタイリングを追求したモデル。コンセプトに掲げた「フロントマッシブスタイリング」と、ライダーが潜り込むようにして車両との一体感を重視した「コックピットポジション」を具現化し、低く構えたコックピットポジションと、アジャスタブルタイプのバックレストによって、新感覚のライディングフィールを楽しむことができるという。また、見やすさと楽しさを表現したインストルメントパネル越しに見える風景は、映画の世界に入り込んだかのようなNM4ならではの世界を提供するとしている。 

    引用元:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20140321_640751.html 【大阪モーターサイクルショーで新コンセプトモデル「NM4(エヌエムフォー)を展示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/17 22:04:39
    『スター・ウォーズ』に登場する、背負い型飛行装置「ジェットパック」。
    “空飛ぶバイク”とも称され、世界中で実用化に向けた取り組みがなされ始めている。

    ジェットパックとは、垂直離着陸機の一つで、ジェット機のように飛行するものや、
    1984年ロス五輪の開会式で使われた「ロケットマン」タイプのものなどがある。
    飛行時間は、ジェットエンジンで数分から10分、ダクテッドファン型(換気扇の
    ように円筒のなかをファンが回るタイプ)だと30分程度だ。

    最近では、富士山麓を飛行した「ジェットマン」(スイスのイヴ・ロッシ氏)が
    メディアを賑わせた。しかし、科学ジャーナリストの中村浩美氏は、「確かにすごい
    飛行だったが、自力の離陸はできず、着陸はパラシュート。挑戦・冒険の域を出ない」
    と話す。

    では実用化への壁は。九州大学工学研究院准教授の東野伸一郎氏は、「現在の技術で
    安全性を確保しようとすると、とても高価で重いものになってしまうだろう。これは
    現在の無人機にも共通する悩み」(東野氏)と話す。

    東野氏によると、これがある程度克服されれば、レジャーや宅配、空撮事業、災害時の
    孤立地域への救助手段になる可能性もあるという。ニュージーランドでは、マーチン
    ・エアクラフト社が航空当局の試験飛行許可を得て、今年早期にダクテッドファン型
    ジェットパックの有人試験飛行を予定している。同社のDeb McPherson氏は「我々は、
    開発段階から商業生産へと移行しつつある。最初は救急サービス市場をターゲットとし、
    来年リリースを狙っている」と語る。

    ●マーチン・エアクラフト社は昨年、有人飛行テストの認可を受けた
    no title


    http://president.jp/articles/-/12113

    【ジェットパック--実現近い「空飛ぶバイク」】の続きを読む

    このページのトップヘ