乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: シンガプーラ(福岡県) 2013/07/03 16:48:05 ID:+Yz2lo0/P
    ヤマハ発、2014年に三輪バイク発売 四輪超小型車も開発

    ヤマハ発動機は3日、東京都内で事業説明会を開き、2014年前半に新開発の三輪バイクを発売すると発表した。
    また、四輪の超小型車を開発していることも明らかにした。
    いずれも11月に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される東京モーターショーに実車を出展する。
    これまで市場になかった新しい乗り物を投入することで、二輪車ユーザー以外の新規顧客の取り込みを狙う。

    三輪バイクは、前輪が2つ、後輪が1つのタイプを発売する。
    二輪車の機動性を維持しながら操縦安定性を高め、段差のある場所や荒れ地でも走行できるのが特長だ。

    同様の三輪バイクは欧州メーカーがすでに発売しているが、柳弘之社長は「よりスポーツ性の高い走りが楽しめ、今までの商品とは違うものになる」と自信を見せた。
    100万円を切る価格で、発売地域は「グローバル商品として位置づけ、売れる可能性のある市場すべてに投入する」(柳社長)方針だ。

    超小型車については、四輪だが市販化の時期や仕様の詳細は明らかにされなかった。
    また、ローン規制の影響で一時期販売が落ち込んだインドネシアの二輪車市場については、「現在は昨年並みに市場全体が動いている」(柳社長)と述べ、新モデルの投入で攻勢をかける考えを示した。


    no title

    ヤマハ発動機が2014年前半に発売予定の三輪バイクの試作車(同社提供)

    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130703/biz13070314410011-n1.htm

    【【速報】 ヤマハ、2014年に新型三輪バイクを発売へ 四輪超小型車も開発中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: シンガプーラ(福岡県) 2013/07/03 01:04:01 ID:+Yz2lo0/P
    クリアからスモークへ瞬時に変わる次世代モデル「AkariR AX.11」

    電圧でクリアとスモークを切り替える「電子調光式シールドインサート」をリリースしているe-TintRが、従来モデルから大きく進化させた「AkariR AX.11」を7月に発売する。
    ヘルメットシールドへの貼り換えがしやすくなっているほか、フィルムそのものの厚みを薄くしてヘルメットとの干渉を回避したり、コード類をフラット化して断線しずらくすると共に軽量化も実現するなど、着実な進化を遂げているようだ。
    ジェットタイプのヘルメット用も発売されるというのも見逃せない情報のひとつだろう。

    ○AkariR AX11の特徴
    ・0.1秒でクリアとスモークを切り替える
    ・オート/マニュアル コントロール
    ・超強力アンチフォグコーティング
    ・フェイル・セーフ・メカニズム
    ・98%以上のUVカットプロテクション
    ・USB充電で約20時間持続
    ・工具一切不要の簡単インストール
    ・他のシールドへ簡単に貼替え可能

    ■商品名/AkariR AX.11
    ■価格/17,850円
    ■発売日/2013年7月上旬発売予定

    no title

    no title

    http://news.bikebros.co.jp/goods/news20130702-2/

    【バイクのヘルメット進化しすぎワロタwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    1: マンチカン(catv?) 2013/07/01 19:57:39 ID:+y95CDA20
    KTMジャパンは、昨秋の伊EICMAでワールドプレミア、日本国内でも3月のモーターサイクルショーで公開したKTM『390Duke』を生産開始、順次全世界の正規ディーラーへ配車を開始すると発表した。

    390デュークは、超軽量トレリスフレームに、新設計の水冷4ストロークDOHC 4バルブ単気筒375ccエンジンを搭載するストリートモデル。最高出力44psを発揮する。乾燥重量139kgという軽量な車体にハイパワーユニットを組み合わせ、俊敏な走りを実現する。

    また、外観は先進的で洗練され、さらにエルゴノミクスに配慮されたデザインが与えられ、最新のABSブレーキシステムも装着する。価格は54万9000円。
    (レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

    http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2013/07/RES_201228.aspx
    no title

    【KTM、新型ストリート 390デューク の生産開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    575017

    1: そーきそばΦ ★ 2013/06/28 02:25:11
    ホンダ、スズキ、ヤマハ発動機、川崎重工業は27日、二輪車の燃費測定に、新たに「WMTCモード値」と呼ばれる新試験基準を導入し、
    7月以降順次、カタログなどに記載すると発表した。これまでの「定地燃費値」も併記する。

     新モードは、国連自動車基準調和世界フォーラムにおいて策定された排出ガス試験法の世界基準に基づいている。
    発進、加速、停止などの多様な走行パターンで算定されるため、実用実態に近い燃費となる見込み。

     日本自動車工業会によると、現行モデルが全面改良で切り替わる2016~17年に、
    全二輪車の「WMTCモード」が出そろう予定というが、「今のところ、新基準に表記を一本化するかは不明」(担当者)という。

    ソース サンケイビズ
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130627/bsa1306271731005-n1.htm

    【二輪車の燃費に新基準、カタログには旧基準と併記-ホンダ・スズキ・ヤマハ・カワサキ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: のーみそとろとろφ ★ 2013/06/28 01:34:21
    本田技研工業は27日、スリムでスタイリッシュな新設計ボディーに、
    250ccの新開発エンジンを搭載した軽二輪スクーター「フォルツァ Si」を7月19日に発売すると発表した。

    フォルツァ Siは、取り回しやすさと快適な走りに加えて、使い勝手に優れた装備を追求したという軽二輪スクーター。
    新開発エンジンは軽量・コンパクトな設計とし、低フリクション技術を多岐にわたって採用するなどして、
    41.0km/L(60km/h定地走行テスト値)という燃費性能を実現している。

    また、新設計のフレームの採用によって、スリムなボディーとシート下の大容量(53L)ラゲージボックス確保を両立。
    カラーリングは、「パールヒマラヤズホワイト」「グローイングレッド」「アステロイドブラックメタリック」の3色を設定している。

    前・後ホイールには、新デザインのアルミキャスト製のY字型スポークを採用。
    フロント14インチ、リア13インチという大径サイズとしながら、シート高を715mmに抑えることで、
    余裕のある走りと取り回しやすさを両立させたとのこと。
    ブレーキは、前・後輪連動のコンビブレーキシステムを採用しており、ABS機能を組み合わせたコンバインドABSもタイプ設定されている。
    価格は、フォルツァ Siが53万9,700円、フォルツァ Si<ABS>が58万9,050円。

    http://news.mynavi.jp/news/2013/06/27/207/index.html
    「フォルツァ Si」(パールヒマラヤズホワイト)
    no title

    「フォルツァ Si<ABS>」(グローイングレッド)
    no title


    Honda
    http://www.honda.co.jp/
    honda motor
    http://www.honda.co.jp/motor/

    【ホンダ、新開発250ccエンジン搭載の軽二輪スクーター「フォルツァ Si」発表 価格は53万9700円から】の続きを読む

    このページのトップヘ