乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    bodycolor_slide05
    1: 2017/01/18(水) 16:19:48.44 0

    https://www.youtube.com/watch?v=yxrJCHHq_T0


    https://www.youtube.com/watch?v=M8ilTYo21gQ


    GT-R見ただけでめっちゃはしゃいでる
    日本人は無関心なのに


    スポンサーリンク

    【日産GT-Rってアメリカ人に好かれてるな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    carlineup_mirai_top_02

    1: 2017/01/18(水) 18:34:58.94 ID:CAP_USER

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD18H2P_Y7A110C1000000/

    トヨタ自動車や仏エア・リキードなど世界の自動車・エネルギー企業が中心となり、
    水素の利用促進を目指す新団体を設立した。水素の代表的な使途である燃料電池車(FCV)は走行時に
    二酸化炭素(CO2)を出さない「究極のエコカー」だが、水素インフラの普及などが課題だ。トヨタはハイブリッド車(HV)での“反省”も生かし、普及加速を目指す。

     トヨタなど13社は17日(現地時間)、スイスで開いている世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で、
    新団体「水素カウンシル」の設立を発表した。新団体は「水素を利用した
    新エネルギー移行に向けた共同のビジョンと長期的な目標を提唱する」としている。共同議長会社にはトヨタとエア・リキードが就いた。

     「水素の火は絶やさない」――。あるトヨタ幹部は口癖のように話す。同社は昨年12月に電気自動車(EV)の事
    業化を目指す社内組織を発足し、走行時にCO2を出さないゼロエミッション車(ZEV)で
    FCVからEVにかじを切ったような印象も与えた。だが、この幹部は「両方とも必要だ」と話す。地域や時期に応じて、適したZEVを投入する考えだ。
     トヨタは2014年に世界初の量産型FCVである「ミライ」を発売した。FCVは20年ごろをメドに、
    「グローバルで年間3万台以上、日本では少なくとも月に1000台レベル」との販売目標を掲げる。
    量産のネックとなっている中核部品「セル」の生産技術の確立も急いでいるが、もう一つの課題は「仲間づくり」だ。

    (以下略)


    スポンサーリンク

    【トヨタ「水素の火は絶やさない」 13社連合で普及促進】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2017/01/17(火) 16:56:40.40 ID:CAP_USER

    https://trafficnews.jp/post/63330/
    no title

    no title


     メルセデス・ベンツ日本(東京都港区)は2017年1月16日(月)、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」の受注を開始しました。
    全世界300台、日本国内向けには4台の限定生産モデルで、価格は4420万円(税込)です。締切は同年1月31日(火)。

    ●「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」のポイント
    ・2015年のロサンゼルスモータショーで世界初公開。
    ・ベースモデルは4シーターオープンのメルセデスAMG「S65 カブリオレ」
    ・ルーフはソフトトップで3層構造。閉じると「クーペのような静粛性の高い室内空間を作り出します」(メルセデス・ベンツ)。
    時速50km以下であれば、走行中でも約20秒で開閉可能。
    ・ヘッドライトに片側47個のスワロフスキークリスタルを埋め込む。ウィンカーには30個のクリスタル、車幅灯には17個のカットクリスタル。
    ・トラベルバッグ2個とライフスタイルバッグ2個の「トラベルラゲッジセット」、および「マイバッハ」エンブレム付き「キーホルダー」が付属。
    「オーナーとしての特別感を感じていただける希少性の高いアクセサリー」とのこと。
    ・パワートレインはメルセデスAMGによる、6.0L V型12気筒ツインターボエンジン。
    ・ステアリングアシスト、ブレーキアシスト、歩行者検知機能など、メルセデス・ベンツの先進運転支援技術「インテリジェントドライブ」搭載
    ・国内限定4台のうち1台は写真と同じ外装色。残り3台については、外装16色、内装10色、4種のインテリアトリム(装飾)、
    5色のソフトトップからオーダーメイド。その組み合わせは3000とおり以上。

    「マイバッハ」は現在、メルセデス・ベンツ傘下のブランドですが、もともとは1909(明治42)年にドイツで創業したエンジンメーカー、
    マイバッハ社のことで、1920年代には高級車を設計、販売していました。ツェッペリン社などの飛行船に採用されたエンジンメーカーとしても知られます。


    スポンサーリンク

    【メルセデスベンツ、「メルセデス・マイバッハ S 650 カブリオレ」を国内4台、4420万円で受注開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 50コメント

    lotus-1142423_640
    1: 2017/01/16(月) 14:08:16.174 ID:DxW1yJhI0

    買う奴はドMなの?


    スポンサーリンク

    【スポーツカーとか言うクソ高いくせに乗りにくい車wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 76コメント

    1: 2017/01/17(火) 16:19:03.644 ID:z+/V4sgJ0

    スバル
    no title

    no title


    レクサス
    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【レクサスよりスバルの車の方がかっこいい】の続きを読む

    このページのトップヘ