乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    1: 2018/11/21(水) 10:44:20.09 ID:CAP_USER

    繁華街の通路で路線バスが停留所に突き込み、11台が次々追突、10人が負傷した。バスの前部にオートバイが巻き込まれていた。先週の17日(2018年11月)、韓国ソウルの中心部で起きた事故だ。

    目撃者や現地メディアによると、バスの運転手とオートバイの男性との間で、車線をめぐるトラブルがあった。バスは、バスの前に置かれたオートバイを押し倒すようにそのまま発進したらしい。オートバイの運転手が進路妨害のため置いたのか。ともあれ、バスはオートバイを巻き込みながら暴走した。

    年間5000件、検挙者2000人もいるとか

    韓国では、いま問題になっている「報復運転」ではないかとみられている。報復運転とは「車を運転中に割り込みや進路を妨害され、それに対抗し、報復的な運転をすること」だという。

    韓国の社会問題に詳しいS-KOREA編集長の慎武宏さんは「韓国人の国民の特性として『パルリパルリ文化』という文化がある。『早く、早く』ということで、悪くいえば『せっかち』。そこから『報復運転』という荒っぽい運転につながっている」と話す。ネットでも「(今回の事故は)韓国の運転文化自体があるから仕方ない」という声もある。

    野上慎平アナの説明によると、韓国での報復運転は「年間約5000件、1日平均13.6件、検挙者年間2168人(京郷新聞調べ)と、かなりの数になっています。ドライバーの約70%が報復運転をした、されたというアンケート結果(起亜自動車)もあります」

    慎武宏さんは「韓国では学歴や収入が高い人ほど報復運転をしやすい。高歴学の人は思い通りにならないと怒る傾向がある。高い車を自分の価値だと考える」とみている。

    野上アナは「日本のあおり運転と似たところがあるかもしれません」と語る

    一ツ石

    ソース:j-cast<日本の「あおり運転」より荒っぽい韓国の「報復運転」 バスの運転手が腹を立てると...怖ッ!>
    https://www.j-cast.com/tv/2018/11/20344162.html

    関連動画:YouTube<バスがバイク引きずり…11台に衝突 韓国(日本テレビ系(NNN)) Yahoo!ニュース>
    https://www.youtube.com/watch?v=YpweR17I6Y0


    【【衝撃】 日本の「あおり運転」より荒っぽい韓国の「報復運転」がヤバイ・・・(動画あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2018/11/21(水) 19:59:19.50 ID:CAP_USER9

    およそ12年ぶりの新型となる三菱のオールラウンドミニバン『デリカD:5』。唯一無二の個性や機能性はそのままに、「弱点の克服」をすべく高級感・品質感を大幅に向上させたという。
    特に外観デザインは、好みが分かれそうな押し出しの強いフロントマスクが特徴だ。内装や装備について、40枚の写真とともに紹介しよう。

    見た目だけでなく、パワートレインの改良や先進安全装備の装備など、大幅に進化した新型デリカD:5だが、車体の基本構造は従来型を踏襲したもの。いわばビッグマイナーチェンジにあたる。

    新・三菱デリカがゴージャス系な四角顔に。アーバンギア追加でユーザー拡大狙う

    アウトドア色が強かった従来型から、より上質で洗練された都会的なイメージを持たせるのが商品開発のねらいだった。新設定となる「URBAN GEAR(アーバンギア)」グレードが最たるものだ。

    デザインのコンセプトは「TOUGH TO BE GENTLE」。フロントマスクはダイナミックシールドの進化版を採用し力強さを増した。
    縦型に2列のLEDが並ぶマルチLEDヘッドランプは、有無を言わせぬ迫力がある。一方、リアはSUVの機能性や安定感を表現。テールランプは導光タイプのLEDとし、個性を放つ。

    内装、特にインパネ面は大幅に刷新された。直立した形状で道具感が強かったインパネは、傾斜を持たせ開放感あるすっきりとした空間を作り上げた。
    シフトレバーやセレクトモードダイヤルは、触り心地や握り感にもこだわる。「サバ杢」を使用したオーナメントパネル、ダイヤキルティングが施されたシート、
    室内の「リラックスイルミネーション」など、ラグジュアリー感あふれる装備が散りばめられている。

    デリカD:5の真骨頂である走破性はそのままに、2.2リットルクリーンディーゼルに新開発の8速ATを組み合わせ、力強く滑らかな走りへと進化。遮音&吸音にもこだわり、優れた静粛性を実現した。
    また従来型の弱点であった先進安全装備も充実。衝突被害軽減ブレーキシステムや、レーダークルーズコントロールシステムなどを追加し、全車サポカーに対応した。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    すべての写真を見る
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181121-10361963-carview/
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1154277.html


    【三菱 デリカD:5 新型、ド迫力のビッグマイナーチェンジ 約385~425万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2018/11/21(水) 18:02:56.771 ID:L5YPkiBqp

    街乗りにはやっぱデカすぎるわwwwwww


    【マツダのCX-8試乗してみたけどデカすぎてワロタwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2018/11/21(水) 16:05:49.84 ID:xe2j2gDr0

    no title


    【【画像】これがアメリカで車両を盗難されないための方法wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    jn170228-2-2-20170306133805

    1: 2018/11/21(水) 15:04:00.583 ID:Kbz7heOY0

    電気自動車にソーラーパネル載せたら最強だろ


    【【疑問】屋根にソーラーパネル載せてる車って何でないの?】の続きを読む

    このページのトップヘ