乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 22:20:47 ID:TkOHRT9y0
    いまの若者はカッコ良い車を見ないで育ってきたから、
    車に興味がなくなってしまった

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 22:21:17 ID:PDtNB+sv0
    80.70年代は最高だよな

    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 22:22:22 ID:o6IqE/kg0
    今の車って近未来意識してるか知らんけどダサイ

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 22:23:53 ID:/XY7Soi00
    >>9
    じゃあ普通っぽいトヨタ86を買えよ

    148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 23:06:12 ID:oDzTOizJP
    >>9
    走る道路が未来感ゼロの日本の車道だもんな
    車のcmはほとんど詐欺だよ
    誰があんな綺麗な風景のところで走れるっていうんだ

    【若者の車離れは最近の車がダサすぎるからだよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 19:56:12 ID:p9PJk1EJ0
    保険代 96000円/年
    駐車場代 60000円/年
    自動車税(軽) 7200円/年
    車検 35000円/年(一年分で計算)

    合計198200円
    それに加えて一年分のローン348000円+ガソリン代

    車関連だけで年間50万円以上持ってかれてるwwwwww

    【車の維持費クソワロタwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/06/13 21:15:28
    韓国のヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は6月3日、
    同社初の量産燃料電池車を欧州で納車したと発表した。

    この燃料電池車は、『ix35フューエルセル』。
    同車は、ヒュンダイのCセグメントSUV、『ix35』(北米名:『ツーソン』)をベースに開発された燃料電池車。
    最大出力136psのモーターを搭載。二次電池は蓄電容量24kWhのリチウムポリマーバッテリー。
    2つの水素タンクには、700バールの圧力で水素を貯蔵する。

    ix35フューエルセルの最大航続可能距離は594km。0-100km/h加速は12.5秒、最高速は160km/hの性能を備える。
    ヒュンダイによると、加速性能はガソリンエンジン車と同等だという。

    ヒュンダイは6月3日、このix35フューエルセルの最初の量産車15台を、デンマーク・コペンハーゲン市に納車。
    コペンハーゲン市は2025年までに、カーボンニュートラルな都市になることを目指しており、その目標達成のための活動に使われる。

    ヒュンダイは2015年までに、韓国のウルサン工場で1000台のix35フューエルセルを量産する計画。
    ヒュンダイモーターヨーロッパのByung Kwon Rhim社長は、
    「水素が欧州の未来の燃料になることを約束する。
    ix35フューエルセルの納車は、欧州の持続できるモビリティ実現に向けた現実的解決策」とコメントしている。

    http://response.jp/article/2013/06/05/199425.html
    no title

    no title

    【ヒュンダイ初の量産燃料電池車『ix35フューエルセル』、デンマークで納車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 23:54:54 ID:Y8mwxcq20
    自分が天才だってやっとわかったwww
    no title

    【絶対に渋滞に巻き込まれない車考えたwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/13 11:42:50
    トヨタ自動車 の内山田竹志副会長は独BMW と共同開発を進めるスポーツカーについて、
    過去に販売していた「スープラ」の後継車種に位置づけられるような、ミッドサイズ車が
    望ましいとの考えを示した。

    内山田氏は12日に大阪市内で取材に応じ、共同開発するスポーツカーについて、富士重工業と
    共同開発して昨年4月に発売した「86」(ハチロク)と「同じものをつくってもしょうがない」
    と指摘。86より車格が上のスープラの「後継ポジションみたいなものがほしい」と話した。
    実際の商品開発はチーフエンジニアが決めるとも述べた。

    トヨタのウェブサイトによると、スープラの初代は1986年の発売で、3リッターと2リッター
    エンジンを搭載。2代目は93年の発売で、価格(東京)は290万円から472万円。一方、小型
    スポーツカーの86は2リッターエンジン搭載で、価格は199万円から。

    環境技術で協力を進めていたトヨタとBMWは昨年6月、スポーツカーや燃料電池システムの
    共同開発など協力関係強化で合意したと発表。今年1月にはリチウム空気電池技術や軽量化
    技術の共同研究開発で正式契約を締結したと発表。スポーツカーでは、共通プラットフォーム
    (車台)コンセプト決定のため、年内完了を目指して事業化調査を開始するとしていた。

    トヨタ広報担当の布施直人氏は、共同開発車について「まだ何も決まっておらず、コメント
    できない」と話した。

    内山田氏は会長昇格が内定しており、14日に開催予定のトヨタの株主総会などを経て正式に
    決まる見通し。経団連副会長も務め、この日は大阪市内のホテルで開かれたイベントに参加
    していた。

    ●参考/トヨタ『スープラ』
    no title


    ◎トヨタ自動車(7203) http://toyota.jp/

    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOA0T86S972G01.html

    ◎関連過去スレ
    【車/経営】トヨタとBMW、協業に関する正式契約を締結--リチウム空気電池やスポーツカーを共同研究・開発 [01/24]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1359018242/

    【車/経営】トヨタ、独BMWと"スポーツカー"を共同開発へ [06/29]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1340965425/

    【トヨタ副会長 : BMWとの共同開発スポーツカーは次期『スープラ』を意識】の続きを読む

    このページのトップヘ