乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/06/13 15:15:02
    [東京 13日 ロイター] - ホンダは13日、ドライブシャフトに不具合がある
    として、軽自動車「N BOX」など5車種について国土交通省にリコール
    (回収・無償修理)を届け出た。
    対象は2011年12月から13年5月に製造された38万4614台。

    ホンダの「N BOX」は2012年度に最も売れた軽自動車。
    11年12月に発売後、12年7月に派生車の「N BOXプラス」などを投入し
    販売車種を拡大してきた。
    室内空間の広さやスライドドアなど機能面で人気を集めている。

    ソースは
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE95C05H20130613
    ■ホンダ http://www.honda.co.jp/
     (6月13日)N BOX、N BOX Custom、N BOX +、N BOX + Custom、N ONEのリコール
     http://www.honda.co.jp/recall/130613_3173.html
     (6月13日)エアウェイブ、モビリオ スパイク、モビリオなど7車種のリコール
     http://www.honda.co.jp/recall/130613_3172.html
     株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7267

    【【リコール】ホンダ、N BOX、N BOX Custom、N BOX +、N BOX + Custom、N ONE 38万台を国内でリコール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 10:35:07 ID:eVRsLTqE0
    トヨタで何か嫌な事があったわけでも何でもなくなんとなくトヨタはやめとこってなっちゃう

    【昔からトヨタだけは何故か避けちゃうんだけど実際いい車作ってるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: ヒョウ(千葉県) 2013/06/12 12:46:20 ID:9p9sHinI0
    ガソリン/ディーゼル対決!24年前のBMW M3と現行BMW320ディーゼルどっちが速い!?

    対決モノはクルマ関連動画の花形企画ですが、これは一風変わった対決です。BMWの古いモデルと最新のモデルをドラッグレースで比べちゃいます。

    no title


    旧車代表は。E30と呼ばれる世代の1989年式のM3。215psです。なつかしいですねぇ、このブリスターフェンダー。レースのために作られたモデルだったから、やっぱりすごみがありましたよね。
    アラフォー以上のクルマ好きにとっては、若いころの憧れのクルマだったんじゃないでしょうか? っていうか今でもちょっとほしいですね。今なら買えないこともないですね……。

    ま、それはいいとして、対する現行モデル代表はM3ではありません。24年前のM3と現行M3だったら、現行モデルが速いに決まってるので、現行モデル代表は320d。そうディーゼルです。184psです。
    パワーでは旧型M3が上まわってますが、320dはターボ付きだし、最大トルクでは上まわっています。どうです? けっこういい勝負な気がするでしょう? それでは、その勝負の結果は? 
    前フリが長いので、手っ取り早く勝敗を知りたいかたは、1:45くらいからご覧になることをおすすめします。

    http://clicccar.com/2013/06/12/222580/


    http://www.youtube.com/watch?v=9EUaPlGlSIk


    【BMWが最新型ディーゼル車vs24年前のガソリン車でレース ガソリン車が圧勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: キジトラ(芋) 2013/06/12 07:56:27
    日産自動車がかつて、日本市場で発売していたSUV、『テラノ』。同車がインドなどの新興国で、復活する可能性が出てきた。

    これは6月6日、インドの自動車メディア、『autocarindia.com』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「日産が新興国向けに投入する新型SUVの車名に、テラノを計画している」と伝えている。

    初代テラノは、1986年にデビュー。海外仕様は、『パスファインダー』を名乗った。トヨタの『ハイラックスサーフ』と並んで、クロスカントリー4WDの人気モデルに。
    1995年には2代目へモデルチェンジ。しかし2002年、生産を終了した。ただし、海外向けのパスファインダーは、4世代目へと進化し、継続生産されている。

    テラノが復活するとしたら、どのようなモデルとなるのか。ここでカギを握るのが、日産と提携関係にあるルノーの存在。ルノーは新興国向けの低価格ブランドとして、
    ダチアを展開。そのダチアブランドのSUV、『ダスター』が新生テラノのベース車両となるもよう。

    http://response.jp/article/2013/06/11/199868.html
    no title

    【日産 テラノ、新興国で復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!ダチアOEMか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: ヒョウ(千葉県) 2013/06/12 00:24:25 ID:9p9sHinI0
    ホンダが作ってきた「夢」が進化していくCMに胸アツ!

    海辺のモーターホームから、ヘルメットをかぶったオジサンが出てきます。『ラ・マンチャの男』の名曲『見果てぬ夢』にあわせてオジサンがまたがったのはモンキーZ。しかしモンキーZはいつのまにか、スーパーカブに変わり、S500へとどんどん進化していきます。

    NSXあり、VFR1200あり、それどころかパワーボートにホンダジェットまで登場し、最後はASIMOに風呂をわかしてもらっています。このオジサン、2分半のドライブのあいだにホンダの歴史を追体験しているわけです。
    それにしても、ホンダももちろん実用車を主力とした自動車メーカーなんですが、こう見ると、これまでの歴史の中で、ユーザーに夢を与えるような製品を要所要所に作っているんですね。この歴史は財産ですね

    かつてビートに乗っていた私からすれば、「ビートも入れんかい!」と一瞬思いましたが、たぶんこれ海外のCMだからビートは出てこないんでしょうね。

    http://clicccar.com/2013/06/10/222140/
    no title

    no title


    動画


    http://www.youtube.com/watch?v=IjYkYQDweVg


    【ホンダが作ってきた「夢」が進化していくCMに胸アツ!】の続きを読む

    このページのトップヘ