乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    roadster
    1: 2018/03/31(土) 21:10:17.99 0

    おすすめある?


    【みんな車のカスタムってやってる? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    smart
    1: 2018/04/01(日) 10:12:01.69 ID:Ya08cV9t0USO

    男はみんな欲しいでしょ


    【GTRって借金をしてでも手に入れたい車だよねwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    a341a4716ab2f25e1812af9c31a74367_s
    1: 2018/03/31(土) 12:31:04.01 ID:pRXF+qP6d

    ジャンプスターター常備する様にしたんご


    【車のバッテリー上がったときって絶望するよねwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 50コメント

    20180123-tororosso
    1: 2018/03/31(土) 12:00:49.84 ID:6AoGICq70 

    2018年開幕戦オーストラリアGPは、トロロッソ・ホンダにとって極めて厳しい結果に終わった。リザルトはともかく、
    「信頼性第一」を掲げて臨んだはずのシーズン開幕戦で、走行距離482kmそこそこでいきなりMGU-Hが壊れてしまったことは極めて深刻な事態だ。

     壊れたパワーユニットはそのままメルボルンから栃木県にある研究所HRDさくらへと送り返され、
    すでに原因究明と対策が急がれているはずだが、次のバーレーンGPに向けてパワーユニットを送り出さなければならない水曜日までの1週間でできる対策には限りがある。
    『年間3基』という制約が課されている中でも、
    いわゆる消耗部品の交換はいつでも許されており、どのパワーユニットメーカーもスパークプラグやモーターのシャフトなど負荷の掛かる消耗部品は毎レース週末もしくは金曜の夜にも交換している。
    こうした寿命の短いパーツが壊れたのならまだメンテナンスサイクルの変更で対応が可能だが、根本的な設計変更が必要となるようならばすぐには間に合わない。
    そもそも、信頼性を最優先に考慮して用意したはずのものが壊れたということは、ホンダの技術力が根幹から揺らいでしまうことになる。

    https://www.as-web.jp/f1/354388?all


    【F1でホンダ車がぶっ壊れたの見てこの会社の車は一生買いたくねえなと思った】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2018/03/31(土) 14:41:40.97 ID:CAP_USER9

     【ワシントン清水憲司】米電気自動車メーカーのテスラは30日、米西部カリフォルニア州で発生した死亡事故を巡り、事故当時、事故車に搭載された半自動運転機能が作動していたと発表した。18日には、公道で試験走行中だった米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車の死亡事故が発生しており、自動運転技術の安全性に対する懸念が一段と高まりそうだ。

     テスラによると、事故は23日午前9時半ごろに発生。半自動運転機能が作動中だったのは、事故車に残された記録を分析して判明した。事故の6秒前、運転席の男性(38)がハンドルを握っていないことを知らせる警告音が出たが、その後も何の操作も行われずに中央分離帯に衝突。男性は死亡した。

     この事故を巡っては、米国家運輸安全委員会(NTSB)が事故時に半自動運転機能が作動していたかどうかの調査に乗り出している。

     米国では自動運転車の公道試験が幅広く行われている。一方、半自動運転機能を市販車に搭載し性能向上を図るテスラの手法を不安視する見方も出ていた。

    3/31(土) 13:38
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000045-mai-bus_all

    【米国】テスラ「Model X」 車体前半が無くなるほど激しく破損・炎上する大事故 運転手死亡、Autopilot使用は不明★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1522055904/


    【テスラ「Model X」、カリフォルニア州での死亡事故は半自動運転機能が作動 】の続きを読む

    このページのトップヘ