乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2018/03/31(土) 00:16:22.58 ID:CAP_USER9

    産経新聞 2018.3.30 22:28

    30日正午ごろ、大分市中央町の商店街「ガレリア竹町」のある歩行者専用の市道を、車1台が通行許可を得ずに走行した。
    大分中央署によると、ネット検索大手グーグルのサービス「ストリートビュー」に使用する写真を撮影する専用車両とみられ、同署は道交法違反(通行禁止)の疑いで調べている。

    大分中央署や商店街事務所によると、車は商店街の一部を数十秒~数分間走行したとされる。当時、通行人もいたが事故などは起きていない。
    事務所には29日午後9時40分ごろ、グーグル側から徒歩での撮影許可を求めるメールが届いていたが、返事を保留していたという。

    同署はグーグル側に事情を聴くとともに、現場の目撃情報を集めるなどして捜査を進めている。

    ガレリア竹町は市中心部にあるアーケードの商店街で、多くの飲食店や生活用品店などが並ぶ。

    https://www.sankei.com/west/news/180330/wst1803300113-n1.html


    【ストリートビュー撮影中のグーグル車、無許可で歩行者道を走行か 道交法違反の疑いで捜査へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2018/03/31(土) 01:32:41.35 ID:CAP_USER9

     政府は30日、自動運転中の車の事故について、原則として車の所有者に賠償責任を負わせる方針を決めた。一般自動車と同じ扱いとする。外部から車のシステムに侵入するハッキングで事故が発生した場合、損害は政府が補償する。自動運転に関する賠償制度の土台が固まり、メーカーが過大な責任を負う懸念が薄れたことで、事業化の動きが加速しそうだ。

     30日の未来投資会議で「自動運転にかかわる制度整備大綱」を示した。安倍晋三首相は会議で「具体的な法制度整備に着手し、国際的なルール作りを積極的にリードしてほしい」と指示した。2019年にも国会に関連法案を提出する。

     大綱は自動運転車が普及し始める20~25年に向けて、法整備や規制の方向性を示す内容。自動運転の段階で見ると、運転手が乗った状態で限られた条件で運転を自動化する「レベル3」までが主な対象。運転席に人が座らない「レベル4」以上は今後検討する。

     自動運転中の事故の賠償責任は自動車損害賠償責任保険(自賠責)では原則、所有者にあると確認した。一般の自動車と同じ扱いだ。メーカーの責任は車のシステムに明確な欠陥がある場合のみとする。自賠責に関する方針が定まったことで、民間の任意保険の設計も進む見通しだ。

     事故原因の解明のため、運転記録装置の設置を義務付け、位置情報やハンドル操作、自動運転システムの稼働状況などを記録させる。

     ハッキングによる事故の賠償は、盗難車による事故被害と同様に政府の救済制度を使う。所有者がシステム更新など、セキュリティー対策をしていることが条件だ。

     事故の際の刑事責任など、結論を出す時期のメドも立っていない論点も多い。道路交通に関するジュネーブ条約は、自動車の走行に運転者の関与を前提にしている。日本の道路交通法も同条約に基づき制定され、自動運転と矛盾する可能性がある。だが同条約の改正の見通しは立っていない。

     メーカーやプログラム開発者に刑事責任を負わせれば事業化の意欲が減退する懸念もある。

    2018/3/30 21:24
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28805990Q8A330C1MM8000/

     自動運転の速度の上限やルート、時間、天候といった条件も重要だ。制御システムの性能やサイバー攻撃への耐性の基準も定める。政府は今夏に自動運転車の安全性の指針をまとめる予定だ。

     自動車メーカー技術者は「制度の整備は歓迎」と話す。一方で「刑事責任や道交法改正の議論が薄い」との声もある。

     3月中旬にはウーバーテクノロジーズが米アリゾナ州で公道実験中の事故で歩行者を死亡させた。事故を受け、自動運転事故の責任問題が注目されている。



    【自賠責】自動運転中の事故、所有者に責任 車のシステムに明確な欠陥がある場合、メーカー側に製造責任…有識者報告書
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521713831/


    【自動運転中の事故、車の所有者に賠償責任 メーカーの責任は、車のシステムに明確な欠陥がある場合のみ 政府方針】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2018/03/30(金) 12:34:56.08 ID:CAP_USER9

    ■一般車での売れ行きはあまりに少ないスズキ・キザシは鉄板だが……

     もはや一般的な車両がミニバンになりつつある現代では、セダンであるだけで目立ってしまうようになってきた。その中でもできればご厄介になりたくないセダンNo.1と言えばやはり覆面パトカーだろう。中でも、もっとも多い車種はクラウンだが、それ以外の覆面パトカーに採用されている車種をご紹介したい。

    ◆1)トヨタ マークX

     モデリスタが手掛けたスーパーチャージャー付の覆面パトカーが一挙に導入されたことで、注目を集めたトヨタ マークX。じつはスーパーチャージャー仕様だけではなく、通常のマークXも覆面パトカーとして多く採用されている。

     セダンの中では比較的街中でも見かける機会の多いマークXだが、取り締まりに従事する覆面パトカーは3.5リッターエンジンを搭載した「350」シリーズが中心。一般ユーザーのマークXは売れ筋の「250」シリーズが多いため、この辺りで見分けたいところだ。

    ◆2)日産スカイライン

     スポーツセダンの名をほしいままにした歴代スカイラインも、覆面パトカーとして導入されることが多かった車種のひとつ。完全に高級車の仲間入りをした現行モデルも、一部の県で交通取締用覆面パトカーとして導入されている。

     過去にはオーテックジャパンが手掛けたR33型スカイラインGT-Rの4ドアセダンも、覆面パトカーとして導入されていたことを覚えている人も多い事だろう。

    ◆3)スバル レガシィB4

     スバルのフラッグシップカーであるレガシィも、先代のBM系が覆面パトカーとして導入されている。どちらかというとツーリングワゴンが人気のレガシィにあって、4ドアセダンのB4かつボンネットにダクトの付いたターボモデルというのはかなりの識別ポイントとなるだろう。また、上級グレード扱いとなるターボモデルにもかかわらず、リヤワイパーが装備されないのも覆面パトカーの特徴となる。

    ◇   ◇   ◇

     ちなみに覆面パトカーの話題となるとよく登場するスズキ・キザシだが、こちらは覆面パトカーではあるものの捜査用車両であり、基本的には交通取締に従事することはない。そのため過度に反応して急ブレーキを踏んだりするのはむしろ危険を招く可能性があるのでご注意を。もちろん、目に余る違反行為があった場合は、捜査用車両と言えど取り締まりを行う可能性はゼロではない。

    2018年3月29日 11時40分 WEB CARTOP
    http://news.livedoor.com/article/detail/14501546/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【見かけたら覆面の確率が高いクラウン以外のクルマwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    d9a677d819af218963c960a560115785_s
    1: 2018/03/29(木) 19:40:13.06 ID:CAP_USER9 

     毎年2~4月にかけ多くの人たちを悩ます花粉症。“国民病”とも言える花粉症の症状が交通事故を引き起こす可能性があるとして、一般社団法人・日本自動車連盟(JAF)千葉支部(千葉市中央区)が注意喚起している。

     くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが花粉症の4大症状。どれも注意力の低下につながるが、運転中に特に注意が必要なのが、通常のまばたきよりもまぶたを閉じる時間が長くなるくしゃみ。

     同支部によると、時速60キロで車を運転中にくしゃみをした場合、まぶたを閉じる時間を0・5秒とすると、その間に進む距離は約8メートル。何の判断もできないまま車だけが走行していくことになる。

     また、くしゃみをする時は肩などに無意識に力が入ったり、慌ててしまったりして、ハンドルやブレーキ、アクセルを誤操作する可能性が高まる。目のかゆみによる涙で視界がぼやけたり、症状を緩和しようと飲んだ薬で眠たくなり、運転が不安定になることが考えられる。
     実際に花粉症が原因の交通死亡事故が起きている。愛媛県今治市で昨年4月、男性が運転する乗用車が花粉症による連続したくしゃみなどが原因で対向車線にはみ出し、軽乗用車と正面衝突。軽乗用車の男女3人が死傷した。

     男性は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、裁判官は「速やかに運転を中止しなければならず、過失は軽いとはいえない」と有罪判決を下した。

     同支部は「花粉症の症状がひどくなると周囲の認識が難しくなる。不要不急の運転は控え、服薬する場合は医師に相談を」と呼び掛け。車内のエアコンを内気循環にしたり、花粉防止グッズの使用を推奨する。

    2018年3月29日 05:00 千葉日報オンライン
    https://www.chibanippo.co.jp/news/national/486639


    【くしゃみの間に車8メートル走行wwwww JAFがくしゃみ事故に注意呼びかけ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2018/03/30(金) 08:40:11.64 ID:CAP_USER9

    ポルシェ ジャパンは3月28日、「第88回 ジュネーブ国際モーターショー」で世界初公開され
    た新型GTスポーツカー「911 GT3 RS」の予約受注を開始した。左ハンドル仕様で価格は
    2692万円。

    公道走行に対応する911 GT3 RSは、先代モデルや「911 GT3」から15kW(20PS)アップとな
    る最高出力383kW(520PS)/9000rpmを発生する水平対向6気筒の4.0リッター自然吸気エン
    ジンを搭載。デュアルクラッチトランスミッションの「7速PDK」を介して後輪を駆動し、
    0-100km/h加速3.2秒、最高速312km/hを実現。
    さらに「リアアクスルステアリング」を最大限のダイナミクスと精度が得られるようリファインし、
    カーボン製フルバケットシート、軽量ドアパネル、軽量リアリッドなどを採用し、遮音材も
    減らした軽量化によって比類なきドライビングダイナミクスを発揮するという。
    no title

    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1114191.html


    【ポルシェ、2692万円の新型「911 GT3 RS」予約受注開始】の続きを読む

    このページのトップヘ