乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    mazda_100350232_l

    1: [Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! ジャストフェイスロック(芋)@\(^o^)/ 投稿日:2015/04/18(土) 21:48:51.03 ID:utCyI0Wt0

    モビリティランドは、5月23日・24日に鈴鹿サーキットで開催するヒストリックイベント「鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2015」に登場する新たなデモランマシンを発表した


    新たにデモランが決まったのは、「マツダ 787B #202 JSPC仕様車(1991年)」「ニッサン R91CP(1992年)」「ホンダ RA301(1968年)」「ホンダ NS500(1984年)」の
    4台。

    MAZDA 787B #202 JSPC仕様車は、ルマン24時間で優勝したマツダ787Bの日本仕様車。ニッサン R91CPは、デイトナ24時間で長谷見昌弘/星野一義/
    鈴木利男組が日本人・日本車初の総合優勝を飾った記念すべきマシン。両モデルは5月23日に東コースで開催する「サウンド・オブ・グループC」でデモランを行う。

    ホンダ RA301は、1964年から始まったホンダの第1期F1チャレンジの最後を務めた最強マシン。5月23日に東コースで開催する「サウンド・オブ・ホンダF1」で
    デモランを行う。

    ホンダ NS500は、1983年にフレディ・スペンサーがWGPタイトルを獲得した3気筒モデル。5月23日・24日の両日、東コースで開催する「サウンド・オブ・GP500」で
    デモランを行う。当日はエディ・ローソンがNS500を走らせる。

    同イベントの前売券は大人2000円、中高生1700円、小学生800円、3歳~未就学児600円で発売中。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20150417-10222271-carview/


    【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン、マツダ 787B(JSPC) ニッサン R91CP のデモラン決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 54コメント

    01

    1: レッドインク(秋田県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/04/19(日) 12:52:01.67 ID:qnCaZaEI0

    英自動車情報誌What Car?が先ごろ発表した「最も信頼できるブランド」の最新結果で、日本のホンダが世界37ブランドの中から首位に選ばれた。
    17日付で香港メディア・東網が伝えた。

    What Car?と自動車保証サービス会社が、保険契約している5万台の故障率、車齢、走行距離、メンテナンス費用をまとめた。その結果、
    「最も信頼できるブランド」にホンダが選ばれた。これにスズキ、トヨタ、マツダ、シボレー、フォード、レクサス、シュコダ、現代、日産、スバルが続いた。

    ドイツのポルシェと英国のベントレーの信頼度は最下位だった。故障の際は自腹で高額の修理代を払わねばならず、部品を探すのも容易ではないという。

    (編集翻訳 小豆沢紀子)

    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/415481/


    【世界で一番信頼出来る自動車ブランド第一位にホンダ ビリはポルシェ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    10101041_200004i

    1: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 投稿日:2015/04/03(金) 02:27:46.26 ID:ebbND2910.n

    いいね!


    【地味なオッサンセダン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 53コメント

    no title


    1: 目潰し(大阪府)@\(^o^)/ 投稿日:2015/04/19(日) 09:47:18.92 ID:5lHKfOPT0.n

     車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、直進してきた対向車側にも責任があるとして、
    遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁であった。原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、
    無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定。対向車側に4千万円余りの損害賠償を命じた。

     一般的な感覚では責任の配分が一方的となりそうな事故。はみ出した車は家族以外が運転していたため任意保険が使えず、この車に乗り死亡した男性の遺族補償が困難視されたケースだった。
    判決は遺族を救済する形となった。

     原告側の代理人を務めた宮本健治弁護士によると、自賠法では「人身事故が起これば、自動車同士なら互いに共同不法行為となる。少しでも過失があるとなれば賠償責任が生じる」という。
    一見、「もらい事故」という形でも、無過失の証明ができなければ責任があるというわけだ。

     一般的に責任の配分が「10対0」といわれる事故もあるが、「10」ならすべての責任を負うというイメージだった。“常識”を覆す判決といえる。

     自分に過失がなくても、相手が任意保険に加入しておらず、十分な補償がしてもらえない場合がある。今回の判決のほか、他者運転危険担保特約や人身傷害保険など、
    さまざまなケースを救済できる仕組みがあることを知らない人も多いという。宮本弁護士は「なんとかなる場合が大変多い。諦めず検討してほしい」と話していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150419-00010001-fukui-l18


    【中央線はみ出した車と衝突した対向車、無過失を証明できず4000万円の賠償命令】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント

    1: ジャストフェイスロック(芋)@\(^o^)/ 投稿日:2015/04/18(土) 17:31:21.49 ID:utCyI0Wt0.n

    ホンダはS660のワイドモデルとなるS1000の開発を進めている。

    S660よりも全幅、全長や排気量を変えグローバルモデルとして販売を計画しているようだ。

    気になるエンジンは新開発の1L直噴VTECターボ
    最大出力:127ps
    最大トルク20.4kgm

    を搭載する予定だ。

    余力は重量が軽いこともありS660よりも力があり燃費も良くなると思われる。

    S660が日本で好調とあり海外でも注目を集めているだけに販売力が高いと思われる。

    しかし、日本での販売は今のところどこまであるかは不明である。
    no title

    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-494.html


    【ホンダ 新型 S1000 排気量1リッターターボ:250万から】の続きを読む

    このページのトップヘ