乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/11/17(金) 23:50:48.52 ID:CAP_USER9

    ◆【電子版】テスラ、航続1000km 新型EV「ロードスター」公開(動画あり)

    ■ 最高速度400キロ超、20年市場投入

    米電気自動車(EV)メーカーのテスラは16日、ロサンゼルス近郊で、スポーツ車「ロードスター」の新型モデルを公開した。
    時速96キロまで1.9秒で到達し、最高速度は400キロを超える。

    マスク最高経営責任者(CEO)は「史上最速の市販車になる」とアピールした。
    市場投入は2020年。

    1回の充電で約1000キロの走行が可能。
    4人乗りで、価格は20万ドル(約2250万円)から。

    一方、同社初となる電動トラック「テスラ・セミ」の試作車も披露した。
    自動車線変更や車線維持などの機能を搭載。
    19年に生産を開始する。

    ※リンク先に動画があります
    https://twitter.com/Tesla/status/931409569640677376

    写真:新型スポーツEV(右)と電動トラックを発表する米テスラのマスクCEO
    no title


    日本工業新聞 2017/11/17 19:00
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00451309?twinews=20171117


    【テスラ、新型EV「ロードスター」公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2017/11/17(金) 19:29:33.38 ID:CAP_USER

    no title

    世界的に電気自動車の開発が加速するなか、アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、初めて電気トラックを公開し、乗用車だけでなく、商用車でも電動化の動きが広がっています。

    テスラは16日、アメリカ西部のカリフォルニア州ロサンゼルスで、初めてとなる電気トラックを公開しました。

    このトラックはトレーラーを引っ張って最大で40トン程度の荷物を運ぶことができ、1回の充電で走行できる距離は、およそ800キロだということです。

    トラックには、車の前後や左右に複数のカメラやセンサーがついており、その映像は運転席に設置されたディスプレーに送られます。視界が広いため運転席が中央にあるのが特徴で、このため国ごとに仕様を変える必要がなく、将来は高速道路で自動運転できる機能も搭載される計画です。

    このトラックの価格はまだ決まっていませんが、テスラでは、再来年から本格的に生産を始め、まずはアメリカとカナダで、その後は日本などでも販売する予定です。

    テスラのイーロン・マスクCEOは「運転席を中央に置いてレーシングカーのようだ。1回の充電で800キロ走行できるので、トラックは充電せずに配送先から戻ってこられる」と話していました。

    電気トラックをめぐっては日本の三菱ふそうトラック・バスが世界で初めて量産モデルを公開するなど、商用車でも電動化の動きが広がっています。
    商用車でも電動化の動きが広がる
    日本の三菱ふそうトラック・バスはことし9月、世界で初めて量産型の電気トラックを公開したほか、中国のBYDは、カリフォルニア州に大規模な拠点を設けて電気で走るトラックとバスを生産しています。

    全米でも環境規制が厳しいことで知られるカリフォルニア州では、温室効果ガスの排出量のおよそ40%を運輸部門が占めています。このため州政府は、メーカー各社に対して、2023年までに州内で販売するトラックの2.5%を、2030年までに15%を電気や水素で走るものにするよう求める計画です。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171117/k10011227061000.html


    【米テスラ 電気トラックを公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2017/11/17(金) 12:07:10.195 ID:0yM+UgrO0

    JEEPのラングラーとか新型ジムニーとかかなりビンビンくる


    【角ばったデザインが好きなんだが俺にオススメの車教えてくれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2017/11/14(火) 19:36:47.12 ID:CAP_USER9

    『うんこ漢字ドリル』227万部、「DAZN」(ダ・ゾーン)登録100万人突破、2017年9月のホンダN-BOXの月販台数は2万5173台……と今年もバカスカ売れているものは多い。

    しかしそんなご時世でも売れてないクルマは相変わらず売れてない。本企画では急遽「売れないクルマたち調査委員会」を立ちあげ、月販台数40台以下を記録してしまった車たちの声に耳を傾けつつ、ところどころで自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏に「なぜ売れないのか?」のコメントをもらいつつ、紹介してゆきたい。世はなべて「売れた車はすごい」「メガヒット作の秘密はこれだ!」というニュースばかりが持てはやされますが、売れてなくても言い分はあるし、もちろん魅力もあるのです。
    文:ベストカー編集部、渡辺陽一郎

    ※本文から抜粋して引用しています(全文はソース先をお読み下さい)

    ■ホンダCR-Z 2017年1月販売台数14台
    no title

    ■レクサスGS F 2017年1月販売台数17台
    no title

    ■レクサスRC F 2017年1月販売台数9台
    no title

    ■三菱デリカD:3 2017年1月販売台数1台
    no title

    ■スズキSX4 S CROSS 2017年1月販売台数13台
    no title

    ■スズキエスクード2.4 2017年5月販売台数18台
    no title

    ■ホンダレジェンド 2017年4月販売台数20台
    no title

    ■ホンダNSX 2017年4月販売台数21台
    no title

    ■マツダアクセラハイブリッド 2017年7月販売台数38台
    no title

    ■ホンダジェイド 2017年7月販売台数41台
    no title

    ■トヨタMIRAI 2017年4月販売台数27台
    no title



    ■ホンダCR-Z 2017年1月販売台数14台

    「2010年の発売当初、“スポーツを楽しめるハイブリッド。画期的だ”なんてよく自動車評論家のみなさんに褒められたけど、2~3年経つと“IMAシステムそのものがこのクルマに合わない”などとマイナス面ばかり指摘されて……。憧れのCR-X様にはなれなかったんだな、僕は。はぁ~」

    ■レクサスGS F 2017年1月販売台数17台

    「ふん、欧州車軍団を買いたければどうぞ。私はGSからの特別な走りのクルマとして誕生したまでで数は追わない主義なんだよ。17台? そんな数なんて気にしないよ。それより仲間のRC Fをごらんよ。月販9台の一桁だよ」

    >>2以降に続く

    ベストカーweb 2017.11.13
    https://bestcarweb.jp/news/entame/2020


    【月販台数40台以下を記録してしまった車たちの声 11選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2017/11/17(金) 14:37:51.85 ID:HExAHsya0● 

    2017/11/17 05:30
    右左折時の停車後の発進をスムーズにする装置「アイターン」

     ソフトウエア開発会社のコアテックシステム(兵庫県姫路市大津区天神町2)が、車の右左折時に、エンジンをいったん止めるアイドリングストップをさせないようにする装置を開発した。
    停車後の発進をスムーズにすることで、交差点内での事故防止に役立つという。
    同社は17日から装置の販売を始める。(金 旻革) 

    同社は1989年創業。
    携帯型の紙幣計数機をはじめ、スマートフォンで車のドアの開閉やエンジン始動ができるアプリなどの開発を手掛けている。
    車のライトで車庫の電動シャッターを開閉する装置は、2014年度の県発明賞を受賞した。

     停車時に作動するアイドリングストップをさせない装置「アイターン」は、ウインカーの作動のみを検知し、アイドリング状態を維持する機能を持つ。
    ハザードの点滅時は機能しない。

     エンジンがいったん止まり、交差点への進入がワンテンポ遅れる事態を防ぐ。
    一部の自動車メーカーを除き、ほとんどの車に取り付けることが可能という。

     矢野経済研究所(東京)の推計によると、アイドリングストップ機能を搭載した車の販売台数(14年時点)は、世界で約1433万台、国内は約260万台。
    省エネ志向の高まりで、25年には世界で約5370万台に達すると予測する。

     同社の服部憲由社長(62)は「混雑した交差点を曲がろうとした際、発進が遅れてひやっとした経験がある人は多いと思う。
    アイドリングストップ機能を装備した車は増えており、ストレスのない運転に役立ててもらえれば」と話す。

     アイターンの販売価格は税別5360円で、初年度は3千台の販売を目指す。問い合わせは、関連会社のコムエンタープライズ

    https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201711/sp/0010738918.shtml
    no title


    【「右左折でアイドリングストップすると発進がもたついて危ない」アイドリングキャンセラー発売 】の続きを読む

    このページのトップヘ