乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 119コメント

    EK
    1: 2016/09/30(金) 14:19:05.977 ID:okmeFCjwd

    身体能力も知能も顔面偏差値も低いから
    せめて車だけは…って発想なの?


    【キモオタがスポーツカー好きな理由ってマジでなんなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2016/09/30(金) 20:29:57.79 ID:CUr6xFnV0 

    9月29日に開幕した『パリモーターショー2016』でポルシェが新型『パナメーラ 4 E-ハイブリッド』と、
    世界中で最も市販台数の多いレーシングカーの新型モデル『911 GT3 Cup』を世界初公開した。

    この日、ポルシェブースに登場したポルシェAG社長のオリバー・ブルーメ氏は、
    「この新しいモデルはデザインとテクノロジーにおいて革命を起こす真のラグジュアリーサルーンです。
    さらに911のアイデンティティとスーパースポーツカーである918スパイダー、そしてハイブリッドレーシングカーの
    919ハイブリッドの遺伝子を持つことは、ポルシェファンの皆様に間違いなくご理解いただけると思っています。」
    とコメントし、パナメーラ 4 E-ハイブリッドの完成度に満足した様子だった。

    新型『パナメーラ 4 E-ハイブリッド』

    パナメーラ 4 E-ハイブリッドは、セルが進化したことで容量が大きくなった
    リチウムイオンバッテリーにより電気のみで50kmの走行が可能となった。

    同モデルのNEDCによる燃料消費量は2.5リッター/100km、
    プラグインハイブリッドモデルの効率性の目安となる電力使用量は15.9kWh/100kmとなり、CO2排出量は56g/km。

    しかし、パナメーラ 4 E-ハイブリッドはラグジュアリーサルーンにおける真のスポーツカーである。
    最高速度は278km/hに到達し、最大トルクはシステム全体で700Nmにもなる。
    この4WDの4ドアハイブリッドスポーツカーの0-100km/h加速時間は、僅か4.6秒である。
    http://autoc-one.jp/news/2922182/
    no title

    no title


    【ポルシェ 実用的なラグジュアリースポーツカー『パナメーラ ハイブリッド』を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    motors
    1: 2016/09/30(金) 18:02:10.31 ID:CAP_USER

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160930/k10010713151000.html

    三菱自動車工業が燃費の不正が発覚したあとの再測定でも不正を続けていた問題で、
    会社側は再発防止策として、燃費の測定方法を役員もチェックすることなどを盛り込んだ報告書を国土交通省に提出しました。
    三菱自動車は、ことし4月に燃費の不正問題が発覚したあとの再測定でも、都合のよいデータを抜き出す
    不正な方法で燃費を測定していたことが明らかになりました。30日は、経営トップの益子修会長が国土交通省を訪れ、
    「多数の皆様にご迷惑とご心配をおかけしていることを深くおわびします」と陳謝したうえで、再発防止策をまとめた報告書を提出しました。


    (以下略)


    【三菱自動車、再発防止に役員も燃費測定チェックへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 56コメント

    1: 2016/09/29(木) 15:08:55.27 ID:CAP_USER

    http://autoc-one.jp/news/2913800/
    no title

    no title


    ビー・エム・ダブリューは、3シリーズの新たなエントリーモデルとして、
    新世代のBMWツインパワーターボエンジン搭載モデルとなる「318i セダン/ツーリング」をラインナップに追加し、
    10月1日(土)より販売を開始する。価格(消費税込)は409万円~ 511万円。
    1975年に初代モデルが登場した3シリーズは、後輪駆動方式や、ドライバーとクルマとが一体となる
    約50対50の理想的な前後重量配分などにより、BMWならではの「駆けぬける歓び」を凝縮したモデルとして
    長年プレミアムスポーツセダンのセグメントにおいて世界的なベンチマークとされてきた。
    第6世代目となる現行3シリーズは、高効率4気筒および6気筒ガソリンエンジンモデルに加え、
    クリーンディーゼルモデル、プラグインハイブリッドモデルと、「駆けぬける歓び」と高い環境性能をより高次元で提供する革新的なパワートレインを提案。
    そして、今回発表された「318iセダン/ツーリング」は、BMW EfficientDynamicsの理念を追求した
    BMWグループの新しいエンジンファミリーに属する新世代モジュラーエンジンである1.5リッター直列3気筒BMWツインパワーターボガソリンエンジンを搭載する。

    「318iセダン/ツーリング」は、BMW EfficientDynamicsの理念を追求したBMWグループの
    新しいエンジンファミリーに属する新世代モジュラーエンジンである1.5リッター直列3気筒BMWツインパワーターボガソリンエンジンを搭載する。

    (以下略)


    【BMW、「3シリーズ」のエントリーモデルを発売へ 価格は409万から】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント

    1: 2016/09/29(木) 14:41:59.33 ID:qc3J9ng70 

    ホンダの高性能スポーツ、『シビック タイプR』。同車の次期型を示唆したコンセプトカーの画像が、海外の自動車メディアによってリークされた。

    これは9月28日、『Automobile』に掲載されたもの。同メディアが、次期シビック タイプRのコンセプトカーの画像を独自入手。読者に向けて、公開している。

    現行のシビック タイプRには、新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTEC」ターボを搭載。最大出力は310ps/6500rpm、
    最大トルクは40.8kgm/2500rpmを引き出す。0‐100km/h加速5.7秒、最高速270km/hの性能を誇る。

    次期型が、この性能を上回るべく、開発が進められているのは確実。なお同メディアは、「次期タイプRのコンセプトカーは、
    パリモーターショー16でデビューする」と伝えている。

    http://response.jp/article/2016/09/29/282617.html

    ホンダ シビック タイプR 次期型のコンセプトカーの画像をリークした『Automobile』
    no title


    【ホンダ シビック タイプR 次期型、画像リーク え、シビックにポ、ポスト!】の続きを読む

    このページのトップヘ