乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/05/20 12:15:52
    プジョー・シトロエン・ジャポンはこのほど、「208 GTi」発売キャンペーンの一環で、
    漫画家・江口寿史氏とコラボレーションを行うと発表した。キャンペーンのために
    描き下ろしたグラフィック・ノベル(マンガ)を、プジョー公式サイトで一般公開する。

    ピュアスポーツモデルとして注目される「208 GTi」は7月1日発売予定。キャンペーンとして、
    プジョー公式サイトで「208 GTi」のアピールポイントやその歴史を紹介するスペシャル
    コンテンツを公開する。その目玉となるのが、江口氏とのコラボ企画だ。

    江口寿史氏は、『すすめ!! パイレーツ』『ストップ!! ひばりくん!』などの作品で知られ、
    イラストレーターとしても活動するほか、雑誌、広告、本の装丁、CDジャケット、アニメ
    映画のキャラクターデザインなど幅広い分野で活躍中。

    今回のコラボで江口氏が描き下ろしたオリジナル・グラフィックノベル(マンガ)は、
    ダイナミックかつ奥行きのある最新のウェブ手法「パララックス技術」を活用したもので、
    6月中旬から一斉公開となる。

    これに先がけて、5月20日にはメルマガ「プジョー GTi MAGAZINE」も創刊される。
    メルマガの購読を申し込んだ人にはプレゼントが用意されており、江口寿史直筆サイン入り
    複製原画が抽選で10名に、「プジョー 208 GTi 3インチミニカー」が抽選で208名に、
    特製オリジナル壁紙が購読者全員に当たる。対象となる購読申込期間は7月23日まで。

    no title


    http://news.mynavi.jp/news/2013/05/20/067/index.html

    【プジョー『208 GTi』が漫画家・江口寿史氏とコラボ!--プジョー・シトロエン・ジャポン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: アビシニアン(東日本) 2013/05/17 14:27:06 ID:TLQL0gYA0
    盗難に遭った車種「ハイエース」が3年連続1位 2013.5.17 13:28

     いつもと何も変わらない朝、駐車場に行くと愛車が見当たらない。一瞬、「駐車した場所を間違えたかな?」なんて思いがよぎるが、すぐに現実に向き合うことになる。盗まれた…。

     自動車盗難や車上荒らしは、いつ自分が被害者になってもおかしくない。自己防衛のためにも、どのような車種が、どういった状況で狙われたのかを知っておきたい。
    そこで、参考になるのが、一般社団法人日本損害保険協会が今年3月に発表した、「第14回自動車盗難事故実態調査結果発表」だ。

    全文は↓
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130517/crm13051713300014-n1.htm
    (記事提供 カーセンサー.net)


    データ抜粋

    都道府県別の構成比
    千葉県(18.2%)、大阪府(17.8%)、埼玉県(11.9%)、愛知県(11.3%)、神奈川県(6.8%)

    盗難発生場所
    契約駐車場(屋外)39.6%、自宅(屋外)25.2%、通勤先駐車場9.2%

    車両別盗難状況の上位5車種
    ハイエース13.1% クラウン10.4% セルシオ8.8% プリウス6.4% ランドクルーザー4.9%

    【盗難に遭った車種「ハイエース」が3年連続1位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/05/20 23:27:26
    日産自動車と三菱自動車工業の新型車投入で、国内の軽自動車市場は競争が一段と激化する。
    20日に会見した三菱自の益子修社長は日産自とともに「4強の一角を目指す」と闘志を
    あらわにした。

    業界関係者の間では、都市部に強い日産自と直接的な競合関係にあるホンダが少なからず
    影響を受けるとの見方も出ている。

    2012年度の軽自動車の市場シェアは、「N」シリーズの販売が好調だったホンダが
    前年度の9.8%から18.4%に拡大。ダイハツ工業(33.1%)、スズキ(29.7%)
    に次いで3強の一角を占めた。一方、売れ筋商品が不足した日産自は前年度の9.0%から
    7.7%に、三菱自は5.4%から3.7%にそれぞれシェアを落とした。

    日産自と三菱自の12年度のシェアは合わせても11.4%にとどまる。両社はこれを
    「20%まで高めたい」(三菱自の益子社長)としており、上位陣からシェアを奪うことが
    必須となる。IHSオートモーティブの自動車担当アナリスト、川野義昭氏は、日産自と
    ホンダの競合関係に着目し、日産自がダイハツやスズキより、ホンダのシェアを奪っていく
    可能性が大きいと分析する。

    日産自は2002年に、スズキからOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受ける
    かたちで軽自動車市場に参入。自社で生産していないにもかかわらず、これまでホンダと
    軽自動車市場で3位の座を争ってきた。11年(暦年)は室内空間が広い「ルークス」
    (ベース車はスズキ「パレット」)を投入した日産自がホンダを上回ったが、12年は
    「N」シリーズの販売が好調だったホンダが抜き返した。川野氏は、ホンダと日産自は
    「販売店の規模や都市部に強いところが似ており、直接的な競合関係にある」と指摘する。

    今回、日産自が発売する「DAYZ」は、軽乗用車の最量販ゾーンである「ハイトワゴン」
    と呼ばれるセグメントに属し、スズキの「ワゴンR」やダイハツの「ムーヴ」などと競合する。
    14年初頭には「ルークス」の後継車としてハイトワゴンよりもさらに全高が高い「スーパー
    ハイトワゴン」の新型車を投入し、「N BOX」で快走するホンダを追撃する。(※続く)

    ●参考/日産自動車と三菱自動車工業の新型車『DAYZ』
    no title


    no title



    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE94J00220130520?sp=true

    【軽自動車市場は「4強時代」に突入へ--都市部に強い日産とホンダが競合】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: 名も無き被検体774号+ 2013/05/02 12:56:54 ID:6rFG2Kk60
    俺「イギリスの○○○って車だよ。」

    女「すごーい!じゃあ左ハンドルなの!?」

    俺「右ハンドルだよ。」

    女「え・・・」

    俺「・・・」



    この外車は左ハンドルって風潮止めようぜ。
    っていうか英国車は右ハンドルってこと知らない奴多すぎだろ。

    【女「車何乗ってるの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ジャパニーズボブテイル(芋) 2013/05/19 07:52:18
    BMWパフォーマンスドライビングスクールのインストラクターJohan Schwartzがギネス世界記録を樹立しました。その記録とは、連続で
    ドリフトをする最長記録です。これまでの最長記録は、Abdo Feghali というドライバーによる11.18kmだったそうですが、それを大幅に塗り替える、82.52km(51.278マイル)というドリフト距離をマークしました。

    これまでの記録のじつに7倍以上! だいたい82.52kmといえば、東名高速でいえば、用賀の東京料金所から静岡の御殿場までドリフト
    しっぱなしというくらいの距離です。そんな大記録、どうやって可能にしたのでしょうか?

    http://autos.goo.ne.jp/column/220022/article.html

    【ギネス認定の「ドリフトしっぱなし距離」その新記録はなんと80km超(東京ー御殿場に相当)!】の続きを読む

    このページのトップヘ