乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント
    1: アジアゴールデンキャット(千葉県) 2013/05/07 20:15:38 ID:DqVLvjAa0
    ホンダを代表する大人気コンパクトカー 「フィット」「フィット ハイブリッド」が、2013年秋にいよいよフルモデルチェンジ を果たす。

    「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」でフィット ハイブリッドは35.4km/Lを超える

    次期フィット ハイブリッドに搭載予定の新技術 「SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive」 の概要が明らかにされている。
    no title

    no title


    新開発1.5リッターアトキンソンサイクルエンジンと、モーターを内蔵する7速DCT、高出力を引き出せるリチウムイオンバッテリーが組み合わされる。
    クラッチの切り替えにより、発進時などにエンジンと切り離しEV走行を実現するほか、加速時や高速走行時にはエンジン+モーターで高出力を得たり出来る高効率なシステムだ。
    「SPORT」が冠についていることからも分かるように、エコだけではなく、スポーティな走りの楽しさも追求している。従来型に比べ加速性能で15%以上、燃費では30%以上の性能向上。

    新しいフィットには、国産コンパクトカークラスとしては初めて、 事故回避支援システム「City-Brake Active System」が新設定 される。
    レーザーレーダーにより前方の車両を認識。追突の危険を察知すると、警告音や表示により注意喚起する。そして自動的にブレーキをかけることで、追突回避や衝撃軽減を助ける。
    またこの仕組みには、アクセルの踏み間違いによる誤発進抑制機能も含まれる。

    今秋登場予定のホンダ 新型 フィットは、2013年5月時点ではまだそのデザインの全容については明らかにされていない。
    今年初頭の北米・デトロイトで『URBAN SUV CONCEPT』 が発表された。これは次期フィットをベースとした派生モデル。そう、ここに鍵がある。
    no title


    いかにもホンダらしいシャープなラインや躍動的なフォルムなど、今ホンダが考える近未来デザインのトレンドや傾向をうかがい知ることは出来るはずだ。
    初代フィットがそうだったように、 コンパクトカーの価値観を覆すような「アッと驚く」デザイン力 に期待したい!

    http://autoc-one.jp/honda/fit_hybrid/special-1365186/#hiddenElement

    【ホンダ新型フィット、低燃費でナンバー1に!高級スポーツカーで使用されるDCTも搭載!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: 風吹けば名無し 2013/05/06 23:50:56 ID:YfaSogH9

     西武浅村の愛車 
    no title

    4: 風吹けば名無し 2013/05/06 23:51:54 ID:Gt2r+OFe
    かなり頑丈そうに見える

    6: 風吹けば名無し 2013/05/06 23:52:43 ID:OUbvV/5l
    なにこのマークミズノか?

    【スポーツ選手の愛車いかつすぎワロタwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: オセロット(長野県) 2013/05/05 21:45:56 ID:LnzMcJyq0
    日本でもお寺の僧侶は割と高額所得者と言う認識がありますが、お隣中国の僧侶も同様のようで、一部の僧侶はBMWやポルシェといった高級車を乗り回しているようだ。
    疑問なのは彼らがどのような仕組みで収入を得ているのか、托鉢等だけで食っていくのがやっとなはずなのに何故高級車に乗れるのかが疑問なようです。今回はそんな僧侶たちの高級車を紹介したい。

    高級車BMWやフォルクスワーゲンに乗るお寺の僧侶。僧侶と言えば質素な生活をしながらお布施を募ると言うイメージが強いが、それは過去の話なのかもしれない。
    現在はこのように高級車や高級時計を身にまといリッチな生活を送っている僧侶もいるようだ。

    ちなみに日本では寺の僧侶は非課税と思われがちだが、このような嗜好品は課税対象となり、高級車もその一つ。
    ただし営業車として認められれば非課税になる可能性も高くその辺はうまく切り抜けている僧侶もいるようだ。
    いずれにせよ一般的な法人であろうと、宗教法人であろうと税金対策の為にうまく切り抜ける為に日々試行錯誤しているのは同じようだ。

    はたして中国の僧侶も税金対策をうまく利用し、リッチな生活を送っているのだろうか。中国のサイトではこのような僧侶を「偽僧侶だ」などと非難している。

    ―中国の反応
    ・偽僧侶だ
    ・リッチ過ぎる
    ・寺の僧侶はアウディA8に乗っているよ
    ・僧侶はリッチ世代
    ・これが彼らの言う「天国」です。
    ・金を寄付してBMWかよ信じられないわ
    ・これは偽僧侶ですテレビで見たことがある
    ・BMWより白馬のほうが高いだろ
    ・どうやってお金ももうけているの
    ・宗教は悪性腫瘍です。
    ・出家したい
    ・うーんレンガとか割れないしな。

    彼らが偽僧侶かどうかは定かではないが、日本のテレビ番組では秋葉原にはびこる偽僧侶の特集を行っている。

    これが本当の『天国』か、僧侶が高級車を乗り回していると話題に
    http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/byokan/2013/05/post-1572.html

    【BMWやポルシェといった高級車を乗り回すお寺の僧侶に非難が殺到】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: そーきそばΦ ★ 2013/05/06 17:21:06
    若者の車離れが指摘されるなか、自動車業界は、若い世代の関心が高いスマートフォンやアニメなどを活用して、
    車に関心を持ってもらおうという新たな試みを始めています。

    このうち自動車メーカーの「マツダ」は、スマートフォン向けに車の撮影に特化したアプリを開発しました。
    このアプリを使うと、写真を撮る際、スマートフォンの画面に車を美しく撮影できるお勧めの角度が線で表示されます。
    また、止まった車の写真を、高速で走っているようなスピード感のある画像に加工することもできます。
    写真は、インターネットの交流サイトに手軽に載せることができる仕組みで、スマホやネットを通じて車への関心を持ってもらうことをねらっています。
    一方、トヨタの車の展示場を運営する会社は、アニメの登場人物が車体の全面に描かれた車を初めて商品化しました。
    車に搭載されたカーナビは、アニメの登場人物を演じる声優が音声を録音しています。
    先月、2台を限定で販売したところ、およそ180件の購入の申し込みがあったということです。
    この車の商品化を企画した「アムラックストヨタ」の金子浩平さんは、「試乗に訪れた人の中には、
    免許を取って初めて車に乗るという人もいた。若い人たちに車に興味を持ってもらう入り口にしたい」と話しています。
    国内の自動車市場の縮小が続くなか、若者の車離れを食い止めようというメーカーや販売店の模索が今後も続きそうです。

    ソース NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130505/k10014372251000.html
    画像
    no title

    過去スレ ★1 2013/05/05(日) 23:14:10.33
    http://www.logsoku.com/r/newsplus/1367801847/

    【若者の車離れ…スマホやアニメで車離れに歯止めを】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: のーみそとろとろφ ★ 2013/05/06 12:42:29
     フォルクスワーゲン(VW)グループジャパン(愛知県豊橋市)は、日本市場にディーゼル車を再投入する。
    平成26年末までに主力車「ゴルフ」に搭載される予定だ。

     ディーゼル車は軽油を燃料に使い、ガソリン車に比べて二酸化炭素の排出量が少なく、燃費性能も高い。
    ただ、窒素酸化物や粒子状物質などの大気汚染物質を排出することから、日本では乗用車で普及が進まなかった。
    VWは昭和52年から約20年間、日本でディーゼル車を販売していたが、不振で撤退した経緯がある。

     ただ、近年は窒素酸化物などを大幅に減らす技術が進化し、国内でのディーゼル車の人気が高まっている。
    マツダが平成24年に相次いで発売したスポーツ用多目的車(SUV)「CX-5」や主力車「アテンザ」で、7~8割がディーゼル車だった。
    独BMWは主力の「3シリーズ」などに設定し、24年のディーゼル車の国内販売台数は前年比4・4倍の約4万台と急増している。

     VWジャパンの庄司茂社長は「過去にないペースで日本でディーゼル車が増える」と見込んでおり、順次車種を増やす方針だ。

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130504/bsa1305042055002-n1.htm

    【VW(フォルクスワーゲン)、日本にディーゼル車 「ゴルフ」で再投入】の続きを読む

    このページのトップヘ