乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    auto-2374719_640
    1: 2017/07/20(木) 22:15:33.64 ID:CAP_USER9

    排ガス不正が疑われる独ダイムラーが実施する大量リコール(回収・無償修理)をめぐり、メルセデス・ベンツ日本法人は
    20日、日本での販売分はリコール対象外だと発表した。

     対象は300万台を超え、11年以降に欧州で売ったメルセデス・ベンツのディーゼル車のほぼ全てにあたる。
    ダイムラーは、欧州と日本では排ガス規制が違うため、現時点では対象から外したと説明している。

     ダイムラーは現地検察の捜査を受けているが、不正を否定し、今回の修理も「サービスキャンペーン」と主張する。
    修理では、欧州の市街地を実際に走ったときに、排ガスに含まれる有害物質が減るようエンジンのソフトウェアを更新する。

    http://www.asahi.com/articles/ASK7N4T8NK7NULFA00M.html


    スポンサーリンク

    【ベンツ「日本販売分はリコール対象外」 排ガス不正疑惑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2017/07/19(水) 15:52:42.31 ID:BDvRkLRK0 

    「RS」のネーミングは古の時代からホンダ高性能モデルに使われた伝統のもの。中年以上のおじさんが思い出すのは『シビックRS』であろう。

    当時のRSは、足もいじればエンジンもいじって、名実ともにスポーツモデルを名乗って憚らなかったものである。翻って最新の『フィットRS』、
    カタログのどこをどう見てもそれらしいチューンナップが施されているという記述はない。おまけに乗ってみても、既存のモデルとの差別化は
    非常に難しい(というか、ほぼ無い)ほど、マイルドな仕立てとなっていた。

    少なくともエンジンに関する限りは、既存の1.5リットルガソリン仕様の『15XL』と何ら変わるところはなく、RSが唯一他グレードと異なるのは、
    6速MTの用意があるということだけである。

    正直、入念な取材をしてちゃんと足の違いを聞けばよかったのだが、3台続けて試乗してください、となると、なかなかそうもいかず、
    言い訳になるが結局足回りに関するお話は聞けずじまい。そこで、配布された資料やカタログ、それに技術説明で語られた文言と、
    説明に使われたディスプレイの写真を見返してみても、RSに専用の足回りが奢られているという話は一切出てこない。

    1206087


    https://response.jp/article/2017/07/19/297576.html

    というわけで、RSと言ってもこれはあくまでも外観をスポーティーに仕立てた雰囲気重視のスポーティーバーションと思わざるを得ないわけである。


    スポンサーリンク

    【ホンダ フィット RS 雰囲気重視のバッジチューンモデル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    111_o

    1: 2017/07/20(木) 04:03:07.00 ID:CAP_USER9

    ホイール盗んだかホンダ社員逮捕
    (とちぎ県)

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/1095308671.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    芳賀町にある大手自動車メーカー「ホンダ」の研究所の社員が去年4月、
    研究所内でタイヤの付いたアルミホイールを盗んだとして19日、窃盗の疑いで逮捕されました。

    この社員はアルミホイールをタイヤ販売店に売っていたということで、
    警察はほかにも余罪があるとみて調べています。

    逮捕されたのは芳賀町にある大手自動車メーカー「ホンダ」の研究所「本田技術研究所」の社員で、
    宇都宮市鐺山町の酢谷慶治容疑者(49)です。
    警察によりますと酢谷容疑者は去年4月、研究所内に保管されていたタイヤの付いたアルミホイール
    4本を盗んだとして窃盗の疑いがもたれています。

    警察によりますと、酢谷容疑者が盗んだアルミホイール4本は、一般には販売されていない試作品で、
    開発費などを含めるとおよそ240万円の価値があったということですが、
    酢谷容疑者はこれをおよそ10万円で宇都宮市内のタイヤ販売店に売っていたということです。

    酢谷容疑者は調べに対し容疑を認め
    「小遣い稼ぎのために盗んだ。ほかにも10回くらいやった」
    と供述しているということで、警察は、ほかにも余罪があるとみて調べています。

    「ホンダ」広報部は
    「誠に申し訳ありません。今後、同様のことが発生しないよう対応していきます」
    と話しています。

    07/19 19:22


    スポンサーリンク

    【研究所からタイヤ付きホイール盗んだか ホンダ社員逮捕 一般には販売されていない試作品で、開発費などを含めると約240万円の価値】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 63コメント

    passion_img01
    1: 2017/07/20(木) 21:02:34.527 ID:zxib2iuZ0

    まさか他人の受け売りって事はないよな?


    スポンサーリンク

    【トヨタを素晴らしいと思ってる奴らってどこが素晴らしいか的確に言えるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    1: 2017/07/20(木) 19:43:08.19 ID:IaF6pB3p0 

    ホンダ、ベビーNSXの真相 ミドエンジン新型、パテント情報 S2000後継ではない?

    ホンダは、ミドエンジン・コンバーチブルスポーツカーの意匠登録を行った。

    われわれが入手したパテントイメージには、
    ・短いフロントノーズ
    ・長いリアセクション
    ・ミドシップの特徴である車体後部のルーバー/エアスクープ
    が確認できる。

    パワートレインの候補は、
    新型シビックの1.5?4気筒ユニット
    新型シビック・タイプRの2.0?ターボユニット
    の2種類だ。

    前者ならば最高出力180psレベルを期待できる。後者ならば320psを発揮できるが、2シータースポーツカーともなれば出力を抑えることも考えられる。
    なお、先日AUTOCARの取材に応じたホンダの関係者は、本件に関して一切口を開いてくれなかった。

    https://www.autocar.jp/news/2017/07/20/229441/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【ホンダが次期型S2000?のデザイン特許を申請!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ