乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    bdc458edfd9d705e358bb5c4be17c4d6_s
    1: 2018/03/01(木) 11:37:23.11 ID:CAP_USER9

    3/1(木) 11:20配信
    毎日新聞

     中央自動車道を235キロで暴走したとして、警視庁交通執行課は1日、東京都世田谷区世田谷1、会社員、白井良宗容疑者(41)を道路交通法違反(速度超過)容疑で逮捕した。同課によると、スピード違反で検挙されたケースとしては、過去最高速度という。

     逮捕容疑は2016年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市の中央自動車道で、法定速度を135キロ上回る235キロで乗用車を運転したとしている。白井容疑者は容疑を否認しているという。

     同課によると、白井容疑者はモンスター級スポーツカーと呼ばれる米国車「チャレンジャー」(排気量6400CC)を運転。車の前ナンバーを外して走行していたが、速度違反自動監視装置(オービス)に映っていた写真から白井容疑者を割り出したという。【堀智行】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000036-mai-soci


    【【スピード違反】中央道で235キロ 検挙例で過去最高速wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    modal_pic
    1: 2018/02/28(水) 06:19:12.97 ID:j2e7MkuU0

    C-HRはええんやろか?


    【年収300万円の人にふさわしい車教えて】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2018/02/28(水) 18:41:40.54 ID:CAP_USER9

    日産自動車は2018年2月28日、ミニバン「セレナ」のモデルラインナップに、電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナe-POWER」を追加設定し、同年3月1日に発売すると発表した。

    ■力強い加速と高い静粛性を実現

    2016年にコンパクトカー「ノート」に初採用されたe-POWERは、ガソリンエンジンは発電に徹し、タイヤの駆動はモーターのみが行うシリーズハイブリッド方式の電動パワートレインである。

    セレナe-POWERに搭載されるシステムは、1.2リッターエンジン+モーターという組み合わせはノートのものと基本的に同じだが、より大きなミニバンボディーに合わせて、それぞれ仕様を変更。エンジン出力を79psから84psへとアップさせて発電量を増やしたほか、オイルクーラーを追加。モーターの性能はノートの最高出力109ps/最大トルク254Nmから、同136ps/同320Nmへと強化している。このほかバッテリーの容量も1.5kWhから1.8kWhへと拡大。モーター駆動ならではの力強い加速に加えて、車速に応じたエンジン回転制御とボディーの随所に施した防音対策による高い静粛性もうたわれている。燃費性能については、26.2km/リッター(JC08モード。「e-POWERハイウェイスターV」の数値)と公表されている。

    アクセルペダルのみで加減速を行える「e-POWERドライブ」など、ノートe-POWERにも備わる機能に加えて、セレナe-POWERには新機能として「マナーモード」と「チャージモード」が用意される。マナーモードはなるべくバッテリーのみで走行して車両の内外を静かに保つ走行モードで、バッテリー残量が90%の状態であれば約2.7kmの走行が可能。一方のチャージモードは、マナーモードの使用に備えるモードで、バッテリーがほぼ満充電となるまでエンジンが発電を続ける。

    外観では、ブルーのラインを備えたフロントグリルやリアサイドスポイラー、15インチアルミホイール、LEDリアコンビランプなどに専用デザインを採用。ボディーカラーは専用色の「ミントホワイトパール」など、全13種類が設定される。

    インテリアでは、メーターパネル内のアクセントやセンターコンソールトレイの照明、スタータースイッチなどにブルーを採用。また、シフトバイワイヤを採用したため、セレクターは専用デザインとなっている。なお、フロア下にバッテリーを搭載する都合により、セレナe-POWERは全車が7人乗り仕様で、2列目シートは左右が独立したキャプテンシートとなる。

    このほか、先進安全装備として緊急自動ブレーキや車線逸脱警報が全車に標準装備されるほか、安全運転支援システム「プロパイロット」や駐車支援システム「インテリジェントパーキングアシスト」などがオプション設定される。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・e-POWER X:296万8920円
    ・e-POWER XV:312万8760円
    ・e-POWERハイウェイスター:317万8440円
    ・e-POWERハイウェイスターV:340万4160円

    >>2以降に続きます)

    2018.02.28
    http://www.webcg.net/articles/-/38283

    セレナe-POWER
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【電動パワートレインを搭載した「日産セレナe-POWER」発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    3013eeeddf02873ed93389257e63b0a1_s
    1: 2018/02/28(水) 07:18:29.49 ID:2vv8+/eH0

    もう電車通勤できない


    【都内で車通勤してるんだが勝ち組感がハンパないwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    fa57473369d4fc52c57c14822bcf0506_s
    1: 2018/02/28(水)13:45:43 ID:v3e

    法定速度40の道路を前の車が50で走ってたとして、そこを40で走ったら流れに乗ってないっていうけどどういうことかわからん
    免許まだ持ってないんだけど、法定速度<流れっていうけど、流れってなんなの?


    【車の流れとかあるけどさ】の続きを読む

    このページのトップヘ