乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント

    ToyotaCamrySportivoPedals
    1: 2016/11/15(火)19:26:35 ID:6Yr

    かかとを軸にしてつま先の向きだけ変えてブレーキ踏んでる?

    一旦足を浮かしてブレーキ側に移してから踏む?


    【アクセルからブレーキ踏む時どういう風にやってる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 96コメント

    1: 2016/11/15(火) 15:17:21.43 ID:CAP_USER

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1029970.html
    no title


    スバル(富士重工業)は、10月13日に発表した新型「インプレッサ」が発表後約1カ月で1万1050台を受注したと発表した。

     この数字は月販目標の2500台の4.4倍になり、内訳は5ドアハッチバックの「インプレッサ スポーツ」が8824台、
    4ドアセダンの「インプレッサ G4」が2226台で、それ以前にスバル車に乗っていた人の購入が49%、
    他メーカーに乗っていた人が51%となり、「新型『インプレッサ』はこれまで以上に幅広いお客様から支持されている」としている。
     グレード構成ではインプレッサ スポーツ、インプレッサ G4ともに最上級グレードの「2.0i-S EyeSight」が最も多い状況となっている。

    (以下略)


    【スバル、新型「インプレッサ」が発売1カ月で目標の4倍以上の1万1050台を受注】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2016/11/15(火) 17:20:04.39 ID:CAP_USER

    http://autoc-one.jp/news/3003775/
    no title


    11月15日、「ツインリンクもてぎ(栃木県)」で2017年次 RJCカー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が行われ、
    57名による投票の結果、2017年次RJCカー・オブ・ザ・イヤー(国産車)には日産 セレナ(319票)が選ばれた。

    日産車が受賞するのは、2013年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーのノート以来、4年ぶりとなる。

    RJCカー・オブ・ザ・イヤー・インポートにはボルボ XC90(293票)、
    テクノロジー・オブ・ザ・イヤーには日産のプロパイロット(282票)が選ばれた。
    昨年の2016年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーにはスズキ アルト/アルトラパンが輝いていた。


    【RJCカー・オブ・ザ・イヤーは日産セレナに決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2016/11/15(火) 11:01:23.73 ID:CAP_USER9

    ホンダ寄居工場を抱える埼玉県寄居町で13日、ホンダの往年の名車によるクラシックカーパレードが開かれた。
    6回目となる今回は関東一円から約50台が集まり、町内をにぎやかにパレードした。
     
     寄居町商工会や寄居署、町などで実行委員会を組織。交通安全のPRとホンダ寄居工場を歓迎しようと実施している。
    産業文化祭やふるさとの祭典市などのイベントとの同時開催の効果もあり、合計で約1万5千人が来場した。
     
     パレードに参加したのは1964~91年式のN360、ライフ、シビック、S600、S800など。
    見物客の視線を集めながら、中心市街地からホンダ寄居工場までの約7キロの行程を走った。

    中心市街地に勢ぞろいしたホンダのクラシックカー(寄居町提供)
    no title


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00010005-saitama-l11


    【ホンダ名車50台パレードに1万5000人 ホンダ寄居工場歓迎企画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 73コメント

    1: 2016/11/15(火)07:08:07 ID:Vxp

    no title

    絶対入れてやらない たまにDQNがキレてるけど無視
    一緒に乗ってた人に「いいじゃん入れてやれば」なんて言われるけどそういうことするからますますバカが助長するんだ


    【車乗っててこういう時鉄壁の防御をしてしまうんだが俺は心が狭いのか】の続きを読む

    このページのトップヘ