乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    02_l
    1: 2018/03/03(土) 07:59:21.44 ID:CAP_USER9

    http://toyokeizai.net/articles/-/209910

    2018年03月02日
    越湖 信一 : PRコンサルタント、EKKO PROJECT代表

    フェラーリと同じくイタリアの片田舎を発祥にするスーパーカーといえば、ランボルギーニだ。最新モデルの「ウラカン」「アヴェンタドール」をはじめとして、フェラーリとはまた違うテイストながら、誰が見てもカッコいいと感じるデザインと圧倒的な走行性能を持つ。往年の名モデルである「カウンタック」「ミウラ」は1970年代のスーパーカーブームの一翼を担った。

    ランボルギーニがSUVに参入

    そんなランボルギーニがSUV(スポーツ多目的車)に参入した。2月6日に日本で発売された「ウルス」がそれだ。特徴的な内外装のデザインと最高出力650馬力、最大トルク850Nmという、とてつもないパワーを誇るV8ツインターボエンジンを搭載する。まさにSUVのスーパーカーだ。

    ウルスは昨年末に本国イタリアで初公開されて以来、日本のディーラーではすでに相当数の予約注文が入っているという。

    ポルシェ「カイエン」「マカン」、マセラティ「レヴァンテ」、ベントレー「ベンテイガ」――。現在のラグジュアリースポーツカー・マーケットはSUVを中心に回っていると言ってもいい。単にブランドのラインナップに幅を持たせるだけでなく、販売面でも重要な存在となっている。

    ポルシェの販売台数の約7割がカイエン、マカンで占められているといわれ、マセラティも登場間もないレヴァンテが最も台数を稼げるモデルになっているようだ。ラグジュアリーブランドの看板となるクーペやサルーンよりもSUVの売り上げの比率のほうが高くなっているのだ。

    なぜラグジュアリーSUVがそんなに人気なのか。私は3つの理由があると考えている。
    (リンク先に続きあり)


    【ランボルギーニがついにSUVへ参入した理由 世界最速「ウルス」は打倒フェラーリの布石だ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2018/03/01(木) 20:29:09.69 ID:CAP_USER

    1972年にスズキGTシリーズの中排気量モデルとして発売されたスズキGT380。
    カワサキ350SSやヤマハRD350など、強力なライバル車が存在するクラスの中で、スズキ独自の技術をフルに搭載して作られた当時のハイテクマシンでした。
    そんなスズキGT380を知っていますか?

    no title


    Photo by Steve Glover

    スズキの最新技術を詰め合わせたハイテクマシンGT380

    スズキは1971年排気量738cc水冷2ストローク3気筒エンジンを搭載したフラグシップモデル『GT750』を発売し、翌1972年には排気量をダウンさせた派生モデルGT380とGT550を登場させました。
    当時、ミドルクラスのバイクは350ccが主流でしたが、スズキはあえて380ccスケール(スペック:371cc)を採用。
    GT380の弟分であったGT250のエンジンは、ボア×ストロークが54×54mmの排気量247cc空冷2ストローク2気筒エンジンを搭載しており、GT380のエンジンはGT250にシリンダーを1つ追加した3気筒エンジンになっています。
    しかし、1973年にオイルショックが起こったことで当時の2ストロークバイクの存続が難しくなっていくことに。
    そのため毎年改良を重ねていきましたが時代の流れには逆らえず、GT550は1977年、GT380は2年後の1979年に生産終了となってしまいました。

    冷却効果を狙ったラムエアーシステム

    no title


    Photo by PROSteve Glover

    実は、GT750は水冷式ですが、GT380では空冷式エンジンを採用しています。
    水冷式のほうが理想的に思えますが、当時のバイクは空冷がメインであり、ミドルクラスのバイクに水冷を採用すると非常にコストがかかり高額設定にせざるをおえませんでした。
    そこで、スズキは空冷エンジンの弱点である冷却性を向上させるため、『ラムエアーシステム』をGT380に採用したのです。
    それはエンジンヘッド部分に冷却フィンを装備した筒状の空気流入口をつくり、エンジンヘッド周りの冷却を効率化させるという仕組み。

    現在のバイクのラムエアシステムは、エアーボックス内に空気を強制的に取り込みパワーを引き出しますが、当時は冷却効果を狙ったシステムだったようです。
    GPレースで開発されたCCIを採用
    エンジンは、CCI(クランクケースシリンダーインジェクション)を採用していました。
    CCIはクランクシャフト駆動のオイルポンプによりクランクシャフトベアリング、コンロッドビッグエンドを直接強制潤滑させるもので、オイルはクランクケース内で飛散し、スモールエンド、シリンダーなどを潤滑・冷却した後、混合ガスとなって燃焼室へ導かれるシステムです。
    そんなCCIはGPレースで培った分離潤滑技術で、1965年に発売されたロードスポーツバイク・スズキT20で市販車に初めて採用されました。
    仮面ライダー本郷猛が乗ったスズキGT380の魅力
    僕の乗ってるバイクは 初代の仮面ライダーのサイクロン号と ストロンガーの乗ってるこのバイクのベースになってるGT380とゆう もう40年以上前のバイクです 。

    pic.twitter.com/QYeKqCptVR

    — DJ elucuro (@l96elucuro) 2015年9月17日

    特撮テレビシリーズ『仮面ライダー』の中で、登場人物『本郷猛(ほんごうたけし)』が乗っていたバイクに、スズキGT380が登場していました。
    本郷猛を演じる藤岡弘さんは当時25歳で、仮面ライダー人気の火付け役と言っても過言ではない人物。
    これ以降、仮面ライダーの主人公がバイクで参上することが定着し、GT380はその先駆けとなったのです。


    【特撮や戦隊モノのの劇用車で活躍し人気に!?名車スズキGT380の魅力に迫る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    logo
    1: 2018/03/03(土) 07:52:41.35 ID:CAP_USER9

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000084-asahi-bus_all

     スバルは2日、出荷前の車の燃費などを確認する「抜き取り検査工程」で、測定値の書き換えがあったと明らかにした。これまで改ざんの疑いがあった燃費に加え、燃費を算出する際に使われる排ガスの測定値も書き換えていた。社長交代の会見で吉永泰之社長は「大きな問題。根っこは企業風土にある」と話した。

     改ざんの疑いが浮上したのは昨年12月。無資格者に完成車の検査をさせていた問題で実施した調査に、「燃費の測定値の変更行為があった」と発言した検査員がいた。スバルは「書き換えの可能性がある」として改めて調査を外部の弁護士に依頼。今回初めて改ざんを認めた。

     検査はカタログ値に示した燃費通りかどうかについて、完成車を任意で抜き取って走行時の排ガスなどを調べる。

     国土交通省などによると、燃費の検査行為は道路運送車両法の保安基準の対象外。だが燃費の測定に必要な排ガスの検査は保安基準の対象だ。今回、新たに排ガスの改ざんも認めたことで、道路運送車両法に抵触する可能性がある。

     排ガスも燃費も一定の基準値を超えた車は出荷できないが、スバルは今回の改ざんは基準値の範囲内だったと説明。改ざんの動機などを調べた上で、3月末までに国交省に報告する予定だ。現時点では対象車のリコール(回収・無償修理)はしない考えだ。


    【スバル、排ガス測定値も改ざん 社長「根っこは企業風土にある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    logo
    1: 2018/03/03(土) 02:52:20.842 ID:jz79rD/30

    車はカローラアクシオ
    バイクはCB400sf乗ってます


    【車はトヨタ、バイクはホンダってマジでつまんないやつだよなwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント
    mqdefault

    1: 2018/03/02(金) 18:10:59.44 ID:CAP_USER9

     トンデモ暴走男が逮捕された。警視庁交通執行課は1日、都内の会社員・白井良宗容疑者(41)を道路交通法違反(速度超過)容疑で逮捕した。法定速度100キロの中央自動車道を時速235キロで走行。スピード違反で検挙されたケースでは過去最高速とみられる。同容疑者は車の前ナンバーを外し、速度違反自動監視装置(オービス)に対して中指を突き立てる挑発ポーズまでしていた。これに黙っていられなかったのは、“非公式”ながらフェラーリで公道を320キロで爆走し、同じく速度超過で逮捕された“伝説の男”切替徹(きりかえ・とおる)氏(70)だ。

     その男は悪びれる様子もなく、笑顔を見せながら連行されていった。

     1日に逮捕された白井容疑者。2016年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市の中央自動車道で、法定速度を135キロも上回る235キロで車を運転した疑いが持たれている。スピード違反で検挙されたケースとしては、過去最高速度とみられる。

     白井容疑者が乗っていたのは、アメ車の「ダッジ・チャレンジャー」。排気量6400ccのモンスター級スポーツカーで、人気カー映画「ワイルド・スピード」シリーズにも登場する。

     映画の中ならば、いくら速度超過しても構わないが、実際の公道でそれをやっては捕まるのも当然。しかも、白井容疑者は車の前ナンバーを外して走行し、オービスに向けて中指を立てる悪質ぶり。逮捕後、警察に連行される際には、不敵な笑みすら浮かべていた。警察の調べに白井容疑者は「自分かどうかわからないのに認めません」と容疑を否認。一部では「180キロを超えるとオービスでも追いきれない」という都市伝説もあるが、捜査関係者によると「バッチリ判別できる」という。往生際が悪いとはこのことだ。

     道交法の速度超過は、6か月以下の懲役、または10万円以下の罰金。別の捜査関係者は「白井容疑者の場合、同様の余罪はわかっているだけでも5件以上。過去にも違反歴があり、無反省ぶりがうかがえる。昨年の段階で容疑者に呼び出しをかけていたが、応じなかった。免許取り消し、罰金どころか、裁判で実刑判決が下ることも十分あり得る」と話す。

     白井容疑者の悪態には“伝説の最速王”からもダメ出しが飛び出した。

     1990年に発売された「320km激走 フェラーリF40」というビデオで、常磐自動車道をフェラーリF40で高速走行し、のちにビデオがきっかけで逮捕されてしまった切替氏だ。

     現在、茨城県土浦市の自動車販売店「レーシングサービスデイノ」の代表を務める切替氏は、今回の事件について「同じ速度超過でも、私とは次元が違います。オービスに中指を立てるなど、彼の態度はいただけません」とコメント。

     切替氏の場合、最初は谷田部のサーキット場でのテスト走行の様子をビデオに収めようとしたが、280キロしか出ず「これでは商品にならない、いろいろな人に迷惑がかかると、常磐道でアタックしてしまった。スピードを出すことがカッコいいという気持ちでやったわけではありません」という。

     当時、警察の物証はビデオ映像のみ。取り調べで否認すれば罪にならなかった可能性もあるが、切替氏は「速度超過してしまったのは事実ですから、認めました。警察官から『本当に300キロ出るの?』と聞かれましたが、出ていたので『はい』と答えました」。

     同氏によれば「多分、310~320キロはいっていた」というが、ビデオ映像ということで、“非公式”の最高速度という扱いだ。

    「(白井容疑者が)史上最速と言われても、ちっとも悔しくありませんね。私と彼ではスピードを出した理由が違いますから。私は罪を認めたことで、なぜかネット上で『フェラーリを守った伝説の男』というふうに言われていますが、今もこうしてフェラーリの仕事ができているのは、そういう部分もあるのかな、と思います。きちんと罪は認めなければいけません」(同氏)

     現行の道交法では50キロオーバーで違反点数は上限の12点。切替氏いわく「裏を返せば500キロオーバーしようが、1000キロオーバーしようが違反点数は同じ12点。スピード狂はそういうふうに考えるんだと思います」。

     白井容疑者も潔く罪を認め、法の裁きを受けるべきだろう。

    2018年3月2日 17時0分
    東スポWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/14377285/

    関連スレ
    【爆走】中央道を時速235kmで爆走し逮捕 怪物アメ車と謎の同乗者 一般道や首都高でも暴走行為の常習犯 
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519970206/


    【中央道「235キロ暴走男」に“伝説のフェラーリ最速王”がダメ出し 「ちっとも悔しくありませんね」】の続きを読む

    このページのトップヘ