乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    Nissan250
    1: 2017/12/28(木) 19:43:01.35 ID:CAP_USER9

     日産自動車は、無資格検査問題に伴うリコール(回収・無償修理)を迅速に進めるため、早期に販売店に車を持ち込んだ顧客に対し、日産車への買い替え時に8万円を割り引くクーポンを配ることを決めた。年明けから、販売店を通じて顧客に知らせる方針だ。


    日産は無資格検査問題を受け、購入後に一度も車検を受けていない約120万台についてリコールを届け出ている。初回の車検や、1年ごとの法定点検で顧客が車を持ち込む際、リコールの再点検も兼ねる形にすれば、検査代を負担する必要はない。

     割引クーポンは、2018年10月末までにリコールを済ませた顧客に配る。有効なのはリコール対象車を新車登録してから7年間。


    http://www.asahi.com/articles/ASKDW3QG0KDWULFA009.html


    【【お詫び】日産、リコール客に8万円クーポン 無資格検査問題で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    passion_img01
    1: 2017/12/27(水) 18:21:37.78 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車の2017年のグループ世界販売台数(ダイハツ工業と日野自動車を含む)が、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)や、日産自動車とフランス大手ルノー、三菱自動車の3社連合を下回り、世界3位に後退する公算が大きくなったことが27日、分かった。

     トヨタの1~11月は前年同期比2.8%増の947万4千台。16年に首位だったVWは3.9%増の974万3400台と差をつけた。日産、ルノー、三菱連合の世界販売はそれぞれの台数を単純合算すると960万1916台だった。合計数値は発表していない。

     VWは中国や欧米の販売が好調で、12月も勢いを維持するとみられる。

    配信2017/12/27 18:00
    共同通信
    https://this.kiji.is/318674966671295585


    【トヨタ、世界販売3位に後退する公算 17年、日産連合を下回る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    40c5808b6e9a10daa66abc6efd6746a1
    1: 2017/12/28(木)06:31:20 ID:0d0

    排気量とか求めるなら普通車の方が良いんじゃないの?


    【何で軽自動車に乗ってる人はマフラー変えたり変なライトにしたがるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2017/12/27(水) 08:41:30.37 ID:/7hKR4w9a

    直前に夫婦げんか…車外へ→他の車にはねられ死亡(2017/12/26 18:40)

    女性は夫と口論になり、乗っていた車を降りた後にはねられたとみられます。

    警察によりますと、26日午前2時半すぎ、福岡県朝倉市の国道で直進してきた乗用車に女性がはねられました。
    はねられたのは楠本ともみさん(44)で、搬送先の病院で死亡が確認されました。

    乗用車を運転していた男性(24)は「女性が道路にいるのに気付いてブレーキを踏んだが、間に合わなかった」と話しているということです。
    楠本さんは夫と車で帰宅する途中に口論になり、1人で車を降りて道路を歩いていたところではねられたとみられます。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117538.html


    【【悲報】「あたし歩いて帰る~!」夫と喧嘩した女性、道路で下車し死亡する】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2017/12/25(月) 08:02:42.92 ID:CAP_USER9

    http://www.asahi.com/articles/ASKDN4HKVKDNUHNB006.html
     群馬県大泉町は来年4月から、スバル車を念頭に安全性の高い車を購入した高齢者に対し、町独自に補助金を交付する方針を固めた。20日の定例記者会見で、村山俊明町長が明らかにした。無資格検査問題で、国内向け受注が大幅に減るなど窮地のスバルを地元自治体として支援する狙いがある。

     村山町長は、スバル大泉工場からの法人町民税が全体の9割弱を占めていることなどを説明。結果として町は3年連続で普通交付税の不交付団体となっており、「スバルから恩恵や多額の寄付を受けながら、困ったときに手を差し伸べないのはいかがなものか」などと補助金制度を導入する理由について述べた。

     補助金の対象となる安全性評価の高い車としては、高齢者に多くみられるアクセルとブレーキの踏み間違いに対応する誤発進抑制制御装置や衝突防止機能を備えたスバルの運転支援システム「アイサイト」などを想定している。

    交付の対象年齢は、60~70…

    残り:285文字/全文:666文字


    【【群馬県大泉町】スバル車念頭に購入補助へ 地元自治体、受注減受け支援】の続きを読む

    このページのトップヘ