乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    maker
    1: 2016/07/15(金) 21:09:35.98 ID:09Qd6M6+0

    【スバル】
    中島飛行機「ゼロ戦作ってたけど、GHQに製造禁止されたンゴ・・・せや、新会社作って自動車作ろ!」


    【日本の乗用車メーカーの成り立ち方wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 58コメント

    1: 2016/07/15(金) 21:33:04.19 ID:YHJQfasE0

    トヨタの新世代コンパクトクロスオーバーSUV、『C-HR』の量販モデルと思われる赤×白ツートンカラーの車両画像が流出した。

    トヨタは、2014年のフランクフルトモーターショーで『C-HRコンセプト』3ドアを公開した後、2015年秋のフランクフルトモーターショーでは、『C-HRコンセプト』5ドアバージョン、2016年3月のジュネーブモーターショーでは、市販モデルが公開されている。

    2014年から進化を続けてきた「C-HR」は、細部パーツを市販に向けた形状に変更し続け、ついにこのデザインに行き着いた。このまま市販されることはほぼ間違いないだろう。

    コンセプトモデルで刺激的なデザインでも、量販モデルでは大人しくなってしまう傾向がある中、「C-HR」はコンセプトモデルの意匠をかなり忠実に反映させ、期待に答えたと言えるだろう。

    プラットホームには、プリウスにから流用される自慢の「TNGA」(トヨタ グローバル アーキテクチャー)を採用、迫力あるデザインのため、大きく見えるが、実写はかなりコンパクトになっている。

    パワートレインは1.8リットル直列4気筒と組み合わせたハイブリッドと、1.2リットル直列4気筒DOHC直噴ターボ、及び2リットル直列4気筒DOHCエンジンがラインナップされる。

    日本発売は2016年8月から9月が有力視されている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://response.jp/article/2016/07/15/278562.html


    【【画像】トヨタ C-HR、市販モデル流出キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 88コメント

    Manual-Transmission-Shift-System-2xuyygfo1vwr1b278m1dds
    1: 2016/07/15(金) 11:28:47.943 ID:lCcsg/YN0

    15年ぐらい前まではいろんな車種にMTあったしソアラとかマーク2とか高級な3ナンバー車にもMTあったのに


    【日本って何で急激にMT車なくなったの】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 95コメント

    skyactiv-d_01

    1: 2016/07/15(金) 11:49:09.15 ID:CAP_USER

    http://diamond.jp/articles/-/95740

    [横浜市 14日 ロイター] - マツダ7261.Tは14日、改良した中型車「アクセラ」を発売した。
    ディーゼルエンジン車で従来の排気量2.2リットルに加え、新たに1.5リットルのタイプを投入した。
    小飼雅道社長は同日の発表会で「クリーンディーゼルは今後も重要な環境技術の一つ」と強調。
    ディーゼル車のさらなる普及に挑戦するとし、ガソリン車とハイブリッド車を含むアクセラの日本国内の販売比率で
    ディーゼル車を現在の約1割から5割に引き上げる考えを示した。

    改良したアクセラでは、カーブの際に運転者がハンドル操作しやすく乗員の体の揺れが減る技術のほか、
    ディーゼルエンジン特有の「カラカラ」というノック音を低減させる技術なども初めて取り入れた。
    アクセラは同社の世界販売台数の約3割を占める最量販車種で、2015年度は45万台を販売。
    小飼社長は改良後も「45万台以上を年間の必達目標にしたい」と語った。日本国内では月販2500台を計画する。

    欧州市場ではディーゼル車の人気が高いが、独フォルクスワーゲン(VW)VOWG_p.DEによる
    ディーゼル車の排ガス規制逃れが昨年発覚して以降、VWも含めた自動車メーカーの多くがディーゼル車から
    プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)などの電動化車両へのシフトを進めている。
    小飼社長はEVなどの開発も進めるが、遅れている米国へのディーゼル車投入も「あきらめていない」という。

    小飼社長はまた、英国の欧州連合(EU)離脱決定をめぐり急激に進んだ円高に伴う収益悪化への対応について、
    発売から時間が経った車でも販売奨励金に頼るような手法ではなく、改良アクセラのように
    「商品開発で価値を付加して実売価格を高め、台当たり収益を本質的に高めることがもっとも重要な対応策になる」と話した。価格はグレードによって異なるが、従来に比べ5400―6万5600円上乗せしている


    【マツダ社長「ディーゼル車の日本販売比率を現在の約1割から5割に引き上げる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    no title
    1: 2016/07/13(水)14:35:50 ID:Mds

    \  ヽ  |  /  /
     \ ヽ | /  /
    \         /

    _ わ た し で す _
        / ̄\
    ―   |^o^|   ―
        \_/
     ̄          ̄
    /         \
     /  / | ヽ \
    /  /  |  ヽ  \


    【出、出た~www軽自動車でマフラーかえてD.A.Dでレクサスエンブレム奴~www】の続きを読む

    このページのトップヘ