乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    6ee807969ea913ae9f10f68f4b1cf6ca_t

    1: 2018/12/11(火) 21:23:27.24 ID:1O57BdCb0

    この時期の車中泊ってやばい?
    やっぱアイドリングで暖房付けっぱなしはダメなんか?


    【車中泊でアイドリングしっぱなしはダメなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    8345b4913d35d3bb5aadf87bb3a15259_s

    1: 2018/12/11(火) 21:14:59.050 ID:RL2fYb54r

    車の運転好きだからマニュアル買おうと思うのは安易?


    【車オートマかマニュアルで迷ってるんだけど・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2018/12/11(火) 17:41:02.00 ID:1CyRo0410

    車の購入は個人にとって最も大きな投資の1つ。好きな車を運転する喜び、車とオーナーの不思議なつながりはもちろん、車を所有することの重要な一面はその価値にある。

    自動車情報サイト「アイシーカーズ・ドットコム(iSeeCars.com)」は430万台以上の新車と中古車の販売状況を分析。購入後5年で価値が最も下がるモデルと最も下がらないモデルを調査した。

    データからは1つの結論が明らかになった。 価値が下がらない車を探しているのであれば、ピックアップ・トラックが最適。トップ10のうち6台がピックアップ・トラックとなった。

    「ピックアップ・トラックは41.3%と全カテゴリーで最も価値が下がる割合が小さい。一方、乗用車は54.1%、SUVは51.9%」と同社CEOフォン・リー(Phong Ly)は調査結果に記した。

    「ピックアップ・トラックの下落率が小さいのは、成長しているセグメントで、人気が高いために価値を維持できているためだろう」

    調査全体で見ると、5年後の価値の下落率は50.2%だった。

    ピックアップ・トラックの下落率が小さい理由には、その耐久性もある。



    10位 ラム ピックアップ1500(Ram Pickup 1500):42.7%
    9位 スバル インプレッサ(Subaru Impreza):42.3%
    8位 GMC シエラ1500(GMC Sierra 1500):39.9%
    7位 シボレー シルバラード1500(Chevrolet Silverado 1500):39.7%
    6位 トヨタ 4ランナー(Toyota 4Runner):38.1%
    5位 日産 フロンティア(Nissan Frontier):37.8%
    4位 トヨタ タンドラ(Toyota Tundra):37.1%
    3位 トヨタ タコマ(Toyota Tacoma):29.5%
    2位 ジープ ラングラー(Jeep Wrangler):27.3%
    1位 ジープ ラングラー アンリミテッド(Jeep Wrangler Unlimited):27.3%

    5c07fb4e1a27847fb06bdaaa-w1280

    https://www.businessinsider.jp/post-180957


    【乗用車は日本車1台のみ、5年後も価値が下がらない車トップ10】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    New-Ford-Mustang-V8-GT-with-Performace-Pack-in-Orange-Fury-1

    1: 2018/12/11(火) 17:51:04.45 ID:CAP_USER9

    米自動車メーカーの業界団体はトランプ政権に対し、日本が市場開放に関するコミットメントを示すまで米市場を日本車に一段と開放しないよう訴えた。

      米自動車政策評議会(AAPC)のマット・ブラント会長は、「日本が米国の自動車に市場を開くことを真に約束するとの証拠がない限り、あるいはそれが示されるまで、日本からの輸入車に対して米市場を一段と開放するといった譲歩を米政権が一切することのないよう求める」と述べた。AAPCにはゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーター、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の3社が加盟している。

      ブラント会長は、米通商代表部(USTR)が10日にワシントンで開催した、日本との新たな貿易交渉方針に関する公聴会で発言した。トランプ政権は来年1月中旬にも同交渉を始める計画。

      同会長は日本の自動車市場について、先進国で最も閉鎖的な市場の一つだとし、米自動車メーカーによる対日輸出は昨年2万台弱にとどまったと述べた。車の安全性や燃費に関する基準といった規制面の障壁が、米企業の進出を困難にしていると主張。日本との貿易交渉ではこうした基準の緩和を図るべきだとし、米国が課す関税の廃止は日本市場における米企業のシェア拡大に応じて、段階的に進める必要があると訴えた。

      ブラント氏はまた、為替操作に対する厳格な措置を望むと主張。北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新たな貿易協定に米政権が盛り込んだ条項よりも、厳しい為替条項が必要だとの考えも示した。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-10/PJJAYU6JIJUW01?srnd=cojp-v2


    【【米国】大手自動車3社団体「日本が米国車買うと約束するまでトランプ政権は米国市場を日本に解放するな」「為替条項もやれ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    Common-R129-SL-Problems-770x360

    1: 2018/12/11(火) 18:55:23.938 ID:wQWYA/syM

    (´・ω・`)ベンツ乗りたいよね


    【(´・ω・`)今日もベンツ買うために頑張って働いた】の続きを読む

    このページのトップヘ