乗り物速報

バイクと車のまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    035
    1: 2017/04/17(月) 18:47:50.49 ID:CAP_USER9

    「日本一ウィンカーを出さない県」との調査結果がある岡山県で、自動車販売会社が啓発動画を制作した。

    〈車も人もプチプチの緩衝材に包まれ、衝突事故が起きてもけがをしない〉。そんな架空の世界を描き、「岡山ではこんな安全対策が必要かもしれない」と、皮肉を交えて警鐘を鳴らしている。

    調査は、日本自動車連盟(JAF)が昨年6月にインターネットで行った交通マナーアンケート。岡山県は「ウィンカーを出さずに車線変更や右左折する車が多い」の項目で、「とても思う」が全国ワーストの53・2%となった。「ウィンカーを出さない」ことへの不満は以前から県警にも寄せられており、2005年には主要交差点の路面に「★合図」という表示が施された。

    http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170417-OYT1T50052.html
    https://youtu.be/err4KU2tz28


    スポンサーリンク

    【「日本一ウィンカーを出さない県・岡山」を自動車販売会社が皮肉動画で警鐘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    1: 2017/04/17(月) 19:45:55.18 ID:ooyJizxN0 

    ついに発売されたレクサスのフラッグシップ・クーペ、「LC」。その頂点を極める、高性能モデル「LC F」の登場が確実視されており、Spyder7では情報を元にCGを制作した。

    ボンネットにはエアーバルジ、フロントには、ノーマルよりエアロダイナミクス性能を高める形状の大口エアインテーク、フロントサイドにはエアアウトレット、
    リアフェンダー前部には、冷却機能向上させる大型エアインレットや、高速性能を安定させるサイドスカートなどを装備させた。

    そして軽量化、スポーティー力をアップさせるカーボンを、ルーフ、ミラー、そしてエアインテークにあしらう。これまでの「F」の血統を受け継ぐ、上品かつグラマラスなエクステリアへとグレードアップしている。

    パワートレインは、5リットルV型8気筒ターボをブラッシュアップさせ、最大馬力は620ps程度まで引き上げられるとみられる。

    ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーと予想されるが、遅れれば2018年9月になりそうだ。

    日本での価格帯は2000万円~2300円か。

    https://response.jp/article/2017/04/17/293625.html
    no title


    スポンサーリンク

    【レクサス LC F LFAの再来で予想価格2000万~2300万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 60コメント

    0d7fac54b7cb597f39c9259af4168053
    1: 2017/04/17(月) 15:01:39.88 0

    見た目かわいいのにモテ無いとかおかしいだろ?


    スポンサーリンク

    【軽自動車に乗ってる男はなぜ女にモテないのか???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2017/04/16(日) 18:07:43.68 ID:tis0jGqt0

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


     インフィニティ(日産自動車)は、高級SUVのデザインスタディモデル「QX80 Monograph」を「2017年ニューヨーク国際オートショー」に展示した。

     ニューヨークで初公開されたQX80 Monographは、ボディサイズが全長5m以上、全幅2m以上(ドアミラーが折り畳まれたもの)、全高約2m(ルーフレールを含む)というフルサイズセグメントのSUV。
    日本の厚木にあるインフィニティのデザインスタジオで製作され、インフィニティの大型SUVが将来どのように進化するかを示したデザインスタディモデルとなる。

     QX80 Monographは未来的な高級SUVデザインの究極の表現とされ、グローバルデザイン担当シニアバイスプレジデントのアルフォンソ・アルベイザ氏は「以前にショーカーで示した顧客との対話の中で、
    私たちはインフィニティに関して大型SUVに対する期待感を知りました。将来的に我々はインフィニティの“powerful elegance”というデザイン言語を使用して、高級SUVを開発することになるでしょう」とコメントしている。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2017newyork/1054901.html


    スポンサーリンク

    【日産の高級部門インフィニティの新車がヤバいwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 51コメント

    1: 2017/04/16(日) 19:16:24.34 ID:cb7za+zO0● 

    ルセデスベンツの2ドアオープンスポーツ、「SL」次期型のレンダリングCGを欧州エージェントから入手した。

    現在メルセデスベンツは、セダン、SUV、スポーツモデルとも、共通性を持たせたヘッドライトを採用しているが、
    「SL」次期型では他モデルと一線を画す、攻撃的でスパイスの効いたデザインのヘッドライトが採用される可能性があるようだ。

    ハイライトはシートレイアウトだ。現行モデルの2シーターから、実用性重視の2+2シートの可能性が高い。

    プラットフォームにはスポーツモデル用「MSA」(モジュラー・スポーツ・アーキテクチャー)を採用し、大幅な軽量化を図ると共に、歴代最高の燃費とスポーツパフォーマンスを実現するだろう。

    ワールドプレミアは2018年秋以降となるはずだ。

    極端なツリ目も次期SL
    no title

    こちらもツリ目の次期Z
    no title


    http://response.jp/article/2017/04/16/293570.html#cxrecs_s


    スポンサーリンク

    【【世界的流行!】次期フェアレディZやベンツSLがツリ目フェイス!クルマの顔もツリ目顔が世界的流行へ】の続きを読む

    このページのトップヘ