乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自転車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2017/05/30(火) 20:54:05.64 ID:CAP_USER

    no title


    「glafit」の外見は一般的な小径ホイールの折りたたみ自転車。しかしよく見るとサドルの下にナンバープレートがついている。ウインカーやテールランプ、ミラーもついている。なんだこれは?

    「glafit」は本体重量わずか18kgながら、電動走行距離約45kmも走れる電動バイク。10.2Ahの大容量バッテリーカートリッジはフレーム内部に収納されており、自転車を折り畳んだ状態で出し入れ可能。
    乗車するには原付一種の免許が必要となり、当然道路を走行する際も原付バイクと同じルールを守らねばならない。最高速度は約30km/hで、前後ホイールには制動力の高いディスクブレーキを搭載。

    操作はとても簡単で、自転車に乗れる人ならば誰でも乗れるだろう。ハンドルについているスロットルを回すだけで後輪に搭載されたインホイールモーターが駆動し、ペダルをこぐことなく進んでいく。
    記者会見後に行われた試乗会で筆者が持った感想は「楽しい!」だった。

    電動バイクなので勝手に進むのは当たり前なのだが、見た目が普通の自転車なのにグイグイ加速していくのがおもしろい。
    電動アシスト自転車の場合は多少はチカラを入れてペダルを漕がなければ進まないが、「glafit」はスロットルを回すだけで進む。移動手段としてはもちろん、乗って遊べる大人のオモチャとしても欲しくなる製品だ。

    さらに「glafit」は自転車のようにペダルがついているので、急な坂道などモーターのパワーが足りなくなったときに便利。脚のチカラをモーターの補助に使うだけでなく、スロットルを使わずにペダルだけで進むことも可能だ。

    鳴海氏は自転車と同じようにも使えるようにしたことについて、「バッテリーが切れてしまったらどうしよう……、という心配から解放されます」と語る。
    さらに鳴海氏は、「会社に出勤するときは電動バイクモードで通勤し、退社時はトレーニングのために自転車モードで帰宅するような使い方ができる」と具体的な使用例を紹介し、運動不足の現代人にアピールした。

    「glafit」は単なる電動バイクではなく、さまざまな電子装備を搭載しているのもおもしろい。なかでも「ガジェット好き」だという鳴海氏のこだわりが、オプションでハンドル部につけられるUSBポート(2.1A出力)。
    スマホをカーナビ代わりに使っている人にとって嬉しい機能だ。さらに後輪についているロックは指紋認証。
    管理者3人とその他17人分の指紋を登録できるので、鍵を忘れても乗車できる。また、新幹線などで移動するときのために使う専用ケースも開発中。旅先まで公共機関を使い、到着したらバイクでツーリングするのも楽しそうだ。

    とても魅力的なハイブリッドバイク「glafit」は、5月30日 15時からサイバーエージェント・クラウドファンディング「Makuake」にて先行販売中。
    カラーは全4種類(ホワイトツートン、スーパーブラック、ファッションカーキ、ミカンオレンジ)。クラウドファンディングでの価格は112,500円(税込み)で、2017年9月中の配送予定。
    なお、一般販売はクラウドファンディング終了後に行われる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000042-rps-ind


    スポンサーリンク

    【自転車と電動バイクが合体、楽しいハイブリッドバイク「glafit」先行販売スタート】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    bicycle-rack-1835463_640

    1: 2017/05/20(土) 23:49:55.52 ID:oTBMNWsw0 

    共栄火災海上保険は5月の自転車月間にあわせ、「自転車運転者の安全に対する意識調査」を実施。
    自動車と同じように車検制度導入が「必要だと思う」と答えた自転車運転者は45%に達した。「必要はない」は36%。
    事故に備える自転車保険に「すでに加入している」は38%で、約6割が自転車保険に加入していない実態が明らかになった。
    自転車購入時に重視することは、「販売価格」が67%でトップ、続いて「デザイン」が51%、「性能」が38%だった。
    「安全性」は37%で、「品質保証マークの有無」を購入時に重視している人は約1割にとどまった。

    https://news.goo.ne.jp/topstories/business/592/21b6021deb5ed2b0829657723b0eaeca.html


    スポンサーリンク

    【自転車も車検必要45% 民間調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2017/05/06(土) 09:32:29.67 ID:CgrUsJYPM

    オランダ
    no title

    日本
    no title




    ジャップランド過ぎる


    スポンサーリンク

    【日本と海外の自転車レーンwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/04/17(月) 21:43:05.08 ID:ooyJizxN0 

     ブリヂストンとブリヂストンサイクルは4月17日、空気が不要な自転車用タイヤを開発したと発表した。2019年の実用化を目指す。

     空気入れを不要にする独自技術「エアフリーコンセプト」の実用化に向けた取り組みの1つ。特殊形状の樹脂製スポークで荷重を支えることで空気を不要にした。

     空気を入れて膨らませるチューブが不要で、パンクの心配がないのが特徴。リサイクルできる樹脂やゴムを材料として使用でき、デザインの自由度も高く、従来にない次世代型自転車を提案できるという。

     イベントなどで一般ユーザーに試乗してもらい、意見を取り入れながら実用化に向けた検討を進める。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000064-zdn_mkt-ind
    no title


    スポンサーリンク

    【ブリヂストン、空気不要の自転車タイヤ開発 すげぇええwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2017/04/07(金) 14:38:07.87 ID:CAP_USER9

    KDDIが4月4日発表した自転車に関する意識調査の結果によると、
    自転車の「歩道通行禁止」ルールを知らない人が約3割、守っていない人が約6割に上った。

    道路交通法上、自転車は車道の左側を通行するのが原則。
    歩道を通行できるのは、標識で指定された場所や、子どもと高齢者、障害者、車道の状況からやむを得ない場合──に限られ、あくまで例外扱いだ。

     だが調査では、自転車の歩道通行禁止ルールを知っている人は67.9%と、知らない人が3割以上いた。
    さらに、歩道通行禁止ルールを実際に守っている人は35.6%にとどまり、自転車に関する交通ルールの中で最も守られていなかった。

    実際に守られているルールは、「夜間のライト点灯」が68.5%で最多。
    「2人乗りの禁止」(68.0%)、「飲酒運転の禁止」(65.4%)、「携帯電話の使用禁止」(62.4%)も6割以上が守っていた。

    ルールのうち、最も知られているものは「車道の左側通行」で、認知度は83.1%。
    「2人乗りの禁止」「飲酒運転の禁止」(ともに79.7%)、「夜間のライト点灯」(78.3%)、「信号無視の禁止」(76.7%)なども高かった。
    一方、最も認知度が低かったルールは「併進走行の禁止」で、55.6%だった。

    認知度が高いルールの場合でも、「守っている」と答える人は全体的にやや少ない傾向がみられ、
    最も高かった「車道の左側通行」の順守率も57.4%にとどまっていた。

     事故経験の有無を聞いたところ、「自転車事故に遭ったことがある」と答えた人は31.4%、
    「遭いそうになったことがある」と答えた人は57.8%。特に20代での事故経験や未遂が多い傾向がみられた。
    事故に遭った際、接触した対象は、「自動車」が75.2%で最多。以下、「自転車」(32.8%)、「歩行者」(20.4%)という結果だった。

    調査は、2017年3月13日?14日にかけて、週に1日以上自転車に乗る20~69歳の男女1000人を対象に、Web上で実施した。

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1704/04/news124.html

    自転車の知っているルール・守っているルール
    no title


    スポンサーリンク

    【自転車の「歩道通行禁止」ルール 破る人が6割、知らない人3割】の続きを読む

    このページのトップヘ