乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自転車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: @Sunset Shimmer ★ 投稿日:2015/06/04(木) 14:01:08.92 ID:GtJPkn+e

    2015年6月 4日 06:00

    2015年6月1日に施行された改正道路交通法によって、自転車運転中の「一時不停止」や「ながら運転」などの違反行為の取り締まりが強化された。
    違反者常習者には「自転車運転者講習」(講習料5700円)が義務付けられるなど、その厳しい規定が波紋を呼んでいる。

    もちろん、「自転車運転中のイヤホン使用」も取り締まり対象の一つ。そんな中、「片耳イヤホンはセーフなのか」という議論がネットを中心に巻き起こっている。

    イヤホンで音楽やナビを聞きながらの運転は、改正交通法の中の「安全運転義務違反」にあたるものと考えられる。
    しかし、その詳細について警察庁から公式な発表は行われていない。どこまでが違反になるのかという基準があいまいなため、ツイッターには様々な意見が投稿されている。

    そのほかにも、「警察に直接聞いてみたらセーフだった」や「とくダネでは取り締まられていた」などの情報が飛び交っており、議論は錯綜しているようだ。

    Jタウンネットが調べたところでは、自転車運転の取り締まり基準は、各都道府県によって異なるという。
    しかし、ほとんどの都道府県警では「安全な運転に必要な音声が聞こえる状態にすること」などのあいまいな表現のものばかりで、明確な基準は明らかにならなかった。

    そんな中、ツイッターで気になる情報を見つけた。それは、「神奈川県警のホームページに片耳イヤホンは違反でないと書かれている」というものだ。
    実際にホームページを確認したところ、確かに「違反ではありません」という表記がある。

    no title

    *神奈川県警HPより(画像は2015年6月3日現在のもの)

    神奈川県警の広報課に話をうかがうと、「このQ&Aの表記は間違いではない」という。つまり、神奈川県内ならば片耳イヤホンは違法ではないということだ。
    しかし、「片耳でも、あまり音量が大きすぎるなど、運転に支障があるような状況だと違反」になるそうだ。

    また、その判断基準についても尋ねると、
    「この件については、各都道府県の公安委員会が独自に裁量権を持っています。その上で、警察がどのように解釈するかが問題になってきます」

    とのことだった。要するに、各都道府県の公安委員会が決めたルールがそのまま使われるのではなく、それを「警察機関がどのように解釈したか」が基準になるということだ。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:Jタウンネット http://j-town.net/kanagawa/column/gotochicolumn/205990.html


    スポンサーリンク

    【自転車の「片耳イヤホン」結局セーフ?アウト?→実は都道府県ごとに違っていた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 55コメント

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/06/01(月) 08:41:41.29 ID:oeN3VJoPd.n

    もう乗れねえわ
    no title


    スポンサーリンク

    【【悲報】自転車の法律、ガチで厳しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 65コメント

    bicycle-road-traffic-law-1

    1: DQN ★ 投稿日:2015/05/24(日) 21:55:35.08

    道路交通法が改正され、自転車の罰則が強化されるが、新たな問題が発生しそうだ。

    2回目の注意で5,700円かかるならもう乗らない!?

     2015年6月、改正道路交通法で自転車の罰則が強化される。自転車運転者が道交法108
    条3の4にあたる危険行為(※別記)を3年以内に2回以上繰り返す場合、試験つきの講習
    (有料=標準額5,700円)を3時間受けなければならないなどするものだ。受講しないと受
    講命令違反で5万円以下の罰金となる。

     これを受けてネットでは「警察の点数稼ぎだ」などという声も上がっているが、自転車事
    故のトラブル自体は増えており、規制強化は止むないところだ。

     危惧されるのが自転車離れだ。
    「講習の部分が重すぎます。定期的に自転車狙いのネズミ捕りが行われるでしょうから、ま
    ず1回引っかかった人は『あと1回でもう自転車やめた』となるはずです。講習行かずに罰
    金になったら、その金額でママチャリなら5台自転車買えちゃいますし」(警察に詳しいラ
    イター)

     報道を見て、もう自転車をやめることを決めた人もいる。
    「警察に青切符を受けたり、(義務ではないが)自転車保険で維持コストが上がることを考
    えるとスクーターでもいいような気がして、乗り換えを決めました。特に、規制の厳しくな
    りそうな都心部では自転車のメリットは激減するでしょうね」(新宿区在住・会社員)
    「乗りながらのスマホづかいも安全義務違反になるらしいので、歩きます。歩きスマホな
    ら、マナーはともかく捕まらないですからね」(北区在住・パート)

     今回の規制強化でマナー向上し駅前放置自転車問題や無灯火、走行マナーは解決に向かう
    かもしれないが、「自転車離れ」は業界の今後の課題となりそうだ。

    <補足>※道交法108条3の4にあたる危険行為

    信号無視、遮断踏切立入り、指定場所一時不停止等、歩道通行時の通行方法違反、ブレーキ
    不良自転車運転、酒酔い運転、通行禁止違反、歩道走行時の徐行違反、通行区分違反、路側
    帯通行時の歩行者の通行妨害、交差点安全進行義務違反等、交差点優先者妨害等、環状交差
    点安全進行義務違反等、安全運転義務違反

    OKMusic:http://okmusic.jp/#!/news/78171

    【改正道路交通法】自転車の罰則強化で危惧される「脱・自転車」★2
    /r/2ch.sc/newsplus/1432454540/


    スポンサーリンク

    【自転車の罰則強化で危惧される「脱・自転車」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 59コメント

    20141105_855309

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/05/16(土) 09:48:28.62 ID:M2M3KG8p0.n

    1.信号無視
    2.通行禁止違反
    3.歩行者専用道での徐行違反等
    4.通行区分違反
    5.路側帯の歩行者妨害
    6.遮断機が下りた踏み切りへの進入
    7.交差点での優先道路通行車妨害等
    8.交差点での右折車妨害等
    9.環状交差点での安全進行義務違反等
    10.一時停止違反
    11.歩道での歩行者妨害
    12.ブレーキのない自転車運転
    13.酒酔い運転
    14.安全運転義務違反


    ・道路の左側を通行しなくてはならない(右側通行は一発アウトです)
    ・歩道がある道路では、原則車道を走らなくてはならない。止むを得ず歩道を通行する場合は、徐行しなくてはならない
    ・歩道がない道路の路側帯(道路の端に引かれた白線)で歩行者の通行を妨害してはならない
    ・スピード違反(道路の標識より遅い速度でも、歩行者に危険な状況があれば摘発の対象となります)
    ・携帯電話やイヤホンで音楽を聞く等のいわゆる「ながら運転」
    ・夜、無灯火での走行
    ・道路等周囲に危険が生じる場所に自転車を放置すること

    青切符2枚で5700円wwwwwwwwwwww


    スポンサーリンク

    【6月1日から自転車にも青切符切られるんだけどおまえらどうする?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 50コメント

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/05/14(木) 21:38:48.83

    http://autoc-one.jp/news/2187442/
    no title

    バイク総重量5.8kg!!

    アウディ ジャパンは、2015年3月にスイスで開催された『ジュネーブモーターショー』で発表された、
    全世界限定50台生産の超軽量レーシングバイク「Audi Sport Racing Bike」を日本初公開した。
    日本国内では近日販売予定としており、価格は17,500ユーロ(ドイツ本国参考価格)で、日本円に換算すると約2,370,000円である。
    このAudi Sport Racing Bikeはアウディの軽量技術コンセプトAudi ultraの思想とスポーティネスを表現する
    カーボンファイバーフレームを搭載したレーシングバイクで、フレーム重量790g、
    コンポーネンツを含めたバイク総重量5.8kgと超軽量モデルとなっている。
    フレームにはミュンヘンにあるアウディ コンセプト デザイン スタジオによるカラーコンセプトを採用。
    また、アウディのフラッグシップスポーツカーAudi R8 のファインナッパレザーをサドルに使用し、シリアルナンバー入り専用バッジを施している。

    Audi Sport Racing Bikeはカーボンファイバー製の軽量バイク用コンポーネンツ製造で
    20年の実績を持つドイツCarbon Sports GmbH協力のもと、アウディのスポーツカーから
    インスピレーションを得たハイパフォーマンスバイクとして制作された。
    フレームにはFIA世界耐久選手権(WEC)ならびにルマンで活躍するレーシングカー
    「Audi R18 e-tron quattro」のコックピットにも採用されたCarbon Sports製 東レT1000カーボンのほか、
    ホイールには前後合計重量1,180gを誇る同じくCarbon Sports製LightweightブランドのMEILESTEIN Cモデル、
    サドルにはsella ITALIA製Audi R8ファインナッパレザー仕様を採用している。

    さらに変速システムには、デジタル変速システム、Shimano Dura Ace Di2 9070シリーズを装着している。
    特徴
    フレームサイズ:5種類(48, 51, 54, 56, 58)
    総重量:約5.8kg
    フレーム:Carbon Sports(カーボンスポーツ)製 東レT1000カーボン (重量:790g *Audi R18 e-tron quattroのコクピット採用素材)
    ホイール:Carbon Sports 製Lightweight (ライトウエイト) ブランド
    MEILENSTEIN(マイルシュタイン)Cモデル 前後合計重量:1,180g
    変速システム:SHIMANO(シマノ)製 Dura Ace(デュラエース)Di2 9070シリーズ
    (デジタル変速システム)
    サドル:selle ITALIA(セライタリア)製 Audi R8ファインナッパレザー仕様


    【アウディ、重さ5.8キロの超軽量レーシングバイク「Audi Sport Racing Bike」を公開 価格は約237万円】の続きを読む

    このページのトップヘ