乗り物速報

バイクと車のまとめ

    その他乗り物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2019/05/17(金) 09:36:47.04 ID:v0uxJCWP0

    「鉄球を配置したろ!」
    no title

    no title


    【【画像】インドネシアさん「電車タダで乗る輩を排除したい・・・せや!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2019/05/09(木) 18:31:25.03 ID:eJtI0WHGa

    公平になるように画像は全て同じスマホで同じ画質で
    とりあえずうpしていくから質問はあとでまとめて

    まず車両外観から

    日本
    no title

    中国
    no title

    イタリア
    no title


    【【画像】日本、中国、イタリアの高速鉄道に乗ってきたから比較するやでー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2019/05/06(月) 23:54:15.68 ID:cueBo86Ra

    日本
    no title

    中国
    no title



    イタリア
    no title

    no title


    ええんか…?


    【【朗報】イタリアの高速鉄道の食事サービスがうますぎるとワイの中で話題に(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/05/08(水) 20:26:46.24 ID:zlPnvyK00 BE:228348493-PLT(16000)

    JR東日本、上越新幹線すべてE7系に - 最高速度275km/hで時間短縮
    https://news.mynavi.jp/article/20190508-820562/
    上越新幹線を走行するE7系。期間限定で朱鷺(とき)色のラインとシンボルマークがデザインされている
    no title


    JR東日本は8日、上越新幹線の速度向上に取り組むと発表した。
    上越新幹線の車両をE7系に統一し、大宮~新潟間の最高速度を
    現行の240km/hから275km/hとする。今年5月中旬から、
    騒音対策などの必要な地上設備の測量および工事に着手するという。

    上越新幹線のE7系は今年3月のダイヤ改正に合わせて運行開始。
    今後もE7系を順次投入してE4系を置き換え、2020年度末までに
    上越新幹線はE7系・E2系での運用となる。今回、上越新幹線のサービス向上を
    目的に、2022年度末(予定)までに上越新幹線の全列車をE7系に統一し、
    所要時間短縮に向けた速度向上に取り組むことが発表された。

    大宮~新潟間は現在、最高速度240km/h、最速1時間14分とされている。
    同区間の速度向上により、最高速度275km/hとすることで、
    上越新幹線で最大7分程度、大宮~高崎間を走行する北陸新幹線も
    最大2分程度の時間短縮が見込まれるという。これとは別に、
    上野~大宮間も昨年から所要時間短縮に向けた工事に着手しており、
    最大1分程度の時間短縮を見込んでいる。

    地上設備の測量および工事の期間は2019年5月中旬からおおむね
    4年程度を予定し、地上設備工事では吸音板設置(計約7km)や
    防音壁かさ上げ(計約12km)などを行う。上越新幹線の速度向上の
    具体的な時期やダイヤ等は決まり次第、改めて発表する。


    【上越新幹線、最高速度を275km/hに高速化 車両をすべてE7系に 東京~新潟を7分短縮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2019/05/03(金) 17:01:31.31 ID:M6QRdEja9

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00000004-nna_kyodo-asia
     マレーシアの新興ドローン(小型無人機)サービスプロバイダー・エアロダインは、今年3月に国防省主催の
    ランカウイ国際海事・航空宇宙展示会「LIMA19」で披露した「空飛ぶクルマ(UAM、名称:ベクター)」の初飛行を今年12月に予定している。
    2日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

     エアロダイングループのカマルル・A・ムハマド最高経営責任者(CEO)によると、初飛行は15~20分程度を予定し、
    スランゴール州サイバージャヤでの一般公開も計画している。長期的には、バッテリーの性能を高めて2時間程度の飛行を可能にする見通しだ。

     ベクターは、時速60キロメートルで上空50~100メートルを飛行する。
    有効積載量200キログラム、最大離陸積載量は600キログラムで、主に荷物の運搬などを担う。
    現在、マレーシア国内で試作機を開発しており、開発コストは50万リンギ(約1,347万円)という。

     エアロダインは2014年の設立。日本のドローンスタートアップ特化型ファンド「ドローンファンド」から出資を受けている。

    画像
    no title


    【マレーシアで開発中の「空飛ぶクルマ」ベクター、12月に初飛行を予定 時速60キロで上空50~100メートルを飛行】の続きを読む

    このページのトップヘ