乗り物速報

バイクと車のまとめ

    その他乗り物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    E38182E3828AE38182E3819103

    1: 2018/09/20(木) 01:46:37.83 ID:k072BQO+0

    2014年4月16日午前8時50分頃、韓国仁川の仁川港から済州島へ向かっていた、清海鎮海運所属の大型客船「セウォル号」

    韓国南東部の沖合で転覆し、1時間50分後に沈没。
    この事故で、修学旅行中だった韓国、檀園高等学校2年生の生徒250人を含む計304人が死亡した


    【【衝撃】韓国のセウォル号沈没事故が怖すぎる・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2018/09/19(水) 02:49:15.20 ID:CAP_USER9

    https://jp.sputniknews.com/science/201809195351785/

    ドイツ、世界初の水素燃料電池列車の運行を開始
    テック&サイエンス
    2018年09月19日 01:09

    ドイツ北西部で、世界初の水素燃料電池で走る列車の運行が開始された。ガーディアン紙が報じた。
    スプートニク日本

    ガーディアン紙によると、列車は、ニーダーザクセン州のブレーマーフェルデ、クックスハーフェン、ブレーマーハーフェン、ブクステフーデを経由するルートを走行した。

    先にテスト運行が行われ、ニーダーザクセン州の経済相兼運輸相のベルント・アルトフスマン氏が視察した。

    列車の最高速度は時速140キロで、連続走行距離は約1000キロ。

    列車の屋根の上には水素燃料の入ったタンクと、水素エネルギーを動力となる電流に変換する燃料電池が設置されている。

    水素燃料電池で走る列車は、大気に有害物質を排出せず、走行中もいたって静かだという。

    開発したのは、仏アルストム社。

    2021年から、ブクステフーデとクックスハーフェンを結ぶ路線に14車両の水素燃料電池列車が運行される見込み。

    no title


    【【ドイツ】世界初の水素燃料電池列車の運行を開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2018/09/18(火) 10:52:05.33 ID:CAP_USER9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180918/k10011633991000.html

    アメリカの宇宙開発のベンチャー企業、「スペースX」は17日、民間人を宇宙船に乗せて月を周回する
    計画について発表し、最初の搭乗者が衣料品通販サイト、「ZOZOTOWN」の運営会社社長 前澤友作さんになると明らかにしました。

    人を乗せた宇宙船が月を周回するのは、1960年代から70年代にかけてNASA=アメリカ航空宇宙局が進めた
    アポロ計画以来で、民間企業としては初めての試みとなります。


    no title


    【「ZOZOTOWN」の前澤社長、月へ。米「スペースX」宇宙船で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2018/09/17(月) 09:29:56.05 ID:sxp495sE0

    昨日の浜松車両基地祭り
    朝6時から並んだ甲斐あったで~
    no title


    ちなこの前は山梨リニアのL0系にも乗った
    no title


    【【朗報】ワイ乗り鉄ガチ勢、ついにドクターイエローまで乗ってしまったwwww(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2018/09/17(月) 12:28:52.68 ID:CAP_USER9

    胴体着陸は車輪の出し忘れ

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20180917/5070001931.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を
    DnMqTWHV4AECnek (1)

    16日、大分空港で、小型機が胴体着陸したトラブルで、国土交通省は、
    操縦していた男性が車輪を出し忘れたまま着陸したとみて当時の状況を調べています。

    16日夕方、大分空港で、小型プロペラ機が滑走路に胴体着陸し、
    けが人はいなかったものの2時間半余りにわたって滑走路が閉鎖され、10便以上が欠航しました。

    国土交通省大分空港事務所が操縦していた50代の男性から話を聞いたところ、
    「車輪を出し忘れた」と話していることが分かりました。
    このため空港事務所は、操縦していた男性が車輪を出し忘れたまま着陸したとみて当時の状況を調べています。

    空港事務所によりますと、大分空港を発着する便は、17日は始発から平常通り運航しているということです。

    09/17 11:12


    【【悲報】大分空港の小型機胴体着陸事故、操縦士さん「うっかり車輪を出し忘れた」】の続きを読む

    このページのトップヘ