乗り物速報

バイクと車のまとめ

    その他乗り物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    866e0af7013b8578f603dcf982f74078_s

    1: 2019/04/05(金) 08:16:17.46 ID:v88/vEs70 BE:468394346-PLT(15000)

    JR東日本が「運転士」と「車掌」の名称を廃止し、「乗務係」や「乗務指導係」などに
    変更する方針を固めたことが4日、同社関係者への取材で分かった
    。2020年4月に実施する考え。これまで車掌や運転士への登用に必要だった
    社内の試験もやめて、通常の人事異動で配置する。人手不足への対応のため、
    JR発足以来初めての抜本改革で、柔軟な人員配置を実現する狙い。
    3月末、社員に提示したが反発も出ている。

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6319372


    【【悲報】JR東日本、「運転士」「車掌」の名称廃止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2019/04/04(木) 19:43:03.685 ID:fomOHbHhF0404

    小学生がお年寄りがそばで立っているのに1人掛けの席を譲らない(優先座席ではない) 
    見かねたお爺さん子供が座ってる横に無理矢理座る
    子供たまらずどいてしまう
    それを見て近くにいた子供の母親とお年寄りが口論


    動画



    【【動画】この車内トラブルはどちらが悪いか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2019/04/04(木) 21:57:46.12 ID:CrVWxQP+00404



    こんくらいの電車に乗りたいんだけどおすすめある?

    【満員電車に乗りたいんだけど・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2019/04/04(木) 15:59:51.67 ID:Lf2IKWdQ9

    東京都は、都心の銀座地区と臨海部とを結ぶ新しい地下鉄路線を、今後10~20年後をめどに整備する方針を決めた。将来的には茨城、千葉県方面と都心をつなぐつくばエクスプレスなどとも接続し、羽田空港まで直結させることを目指す。2020年東京五輪・パラリンピックを機に開発が進む臨海部の交通網を整備することで、新たな成長の原動力にしたい考えだ。


     複数の関係者によると、都が検討しているのは、銀座地区から東京臨海高速鉄道りんかい線の国際展示場駅までの約5キロ区間。大規模再開発が予定される築地市場跡地のほか、五輪選手村や高層マンションの建設が進む晴海・勝どき地区、豊洲市場の周辺などに5か所程度の新駅を整備する。都は、1日当たりの利用者を約5万人と想定している。

     新線がつながるりんかい線には、JR東日本が整備を計画する「羽田空港アクセス線」の一部が接続する予定で、つくばエクスプレスの秋葉原駅から東京駅までの延伸も検討されている。それぞれ新線と接続させることで、将来的には茨城、千葉から羽田空港まで直接つなげることを目指す。

     都は事業費として2500億円超を見込んでおり、今後、国などと整備費用の負担について協議を進めながら、採算性の見極めや事業主体の選定を進めていく方針だ。
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190404-OYT1T50102/

    no title


    【【TX延伸】秋葉原から国際展示場まで地下鉄を整備 コミケへのアクセスが良くなるぞ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    ed4d7dab97307a634137ac4498b39259_t

    1: 2019/04/04(木) 14:29:01.73 ID:v1APkpdR9

    愛知県高浜市の踏切で3日早朝に発生した事故についてリアルライブが報じた
    軽自動車が踏切内で立ち往生し電車と衝突したが、運転手は外に逃げたという
    「電車が来たから『ダメだよ』と手を振った」などと話しているようだ

     愛知県高浜市新田町の名鉄三河線踏切で、60代の男性が運転する軽自動車が踏切内で立ち往生し、電車と衝突する事故が発生。男性の呆れた運転に、怒りの声が噴出している。

     事故が発生したのは3日早朝。名鉄三河線吉浜駅にほど近い踏切で、軽自動車が立ち往生する。そこへ知立発碧南行の電車が接近し、自動車と衝突した。なお、運転していた男性は直前に踏切の外に逃げたため、怪我はなかった。

     なぜ、このような事故が起こったのか。その理由は、男の身勝手な運転にある。男は警察の取り調べに対し、「前の車が停車していた。前の車が進むという感覚で踏切に車を入れたが、進むことができず遮断機が降りてきた」などと供述している。

     本来、自動車の運転者は踏切の先に車が停車している場合、渡らずに停止線で待つことが交通ルールとして義務付けられている。この男は、それを無視した運転を行い重大な事故を起こした。なお、当時周辺道路は渋滞しており、この男はバックをして踏切を立ち去ろうとしたが、後ろにも車がおり、立ち往生したのだという。

     さらに、男は「当時の状況について、電車が来たから『ダメだよ』と手を振った。近づいたから逃げた」となんともお粗末な行動を告白。踏切の非常停止ボタンを押す感覚はなかったのだという。この影響で名鉄三河線は約2時間運転を見合わせ、多くの人に影響が出た。

     男の身勝手な行動に、ネットユーザーからは「60だけど免許を取り上げるべきだと思う」「踏切内の前方が渋滞していたら中に入らないのは基本。バカすぎる」「恐らく名鉄から多額の請求が来る。人生詰んだね」「こういう自分勝手な人間のせいで多くの人が迷惑するのは許せない」との声が上がった。

     当然のことながら、渋滞で前にスペースがない場合は踏切内に進入してはならない。基本を忘れた男の代償は、かなり大きなものになりそうだ。

    2019年4月4日 12時0分
    リアルライブ
    http://news.livedoor.com/article/detail/16265039/


    【60代男、軽で踏切内に進入し迫る電車に「ダメだよ」と手を振るも衝突 意味不明な行動に批判殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ