乗り物速報

バイクと車のまとめ

    その他乗り物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    d4fa3ca5e491524d49536e06e3e4fd01_t

    1: 2019/01/07(月) 17:40:56.61 ID:hPXD2z2W0 

    北海道新幹線が狙う高速化、飛行機とのシェア争いは新局面へ?
    https://diamond.jp/articles/amp/189886?display=b

    今年3月のダイヤ改正で、北海道新幹線の青函トンネル内の運転速度が140km/hから160km/hに引き上げられる。
    これにより、東京駅から新函館北斗駅の所要時間は従来の最速4時間2分から4分短縮されて、3時間58分になる。

    なぜわずかな時間短縮が大きなニュースになるかというと、鉄道の移動時間が4時間を切ると、
    飛行機とのシェアが逆転する「4時間の壁」が存在すると言われるからだ。
    これにより新幹線と航空機の競争がさらに激化するだろう、と新聞やテレビで報じられている。

    「4時間の壁」という言葉は10年以上前から使われてきたようだが、誰が言い出したものなのかは定かではない。
    ただ経済誌がこぞって取り上げ、一般に知られるようになったのは、2011年3月の九州新幹線の熊本~博多間開業を控え、
    鹿児島中央~新大阪を約3時間45分で走破する「みずほ」の設定が発表されたころではなかっただろうか。

     所要時間3時間台の最速達種別を設定することで、それまで京阪神~鹿児島間で10%程度だった鉄道シェアを、どこまで伸ばせるかが注目された。
    そして2016年3月の北海道新幹線開業時には、貨物列車と共用する青函トンネルの走行に速度制限がかかるため東京~新函館北斗は4時間を切れない、
    つまり競争力を持つことができないのではないかということで再び話題となった。

     なぜ4時間を切ると鉄道が優位に立つのか、その根拠は東海道・山陽新幹線で航空機とのシェアが
    拮抗する駅が広島で、東京~広島の所要時間が約4時間であるからだという。しかし、この関係はそう単純なものではない。


    【北海道新幹線の高速化で変わる飛行機とのシェア争い 「4時間の壁」越えで新局面に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    406fddd42026b1dc4441ff5bdc5d1093_s
    1: 2019/01/01(火) 23:44:33.237 ID:gr9ckAsm0


    【【疑問】月と地球を繋いで電車みたいなので行き来出来るようにならないの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント

    a6530bbc1217fb023e1a8d2def7ccb08_t

    1: 2019/01/01(火) 10:27:34.80 ID:bDZDFoZEd

    たかだか3000円くらいしか違わないんだからさ


    【新幹線の指定席が空いていないときはグリーン車を利用するのも手だよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2018/12/30(日) 19:29:48.51 ID:6YrFw6/JH

    いい加減飽きてきたわ
    no title


    【【悲報】ワイ中国高速鉄道移動民、まだ北京に着かない・・・(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    5da7e8d5faaeee7ee4d9ea7c647e614b_s

    1: 2018/12/30(日) 17:27:48.54 ID:PXTUWWJk0 

    28日に秋田発東京行き秋田新幹線こまち24号(7両編成)が、制限速度を約50キロ超過する時速105キロでJR田沢湖線大釜駅(岩手県滝沢市)に進入していたことが分かった。JR東日本が30日明らかにした。乗客らにけがはなかった。

    JR東によると、運転士が、手前の信号に制限速度は時速55キロと表示されていたのを見落としていた。
    大釜駅は通過駅だったが、保安装置が作動したため緊急停車し、約3分後に出発した。

    同社盛岡支社は「状況の把握などに時間がかかり、発表が遅れた。乗務員の指導を徹底する」としている。

    https://www.sankei.com/affairs/news/181230/afr1812300010-n1.html


    【秋田新幹線がスピード違反 速度50キロ超過で緊急停車】の続きを読む

    このページのトップヘ