乗り物速報

バイクと車のまとめ

    その他乗り物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    e65c6d82b5039cf546b5660bfd74f721_t

    1: 2019/06/24(月) 20:04:38.22 ID:R8DYc7Ga0● BE:842343564-2BP(2000)

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190618-00000069-ann-soci

    スマートフォンで電話をしながら車を運転していた男がパトロール中の警察官に出くわした。男がとっさに嘘をついたことで、警察のヘリが出動するなどの事態が発生。男がついた嘘とは。

     逮捕された男があまりにも身勝手な嘘をついたのは、エイプリルフールの2日後だった。その日、男は埼玉県朝霞市の市道で車を運転しながらスマートフォンを片手に持って通話していた。
    その時だった…。男は運転中に携帯電話を操作しているのを警察官に目撃された直後、通話の言い訳を作ろうと110番に掛け直したというのだ。
     ひったくりの現場を目撃したのですぐに警察に通報する必要があったかのように装った男。呼び止めた警察官に自分が今、警察と電話で話していることをわざわざ確認させるという念の入れようだった。
    その結果、警察は警察官43人、パトカーや覆面車両など7台、さらにヘリコプター1機を出動させた。ところが、防犯カメラにそうした映像がなければ悲鳴を聞いた人もいない。やがて不審に思った警察。男と連絡もつかなくなっていた。
     そして、警察は被害の実態を調べたが、どうしてもその事実が確認できず、17日に男に任意同行を求めて事情を聞いたところ、容疑を認めたということだ。警察は17日、さいたま市大宮区の自営業・春日智大容疑者を偽計業務妨害の疑いで逮捕した。警察は男について道路交通法違反でも調べ、切符を切る方針だ


    【警官「今電話してたよね」運転手「ひったくり見たので110番したんです」嘘のせいで埼玉県警ヘリが飛ぶ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント

    1: 19/06/23(日)07:07:14 ID:iwl

    今日はここから!
    no title


    【【画像】わい、豪華列車で旅に出る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント

    1: 2019/06/21(金) 10:22:51.46 ID:GBZowKp/9

    「農機萌え」の時代来る? フェラーリ、ちょこプチ…スマート農業の最前線
    毎日新聞 2019年6月21日 10時04分(最終更新 6月21日 10時04分)
    https://mainichi.jp/articles/20190621/k00/00m/040/052000c

     秋田市の県立スケート場で「第32回県JA農業機械大展示会」が21日まで開かれている。
    今年の目玉はICT(情報通信技術)などを使って省力化や高収益化を進める「スマート農業」に関する農業機械という。
    どんな製品が並ぶのか会場をのぞいてみた。

     今年は約1万4000平方メートルの会場に約30社がトラクターや田植え機、耕運機などの農機類約500点を展示している。
    会場では生産農家らが関心のある農機具の前でメーカーの担当者らと商談したりしていた。

     スマート農業関連の製品を探していると、まず目に飛び込んできたのはヤマハ発動機が今年3月に発売した農薬散布用の小型無人機「ドローン」。
    飛行時の最大幅は約2・2メートルで、農薬を詰め込む10リットル分のタンク付きとかなり大きい。
    農地1ヘクタールの散布時間は約15分と、ホースで散布する動力噴霧機に比べて作業時間が4分の1程度短縮できるという。

     デザイン面も洗練されている。
    バイクの技術などを生かして、モーターなどの熱を冷やす空気取り込み口は、鋭い目のように見える流線型に。
    車体は白と黒のモノトーンで、前後に点滅灯を付けて遠くからでも確認できるようにしたという。

     同社広報グループは「見た目も満足してもらえるようにスピード感などを意識した」と話していた。

     ヤンマーのブースも若い農家を意識したラインアップが目立った。目を引いたのは濃い赤色のトラクター。
    イタリアの高級車「フェラーリ」のデザインなどを手掛けた同社の奥山清行取締役が設計を監修したという。
    とがったフロントデザインが特徴的で、座席にはサスペンションも搭載されるなど機能面も優れているという。

     オプションでGPS(全地球測位システム)機能も取り付けることが可能で、故障が発生した際には、すぐに位置情報などが把握され修理が可能という。

     このほか、女性向けに開発した製品を展示しているメーカーも。
    井関農機のブースにあったのは耕運機「ちょこプチ」。
    農林水産省が2013年から始めた「農業女子プロジェクト」のコラボ製品といい、
    車体はグレーとベージュで柔らかな色合いで統一され、女性でも取り回しがしやすいサイズに仕上げられた。

     主催したJA全農あきたの桜庭武・農業機械課長は、
    毎年秋に開く「種苗交換会」と併せて「新規就農者へのPRや顧客の新規掘り起こしを進めたい」と話していた。

     JA農業機械大展示会は19日に始まり21日は午前9時~午後3時45分まで。入場無料。
    3日間の来場者目標は5000人、期間中の売り上げ目標は17億円という。

    ◇ ヤンマーのトラクター。イタリアの高級車「フェラーリ」のデザインなどを手掛けた同社の奥山清行取締役が設計を監修している=秋田市の県立スケート場で2019年6月20日、中村聡也撮影
    no title


    【「農機萌え」の時代来る? フェラーリ、ちょこプチ…スマート農業の最前線】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2019/06/19(水) 06:08:46.83 ID:T63/e1FW9

     酒に酔った男が運転していたのは、旧ソビエト製の戦車でした。

     地元メディアによりますと、ポーランド中部で13日、街の目抜き通りを戦車が走っているという通報がありました。警察官が現場に駆け付けると、旧ソビエト製のT-55戦車が道路の真ん中に停車していました。そばにいた持ち主の男(49)からは基準値を超えるアルコールが検出されたため、警察は飲酒運転の疑いでその場で逮捕したということです。男がなぜ戦車を持っていたのかは分かっていませんが、戦車は軍の助けも借りて撤去されたと報じられています。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16639359/
    no title


    【【画像】ポーランドの道路で旧ソ連製の戦車「T-55」が暴走 運転手は酒に酔った状態】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 76コメント

    a044650404a5ffe9d6515fa39e6ba499_t

    1: 2019/06/20(木) 10:07:53.872 ID:ubKz5XLR0

    自分の前が詰まっててタイミング悪く遮断機しまって大往生する事って誰にでも起こり得る事じゃね?


    【【悲報】踏切で大往生して電車脱線させた女が叩かれてるけどさwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ