乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/05/20(月) 00:24:28.84 ID:CAP_USER

    トヨタ自動車の豊田章男社長は18日(米東部時間、日本時間は19日早朝)、米大学でのあいさつで「自動車業界は今、20年後にどのような車が走っているのかだれも予測できないほどの革命的な変化が起こっている」と述べた。コネクテッドカー(つながる車)などの「CASE」時代の本格到来を踏まえ激変期にあることを改めて強調した。

    母校の米バブソン大が豊田社長に名誉法学博士号を授与することを受けて出席した同大の卒業式で学生向けにスピーチした。豊田社長は「変化からは逃げるのではなく取り入れていくことを(バブソン大で)学んだ」と話した。今の立場にもつながる企業家精神を「最も大きな学び」とした。

    トヨタの歴史や自身の経歴を振り返り、学生たちには地球規模で物事を捉えることの重要性を説いた。「正しいことをすれば収入はついてくる。いくつになっても新しいことに挑戦してほしい」などと語りかけた。

    トランプ米大統領が輸入車の増加を脅威と指摘した発言を巡りトヨタの米国法人は17日に異例の強い表現で反論の声明を発表していたが、豊田社長は通商問題に触れなかった。

    豊田社長は1979年に慶応大学を卒業後、82年にバブソン大から経営学修士号(MBA)を取得して84年にトヨタ自動車に入社した。

    豊田社長は3月にも米首都ワシントンで講演しており、「どのような状況でもトヨタは米国に残り続ける」と強調した。トランプ政権の通商政策への質問には「国家安全保障の脅威と言われるのは悲しい」と批判はせず、米国の販売店や仕入れ先、従業員への感謝を繰り返した。
    mf_ikeda01

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44997940Z10C19A5TJC000/


    【トヨタ社長「車業界の変化、予測できない」、米大学でスピーチ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2019/05/20(月) 12:03:42.92 ID:aLcLSZHa9

    友人運転の車の“外”に乗り死亡…22歳男性が車体の外側に掴まり走行の車 壁に衝突し落下

     19日夜、愛知県豊田市で、走る車の側面外側に掴まって乗っていた22歳の男性が、車が壁にぶつかった際に落下して死亡しました。

     19日午後11時半過ぎ、愛知県豊田市九久平町の国道で、四輪駆動の乗用車が道路の防護壁に衝突しました。

     この事故で、助手席側の側面外に付いたステップに足をかけ、ルーフレールに掴まって乗っていた豊田市の会社員・石原禄郎さん(22)が車から落下し、病院へ運ばれましたが、間もなく死亡しました。

     警察は、車を運転していた友人の男性(23)から当時の状況を詳しく聞くなどして事故の原因を調べています。

    no title

    https://www.fnn.jp/posts/5602THK/201905201139_THK_THK
    2019年5月20日 月曜 午前11:39  FNN


    【【愛知】友人(23)運転の車の“外”に乗り死亡…男性(22)が車体の外側に掴まり走行の車 壁に衝突し落下】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    1: 2019/05/19(日) 07:49:50.59 ID:X1zRk/yv9

    16日、北海道七飯町で、国道をおよそ1キロにわたり軽乗用車で逆走したとして、18日、53歳の男が逮捕された。男は「速度違反の取り締まりから逃げるためだった」と容疑を認めている。

    道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは、鹿部町の小嶋幸彦容疑者(53)。小嶋容疑者は16日午後5時すぎ、道南・七飯町の国道5号を、およそ1キロにわたり軽乗用車で逆走した疑いが持たれている。

    警察が、逆走していた軽乗用車のナンバーなどを精査した結果、小嶋容疑者の車が浮上したという。

    小嶋容疑者は調べに対し、「速度違反の取り締まりから逃げるためだった」と容疑を認めている。

    警察は今後、小嶋容疑者が逆走した状況について詳しく調べる方針。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16480673/
    no title


    【【北海道】国道を1キロにわたって逆走した男を逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2019/05/19(日) 07:53:05.40 ID:X1zRk/yv9

    2019年5月19日 6時0分
    文春オンライン

     かつてスーパーカーへの愛を体現した男は、その幻影を売る犯罪者に成り果てていた。警視庁麻布署は5月9日、イタリアの高級外車「フェラーリ」の限定車を販売すると偽り、計約2億5000万円を騙し取ったとして、元カーディーラーの吉田栄一容疑者(57)ら2人の男を逮捕した。警視庁担当記者がその顛末を語る。

    「吉田らはモナコの50代資産家男性に、世界で500台しかない『ラ・フェラーリ』を『特別なルートで仕入れることができる』と嘘をつき、16年までに4回にわたり代金を受け取った。しかし、2年経っても納品されないので男性が不審に思い、同署に相談していました。吉田は18年にもポルシェの限定車『ポルシェ918』を売ると言って、8500万円をだまし取った疑いでも起訴されています」

     ラ・フェラーリはフェラーリ初のハイブリッド車で、現在は3~4億円で取引されるマニア垂涎(すいぜん)の車だ。ポルシェ918も同様で、素人がおいそれと入手できるものではない。だが、吉田には「特別なルート」があると思わせるだけの経歴が備わっていた。

    吉田は“伝説の走り屋”として知られるカリスマだった
    「吉田は『伝説の走り屋』として、カーマニアの間では知らない者のいない存在でした。高速道路などの公道で2、300キロのスピードを出して競い合うカーレースが一部で熱狂を集めていた70~80年代に、自らチームを率いて参戦していた。ポルシェの本部に何度も改造を依頼してブラッシュアップしたという、小豆色の独特のカラーリングが施された愛車『ポルシェ911』は特に語り草で、ミニカーで再現されて販売されたほどです」(同前)

     吉田は車雑誌のインタビューなどにもよく登場していたが、露出は活字に止まらない。公道でのカーレースを描いた累計1700万部超の人気漫画「湾岸ミッドナイト」にも登場。主人公のライバルが乗る黒いポルシェ「ブラックバード」のモデルが吉田のポルシェだったという。

     だが、そのカリスマをもってしても“スーパーカー冬の時代”は乗り切れなかった。捜査関係者は「金は業績不振だった事業の借金返済に充てていたようだ」と語る。

     車雑誌ではスピード違反の武勇伝を語るなど、遵法意識の欠如が垣間見えた吉田。彼に憧れたカーマニアたちの信頼を裏切った罪は重い。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16481211/
    no title


    【「『ラ・フェラーリ』売ります」詐欺で逮捕された男は湾岸ミッドナイトにも登場した伝説の走り屋だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント

    1: 2019/05/18(土) 03:37:40.82 ID:HR2OgIQn9

    https://www.cnn.co.jp/style/autos/35137056.html

    2億円超のフェラーリ、試乗中に盗む 容疑者の捜索続く 独

    2019.05.17 Fri posted at 14:35 JST

    希少モデルとして知られるフェラーリの「288GTO」が試乗中に盗難に遭った
    Amy Woodyatt, CNN

    ドイツでこのほど、イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリの希少モデル「288GTO」が試乗中に盗まれる事件があった。車両は見つかったものの、容疑者は依然逃走中で、警察が行方を追っている。

    事件は13日に発生。デュッセルドルフ警察によると、容疑者は購入希望者と称してビンテージカーの販売業者に連絡を取り、交渉の末、試乗の許可を得た。業者が車から降りたところ、代わって運転席に座った容疑者は車を加速させ、走り去っていった。
    (リンク先に続きあり)

    no title


    【2億円超のフェラーリ「288GTO」、試乗中に盗む 容疑者の捜索続く】の続きを読む

    このページのトップヘ