乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2017/04/19(水) 08:25:24.89 ID:0/beRr0/0 

    先日、米国ホンダが発表した2018年型「シビック Si」のセダンとクーペの最高出力の数字は、世間を驚かせた。
    "わずか"205hpの先代シビック Siから全く向上していなかったからだ。先代モデルより向上したのは26.5kgmの最大トルクのみ。さらに同様に驚いたのは、
    最高出力も最大トルクも、306hp(米国仕様)を発生する「シビック タイプR」とは大きく差が付けられていたことだ。
    しかし、ホンダの広報担当であるデイビス・アダムズ氏によると、これにはいくつか理由があるようだ。

    01-2017-honda-civic-si-coupe-ny-1


    まず1つ目として、排気量を1.5リッターのまま、高出力化させた理由は、価格面の問題によるものだ。
    タイプRの2.0リッター・エンジンをグレードダウンさせて搭載することも可能だったかもしれないが、
    そのエンジンを使用するにはコストが掛かりすぎる。ホンダは手頃な価格設定を維持させたかった。
    http://jp.autoblog.com/2017/04/14/why-2018-honda-civic-si-only-205-horsepower/


    スポンサーリンク

    【新型ホンダ「シビック Si」、パワーは現行と代わり映えしない205馬力コストカットエンジン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    トヨタ逆輸入車ピックアップトラックのおすすめ

    1: 2017/04/23(日) 04:54:42.18 ID:CAP_USER

    国内と海外でまったく評価が異なるジャンル


     世界のあちこちで開催されるモーターショーへ取材に行って、
    私(鈴木ケンイチ:モータージャーナリスト)はいつも思うことがあります。
    世界中で人気なのに、日本でだけはさっぱり顧みられないクルマのジャンルがあることを。
    それが「ピックアップトラック」です。


     日本ではピックアップトラック、ひいては「荷台のあるクルマ」は、
    あくまでも商用車であり、普通の人が乗用車感覚で使うものではありません。
    しかし、海外では事情が異なります。
    アメリカなどでは、普通にピックアップトラックが乗用車代わりに使われています。
    ピックアップトラックの年間の販売台数は、普通の乗用車とほぼ同数というから驚きます。
    国土の広い農業国であり、ガソリン代が安いため、
    大きくて実用的なピックアップが好まれのは理解できるとしても、
    ここまで極端なのはアメリカだけ。


    とはいえ、アセアン地域でもヨーロッパでもピックアップトラックを
    乗用車代わりに使うのは、珍しいことではありません。


     そのため、日本車メーカーは数多くのピックアップトラックを作って、
    世界各地で販売しているのです。


    日本人だけが知らない「人気の日本車」? 国内外で鮮明に異なるクルマのジャンルとは


    海外のモーターショーでは、
    日本国内メーカーもピックアップトラックの展示に広いスペースを割いており、
    その力の入れ具合がわかる。
    こんなにある、国内メーカーのピックアップトラック
     海外で元気な日本車メーカーのピックアップトラック、
    その代表モデルが、これまで世界180以上の国と地域で
    累計1600万台以上が販売されてきたトヨタの「ハイラックス」でしょう。


     ちなみに現在の「ハイラックス」は、同じ骨格を流用する
    「IMV(イノベーティブ・インターナショナル・マルチパーパス・ビークル、革新的国際多目的車)」
    シリーズのひとつ。トヨタのIMVは、同じフレームを使ってピックアップトラックの「ハイラックス」、
    ミニバンの「イノーバ」、SUVの「フォーチュナー」という3モデルが兄弟として販売されています。
    アセアンでは、「イノーバ」はベストセラーですし、「フォーチュナー」は高級車という扱いです。
    また、アメリカ市場ではフルサイズピックアップトラックの「タンドラ」と
    ミドルサイズの「タコマ」が販売されています。

    ※続く

    Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00010003-norimono-bus_all


    スポンサーリンク

    【日本人だけが知らない「人気の日本車」? 国内外で鮮明に異なるクルマのジャンルとは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント

    image_02_01
    1: 2017/04/22(土) 20:52:38.19 ID:HPNbqqFe0 

    22日午後、橋本市の交差点で、右折しようとした軽ワゴン車と、直進してきたオートバイが衝突し、オートバイを運転していた21歳の男性が死亡しました。
    22日午後2時半すぎ、橋本市出塔の交差点で、右折しようとした軽ワゴン車と直進してきたオートバイが衝突しました。
    この事故で、オートバイを運転していた奈良県生駒市に住む会社員、長橋貴大さん(21)が全身を強く打って病院に搬送され、およそ4時間後に死亡しました。
    軽ワゴン車は九度山町に住む81歳の男性が運転し、ほかに2人が乗っていたということで、このうち、後部座席の83歳の女性が頭を打つなどして大けがをしました。
    現場は見通しのよい交差点で警察が当時の状況を詳しく調べています。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2045829611.html


    スポンサーリンク

    【バイクが右折に仕留められる事故 多すぎ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2017/04/22(土) 09:31:33.60 ID:gzm603Sy0 

    朝ツイートしてけっこう「いいね」があったクルマ屋さん
    また帰りに通り掛かったら、これまたキレイ。
    一見の価値あり…です。
    no title

    no title

    no title

    https://twitter.com/nyato_saiba_a/status/855350131578642432

    ダイハツ、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーに
    http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1055343.html


    スポンサーリンク

    【意識高いダイハツwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    1: 2017/04/23(日) 07:13:15.03 0

    海外のナンバープレート
    no title


    シンガポールやインドネシアは黒地に白文字でオサレなのに
    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【日本の車のナンバーだけダサ過ぎ問題】の続きを読む

    このページのトップヘ