乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2019/07/19(金) 19:48:38.62 ID:SqliTd0h9

    本田技研工業は2018年7月18日、軽乗用車の新型「N-WGN」を同年8月9日に発売すると発表した。

    ■参考としたのは同門のベストセラー「N-BOX」

    ホンダによれば、N-WGNの属する軽ハイトワゴンのセグメントは、「N-BOX」が属する軽スーパーハイトワゴンのセグメントと合わせ、軽乗用車全体の約8割を占める重要な市場となっている。そこにあって、N-BOXは軽自動車全体で4年連続第1位、登録車を含めた日本市場全体でも2年連続で1位の販売台数を記録する人気車種となっているが、N-WGNはハイトワゴン市場において、「ダイハツ・ムーヴ」や「スズキ・ワゴンR」といったライバルの後塵(こうじん)を拝していた。

    今回の新型は、そうした現状を打破すべく従来モデルからデザインやパッケージ、プラットフォームを刷新。同門のN-BOXにならい、暮らしの中で快適に使えるクルマを目指して開発がなされたという。

    そのデザインはプレスラインを極力廃したシンプルなもので、標準車では丸目のヘッドランプの上に角型のターンランプを配したフロントデザインや、フロントピラーの延長線上に伸びた斜めのプレスラインなどが、かつての軽商用車「ステップバン」をほうふつとさせる。一方の「N-WGNカスタム」もいたずらに派手さを求めたものではなく、スクエアなフルLED式のヘッドランプやシーケンシャルタイプのウインカーなどにより、シックで未来的なイメージを表現。ともに「暮らしになじむデザイン」というテーマを具現したものとなっている。

    低床化により荷室の利便性を向上

    車両の基本骨格には、現行型N-BOXおよび「N-VAN」に次いで、新世代の軽自動車向けプラットフォームを採用。両車種と同じく、運転席の下に燃料タンクを配置する「センタータンクレイアウト」が特徴となっているが、新型N-WGNではこの利点を最大限に生かすべく、荷室の床面を現行モデルより180mm低床化。開口部の高さも従来モデルより低い約490mmとした。これにより荷物の積み下ろしをしやすくするとともに、荷室を上下に仕切るボードを設けることで、使いやすさを向上させた。また、傘などを収容できる後部座席下の物入れについても、取り外して洗えるようにするなどの改良がなされている。

    (中略、詳細はソースでご確認下さい)

    【N-WGN】
    ・G Honda SENSING(FF):127万4400円
    ・G Honda SENSING(4WD):140万5080円
    ・L Honda SENSING(FF):133万9200円
    ・L Honda SENSING(4WD):146万9880円
    ・L・ターボ Honda SENSING(FF):150万1200円
    ・L・ターボ Honda SENSING(4WD):163万1880円

    【N-WGNカスタム】
    ・G Honda SENSING(FF):151万2000円
    ・G Honda SENSING(4WD):164万2680円
    ・L Honda SENSING(FF):158万7600円
    ・L Honda SENSING(4WD):171万8280円
    ・L・ターボ Honda SENSING(FF):166万3200円
    ・L・ターボ Honda SENSING(4WD):179万3880円

    (文=鶴原吉郎<オートインサイト>/写真=webCG/編集=堀田剛資)

    2019.07.18
    https://www.webcg.net/articles/-/41227

    N-WGN
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ より生活に寄り添うクルマに進化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    bf81abaf65aa92c4150e7c55ebe68a3b_t

    1: 2019/06/30(日) 14:00:43.84

    皆さんはどんな車に乗っていますか? 車種や年式、状態、使い方などによって、車を有するのにかかる費用もさまざまですね。

    共通して必要な項目と年間にかかる金額として、私の妻の車を例に計算してみました(以下、すべて1年当たりの費用に換算)。

    ●ガソリン代:15万6250円
    ・車 日産キューブ(2010年式)
    ・平均燃費 約12キロ/1リットル 
    ・1リットルのガソリン代 約125円(全国平均価格 2017年4月時点の価格)
    ・年間走行距離 約1万5000キロ
    →1万5000キロ÷12キロ/リットル×125円/リットル=15万6,250円

    ●整備費用など:9万6000円
    ・車検、点検、オイル交換費用 8万円(車検代は1年分のみ概算で算入)
    ・タイヤ代 1万6000円(1万6000円/本×4本÷4年ごと)

    ●税金・保険:8万1135円
    ・自動車税 3万4500円(1500CC以下)
    ・任意保険 3万3720円(ネット損保 20等級)
    ・自賠責保険料 1万2915円 (2年間2万5830円÷2年)

    ●高速道路通行料:3万円程度(年間)

    ●駐車場代:14万4000円(1万2000円/月×12カ月)

    ここまでを合計すると、年間50万7385円、月額で4万2282円がかかっています。その他にも、カー用品や洗車代、出掛けた先でのパーキング代、不具合やぶつけた場合の修理代などの費用も不定期に発生します。

    年間でトータル80万円超もかかる
    また、7年に一度新車250万円(諸費用込み)を乗り換えるという人なら、下取りが40万円としても、7年ごとに210万円を車両購入費用として準備するか、ローン返済(金利がプラス)しないといけません。210万円を乗り換えまでの7年間で割ると、単純計算で年間30万円になります。

    車に対する車両購入費用約30万円と維持費約51万円を合計すると、1年間の支出は81万円(月額6万7500円)ということになります。あらためて金額を計算すると、こんなにお金がかかっていたんだなとビックリしてしまいますね。

    https://allabout.co.jp/gm/gc/12701/


    【【悲報】車にかかる費用は生涯4000万!年金で騒ぐ前に車を捨てろよ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2019/07/18(木) 20:30:40.82 ID:DTQD927I9

    ■しばらく給油されていないと自動でメンテナンスするモデルも

     大切に乗ってきた愛車などを乗らずに長期的に保管するときに気になるのがガソリンの問題だ。

     また、最近のハイブリッド車では燃費性能が大きく向上しているため、週末しか乗らないような使い方をする人は前回給油した日付を忘れてしまうほどガソリンが減らないということもあるだろう。

     実際、三菱アウトランダーPHEVでは、約3カ月間燃料が1回に約15リッター以上給油されていないと、エンジンや燃料系部品のメンテナンスのため、クルマを起動した際に自動的にエンジンが始動するエンジンメンテナンスモードが組み込まれており、再度15リッター以上給油するまで解除されないようになっている。

     じつはあまりアナウンスされてはいないものの、ガソリンも時間経過によって劣化してしまう。新しい状態では透明度の高いガソリンだが、劣化が進むにつれて色が茶色から黒へと変化し、ドロドロとした不純物が発生し、なんとも言えない悪臭を放つようになってしまう。

     言うまでもなくその不純物が燃料ラインや燃料噴射装置などに詰まってしまえば不調の原因となってしまうので、古い燃料が入ったままの車両を再始動させるときは注意が必要だ。

     一度給油口を開け、慎重に臭いをかいでみて一般的なガソリンの臭いとは明らかに異なる異臭がした場合は、セルを回す前に燃料タンクの古い燃料を抜くことを考えた方が賢明だろう。

    ■ガソリンタンクを空にしておくのもクルマを傷める可能性

     では、長期保管をするときは燃料タンクを空にしておくのがいいのか、というと一概にそうとも言えないのである。最近の車両は樹脂製の燃料タンクを採用していることが多いが、旧車ともなると燃料タンクも金属製のものが多い。

     金属製ということは腐食する可能性があるということであり、それであればガソリンで満たされているほうが安心と言えるのだ。また燃料ポンプなども同様にサビの発生を防ぐためにはガソリンに浸かった状態のほうが好ましいだろう。

     ということで、やむを得ず長期間クルマを動かさずに保管するときは、なるべく燃料は多めに入れておき、再始動させるときは古い燃料をすべて抜いてフレッシュなガソリンに入れ替えるというのが机上で考えるベストの方法と言える。

     今では燃料の劣化を抑えるケミカルなども多数存在しているので、そういったものを併用することで、より長期間の保管ができる可能性もあるが、万能ではないので自己責任でお願いしたい。

    2019年7月17日 11時40分 WEB CARTOP
    https://news.livedoor.com/article/detail/16785494/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title


    【長期乗らないクルマはどうするのが正解? 放置すると「腐る」といわれるガソリンの正しい扱い方とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2019/07/17(水) 23:09:13.91 ID:CAP_USER

    ・Shamborghinis! Brazilian police close down factory that produced fake Lamborghinis and Ferraris

    ブラジルの警察が、偽物のランボルギーニとフェラーリを作り、激安で販売する工場を閉鎖させた。

    月曜日、警察はサンタカタリーナ州南部の工場に手入れに入り、組み立てられていた8台の車を押収した。

    工場を所有者である父子は、作られた偽物をSNS上で45,000ドル(約490万円)から60,000ドルの間で販売している事が発見され、逮捕される事となった。

    彼らは現在、産業財産権の侵害として起訴され、懲役3年を課せられる事になる。
    ブラジルのニュースサイトG1によれば、この二人はは約2年間の間偽物を製造していたという。

    イタリアのカーメイカーの苦情によって、月曜日に手入れが行われた。

    (偽物)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    11:26 BST 17 Jul 2019 Daily Mail
    https://www.dailymail.co.uk/news/article-7254443/Phony-Ferraris-Shamborghinis-seized-Brazil-factory.html


    【【画像】偽物のランボルギーニとフェラーリを製造し500万くらいで販売していた親子が逮捕される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2019/07/18(木) 16:16:25.65 ID:ql4YCcap9

    https://this.kiji.is/524483846387172449
    origin_1

    トヨタ社長が交通安全祈願、長野
    他社トップらも参列
    2019/7/18 16:11 (JST)
    ©一般社団法人共同通信社

     トヨタ自動車の役員ら約450人が18日、長野県茅野市の聖光寺で交通安全を祈願した。スズキやマツダ、SUBARU(スバル)のトップらも参列した。高齢者による事故が目立つ中、法要後に取材に応じた豊田章男社長は「願いは交通事故死ゼロに尽きる。1社だけでは安全なモビリティー社会はつくれない」と述べ、安全分野で各社が協調する必要があると訴えた。

     法要前に、トヨタ役員が自動運転や安全面について講演。グループ会社や保険会社関係者も出席し、豊田氏は「メーカーや業界の枠を超えて語りだした」と述べ、安全分野での連携の手応えを語った。


    【【トヨタ】社長が交通安全祈願、他社トップらも参列 長野】の続きを読む

    このページのトップヘ