乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2021/04/16(金) 18:21:47.89 ID:c/g/+Sge9

    【フランクフルト=深尾幸生】

    独メルセデス・ベンツは15日、電気自動車(EV)の旗艦車種「EQS」を8月に発売すると発表した。
    新開発の車台や電池を採用し満充電での航続距離は最大770キロメートルを実現した。
    EVでも「Sクラス」に相当する最上位モデルを投入し、米テスラに対抗する。

    今夏の欧州と米国を皮切りに22年初めに中国でも投入。日本でも発売する。
    価格は6月に発表するとして明らかにしなかったが、エンジン車の最上位であるSクラスと同等の1000万円前後からになるとみられる。

    電池容量は最大107.8キロワット時と、同社の既存EV「EQC」より26%大きい。
    制御システムも改良し、ガソリン車と同等の航続距離を確保した。急速充電器を使えば300キロメートル分を15分で充電できる。

    内装では運転席と助手席の前の前面を湾曲するガラスで覆う大型ディスプレーを採用した。
    3枚の画面が1つの巨大な画面のように見える。
    カメラで運転者の視線を検知し、助手席側の画面を見ていると判断すると、安全を確保するために画面を薄暗くする。

    高速道路などを時速60キロメートル以下で走行時に、車に運転を任せられる自動運転機能をオプションで用意した。
    現在はまだ法律で認められていないが、メルセデスは2022年前半にもドイツで可能になるとみている。
    同様の機能は独アウディが17年に発表したが、法整備が追いつかず提供を断念した経緯がある。

    メルセデスは30年に新車販売の半分をEVとプラグインハイブリッド車(PHV)で占める計画を持つ。
    高級EVではテスラの「モデルS」のほか、独ポルシェが20年に発売した「タイカン」も販売が好調だ。
    独BMWも上位車種に品ぞろえを増やし、競争が激しくなる。
    旗艦車種はブランドイメージへの影響が大きく、EQSの成否はメルセデス全体のEV戦略の試金石になる。
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR12C2E0S1A410C2000000/

    画像
    no title

    no title



    【メルセデス・ベンツ、新型EV「EQS」を発表 Sクラス相当で航続距離770km 日本でも発売予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2021/04/16(金) 22:53:55.19 ID:WUqoZQAD9

    三菱自動車は2021年4月15日、コンパクトカー「ミラージュ」に特別仕様車「BLACK Edition(ブラックエディション)」を設定し、同日、販売を開始した。

    今回のミラージュ ブラックエディションは上級グレード「G」をベースに、内外装に加えられたブラックのアクセントを特徴とするモデル。ルーフやルーフスポイラー、ドアミラーを「ブラックマイカ」としたほか、ブラック塗装の専用15インチアルミホイールやヒーテッドドアミラーが採用されている。

    インテリアでは、ブラックとレッドのファブリックを組み合わせた専用シート(前席はヒーター機能を内蔵)に加え、メッキとピアノブラックのアクセントが施された本革巻きステアリングホイールや本革巻きシフトノブを採用。シートやステアリングホイール、シフトノブ、ドアアームレストにはレッドのステッチが入る。

    ボディーカラーは有償色となる2トーンの「ホワイトダイヤモンド/ブラックマイカ」(5万5000円)や「サンドイエローメタリック/ブラックマイカ」(3万3000円)に加え、「レッドメタリック/ブラックマイカ」「チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ」、モノトーンの「ブラックマイカ」という全5タイプが設定されている。

    価格はボディーカラーがモノトーンの場合は159万7200円、2トーンの場合は161万3700円。(webCG)

    2021.04.15
    https://www.webcg.net/articles/-/44367

    ミラージュ
    no title

    no title

    no title

    no title



    【三菱が「ミラージュ」にブラックのアクセントで内外装を仕立てた特別仕様車を再設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    e18025688df3cf50381f686ce69236b9_t

    1: 2021/04/11(日) 18:46:57.40 ID:HW13QPdt9

    また料金がアップってマジ!? いまさら首都高が値上げする理由は何? 
    4/11(日) 18:00配信 ベストカー
    https://news.yahoo.co.jp/articles/729090471e27b6031a5574c5b8843dc6b2e13ba5

      国土交通省が2022年4月にスタートする新たな首都圏の高速道路料金について、改定した「首都圏の新たな高速道路料金に関する具体方針(案)」を公表した。そして、この案には首都高の料金が実質的な値上げになることも盛り込まれている。

      ドライバーにとって高速料金の値上げは「またかよ~! 」と実に腹立たしいももの。今回の値上げはちゃんとした理由があるのものなのか? それとも最近収入が減ってるから値上げしたいだけじゃないの? といったところが気になるところだ。

      いまさら値上げする理由は何か? 今回の高速料金改定の狙いについて首都高研究家の清水草一氏に深掘り解説してもらった。

    文/清水草一
    写真/AdobeStock(トビラ写真=ふわしん@AdobeStock)

    ■首都高の料金は上限が1320円から1950円に値上げされる
    3月12日に公表された新たな首都圏の高速道路料金案には、首都高の料金値上げについても盛り込まれている(moonrise@AdobeStock)

     

      国土交通省は、2022年4月にスタートする新たな首都圏の高速道路料金について、3月12日に公表した。この案には、首都高の料金の値上げについても盛り込まれている。

      案によれば、ETC普通車の場合、距離単価はそのままで、上限料金が1320円から1950円に値上げされる。これまでは35.7kmで1320円になり、それ以上走っても料金は据え置きだったが、1年後には上限が55kmの1950円に変わるということだ。

      現状はまだ案の段階だが、激しい反対運動も起きていないので、ほぼ決定と見ていいだろう。

      いったいなぜ、いまさらまた値上げするのか。そしてなぜ1950円なのか。

      「なぜ」については、「より公平な料金体系を実現するため」とされている。

    ■上限引き上げは激変緩和措置によるもの
    首都高速料金について(案)

     

      首都高の料金には上限があるが、NEXCOの高速道路には上限はない。つまり、長距離を走る場合は首都高のほうが単価が安くなる。現状だと、首都高最長の86.6km走ると、NEXCOの大都市近郊料金の半額以下になる。

      「首都高のほうが安いなんて、まさか! 」と思うかもしれないが本当だ。86.6kmをNEXCOの大都市近郊区間料金で計算すると、2980円になるのだ。

      今回、上限が1950円に設定されたのは、5年前に上限が1300円に設定された時と同様、激変緩和措置によるもので、「従来の1.5倍程度まで」という目安によるものだ。

      もともと5年前に、首都高の料金が300円から1300円まで(現在は消費税値上げによって1320円まで)に改定されたのは、外環道や圏央道を迂回しても割高にならないよう、首都圏の高速道路料金を統一化し、起終点が同じならどのルートを通っても料金を同じにするためだった。

      それまでの首都高距離別料金(500円から900円)では、迂回するより首都高を突っ切ったほうが安くなってしまい、迂回が促進されず、渋滞も緩和されない。

      しかしこの料金体系の導入によって、そうした事態は回避された。首都高の上限料金は900円から1300円へ値上げになったが、短距離は500円から300円に値下げになったし、圏央道の料金も下げられたので、トータルでは値上げとは言えなかった。

      むしろ私としては、NEXCOと首都高の垣根を超えた起終点同一料金の実現は、「夢にも思わなかった理想的な料金体系」だった。

      これによって、圏央道内側の交通は平準化が進み、首都高の渋滞は緩和され、逆に外環道や圏央道は交通量が増えて渋滞が増加したが、トータルでは大きな成果があったと考えている。

      今回の値上げはこの延長線上にある。前回の改定から5年を経たので、そろそろ激変緩和措置を緩め、上限料金をもう一度約1.5倍に引き上げようというものだ。併せて、外環道千葉区間の開通に鑑み、そちらに迂回した場合の割引も新たに導入される。

    次ページは:■今回の値上げは首都高主導ではない



    【また料金がアップってマジ!? いまさら首都高が値上げする理由は何?上限が1320円から1950円に値上げ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2021/04/14(水) 09:21:41.30 ID:JN/8bxJu9

    4/14(水) 9:02
    FRIDAY

    ヤバすぎ…!「東名高速」東京料金所が深夜0時に大渋滞するワケ
    写真:FRIDAYデジタル
    平日の深夜0時前に、東名高速道路で毎晩大渋滞が発生していることをご存じだろうか。

    3月23日23時50分頃、筆者が横浜青葉ICから東名高速道路の上り線に乗ってみたところ、すでに本線は時速50キロ程度でゆっくりと流れており、川崎ICを過ぎる23時58分頃には全車線がほぼ動かない状態となった。

    翌3月24日の夜、東京料金所を見下ろす場所からあらためて観察してみた。

    23時45分を過ぎると、料金所手前の路肩に駐車するトラックや社用車らしきライトバンが少しずづ増え始める。その後、本線上も混雑して始めた。

    23時55分を過ぎには、路肩から追越車線までの全線が大型車で埋め尽くされ、ほぼ動かない状態となった。

    川崎IC方向を見ると渋滞の最後尾が見えないくらいトラックのヘッドライトが延々と続いている。完全に停止しているのではなく、いわば「牛歩」のようにじわじわと午前0時に合わせて進んでいるのだ・・・・・・。

    午前0時の深夜割引適用開始に合わせるため、東名高速道路の東京料金所前で長距離輸送の大型トラックなどが滞留し、渋滞を引き起こすことが問題視されるようになって、すでに7年が経過した。‘14年4月より、高速道路料金の深夜割引(約3割)は午前0時から4時までの4時間だけに適用されている。この時間内に高速道路を走行しているか、出入口を通過していれば割引となる。

    例えば、下関IC(山口県)から東名高速・東京料金所までは最安ルートでの通常ETC料金は大型車で34770円、普通車は21140円。これが3割引となると、それぞれ23960円、14570円となる。大型車の場合は1万円以上も安い。

    かつて(’14年3月以前)の深夜割引は深夜0時~4時以外に、平日20時~24時および4時~6時にも割引があったため、現在のような混雑は少なかった。

    道路管理者であるNEXCO中日本東京支社総務企画部広報・CS課に聞いてみたところ意外な回答が返って来た。

    「昨年4月以降、渋滞の発生は3回確認しています。車線閉塞となるような渋滞は、ほとんど発生しておりません。東京料金所においては、深夜0時前後に滞留車両が発生していることは確認しています」

    (※滞留とは「全ての車線が閉塞されておらず、追越車線等が走行可能な状態」)

    NEXCO中日本によると、1年間で渋滞の発生を確認したのはわずか「3回」とのこと。これはどういうことなのか?

    つまり「車線閉塞となるような渋滞ではないが、滞留は発生している」ということなのだ。現場を見るかぎり、この認識にはかなり違和感を覚えてしまう。

    混雑しているのは東京料金所付近だけではない。首都圏に向かう高速道路では、午後10時を過ぎたあたりから東京に近づくにつれてSAやPAは大型車で溢れている。トラックの場合、労働基準法で一定の運転時間に対して所定の休憩時間を取ることが義務付けられているので仕方ない部分はもちろんある。だが、割引をうける時間調整のための駐車が多いのも現実だ。

    NEXCO中日本でも「路肩や休憩施設の加減速車線、バス停などに駐停車している車両については、交通管理隊が巡回時に可能な限り声掛けを実施しております。SA・PAの分合流付近の路肩にソフトポールを設置している所もございます」と対策を講じていると話すが、道路交通法で禁止されている本線への合流車線や高速バス停、少し広くなっている路肩などへの駐車も目立ち、これは極めて危険だろう。

    大型トラックドライバーに話を聞いてみた。

    「一刻も早く配達先に荷物を届けたうえで、朝からの配送が始まるまでに休憩するためにも、24時ジャストで東京料金所を通過したいドライバーが大勢いるんです」

    全文はソース元で
    no title

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7673c92211d10ea736e16c9f13f8b3b4b909554e



    【ヤバすぎ…!「東名高速」東京料金所が深夜0時に大渋滞するワケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2021/04/15(木) 17:46:40.66 ID:dwJ3FlG60● BE:135853815-PLT(13000)

    アクセルとブレーキ踏み間違え 店内に車突っ込み 客けが 埼玉

    15日午後、埼玉県皆野町にあるアウトドア用品などの専門店に乗用車が突っ込み、店内にいた70代の男性客が手に軽いけがをしました。
    警察によりますと、乗用車を運転していた70代の男性は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているということです。

    15日午後1時ごろ、皆野町にあるアウトドア用品などの専門店「ワークマンプラス皆野店」から「車が店の中に突っ込んだ」と警察に通報がありました。

    警察が駆けつけたところ、乗用車が店の正面のガラスを突き破って中に入り込んでいて、この事故で店内にいた70代の男性客が右手に軽いけがをしたということです。

    乗用車を運転していた70代の男性にけがはなかったということで、警察に対して「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているということです。

    現場は秩父鉄道の皆野駅から南東におよそ500メートル離れたところにある、国道沿いの店舗などが建ち並ぶ地域で、警察が事故の詳しい状況を調べています。
    K10012976521_2104151647_2104151735_01_02

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210415/k10012976521000.html



    【ワークマンに70代ジジイ運転の車突っ込む 客の70代ジジイけが】の続きを読む

    このページのトップヘ