乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント

    1: 2020/10/22(木) 18:20:35.55 ID:CAP_USER

    「北米市場を先取りせよ」

    2050年に2000万台水準まで成長すると予想される水素電気商用車市場をめぐり韓国と日本の「代表選手」が本格的な勝負を予告している。現在水素電気自動車の量産技術を持っている会社は韓国の現代自動車グループと、日本のトヨタとホンダだけだ。

    21日の関連業界によると、トヨタは来年上半期に北米市場で水素電気トラックの試験走行を始める予定だ。初の水素電気乗用車(2013年、現代ツーソンFCEV)、初の水素電気トラック(2020年、現代エクシエント)などを奪われたトヨタは商用車子会社である日野自動車とともにクラス8(15トン以上の積載能力を備えた大陸横断用大型トラック)の水素電気トラックを開発中だ。

    ◇トヨタ「水素電気自動車リーダー奪還」

    クラス8は映画『トランスフォーマー』に出てきたオプティマスプライムのようにボンネットが突出した形のトラックで「セミトラック」とも呼ばれる。フレートライナー、ケンワース、ピータービルト、マックなど米国の商用車メーカーが市場の大部分を掌握している。

    トヨタが北米市場を攻略するのは陸上運送用トラック物流需要が欧州とともに最も大きい市場であるためだ。現在と同じ水準で排出ガス規制が続くならば現在のディーゼルエンジントラックはこれ以上売ることはできない。純粋電気トラックの場合、現在の技術では巨大なバッテリーを搭載しなければならず、充電時間が長く、積載容量は減る。決まった区間を行き来するため水素ステーションなどインフラ上の制約をあまり受けず、既存のディーゼル燃料給油時間とほとんど差がない水素電気トラックが代案として浮上する理由だ。

    トヨタはすでに日野とともに作った水素電気トラックを米ロサンゼルス港で試験運行中だ。これとともに2022年まで食品会社のアサヒグループ、物流会社のセイノーロジックスなど9社とともに日本で水素電気トラック物流試験運行も実施する予定だ。水素ステーションなどインフラをともに構築して水素電気トラックを利用した物流データを確保し、これを世界市場に適用するというのがトヨタの計画だ。東京とその周辺では物流配送、トヨタ本社がある愛知県では自動車運送に投じる。

    ◇現代自動車「水素リーダーシップ強化」

    米水素電気商用車スタートアップのニコラモーターズの詐欺議論で実際の水素電気商用車量産技術を持つ企業は相対的に市場の信頼が高い。現代自動車は13日にオンラインで実施した「エクシエント・フュエルセル」のデジタルプレミアを通じ水素電気自動車分野の具体的なロードマップを発表した。

    欧州へは2025年までに1600台、2030年までに2万5000台を輸出し水素電気商用車分野のリーダーになるという計画だ。数年以内に200キロワット級燃料電池2基を搭載して走行距離を画期的に増やした新車も発売する予定だ。米国市場の場合、州政府と協力して2030年までに1万2000台を輸出する予定で、中国では四川省商用車工場を通じて水素電気トラックを直接生産する方針だ。

    トヨタ以外の競合企業の動きも速まっている。水素燃料電池事業部を切り離してスウェーデンのボルボトラックと手を組んだドイツのダイムラートラックは最近初めての水素電気トラックコンセプトカーの「GenH2」を公開した。欧州の陸上物流の強者であるボルボとメルセデスベンツが本格的に水素電気トラック分野に参入すれば現代自動車としては強大なライバルになる見通しだ。

    米国市場では電気自動車の強者であるテスラが2017年にコンセプトカーとして公開した純電気トラック「セミ」の量産を近く始める。先月の「バッテリーデー」で発表した「半額バッテリー」が搭載されれば費用と充電時間が画期的に減る見通しだ。

    ブルームバーグは先月、「各国政府が現在の排出ガス規制を持続するならば2050年までに水素電気トラックが商用車市場の75%を占めることができる」と報道した。世界経済フォーラム傘下機関である水素委員会も「2050年まで4億台の水素電気乗用車と2000万台の水素電気商用車が普及し全自動車市場の20%を占めるだろう」と予想する。
    20201021180231-1

    https://japanese.joins.com/JArticle/271438



    【現代自動車vsトヨタ自動車、来年「水素電気トラック」北米市場で激突】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 81コメント

    car_jiko_aori_unten

    1: 2020/10/22(木) 21:22:46.04 ID:CAP_USER

    緊急事態ではないときのブレーキの多用はNG
     運転には本性が出るとよく言われます。確かに、運転が上手な人というのは、スピードを出す人のことでも、カーブを速く曲がる人のことでもないんです。ちゃんと周囲のクルマに配慮して、自分だけでなくみんなが気持ちよく走れるように運転する人のこと。それができず、マイペースな運転をしている人は、周囲が何かしらの迷惑をこうむっている場合があります。車線変更をした際に相手にブレーキを踏ませていたり、高速道路の右車線を遅く走って流れをせき止めていたり。

     そんな運転は、自分の後ろを走るドライバーをイライラさせ、あおり運転などのトラブルの原因になりかねません。そこで今回は、あなたが後ろのドライバーに嫌な思いをさせていないか、8つのポイントでチェックしてみてほしいと思います。

    1)緊急事態以外での急ブレーキ
     1つ目は、緊急事態でもないのに急ブレーキを踏むこと。よそ見をしていたりボーッとしていたり、前走車のブレーキランプ点灯や信号が変わったことなどに気づくのが遅れ、急ブレーキを踏むような人は、後続車にとってはそのたびにヒヤリとさせられ、迷惑です。

     赤信号なのにギリギリまでアクセルを踏み続け、急ブレーキで止まるような人も、後続車を驚かせてしまいます。こういう人は、そもそも車間距離を詰めて運転していることも多いので、しっかりと車間距離をとり、前方をよく見て、スムースなブレーキをするように心がけましょう。

    2)直線で頻繁にブレーキ
     2つ目は、前走車がちょっと減速しただけでもブレーキを踏むなど、なんでもない直線なのに頻繁にブレーキを踏むことです。これも車線変更が短い人に多いのですが、通常はアクセルペダルをゆるめる程度の減速で済むところを、毎回ブレーキを踏まれていては、後続車はそのたびに「なんだなんだ?」と不安になり、迷惑です。アクセルペダルはスイッチではありません。微妙な踏み加減でなめらかな加速・減速がコントロールできるように練習し、車間距離をしっかりとって走りましょう。

    3)極端に遅い速度で走り続ける
     3つ目は、交通の流れについていかず、極端に遅い速度で走って後続車をせき止めること。もちろん、病人や怪我人を乗せているなど、事情がある場合は仕方ありませんが、そうでないのに、たとえば片側二車線の幹線道路の右車線を20~30km/hで走り続けるなど、明らかに流れをせき止めて走るのは後続車をイライラさせます。もし何か事情があってゆっくり走る場合は、なるべく左車線を走りましょう。

    4)急な車線変更
     4つ目は、急な車線変更をすること。ウインカーも出さずに入ってくるなんて言語道断ですが、1回点滅くらいで急に前に車線変更してくるクルマも大迷惑です。後続車はそのせいで急ブレーキを踏むことになり、その後ろ、そのまた後ろのドライバーまでブレーキが連鎖して、1人の勝手な運転のせいで渋滞の原因になることもあります。

     車線変更をする際は、まず十分なスペースがあることを確認し、ウインカーを出して後続車のドライバーが「入ってくるな」と心づもりができるくらい、数秒間の余裕を持ったり、もしアイコンタクトできる状況なら手を挙げて合図したり、ちゃんと双方が安心してから入るようにするといいですね。

    何度も車線変更したり無理やり前に入るのも危険な行為だ

    5)後ろが空いているのに無理やり車線変更する
     5つ目は、後ろがガラガラなのに無理やり前に車線変更してくること。これこそ自分勝手、マイペース運転をしている証拠です。道路の流れをちゃんと確認していれば、1台をやり過ごしてからガラガラに空いているスペースに、安全に車線変更ができるはずなのです。またこれは、トラックやバス、軽自動車など、自分より遅そうなクルマに対してやる人が多い傾向があります。

     でも、そんなに無理をして危険な思いをさせて前に入る意味はほとんどありません。1台くらい前に出たって、到着時刻は5分も変わらないんです。5分ケチったせいで事故を起こしたりしたら、それこそ取り返しがつきません。急がず焦らず、安全第一で運転しましょう。


    2: 2020/10/22(木) 21:22:53.17 ID:CAP_USER

    6)車線変更を繰り返す
     6つ目は、何度も何度も車線変更を繰り返し、出たり入ったりすること。片側二車線の幹線道路や高速道路などで、流れが遅かったり混雑している状況でやりがちな運転なんですが、これも後続車は大迷惑。前走車が頻繁に変わるというのは、それだけ気を使い、ストレスになるものです。

     ”隣の芝は青い”じゃないですが、なぜか隣の車線の方が流れているような気がしてしまうものですよね。でもこれも、合流車線があったり出口があったりその区間の状況でかなり変わるので、トータルで考えればそんなに速さは変わらないことが多いのです。ドンと構えて、落ち着いて運転しましょう。

    7)好天時にリヤフォグランプを点灯させる
     7つ目は、濃霧でも悪天候でもないのにリヤフォグランプ(バックフォグランプ)を点灯すること。リヤフォグは本来、数十メートル先の視界も遮られるような状況で、後続車に自車の存在を知らせるためのもの。それを、通常の夜間に点灯して走っていると、後続車には目が痛くなるほど強烈な光が照射され、運転に支障が出てしまいます。リヤフォグのスイッチとは知らずに、間違って点灯している人もいるので、自分のクルマに装着されているかどうかも含め、今一度スイッチを確認しましょう。

    8)高速走行中にウォッシャー液を出す
     8つ目は、高速道路などで走行中にガラスウォッシャー液を出すこと。フロントガラスが汚れていると、西日が当たったりした時に視界が悪くなって危険なので、ウォッシャー液を出してきれいにしたい気持ちはわかります。ただ、本来それは高速道路に入る前に、しっかり確認してきれいにしておくべきです。

     走行中にやられると、後続車にはいきなりバシャッと飛沫が飛んできて、とてもイヤな気持ちになるものです。視界が悪いのにガマンしてまでやめましょうとは言いませんが、一般道であれば信号待ちの合間など、できれば停車中にウォッシャー液を使うのが、後続車に嫌がられないマナーです。

     ということで、8つのポイントをご紹介しましたが、皆さんの運転はいかがでしたか?

     1つでも当てはまるものがある場合は、後続車から「なんだあのクルマ」と思われている可能性大。すぐにでもあらためたいものです。ドライバーひとりひとりが、後ろのクルマにも配慮しながら運転すれば、みんなが気持ちよく走れますね。そうした小さな気遣いの積み重ねから、交通事故ゼロ、ストレスゼロのクルマ社会が実現することを願っています。

    https://www.webcartop.jp/2020/10/602816/



    【「あおり」は論外だけど「後ろ」にも気遣いは重要! 後続車を「イラつかせる」運転8選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 2020/10/22(木) 16:16:28.58 ID:CAP_USER

    レクサス、新型EV「UX300e」を2020年度135台抽選販売 商談申込み受付開始 - Car Watch
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1284585.html
    no title

    編集部:椿山和雄2020年10月22日 14:14

    2020年10月22日 発表
    580万円~635万円

     レクサス(トヨタ自動車)は10月22日、ブランド初のEV(電気自動車)市販モデル「UX300e」を、2020年度分135台を限定販売すると発表した。価格は、“version C”が580万円、“version L”が635万円。

     同日より、抽選による商談申込みの受付を開始。レクサス公式Webサイト上で、10月22日13時30分~11月4日23時59分の期間で申込みを受け付け、当選者には指定の販売店から連絡の上、商談を開始する。

     UX300eは、最高出力150kW(203PS)、最大トルク300Nm(30.5Kgfm)を発生するモーターをフロントに搭載する2WD(FF)モデル。容量54.4kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載して、航続距離はWLTCモードで367kmを実現する。


    続きはソース



    【レクサス、新型EV「UX300e」を2020年度135台抽選販売 商談申込み受付開始 580万円~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2020/10/22(木) 12:15:30.53 ID:9rTISksB9

    J.D.パワージャパンは10月21日、2020年日本自動車耐久品質調査の結果を発表。ダイハツがブランド別ランキングで初の総合トップとなった。

    調査は、新車購入後、37~54か月経過したユーザーを対象に、「外装」「走行性能」「装備品/コントロール/ディスプレイ」「オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション(ACEN)」「シート」「空調」「内装」「エンジン/トランスミッション」の8カテゴリー、177項目にわたって不具合経験を聴取したもの。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(Problems Per 100 vehicles=PP100)として集計、数値が小さいほど品質が高いことを示す。

    調査結果によると、総合不具合指摘件数は業界平均で62PP100、前年比-10ポイントの改善となった。最も品質改善が進んだ分野は「エンジン/トランスミッション(-2.4ポイント)」。具体的な項目としては「アイドリングストップ機能の不具合」で-0.6ポイント、「AT/CVT‐変速中のもたつき/シフトタイミングが悪い」で-0.4ポイントの改善となった。その他の分野では「外装(-1.9ポイント)」、「内装(-1.8ポイント)」での改善が大きい。

    またブランド別では、調査対象となった14ブランドのうち、12ブランドで昨年に比べ不具合指摘件数が減少し、品質改善が進んでいる。中でも-10ポイント以上改善したブランドは7ブランドで、特にマツダ(-24ポイント)、ダイハツ(-19ポイント)、BMW(-14ポイント)は品質改善が大きい。

    ブランド別ランキングでは、ダイハツ(54PP100)が初の総合トップ。2位は同点(55PP100)でレクサスとトヨタだった。セグメント別ランキングトップは、軽自動車がダイハツ『ムーヴキャンバス』、コンパクトがトヨタ『パッソ』、ミッドサイズは同点でトヨタ『カローラ』とスバル『レヴォーグ』、ミニバンがトヨタ『エスティマ』だった。

    また今回の調査では総合的な品質に対する評価についても10点満点で測定。9点または10点と評価した層に、「(次回も)絶対にまた同じメーカー(ブランド)の車を買う」と回答した割合をみた。今年8月に発表した日本自動車初期品質調査(IQS)でも同様に、次回の購入意向について測定しているが、新車購入後2~9か月のユーザーを対象にしたIQSでは26%だったのに対して、新車購入後37~54か月のユーザーを対象にした本調査では30%となり、より高い割合となっている。購入から長期間が経過しても品質に対して高い満足度を得ていることは、ブランドロイヤルティにより大きく影響するようだ。

    【ブランドランキング】
    <総合>ダイハツ (初のNo.1ブランド受賞)
    <ラグジュアリーブランド>レクサス (3年連続)

    【セグメント別ランキング】
    <軽自動車セグメント>ダイハツ ムーヴキャンバス
    <コンパクトセグメント>トヨタ パッソ
    <ミッドサイズセグメント>スバル レヴォーグ、トヨタ カローラ (同点1位)
    <ミニバンセグメント>トヨタ エスティマ

    no title

    no title

    https://response.jp/article/2020/10/21/339588.html



    【ダイハツが耐久品質調査で、レクサス/トヨタを抑え初の総合トップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    1: 2020/10/22(木) 18:48:54.88 ID:CAP_USER9

    https://smart-flash.jp/sociopolitics/119819
    2020.10.22

    10月22日の15時40分ごろ、1台の乗用車がコンビニエンスストア「セブンイレブン新宿三丁目店」に突っ込んだ。
    すぐさま消防がかけつけ、10人以上の救助隊員が作業にあたった。16時30現在、すでに周囲は警察が規制線を張って、通行が規制されている。現場には報道陣が殺到し、報道用のヘリコプターも臨場している。様子をみていた、通行人が語る。「ATMが破壊されて、ALSOKの人も現場に来ています。すごい衝撃で突っ込んでいて、レッカー車が引き出すに苦労しているぐらいです。お店の人が、『なるべく被害が少なくなるようにレッカーをしてください』と嘆いているのが印象的でした……」

    さらに、現場に居合わせた著名人がいる。“ドラゴンボール声優” 野沢雅子のものまねで人気の、お笑いコンビ「アイデンティティ」の田島直弥だ。田島はツイッターで、事故当時の様子を、こう綴っている。
    《新宿で車がコンビニに突っ込む瞬間を目の前で見た。あと20mぐらい先歩いてたら完全に死んでた…。突っ込んだ直後に入り口でひっくり返ってる女性いたけど、すぐに起き上がって歩いて行ったから無事だったのかな。ガラスの破片とか当たってそうだったけどな…。》

    https://twitter.com/iden_taji/status/1319185813846945793
    アイデンティティ田島@iden_taji

    地下駐車場からゆっくり出てきて、突然急加速して目の前のセブンイレブンにガシャーン!!!と突っ込みました。軽くウィリーするぐらいの急加速でした。
    ニュースでコンビニに車突っ込んでるやつよく見ますけど、本当にああやって突っ込むんだ…って感じでした。

    no title



    【新宿のコンビニに乗用車が突入 事故を目撃したドラゴンボール芸人が「20m先を歩いてたら死んでた…」】の続きを読む

    このページのトップヘ