乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2021/01/26(火) 19:01:17.63 ID:CAP_USER9

    2021年1月26日 8時01分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0121269
    no title


     オスカー俳優ラッセル・クロウ主演で、あおり運転の恐怖を描く映画『Unhinged(原題)』が、『アオラレ』の邦題で5月に全国公開されることが決まった。

     ラッセルが演じるのは、息子を学校へ送り届けるために車を走らせるシングルマザー、レイチェルに対して「運転マナーがなっていない」と言い、謝罪を求める謎の男。レイチェルは謝罪を拒否したことから、想像もしていなかった恐怖に巻き込まれていく。常軌を逸した行動でどこまでもレイチェルを追い詰めていく男を、ラッセルが熱演。鋭い眼光が怖すぎる場面写真も公開された。

     メガホンを取ったのは、『幸せがおカネで買えるワケ』のデリック・ボルテ。母親レイチェル役を『移動都市/モータル・エンジン』のカレン・ピストリアス、息子カイル役を『チャイルド・プレイ』(2019)のガブリエル・ベイトマンが務める。(編集部・小松芙未)



    【ラッセル・クロウが怖すぎ…あおり運転の恐怖を描く『アオラレ』日本上陸】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント

    1: 2021/01/25(月) 20:11:29.11 ID:2kJZt5dL0● BE:896590257-PLT(21003)

    日産、「リーフ」計31台をリコール フロントサイドメンバの不具合で車両交換も
    2021年1月25日 17:21 CarWatch

    日産自動車は1月21日、助手席側フロントサイドメンバに不具合があるとして、「リーフ」計31台のリコールを発表した。
    対象車両の製作期間は2020年10月19日~10月22日で、改善措置として、車両の当該部を点検して亀裂が発見された場合は、車両交換が実施される。

    不具合は、助手席側フロントサイドメンバの製造設備不良により部品に亀裂が入ったものがある。このため、使用過程において亀裂が進展し、
    サイドメンバの強度が低くなり、最悪の場合では前方車両衝突の際に乗員空間を確保するための車体強度が足りず、乗員に危害を与えるおそれがあるとしている。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1302310.html

    日産公式リコールページ
    https://www.nissan.co.jp/RECALL/DATA/report4877.html
    no title



    【【悲報】日産リーフでリコール。メインフレームに関わる部分で車両丸ごと交換。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2021/01/22(金) 19:00:49.57 ID:LVPCgvGm0● BE:844481327-PLT(13345)

    2020年9月、新型『フェアレディZ』のプロトタイプを発表した日産自動車が、これとは異なる新たなスポーツカーを計画している可能性があるという。
    スクープサイト「Spyder7」が入手した情報によると、その新型スポーツカーは超高級ミッドシップモデルであるという。

    Spyder7は、数年前に日産版の「アルピーヌA110」が開発中との噂を伝えていた。
    当時パワートレインは、ルノー日産アライアンスが開発する1.8リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンと予想していたが、2.5リットル~3.0リットルのV型6気筒級エンジンを搭載する超高級ミッドシップモデルとなる可能性があるようだ。

    no title


    日産のミッドシップ・スポーツと言えば、1987年に公開され今も語り継がれるコンセプトカー『MID4 II』を思い出す。最高出力330馬力のV型6気筒DOOHCツインターボ+インタークーラーを搭載する4WDスポーツは、その流麗なスタイリングと相まって多くのスポーツカーファンの心を惹きつけた。

    no title


    しかし高性能ゆえに高価格化は避けられず市販化は見送られた過去があり、日産ミッドシップ・スポーツの夢が30年以上の時を超えて叶えられるかもしれない。

    https://s.response.jp/article/2021/01/22/342404.html



    【日産が超高級ミッドシップスポーツカーを計画か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2021/01/25(月) 09:18:29.84 ID:CAP_USER

    ┃現代自動車、「調査中」
    ┃今年、『電気自動車元年』を宣言

    (写真)
    no title

    _______________________________________________________

    現代(ヒョンデ)自動車のコナ・エレクトリック(EV)が、原因不明の火災によって再び物議を醸した。今年、『電気自動車元年』を宣言した現代自動車が特別な対策を打ち出してこそ、消費者の信頼度の下落を防ぐものと見られる。

    24日、消防当局によれば、23日に大邱(テグ)の某タクシー会社に設置されていた共用充電器で、充電中だったコナEVから火災(写真)が発生した。現代自動車側は、「火災の原因を調査中」と明らかにした。火災の車両は、最近リコール措置を受けたのに火がついたという。

    コナEVの火災は、分かっているだけで合計15件(国内11件・海外4件)に達した。国土交通部は昨年10月、コナEVの火災原因を高電圧バッテリーセルの製造不良と指摘した。現代自動車はバッテリー管理システム(BMS)をアップグレードするリコールを行ったが、リコール後に始動しないとかサービスが不十分という不満が相次ぎ、物議を醸した。

    現代自動車は今年、電気自動車専用プラットホームE-GMPをベースにしたアイオニック5をはじめ、キアCV(以下、プロジェクト名)、ジェネシスJWなど、次世代の電気自動車を発売する予定である。我が国を越え、全世界を代表する自動車企業に成長した現代自動車が、品質リスクを明確に把握するイメージの刷新が必要という指摘も出ている。

    ソース:国民日報(韓国語)
    http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0924175368&



    【【ヒュンダイ】リコール措置を受けたのに・・・また燃えた電気自動車コナ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    job_koujou_man

    1: 2021/01/23(土) 23:51:04.88 ID:kyNnNSMF9

    トヨタ車体、三菱重工などの出向引き受け 数百人規模、航空部品不振で

     トヨタ自動車子会社のトヨタ車体(愛知県刈谷市)が、航空機部品を手掛ける三菱重工業や川崎重工業などから従業員の出向の受け入れを始めたことが23日、分かった。
    人数は数百人規模で、昨年後半から順次、受け入れている。出向者は愛知県豊田市と三重県いなべ市の工場で自動車の組み立て作業を担う。

     新型コロナウイルスの影響で航空機部品の需要が大きく落ち込んでおり、各社は従業員を他部門に配置転換させ、雇用の維持に腐心している。
    一方、トヨタ車体は足元の新車需要回復で人手不足感が出ていることもあり、一時的な出向者の受け入れを通じて地域の雇用確保に協力したい考え。

     三菱重工、川崎重工のほか、空港運営会社など数社からも人員を受け入れる。給与はトヨタ車体がいったん各社に支払い、それぞれの社が出向者に支給。受け入れ期間は各社で異なるという。 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5391ac3b14750d24ed88e2177555d4abb98b3b6f



    【三菱・川崎重工業の従業員数百人がトヨタ車体に出向 ライン工に】の続きを読む

    このページのトップヘ