乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント
    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/04 10:21:01
    韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は11月26日、韓国において、
    新型『ジェネシスセダン』を初公開した。

    現行ジェネシスセダンは2008年1月、ヒュンダイ初のプレミアム後輪駆動セダンとして誕生。
    米国市場では、BMW『5シリーズ』、メルセデスベンツ『Eクラス』、アウディ『A6』、
    レクサス『GS』やなどと競合。この6年間のグローバル累計販売台数はおよそ25万台と、成功を収めている。

    ヒュンダイは新型ジェネシスセダンの開発に、5000億ウォンを投資。
    開発テーマは、「世界に通じるプレミアム後輪駆動セダン」。プレミアムかつ個性的なデザイン、
    クラス最高性能のシャシー、欧州プレミアムブランドに匹敵するハンドリング性能などを追求した。

    新型ジェネシスセダンのデザインは、ヒュンダイのデザイン言語、
    「Fluidic Sculpture(流れるような彫刻)」を、さらに進化。フロントにシングルフレームグリルが与えられたのが特徴で、
    ボディ全体のラインも先代よりも、いっそう流麗に。ヒュンダイはこのデザインを「Fluidic Sculpture2.0」と呼ぶ。
    ボディサイズは全長4990×全幅1890×全高1480mm、ホイールベース3010mm。

    ホイールベースは、先代比で75mm延長。その効果で、室内はとくに後席のゆとりが増した。
    ヒュンダイによると、クラスで最も広い室内空間を実現しているという。

    韓国仕様の搭載エンジンは、ガソリン4種類。V型6気筒は、排気量が3.0リットル、3.3リットル、3.8リットルの3種類。
    V型8気筒は、排気量5.0リットルとなる。5.0リットルV8は、最大出力425ps/6000rpm、最大トルク53kgm/5000rpmを発生。
    トランスミッションは8速ATと組み合わせられ、最高速は240km/hの実力。

    新型ジェネシスには、初の4WD、「HTRAC」を設定。HTRACでは、路面や走行状況に応じて、
    前後アクスルの間で駆動トルクを最適に配分する。ヒュンダイによると、
    滑りやすい路面やコーナーでの走行安定性を高めているという。 《森脇稔》

    http://response.jp/article/2013/11/27/211750.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【「世界に通じるプレミアム後輪駆動セダン」ヒュンダイ、2代目ジェネシスを公開(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    images_20110805102823

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/04 17:07:16
    ★自動車業界「復活」鮮明に 期間従業員囲い込み 一部で人材奪い合いも

    自動車業界の「復活」が鮮明になってきた。今年の軽自動車を含む国内新車販売台数は2年連続で
    年間500万台を超えることが確実となったためで、なかでも軽自動車は過去最高(2006年の202万台)
    の更新も見込まれる。裾野の広い業界だけに、日本経済に与える影響は大きく、雇用や税収といった
    面にも波及していきそうだ。

    日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2日発表した1~11月の
    累計販売台数は495万2304台となり、仮に12月の販売がエコカー補助金終了で落ち込んだ昨年と同水準
    にとどまっても500万台を超える計算となる。

    昨年の新車販売は、エコカー補助金の復活や東日本大震災による落ち込みからの回復で537万台まで戻った。
    今年は、エコカー補助金打ち切りの反動減を新型車投入効果でカバー。自販連の担当者は「各社が秋以降に
    相次いで新型車を投入したことが大きい」と分析。受注が多過ぎて生産が追いつかないところも出ていると話す。

    加えて、北米市場での好調な販売を受けて、国内生産比率の高い富士重工業、マツダの輸出が増加。
    富士重は10月、同月として過去最高の4万台を超える輸出台数となった。

    こうした動きを受け、各社とも工場で働く期間従業員の囲い込みに乗り出している。

    トヨタ自動車の同従業員は10月末で、3月末比6割増の4000人、マツダは3割増の1290人となった。
    日産自動車は7月末までに3月末比2倍の2000人を採用。ホンダも採用を始めた。(以下略)

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1312/03/news040.html

    【自動車業界「復活」鮮明に 期間従業員囲い込み 一部で人材奪い合いも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント
    1: のーみそとろとろφ ★ 2013/12/03 21:06:38
    ポルシェ ジャパンはこのほど、「カイエン」に数多くのオプションを追加装備した特別仕様車「カイエン プラチナエディション」を発表した。
    全国のポルシェ正規販売店にて3日から予約受注を開始する。

    同車では内外装の高級感を高めるとともに、人気のあるオプション装備を多数、標準装備とした。
    エクステリアは左右および中央のエアインテークに設けられたグリルフィン、
    サイドウインドウストリップ、リアリップスポイラー、テールゲートのストリップトリムをプラチナシルバーメタリック塗装とし、
    19インチ カイエン デザインII ホイールを装着する。

    ボディカラーはスタンダードカラーのほか、メテオグレーメタリック、
    バサルトブラックメタリック、マホガニーメタリックをオプションで選択することも可能。
    キャララホワイトメタリック仕上げが同車だけに用意される。

    インテリアは同車のために用意されたブラック / ルクソールベージュのツートンカラー。
    パーシャルレザーインテリアが標準装備となっており、オプションでオールレザーに変更も可能。
    ポルシェのロゴがあしらわれたフロアマットや、「Platinum Edition」のロゴが刻まれたフロントドアエントリーガードも装備する。

    装備については、8速ティプトロニックS、バイキセノンヘッドライト、パワーステアリング・プラス、
    プライバシーガラス、フロントおよびリアのパークアシストシステムなどが標準装備とされた。
    価格は849万円で、8速ティプトロニック、右ハンドル仕様となっている。

    http://news.mynavi.jp/news/2013/12/03/190/index.html
    「カイエン プラチナエディション」
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ポルシェ「カイエン」特別仕様車「プラチナエディション」予約受注を開始 価格は849万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント
    1: 張り手(千葉県) 2013/12/02 19:45:40 ID:EpMHpTNz0
    トヨタのフラッグシップである『マジェスタ』は、過去2代のモデルで『クラウン』から独立する方向に進んでいるかと思ったら、
    今回の6代目モデルは改めてクラウンシリーズの一員であることが明確にされた。というか、単にクラウンのバリエーションのひとつになってしまった。

    外観デザインを見た感じはまるでクラウンロイヤルのようだ。普通の人には見分けがつかないくらいである。
    良く見れば、グリル内のバーに縦横の違いがあることなどに気づくが、見た目はロイヤルである。インテリア回りはクラウンと共通である。

    新型マジェスタではV型8気筒エンジン搭載車が廃止され、全車ともV型6気筒3.5リットルエンジン+電気モーターのハイブリッド車になった。
    基本的に『GS450h』や旧型クラウンのハイブリッドに搭載されていたのと同じシステムで、トータルで252kWの動力性能を発生する。
    走りに関してはまあ満足できる。静粛性はクラウンのハイブリッド車を上回る。ただ、従来のV8搭載車に比べてどうかというと微妙だ。

    高級車であるだけに、装備の充実度が高いのは当然のことだが、今回のマジェスタでは安全装備のプリクラッシュ・セーフティシステムが仕様ダウンした。
    旧型ではミリ波レーダーとステレオカメラを組み合わせて人間も認識できる方式だったのに、新型では単純なミリ波レーダー方式になり、人間を認識できなくなった。
    しかもFパッケージには標準だが、マジェスタにはオプション設定なのだから、これは何とも物足りない。

    それなりに良くできたクルマであるものの、『LS』と同じV型8気筒からGSと同じV型6気筒のハイブリッドに代わり、エアサスや高度なプリクラッシュ・セーフティシステムがなくなるなど、
    いろいろな意味で比べて格下げされた印象が強いのが今回のマジェスタだ。

    前のモデルから乗り換えた人ががっかりする面があると思う。このようなクルマにしてしまうのなら、あえて作り続ける意味があるかどうか。トヨタブランドはこれで良いのかと思った。

    ■5つ星評価
    オススメ度:★★

    http://response.jp/article/2013/12/02/212092.html
    no title

    no title

    【クラウン・マジェスタ 試乗⇒がっかり・・・ これで良いのかトヨタ?まぁトヨタだしなw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント
    f0223194_14284865

    1: レインメーカー(埼玉県) 2013/12/02 18:20:50 ID:gVvWABdXP
    ★【豊田英二の遺訓(上)】若者がクルマから離れたのか、メーカーが若者から離れていったのか
    2013.12.2 15:00
    (中略)
    日本では今、若者のクルマ離れが激しく、それが国内市場の縮小につながっている。日本自動車工業会の
    調査によると、大学生の「興味ある製品」でクルマは17位(20年度)と40~50歳代が大学生だった
    当時の7位から後退している。

    「ハンドルを握ったときにワクワクするクルマをつくりたい」。豊田章男社長はこう言い続けてきた。
    一方で「クルマから離れているのは若者ではなく、メーカーなのでは」とも話す。
    なぜ、若者から離れてしまったのか。その答えを探すとき、ひとつの参考となるのが英二氏が目指していた
    クルマづくりとは何かと考えることだ。

    ◆「次の次」を読む天才エンジニア
    「英二氏は常に次の次を見ていた気がする。時代が、世界が何を求めているのかを問い続けてクルマをつくって
    いたのではないか」と前出の関係者は分析する。事実、大衆車「カローラ」を発売後、英二氏はこう語っている。
    「カローラはモータリゼーションの波に乗ったという見方もあるが、私はカローラでモータリゼーションを
    起こそうと思い、実際に起こしたと思っている」

    会長時代には米国で「ブランドの奇跡」とまで称された高級車ブランド「レクサス」を立ち上げた。世界初の
    ハイブリッド車「プリウス」も、英二氏の「21世紀にふさわしいクルマをつくれ」という言葉がなければ実現しなかった。
    英二氏は大衆車からスポーツカー、高級車、エコカーを世に送り出し、トヨタを世界的な企業に押し上げた。

    ただ、遺産はそれだけではない。国内外の製造業の手本となるものづくりの基礎を築き、世界中に生産革命を起こしたのだ。
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131202/wec13120215000003-n2.htm

    【トヨタ 「若者が車から離れたのか、メーカーが若者から離れていったのか」】の続きを読む

    このページのトップヘ