乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント
    1: ラ ケブラーダ(芋) 2014/01/26 15:34:13 ID:CB30uc/8P
    no title


    アウディ R8を作っている自動車工場見学
    アウディのスーパーカー、R8。一時期日本でもサッカー選手の香川選手が購入した等で有名にもなりましたが、その美しいデザインから、
    今でも根強いファンがいます。そのアウディR8を生産している自動車工場を見学し、手作業を含め丁寧に製作されていくアウディR8の様子が海外メディアによってYOUTUBEより配信されています。

    アウディR8生産工程
    ちょっとした機械も、アウディのロゴで一気に高級に見えます。(筆者だけ?)

    no title

    no title



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=p5or9wDriCU



    http://www.j-sd.net/audi-r8/

    【アウディ R8を作っている自動車工場見学!トヨタがびっくりしそうな丁寧さ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: ラ ケブラーダ(芋) 2014/01/26 15:11:35 ID:CB30uc/8P
    no title


    トヨタ ランドクルーザー70が、日本で復活販売か
    トヨタからコアなにユーザーにはたまらないニュースが飛び込んできました。あのトヨタの名車ランドクルーザー70(通称ランクル70)が復活し、
    日本国内でも販売する模様です!走破性能の高いランクル70は、オーストラリアでは未だに販売され大人気で、そもそも海外(特に荒れ地のある地域)
    では、いまだに旧型のランクル70が大人気だったりします。(画像は参考画像のオーストラリアのランクル70)

    ランクル70の国内復活!逆輸入や中古車ではなく正規で!
    じつはランクル70は、日本では2004年まで生産されていて、コアなユーザーに人気があったのですが、さすがに新しいSUVモデルの
    中販売台数も潤しくなく、販売が終わっていたのですが、オーストラリアでは何とマイナーチェンジしていまだに売っていました。

    no title

    そのランクル70が遂に日本でも復活販売する可能性が出てきました。ランドクルーザー好きの中でもランクル70こそが、
    心のランクルと言う方も未だに多く、それに答える形でトヨタから復活販売となる見込みです。(画像は参考画像のオーストラリアのランクル70)

    ラダーフレームに、リアにリーフリジット(板バネ)と言うハードな環境を走破する性能はそのままに、フェイスリフトが施され、
    エンジンも4リッターV6を搭載したモデルが、日本で復活販売!今回販売されるのは期間限定となり、ボディバリエーションも4ドアバンと、
    ダブルドアのピックアップモデルのみとの事ですが、これはコアなランクルファンには嬉しいニュースです。
    価格は4リッターモデルと言う事もあり、安くはない(400万程度)との見込みですが、それも買う価値はあります!ディーゼル規制を気にせず、
    しかも現代のエンジンと変わらぬ質実剛健なフォルムと、伝統的なラダーフレームにリジットリーフサス!これはもう買うしかない!
    http://www.j-sd.net/toyota-landcruiser70/

    【ランドクルーザー70が、日本で復活販売か!逆輸入や中古車ではなく正規で発売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント
    img56404847

    1: 膝十字固め(家) 2014/01/26 10:19:46 ID:Yze/uk2G0
    景気の回復基調で売れ行きを伸ばす新車販売だが、消費者の「目」がカタログ燃費と実走行燃費との「かい離」に向いてきた。

    自動車メーカーの低燃費競争が、0.1キロメートル単位を争うほどの激しさをみせる一方で、
    カタログ燃費と実走行燃費のかい離を問題視する消費者が増えることは、メーカーにとっては新たなリスクになりかねない。

    トヨタ「アクア」のかい離率は約4割

    クルマを購入する際に、燃費に注目する人は少なくない。
    ここ数年は自動車メーカーも「エコドライブ」を目指していて、ハイブリッド車(HV)をはじめ、こぞって「低燃費」を売り物にして競い合っている。

    2013年は、トヨタ自動車の小型HV「アクア」が燃費世界一のガソリン1リットルあたり37.0キロメートルを達成し、
    ホンダの「フィットHV」を抜いた。軽自動車ではスズキの「アルトエコ」がリッター35.0キロメートルで、
    ダイハツ工業の「ミライース」を抜いて「低燃費NO1」の座についた。

    しかし、この燃費はあくまでカタログでのこと。実際に市街地を走れば、その燃費は違ってくる。

    約60万人の会員が走行距離と給油量を投稿して走行燃費数値などを比較する「e燃費」によると、
    トヨタの「アクア」はカタログ燃費(JC08モード)がリッター35.4~37.0キロメートルなのに対して、
    実走行燃費の平均値は20.95キロメートル。かい離率は40.8~43.4%に達する。

    ホンダの「フィットHV」は、カタログ燃費(同)が20.0~36.4キロメートルで、実走行燃費は17.35キロメートル。
    かい離率は13.3~52.3%だった。

    もちろん、実走行燃費は走り方(加減速や速度、距離)や走行環境(気温や道路の混雑状況など)によって変わってくる。
    とはいえ、カタログと4~5割も違ってくると、「誇大広告」「偽装表示」などといわれても仕方がないかもしれない。

    実際に消費者からクレームがついたこともある。
    つづく
    http://www.j-cast.com/2014/01/26194926.html?p=all

    【新車のカタログ燃費は「偽装」? 実走行燃費との差がひど過ぎる件。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφ ★ 2014/01/25 23:37:48
    フェラーリがイタリアの本拠地マラネロで2014年のマシンF14 Tを発表した。

    F1が新たなターボ時代を迎える今年、グリッド上で最も強力と言っていい
    フェルナンド・アロンソ、キミ・ライコネンという布陣を敷いた彼らの希望を乗せるマシンだ。
    彼らのノーズにスロープがあり、マクラーレン、ウィリアムズ、フォース・インディアや
    ロータスとは異なる解釈を選んだようだ。だがやはり奇妙な外見には変わりない。

    発表会には新テクニカルディレクターのジェームズ・アリソンが参加しているが、
    彼は新車のデザインプロセスにはほとんど関わっていない。
    大半を監督したのはパット・フライ、ファビオ・モンテッキとチーフデザイナーのニコラス・トンバジスだ。
    またプロジェクトには伝説的なフェラーリデザイナーのロリー・バーンも相談役として参加した。

    フェラーリのお披露目は24日(金)のマクラーレンに続く2チーム目で、フェラーリエンジン搭載のマシンとしては初めて。

    ESPN F1
    http://ja.espnf1.com/ferrari/motorsport/story/142787.html
    no title

    【フェラーリ、2014マシン「F14 T」を公開/スロープノーズを採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント
    1: フェイスクラッシャー(千葉県) 2014/01/25 22:49:05 ID:Drc8bVGC0
    BMW 2シリーズクーペ…E36呼び起こすコンパクトFR

    BMWは新型車『2シリーズクーペ』をデトロイトモータショーに出展。扱いやすい手頃なサイズと必要十分のパフォーマンスを持つFRコンパクトクーペ/セダンはBMWが長年得意としてきたカテゴリー。

    2013年10月にドイツで発表された2シリーズは、E36(1991-99年)世代の『3シリーズ(セダン/クーペ)』とほぼ同等の全長だ。

    2シリーズクーペのボディサイズは、全長4432×全幅1774×全高1418mm、ホイールベース2690mm。現行1シリーズのハッチバックに対しては、全長が108mm長い。
    一方、E36のクーペは全長4435×全幅1710×全高1350mmという寸法で、全幅/全高は一回りE36のほうが小さい。

    2シリーズクーペには、184psを発生する「220iクーペ」と、高性能版の326ps「M235iクーペ」をラインナップしている。

    http://response.jp/article/2014/01/15/214944.html
    no title



    モータースポーツでのFRは実際には40:60とかの荷重に魔改造しているしなw
    市販車ではそれができないから、限界である50:50がいいみたいなステマをしてるよなw
    完全なイメージ戦略w
    本当は、後輪駆動なんだから、後輪にもっと荷重かけるべきなんだよw

    【前後50:50がベストってFR屋のステマだよねw 市販車ではそれが限界なだけw】の続きを読む

    このページのトップヘ