乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 63コメント
    ダウンロード
    1: フェイスクラッシャー(catv?)@\(^o^)/ 2014/11/11(火) 10:56:04.75 ID:xQ5pQAkI0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なクルマを選定する「2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」
    (主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)の栄冠に輝いたのは、マツダのデミオだった。受賞理由、選考方法、今年のノミネート車種など詳細な情報については、
    オフィシャルサイトをご覧いただきたいが、デミオの勝因を一言でいうと、「欧州有名ブランドにも引けを取らないデザイン、クォリティ、性能、低燃費技術を実現した、これまでにない和製コンパクトカーである点といえよう。

     要するに、ハイブリッド車や電気自動車(EV)といったインパクトのある技術は使わず、これまで培ってきた乗用車テクノロジーに、日本的モノづくり流の磨きを
    一生懸命かけて仕立てたことが、筆者を含む60名の選考委員に評価された。極めて正攻法で真面目なクルマづくりが、国産コンパクトカーの概念を打ち破った。
    メーカーの強い意志は必ずや商品に反映され、消費者にもアピールするものだ。そのことは発売後1カ月半の10月末時点で約2万台の注文を獲得し、その6割が注目のディーゼルターボエンジン搭載グレードであることからもわかるだろう。

     近年、賞レースにおけるマツダ車の存在は際立っている。昨年はアテンザが特別賞を獲得しているし、一昨年はCX-5で同じく大賞(イヤーカー)を取った。
    今年、惜しくも10ベストカーには入らなかったが、デミオより1クラス上の小型モデル・アクセラもまた評判は高く、デミオが“いなければ”、確実に大賞候補の一角を占めていたはずだ。

     つまり、それだけマツダのクルマづくりが近年、専門家の心を打つものだったということで、逆にいうとマツダよりも規模の大きなメーカー、たとえばトヨタ自動車や
    日産自動車は、一体その間、何をやっていたんだ? という疑問の湧く人もいるだろう。

     もちろん、専門家の評価とは別に、日本市場で売れているクルマはたくさんある。マーケットニーズを確実に捉え、“売れるクルマ”をいくつか抱えているからこそ、
    大メーカーであり続けられるわけだから、それは当然のことだろう。さらに日本市場には、軽自動車という庶民の生活には欠くべからざる特別な存在もあり、人気と評価は必ずしも一致しないというのが現状だ。

    http://biz-journal.jp/2014/11/post_7312.html

    【際立つマツダ、専門家&消費者双方から高評価の不思議 シンプルな努力で欧州車と比肩】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント
    1: デンジャラスバックドロップ(大阪府)@\(^o^)/ 2014/11/11(火) 20:57:09.65 ID:LBZ99spI0.net BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    1600万円の「エヴァンゲリオン オロチ」セブン-イレブンが本格“痛”車を販売
    ttp://weekly.ascii.jp/elem/000/000/273/273536/

    今年の夏、高さ約2メートル、183万6000円のヒューマンスケールエヴァンゲリオン
    フィギュアを販売して話題を呼んだコンビニチェーン、セブン-イレブン。

    11月11日には、さらに驚愕のエヴァンゲリオンコラボレーション企画を発表しました。

    発表会で登場したのは、なんとセブン-イレブン史上最高価格の商品。

    エヴァンゲリオンをモチーフにした車でした。
    (略)

    no title

    no title

    no title

    【セブンイレブン、エヴァンゲリオンコラボのオロチ 1600万円を販売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント
    1: ダイビングフットスタンプ(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/11/11(火) 21:01:22.48 ID:GIp1wVVE0.net BE:809145981-BRZ(10000)
    【画像】何故か中国でトヨタ 新型 アルファードをキャッチ!! 1月26日に発表!!
    no title


    2015年1月26日に発表される予定のトヨタ 新型 アルファード、その姿が中国で捉えられたようです。6年ぶりのフルモデルチェンジで
    かなりワイルドな顔に進化を遂げたヴェルファイアですがアルファードの方はプレミアム感を増しクラウンのような顔つきに変化しました。

    搭載されるエンジンなどについては現行型とほぼ変わらず2.5Lと3.5Lとハイブリッドの3種類が用意されますが燃費が改善し室内のシート
    のレイアウトが多彩になるようです。

    http://magazine.vehiclenavi.com/archives/2253

    【何故か中国でトヨタ 新型アルファードをキャッチ!! 1月26日に発表!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 60コメント
    no title

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2014/11/10(月) 12:40:43.20 ID:???.net
    ホンダ、新型「レジェンド」来年1月発売 HVで高級セダンが2年ぶり復活

    ホンダは10日、高級セダン「レジェンド」をハイブリッド車(HV)として全面改良し、
    来年1月22日に発売すると発表した。
    3つのモーターを搭載した新型のハイブリッドシステムで操縦安定性を高め、上質な乗り心地を実現した。
    当初は年内発売を予定していたが、品質確保に万全を期すため年明けに先延ばしした。

    レジェンドは1985年に初代モデルを発売。2012年にいったん生産を打ち切っていた。
    今回5代目となるレジェンドはハイブリッド車(HV)のみの展開で、価格は680万円に統一した。
    月間販売目標は300台。

    車体前部に配置した3.5リットル直噴エンジンと、前部に1つ後部に2つ配置した3つのモーターを用い、
    状況に応じて前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動から最適な駆動方式を自動で切り替える。
    左右の駆動を独立して制御することで高い操縦安定性を実現した。
    燃費性能は1リットル当たり16.8キロ。
    歩行者と衝突する前にハンドルを自動制御して事故を回避する機能を備えた新しい運転支援システム
    「ホンダセンシング」を初めて搭載し、安全性にも最大限の配慮を加えた。

    東京都内で同日記者発表を行った伊東孝紳社長は
    「ドライバーの走りたい意思を読み取り、それに応えるシステムを搭載した。
     自分の手足のように意のままに車を操り、走りを楽しさから感動の次元まで昇華させる」
    とアピールした。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/economy/news/141110/ecn1411100006-n1.html

    【ホンダ、新型「レジェンド」来年1月発売 HVで高級セダンが2年ぶり復活】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 81コメント
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします (ワッチョイ) 2014/11/10(月) 23:24:54.44 ID:a7zX4DXI0.net
    こんなの高速のインターで絶対横転するだろ…
    no title
     
    no title
     
    no title



    参考:
    NBOX 横転!

    今日は、休みで嫁さんは、仕事。
    朝から嫁さんに 車洗って!
    と言われ ディーラーの無料洗車へ

    そのまま少し ドライブ 

    急カーブの多い山道を走ってました。


    すると うゎっ 急カーブや!


    ガシャーン。

    続き
    http://ameblo.jp/0375-0620/entry-11403829552.html
    no title

    【【悲報】ダイハツの新型軽自動車がひどい件】の続きを読む

    このページのトップヘ