乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント
    1: ファイヤーボールスプラッシュ(catv?)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 09:46:23.76 ID:GYeBGBjq0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    no title


    no title

    no title


    ロールスロイスは日本市場が2014年上半期、前年同期比147.9%と好調であるとアピール。その要因は販売店増強と同時に、モデルラインナップが市場に受け入れられていると分析する。

    「日本はアジアパシフィック地域の中で最も強固な市場だ」とは、同社アジア太平洋支社アジア太平洋ゼネラル・マネージャーのマイケル・シュナイダー氏の弁。
    「昨年から引き続き非常に好調で、今年も成長が期待できる」と述べる。これは、「日本のユーザーが我々のモデルラインナップを受け入れており、なおかつ、そのクルマを楽しんでくれているからだ」と話す。

    「特に昨年発売した『レイス』は好評で成功している1台だ。色使いも大胆で2トーンに人気がある。これまでのロールスロイスのイメージはコンサバティブだったが、
    レイスはダイナミックさを強調しているので、保守的な部分の色合いが薄まり、とてもうまくいっている成功例だと思う」という。

    「もちろん我々はヘリテージに非常に誇りを持ち、ユーザーもそれが重要だということは理解している。従って、今後はコンサバティブで、保守的な部分を減じるのではなく、
    若干の変更を加えながら、もっとダイナミックでモダンで、かつ、コンテンポラリーな要素を全モデルに取り入れていく。つまり、ヘリテージは維持しながら、モダンでコンテンポラリーな部分を強調していきたい」と今回のゴーストシリーズIIを含めた今後の傾向を語る。

    最後に、日本のユーザーの特徴についてシュナイダー氏は、「運転手つきでクルマに乗ることを楽しんでいることはもちろん、最近では、自分で運転することを楽しむユーザーが増えている」と説明した。
    (レスポンス 内田俊一)
    http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2014/11/RES_236856.aspx?MAKER_CD=%EF%BD%B4&CARTYPE_CD=A20&GENERATION=

    【ロールスロイス、日本で販売好調「自分で運転する人も増えている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント
    1127644-3x2-940x627

    1: ジーパン刑事 ★@\(^o^)/ c2ch.net 2014/11/08(土) 11:59:52.10 ID:???0.net
    スズキの鈴木修会長は11月6日に都内で開いた決算説明会で、
    政府・与党が燃費課税の対象に軽自動車も加えることを検討していることについて、「地方いじめを東京でやっている」と批判した。

    燃費課税は、新車購入時に燃費に応じて課税するもので、消費税率を10%に
    引き上げる際に自動車取得税を廃止する代わりの財源として導入が検討されている。
    自動車取得税の代替え財源を巡っては、すでに2014年度税制改正で軽自動車税を
    2015年4月から引き上げることで、一部を充てることが決まっている。
    しかも、その際には燃費の良い車の税率を引き下げる「軽課」を軽にも適用することを検討することが盛り込まれた。

    鈴木会長は「(軽自動車税引き上げで)軽だけが1000億円の増税を仰せつかった。
    それに合わせて軽課についても検討するということなので、民間の理解からすれば、
    検討するということは結論を出すということなので、結論を出して頂きたい」と訴えた。

    その上で「軽が1000億円の増税をして、また(環境課税で)応分の負担をしろというのは、どういうことか。
    増税は車を買って頂いたお客様が影響を受ける。公共交通機関の投資をみると
    都会の密集地についてはずいぶん手厚いが、田舎は投資されていない。
    お客様からみれば、社会政策上、税負担が(公共交通機関が無く、
    軽に頼らざるを得ない地方に)偏りすぎてはいないかということがいえる。
    公共交通機関の無いところはどうにもならない。地方いじめを東京でやっている」と述べた。
    《小松哲也》

    http://response.jp/article/2014/11/07/236779.html
    スズキ鈴木会長、軽への燃費課税の検討「地方いじめを東京でやっている」


    【スズキ・鈴木会長「軽自動車への燃費課税の検討、地方いじめを東京でやっている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント
    1: ジーパン刑事 ★@\(^o^)/ c2ch.net 2014/11/08(土) 13:04:07.37 ID:???0.net
     「間違いだらけのクルマ選び」などの著書で知られる
    自動車評論家の徳大寺有恒(とくだいじ・ありつね、本名杉江博愛〈すぎえ・ひろよし〉)さんが7日、
    急性硬膜下血腫で死去した。74歳だった。葬儀は親族だけで行う。喪主は妻悠子さん。後日、しのぶ会を開く予定。

     東京都生まれ。日本のモータースポーツ黎明(れいめい)期にレーサーとしてデビュー。
    トヨタ自動車の契約ドライバーになった。引退後は、自動車評論家に転身。
    辛口の新車批評で知られ、1976年に出版した「間違いだらけのクルマ選び」(草思社)
    は70万部を超えるベストセラーに。以後は毎年書き下ろしが出る人気シリーズになった。
    近著に「駆け抜けてきた 我が人生と14台のクルマたち」「新・女性のための運転術」。

    http://www.asahi.com/articles/ASGC835P7GC8UCLV002.html
    自動車評論家、徳大寺有恒さん死去 辛口の新車批評

    no title

    【【訃報】「間違いだらけのクルマ選び」などの著書、徳大寺有恒さん死去 辛口の新車批評】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント
    1: リバースパワースラム(芋)@\(^o^)/ 2014/11/05(水) 16:41:18.79 ID:Lqvch4ZT0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    トヨタは3代目となるマークXを開発中だ。

    初代マークXが2004~2009年の6年間、二代目が2009年~現在発売中だが2014年で丸6年となり モデルチェンジの時期が近づいている。

    セダン市場ではホンダがアコードハイブリッドを出すなどハイブリッド化が進んでおり トヨタも最近では、新型クラウンでハイブリッド化を進めており、次にマークXがモデルチェンジのタイミングで ハイブリッド化される予定だ。

    エンジンはカムリと同じ、THSⅡ 2.5L+モーターを採用すると思われる。

    燃費もJC08モードで25km/Lぐらいは予想できそうだ。

    また、上位クラスの設定としてクラウンに搭載予定の直4 2Lターボ 最高出力238psを搭載しスポーティセダンをアピールし

    さらにダウンサイジング化として新開発の直4 1.4Lターボ 最高出力150psを搭載し燃費と走りを両立したモデルも登場予定だ。
    no title

    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-71.html

    【トヨタ 新型 マークX ハイブリッドモデル & 2Lターボ & 1.4Lターボ 3代目 2016年末頃発売!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント
    1: リバースパワースラム(芋)@\(^o^)/ 2014/11/05(水) 11:48:43.62 ID:Lqvch4ZT0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    日産自動車の米国法人、北米日産は10月27日、日産『GT-R NISMO』の米国第一号車を顧客に引き渡した、と発表した。

    GT-R NISMOは2013年11月、東京モーターショー13で発表された『GT-R』のフラッグシップモデル。VR38DETT型3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジンは、
    レーシングカーの『GT-R NISMO GT3』用の高効率な大容量タービンをはじめ、気筒ごとに最適な点火時期をコントロールする制御や、最適な燃料噴射量をコントロールするインジェクター駆動回路を採用。

    この結果、最大出力600ps、最大トルク66.5kgmを引き出す。これはノーマルに対して、50ps、2kgmのパワー&トルクの向上にあたる。

    また、サスペンションやブレーキなどの足回り、エアロパーツなどの外装、インテリアも専用仕立て。ボディ剛性も引き上げられた。米国でのベース価格は、
    14万9990ドル(約1690万円)。ポルシェ『911ターボ』の15万1100ドル(約1700万円)に匹敵する。

    北米日産は10月27日、日産GT-R NISMOの米国第一号車を顧客に引き渡し。米国ノースカロライナ州在住のMatt McCulloh氏に、ブラックボディの1台が納車された。
    同氏は2006年、北米のGT-Rオーナーズクラブ、「NAGTROC」を立ち上げた人物。キーを受け取った同氏は、「まさにエキサイティング」とコメントしている。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20141104-10213433-carview/

    13: カーフブランディング(愛知県)@\(^o^)/ 2014/11/05(水) 12:00:56.39 ID:r6GHv++N0.net

    【日産 GT-R NISMO、米国第一号車を納車…「まさにエキサイティング」1690万円】の続きを読む

    このページのトップヘ