乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    1: トペ スイシーダ(catv?) 2014/02/05 20:21:02 ID:utkNB9l+0
    no title

    メルセデス ベンツ AMG GTのインテリア画像が流出
    mercedes-benz SLS AMGの後継車種として噂されている、mercedes-benzの新型車、AMG GT(仮)[参照:メルセデスベンツ、
    SLS AMG後継の新型車 SLC AMGスパイショット]、その新型車種のAMG GT(仮)のインテリアと思われる様子を独メディアの
    AUTO ZEITUNGがサイト上に、リーク画像と思われる画像として公開しています。

    no title

    no title

    最近のmercedes-benzに見られるような3連のエアコン吹き出し口ではなく4連になるようですね。メーター類もあえてのアナログなのも確認できます。

    このmercedes-benz SLS AMG後継車車種は、2014年7月20日のF1 ドイツグランプリで公開されると見られています。
    http://www.j-sd.net/amg-gt/

    【メルセデス ベンツ AMG GTのインテリア画像が流出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント
    2013y07m09d_155637125

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/04 14:05:13
    グラビアアイドルの森下悠里が4日、都内で行われたSFアクション映画『エリジウム』の
    ブルーレイ&DVD発売記念イベントに登場。
    男性にプレゼントされた日本で1台のフェラーリを、「縦列駐車が怖いから」と
    やむなく返却していた過去を打ち明けた。

    この日は、映画で主人公が装着するパワードスーツにちなんで、実際に日本で
    販売されているパワードスーツに身を包んで現れた森下。初合体した感想を聞かれ、
    「興奮した。最強になった気分。これで渋谷のスクランブル交差点や銀座の歩行者天国で
    男性を引きずり回したい」とご満悦。

    また映画では、宇宙空間の近未来都市「エリジウム」に暮らす富裕層の生活が
    描かれていることから会見で富裕層の話になり、「でも富裕層のおじさんには愛人が
    いるし、ヘンな人がいっぱいいるからNG。最近は年収も300万円以下で年下、そして
    ピュアな草食系男性をオトしてみたい。わたしが稼ぎます!」と宣言した。

    だが、そんな「富裕層」と思われる男性からさまざまな超高額プレゼントをもらってきた
    過去も告白。200万円だと思っていた腕時計が実は2,000万円だったことが
    最近わかったり、5,000万円の毛皮はサイズが大きすぎて着れずじまい。
    そして1億円のフェラーリだが、森下はそもそもスポーツカータイプが苦手らしい。

    そして『エリジウム』を観た感想を聞かれると、「こんなにスリル満点でしかも泣ける
    映画はない。毎日に感謝して幸せに生きたいと思った」と先ほどのゴージャス生活を
    改心したように語っていた。

    映画は2154年、「エリジウム」に暮らす富裕層と、荒廃した地球に取り残された
    貧困層に二分された未来世界を描くSFサスペンス。
    余命5日と宣告された瀕死の主人公マックス(マット・デイモン)が、あらゆる病気を
    治せる医療ポッドを完備したエリジウムに決死の潜入を試みる。
    監督は『第9地区』のニール・ブロムカンプ。
    映画『エリジウム』ブルーレイ&DVDは2月5日発売

    ソースは
    http://www.cinematoday.jp/page/N0060204


    【森下悠里、1億円のフェラーリを贈り主に返却】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/04 13:20:59
    インド自動車大手のタタモーターズが2009年、日本円で約20万円という超低価格で
    発売した『ナノ』。同車が、インドの衝突安全テストに「失格」した。

    これは1月31日、英国ロンドンに本拠を置くグローバルNCAPが明らかにしたもの。
    インドで初となる公的な衝突安全テストを、インドで人気のコンパクトカー5車種を
    対象に実施。その結果を公表している。

    今回、グローバルNCAPが行った衝突テストは、前面衝突のみ。
    64km/hで、バリアに車両の前面の40%をぶつけるオフセット衝突テストを実施した。
    そして、前席乗員(大人)の保護性能と、後席のチャイルドシートの子どもの
    保護性能を、5段階で評価した。

    タタ ナノの結果は、前席乗員の保護性能と、後席のチャイルドシートの子どもの
    保護性能ともに、5段階評価で最低のゼロ星。インド初の衝突安全テストに、失格と
    なった。

    グローバルNCAPは、タタナノのエアバッグが未装備な点を問題視。
    「車両の構造が頑丈さに欠け、大人が生命を脅かす怪我を負う可能性がある」と指摘。
    そして、「チャイルドシートを取り付けることも意味を持たない」とした。
    さらに、「国連の最低基準である56km/hの衝突テストに適合できない」と結論づけて
    いる。

    ソースは
    http://response.jp/article/2014/02/03/216363.html
    静止画
    no title

    YouTube動画 Tata Nano scores zero stars in Global NCAP crash tests


    http://www.youtube.com/watch?v=buMXtGoHHIg


    【タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    1: 依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2014/02/02 02:04:21
    年1000台体制…12月

     「究極のエコカー」と呼ばれる燃料電池車の本格生産がいよいよ始まる。トヨタ自動車は
    、今夏に世界で初めて量産体制に入る。

     電気自動車(EV)との激しい競争も見込まれ、次世代エコカーを巡るメーカー間の
    競争は激しくなりそうだ。

    ■世界初

     愛知県豊田市のトヨタの本社工場では6日に燃料電池の生産ラインが動き始めた。燃料
    電池は、燃料の水素と酸素を化学反応させて発電する燃料電池車の心臓部にあたる。部品に
    ほこりなどが混入すると発電能力を損なうため、生産ラインは巨大なクリーンルームの中に
    設置した。生産現場では半導体工場に並ぶ徹底した管理が求められる。

     トヨタは当面、燃料電池車を1日1台のペースで生産する。生産効率を見極めながら
    今夏に試作車の量産を本格的に開始し、12月には年間1000台の生産体制を築く計画だ。
    燃料電池車の本格的な量産は世界初で、「トヨタの燃料電池車にかける本気度を示す」
    (開発担当者)ものだ。

     燃料電池車の普及には、燃料電池システムの小型・軽量化と、コスト削減が壁になって
    いた。10年前に1台1億円とされた価格は、技術開発によって1000万円を下回る
    水準に下がった。ただ、燃料電池は不良品が発生しやすいとされており、今夏の量産化までの
    改善が課題になる。

     ホンダも、燃料電池車を2015年に一般向けに発売する計画だ。20年を目標に、
    より安価で小型の燃料電池を開発するため、米ゼネラル・モーターズとの共同開発も進めて
    おり、トヨタに対抗する考えだ。

    ■分かれる戦略

     日産自動車も独ダイムラー、米フォード・モーターと燃料電池の共同開発を進めているが、
    次世代エコカーの軸足はEVに置いている。

     日産のEV「リーフ」は、1月に累計販売台数が発売後3年あまりで10万台に達した。
    1回の充電で走れる距離が短いため、走行中に電池が切れる懸念などから日産が当初想定
    した販売ペースを下回っているが、世界で最も売れているEVの座を維持している。

     EVを巡っては独BMWが今春に「i3」、独フォルクスワーゲンが年内にEV「e―
    ゴルフ」を相次いで日本市場に投入し、日産を追撃する計画だ。

    ■設備がカギ

     燃料電池車とEVの普及には、燃料の水素や電気を補充するスタンドなどの整備が前提に
    なる。政府は燃料電池車とEVの両にらみで普及を目指す構えで、設備を作る商業施設など
    への支援を継続する。現在進めているEV向けの充電機器や工事費への一部補助に加え、
    燃料電池車に水素を供給する「水素ステーション」を15年中に全国100か所に整備する
    計画だ。

     EV向けの充電設備も全国5000か所以上に増えたが、マンションの駐車場などでの
    設置は進んでいない。最初から作る必要がある水素ステーションは、「整備に時間がかかる
    」(カルロス・ゴーン日産社長)との声もある。

     ガソリンスタンド並みのネットワークを全国に張り巡らせることは容易ではない。水素
    ステーションや充電設備の整備がどこまで進むかも、自動車メーカーのエコカー戦略の
    成否を左右しそうだ。(小川直樹、山岸肇)

    ソース:YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/atcars/news/20140127-OYT8T00248.htm
    no title

    【トヨタ、燃料電池車量産へ…EVと競争激しく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント
    1: マシンガンチョップ(千葉県) 2014/02/03 21:04:15 ID:yJJaKABx0
    no title

    http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000007318244&Action_id=121&Sza_id=B0

    HONDAエスアイアールマガジン 2015年オールNWEホンダ!S660/NSX/シビックタイプRほか

    【S660、6速MT、ミドシップで1月発売!?&次期NSXはニュルで6分台!?&シビック・タイプRは350馬力!?】の続きを読む

    このページのトップヘ