乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2018/04/17(火) 05:42:41.85 ID:wbFIFI7e0● 

    車高短プリウスに激オシ!! 「脚のスペシャリスト」が手がけた超薄型ボディキット
    https://carview.yahoo.co.jp/news/goods/20180416-10302195-carview/
    no title



    “USストリート的”遊びゴコロを根ざす 求めた最適解は「純正プラスアルファ」

    トヨタ・プリウスに特化したブランドで知られる「スペジール(speziell)」は、USストリート系に特化しているわけではない。
    どちらかと言えば、純正プラスアルファなスタイル。さり気なく美しいボディライン構築に、特にこだわりを発揮している。
    そんな「スペジール」の姿勢が、足元を軸にスマートに見せたいプリウス乗りに刺さったのだろう。以前から販売する先代の30系プリウス用エアロは、ストリート系では3本の指に入るほどまでに、熱烈な支持を受けた。
    今回登場する50プリウス用も、同じ路線となるだけにまた、ストリート系のオーナーにウケることは確実だ。

    採用するのは超薄型のリップ形状。これは純正バンパーが車体サイズいっぱいに作られていることが多く、全長&全幅を変えずに済むように、との配慮から。
    また、車高をベタ落としにしたとき、純正バンパーと地面にクリアランスが生じてしまうため、これをスマートに埋められる形状にもこだわったという。
    さり気なく、純正の物足りなさ感はしっかりと補完してくれる。調整式のアッパーアームやトーもラインアップ、ベタ落としの姿勢のままで快適に走る準備も、万全だ。

    純正バンパーのコーナーとコーナーをつなぐようなフロントスポイラーは、さり気ないながらも純正の物足りなさを払拭。エッジ感も上々だ。

    トランクエンドに装着するリアウイングも、シンプルでさり気ない薄型仕様。なだらかに跳ね上がる無理のない形状で、自然な躍動感を強調する。

    リアに採用するのは全グレード対応のハーフスポイラー。やりすぎない、オトナな薫りが特徴で、マフラーアダプターも付属させた。

    デモカーは「エアフォース」のエアサスで美しいロワードを描く。合わせたのは19インチの『ワーク・ジーストST2』は、ガツンとリムが被ったアグレッシブな魅せ方で。

    調整式のアッパーアームでリアは7度キャンバー方向に。ピロ化はあえてせず、交換が可能な強化ウレタンカーボンブッシュを採用。美しい足元と走行性能を両立する調整式トーも設定済み。

    スペジール for 50プリウス フロントスポイラー ¥49,680 リアスポイラー(マフラーアダプター付) ¥54,000 リアウイング ¥37,800 調整式アッパーアーム ¥32,184 調整式トー ¥15,984 スペジール


    【黒プリウスをシャコタンにしたのがこちらwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2018/04/17(火) 16:02:27.30 ID:CAP_USER9

    国内では未だ人気のミニバン市場、しかし変化も?
     ミニバンは多人数が乗ることのできる乗用車として、現在も国内市場では人気を誇っています。特に最近、ファミリーのパターンが核家族から、
    夫婦どちらかの実家の近所に住むという「近居」が定着し三世代が一緒に移動する手段としても重宝されています。

    トヨタ アルファードや新型クラウンなど写真で見る(13枚)

     国内のミニバン市場の主流派は、スライドドア・7人乗りで、前席から2人、2人、3人の3列シートとなっています。
    サイズ的には車高は180cm前後、全幅は170cm未満、全長は470cm未満という5ナンバー枠いっぱいのものが全国的に売れ筋となっています。

     ここにはトヨタのノア、ヴォクシー、エスクァイアや日産のセレナ、ホンダのステップワゴンなどがしのぎを削っています。

     しかし前述に記したように、「近居」により親ないし祖父母が一緒に乗せてもらうことを理由に、
    購入援助などをする傾向もあるようです。これにより若いファミリーでもノアやヴォクシーよりもさらに上のクラスとなる、
    上級ミニバン(Lサイズミニバン)を購入するユーザーも増えてきているといいます。

     その上級ミニバンの代表格がトヨタのアルファード/ヴェルファイアです。4月12日時点のトヨタHPを確認したところ、
    工場出荷に4~5か月程度という人気ぶりです。また上級ミニバンは当初、ファミリー向けに企画されたミニバンでしたが、
    その空間の広さや上質さから法人利用も増え始めているというのです。

     確かに現行型のアルファードには「エグゼクティブラウンジ」や「ロイヤルラウンジ」といったVIP向けのグレードが用意されるようになりました。

     最近のミニバン動向は実際どうなっているのか、東京トヨペット株式会社営業支援部次長の加藤康友氏にお話を聞いてみました。

    ―――アルファードなど、上級ミニバンの個人/法人の割合はどのくらいですか?

    「東京に限って話をさせていただくと、アルファードに関しては法人や官公庁ユースとファミリーユースはほぼ半々。
    法人ユースは空間の広さを、ファミリーユースは多人数を重視する傾向にあります。
    アルファードの7人乗りは法人のお客様が多く、8人乗りはファミリーの方が多い傾向で、またエスクァイアはファミリーユースの方が多いです」

    ―――最近の傾向では法人ユースがこれまでの乗用車利用からミニバン利用に移行しているとも聞きますが実際どうなのでしょうか?

    「クラウンがモデル末期なので正確な分析はできませんが、クラウンからの代替でアルファードを購入なさる法人様が多いです」

    ―――現行のアルファードは大型なフロントグリルで、特にボディカラーが黒の場合はフォーマル感があるように思えます。
    そのためでしょうか国会の玄関やVIPが登場するニュース映像などでも登場する機会が多い印象を持ちます。

    「その印象は正しいと思います。そういった方々に利用される頻度はかなり増えています」(以下ソースで)


    4/17(火) 11:38配信 くるまのニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00010002-kurumans-bus_all
    画像 トヨタ アルファード
    no title


    【クラウンからアルファードへ代替増加 ファミリーだけではなく法人利用も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    technology_safety_itsconnect_01a_pc
    1: 2018/04/17(火) 12:41:07.77 ID:CAP_USER9

     トヨタ自動車は17日までに、無線通信を使った事故防止システムを2021年から米国で販売する車に搭載すると発表した。トヨタブランドのほか、「レクサス」ブランドも含む。20年代半ばには米国で販売する大半の車に同システムを搭載する。

     搭載するのは信号機に設置された機器や車両同士が通信し、事故を防ぐシステム。交差点などで運転者に危険を知らせるなどの機能がある。日本でも15年から同様のシステムの搭載を始めている。

    2018/4/17 10:27
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29466880X10C18A4EAF000/


    【トヨタ、事故防止システム、21年から米国でも搭載 信号機に設置された機器や車両同士が通信 「レクサス」ブランドも含む】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2018/04/17(火) 13:35:02.61 ID:FGc3+3vQa

    14日夕方、北九州市八幡西区で、軽乗用車が飲食店の駐車場のフェンスを突き破り、
    およそ5メートル下ある駐車場に止めてあった車の上に転落し、軽乗用車に乗っていた高齢の女性2人が重軽傷を負いました。

    14日午後6時ころ、北九州市八幡西区千代ヶ崎の飲食店の駐車場から、軽乗用車がフェンスを突き破り、
    およそ5メートル下の本屋の駐車場に止めてあった車の上に転落しました。

    警察によりますと、軽乗用車を運転していた81歳の女性が頭を打つ軽いけがをし、
    後部座席に座っていた同じく81歳の女性が手首の骨を折るなどの大けがをしました。

    下敷きになった車は後ろの部分が大きく潰れ、この車の隣に止めてあった別の車も一部が壊れましたが、
    いずれの車も人は乗っていませんでした。

    警察は、軽乗用車を運転していた81歳の女性から話を聞くなどして事故の詳しい原因を調べています。

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kitakyushu/20180415/5020000304.html
    no title


    【【悲報】81歳のババアが運転する車が暴走、1000万円のケンメリを廃車にするwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    20170424_asagei_rowan
    1: 2018/04/16(月) 22:49:37.81 ID:CAP_USER

    日産自動車と仏ルノーの会長を兼務するカルロス・ゴーン氏は16日、日本経済新聞のインタビューに応じ、両社の資本関係を見直す考えを示した。「あらゆる選択肢についてオープンに考えている」と述べた。仏政府はルノーと日産の経営統合を求めているもよう。ゴーン氏は現在の相互出資関係を改めることを検討し、2022年までに新体制に移行する考えを示した。

     両社の関係は1999年、経営危機に陥った日産を救済する形でル…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29431830W8A410C1MM8000/


    【日産・ルノー、資本関係の見直し検討 ゴーン氏が表明】の続きを読む

    このページのトップヘ