乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    ogp

    1: 2019/02/20(水) 08:54:50.73 ID:tCjgLfS09

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190220/k10011820861000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_016

    ホンダ撤退 イギリスで波紋広がる
    2019年2月20日 4時48分英 EU離脱

    ホンダがイギリスにある工場の閉鎖を発表したことをうけ、19日、イギリス議会で討議が行われ、今回の決定の背景にはEU=ヨーロッパ連合からの離脱交渉がこう着状態に陥っていることがあるという懸念が相次いで出されました。

    野党・労働党の「影の内閣」で、ビジネス・エネルギー・産業戦略相をつとめるロング・ベイリー議員は「ホンダは、去年、EUと合意のないまま離脱することになれば大きな損失を被ると懸念を示していた。企業の信頼を失ったのは政府の離脱交渉の失敗が原因だ」と述べ、離脱への道筋を描けないメイ政権を批判しました。

    クラークビジネス・エネルギー・産業戦略相は「政府は、イギリスがよい投資先だと世界に訴え続けており、トヨタやBMWなどのように投資を続けることを決めた企業もある」と反論したうえで「ホンダの決定は衝撃だが、イギリスが自動車の生産に最適な国だとホンダにも再び感じてもらえるようあらゆる手段を尽くしたい」と述べました。

    工場のあるスウィンドンでは

    ホンダの工場は1985年、イギリス南部の都市スウィンドンに作られ、1992年に車の生産が始まって以来、これまでに350万台が送り出されました。

    この工場では3500人が働き、関連する企業も多いだけに、地元では閉鎖の発表に衝撃が広がっています。

    工場で働いている男性は「もし3500人もの人が職を失ったら、経済をはじめ、あらゆるものに大きな打撃となるでしょう」と不安な気持ちを明かしました。

    また、夫が以前、ホンダで働いていたという子連れの女性は「これまで多くの人がホンダの仕事を求めてやってきました。しかし、これからは人が去ることになり、将来、ゴーストタウンになってしまうと思います」と心配そうに話していました。

    若い男性は「ホンダはこの地域で最大の雇用主で、私のような年代の人も多く働いています。もし働く場所がなくなってしまったら、スウィンドンは消えてしまうと感じます」と話していました。


    【【日英】ホンダ撤退 イギリスで波紋広がる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    1: 2019/02/19(火) 18:33:22.67 ID:U1Lj7Z+X0 

     フィット「RS」は、フィットシリーズが今年10月にもフルモデルチェンジするので、この時にスポーツバージョンとして設定される可能性が高い。

     フィットが今秋の10月頃にフルモデルチェンジするというのはメーカーからの通達で届いている。
    しかしながら具体的な商品内容は、1Lターボ(の新採用)と1.5ハイブリッドが従来の1モーター&2クラッチから2モーターになるというくらいで明確になっていない。

     当然「RS」の設定は同時に行われ、これに1Lターボエンジンが搭載されてもおかしくはない。
    現行モデルだとエアロパーツ、アルミホイール、シートなど内外装だけでメカニズムは同じだから、
    次期型では足回りの強化など走りのポテンシャルアップも期待したいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190219-00010000-bestcar-bus_all
    no title


    【【画像】ホンダ・フィット4確定デザインきたーーーーーーーーーか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    1: 2019/02/19(火) 14:48:04.28 ID:CAP_USER

    no title

    ポルシェ・タイカンの生産ライン
    no title

    no title

    ポルシェ・タイカンのプロトタイプ
    その他画像は元ソースでご覧ください
    https://response.jp/article/img/2019/02/19/319274/1387459.html

    ポルシェは2月18日、2019年内に生産を開始する予定のポルシェ初の量産EVスポーツカー『タイカン』(Porsche Taycan)の初年の年間生産台数を、2万台とする計画を発表した。

    タイカンは、4ドアのEVスポーツカーだ。そのパワートレインには、最大出力600psを超える2基の永久磁石シンクロナスモーター(PSM)を搭載する。0~100km/h加速は3.5秒以下で駆け抜け、0~200km/h加速も12秒以下の性能を発揮する。

    また、このパフォーマンスに、EVでは前例のない連続的な出力レベルも付加したことにより、性能を損なうことなく幾度ものジャンプスタートを連続して行うことができるという。1回の充電での航続は、500km以上に到達する。

    ポルシェは今回、タイカンの初年の年間生産台数を2万台とする計画を発表した。ポルシェによると、2万台の生産計画は市場の反応に基づいて算出されたものであり、控えめな数字という。

    ポルシェの2018年の世界新車販売は、『911』シリーズが3万5573台、『718ボクスター』と『718ケイマン』が合計でおよそ2万5000台だった。タイカンの初年の年間生産台数2万台という計画は、ポルシェがタイカンに、718ボクスター&718ケイマンに匹敵する需要を想定していることになる。

    公式ページ
    Porsche MissionE Turns Taycan. - ポルシェジャパン
    https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/e-performance/~report~/missione-turns-taycan/japan~jp~e-performance-mission-e-name-reveal/

    2019年2月19日(火)14時15分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/02/19/319274.html


    【ポルシェ初の市販EV、タイカン …初年は年間2万台の生産を計画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2019/02/19(火) 00:46:12.23 ID:9MvhUJhn9

    ホンダ、22年に英工場閉鎖=19日にも発表-テレビ報道
    2019年02月18日23時55分 時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021801099&g=soc 
    20190218at67S_p

     【ロンドン時事】英スカイニューズ・テレビは18日、ホンダが英南部スウィンドンにある同社工場を2022年に閉鎖する見通しだと報じた。19日にも発表される可能性がある。正式に閉鎖を決めれば、欧州連合(EU)離脱を3月末に控え、経済の先行き不透明感が強まっている英国にとって打撃となりそうだ。


    【ホンダ、22年に英工場閉鎖】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    K0000286606

    1: 2019/02/18(月) 11:03:40.27 ID:PEN1sMeH0● 

    カルロス・ゴーンだけが理解した「GT-R」開発プラン
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16035127/


     テニスプレーヤーの大坂なおみ(21)は、全米OPを制した直後の2018年9月に日産本社で好きな車種を聞かれ、こう答えた。

    「GT-R。速いから。白いのが欲しい」


    2: 2019/02/18(月) 11:04:14.99 ID:PEN1sMeH0 

     1999年、ゴーン被告が日産の最高執行責任者(COO)に就任以降、日産が、いや日本が世界に誇るスポーツカーの運命が、再び動きだした。

     当時の日産は、2兆1000億円もの借金を抱え、全世界でのグループ人員を2万1000人削減し、下請け企業を約半分に減らさなければ立ち直れないような状況だった。

     スポーツカーのような「夢を語る車」は、真っ先に整理対象になって当然であり、実際にその方向で進んでいた。

    「コストカッター」として知られるゴーン被告だが、クルマ好き。かつて出演したテレビ番組ではこう語っていた。

    「ハンドルを握って5分も運転すれば、どんな嫌なことも吹き飛ぶ。クルマ以外にこんな製品がありますか」

     だからこそ、バブル経済崩壊で新モデルの開発が停止していた「フェアレディZ」の復活プランと、環境性能への対応などから実現不可能と思われていた「GT-R」の開発プランが始動した。

     その後2004年からGT-Rの開発をゴーン被告に全権委任される、開発責任者の水野和敏氏は、かつて取材にこう語っていた。

    「あのころの日本人上層部のなかで、『世界の頂点に立つスーパースポーツカーを作りたい』という私の思いをまともに聞いてくれる人はいなかった。だが、ゴーンさんだけは真っ正面から、その思いを受け止めてくれたんです」

     当時、「ゴーンの直轄プロジェクト」というだけでも異例。それが高額なスポーツカーとあって、水野氏には、多くの人からこんな声が寄せられた。


    【日産社内で誰もが無理だと止めたGT-R開発推し進めたゴーン容疑者「俺の家に1台届けてくれる?」】の続きを読む

    このページのトップヘ