乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2020/02/19(水) 11:33:23.34 ID:DycMzNs79

    帰ってきたオペル! もう日本から離れない?!
    2/19(水) 7:31配信

    ドイツの自動車メーカー「オペル」が日本に再参入すると発表。本格的な発売は2021年末を目指すという。
    オペルオートモービルGmbH CEOのミヒャエル氏は「もう日本から撤退はない!」と断言するなど
    オペルは日本市場をかなり重要視している模様。果たしてどんな車種が日本の道路を走ることになるのか?

    ■常盤貴子が乗ったヴィータも復活?!
    ブランド上陸時に導入する車種はコンパクトカーの「コルサ」(日本導入時に車名変更予定。
    かつての日本名はヴィータ)をはじめクロスオーバーSUVの「グランドランドX」、
    そしてスライドドアを備えるファミリーワゴン「コンボ ライフ」の3車種。
    いづれのモデルも全て先進安全装備が搭載されるという。

    ■EVやPHVなど環境性能もバツグン
    コルサはすでにプジョーから発売済みの208といわば兄弟車で、ガソリンモデルとEVモデルが導入される予定。
    グランドランドXはプジョー5008やシトロエン C5エアクロスと兄弟車である。
    エンジンラインアップはガソリンとディーゼル、そしてプラグインハイブリッドも上陸するという。
    最後のコンボ ライフは大人気のシトロエン ベルランゴと基本コンポーネンツを共有しているモデル。
    5人乗りと8人乗りがラインアップされるという。

    ■親会社の変更など激動の15年だった
    戦前から続いていたGMとの関係も2017年に終了し、現在の親会社はプジョーなどを展開するPSAグループに。
    今までは欧州市場を最重要視していたが、再び世界に挑戦することになったのだ。
    実は2019年にロシアに再参入、アジアでの展開はシンガポールのみであったが、今回の日本参入はアジアとしてふたつ目の国となる。

    ■肝心のディーラー網はどうする?!
    来年の販売スタートに備えて、現在ディーラー網を整備しているが、
    まずは東京・横浜・名古屋・大阪などを中心に展開していく。

    ちなみに15年ぶりの参入となるが、現在日本では4000台あまりのオペル車が走っているという。
    残念ながら、それら車両の整備は予定していないという。
    20200219-00010001-autoconen-000-1-view

    2/19(水) 7:31配信  MOTA
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00010001-autoconen-bus_all


    【独オペル、日本市場へ再参入へ 15年ぶり…CEO「もう日本から撤退はない!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2020/02/19(水) 19:21:55.04 ID:jPS+QcJg0● BE:844481327-PLT(13345)

    スズキのインド子会社のマルチスズキは、新型『ワゴンR』(Suzuki WagonR)に最新の天然ガス車の「S-CNG」を設定した、と発表した。

    新型ワゴンRのS-CNGは、新排出ガス基準の「BS6」に適合したCNG車だ。
    インドでは2020年4月、新たな排出ガス基準のBS6が施行される予定。
    BS6は、欧州のユーロ5に相当する新基準で、排ガス中の窒素酸化物(NOx)を、およそ25%削減することが求められる。

    https://s.response.jp/article/2020/02/19/331858.html
    no title

    続きます


    2: 2020/02/19(水) 19:22:46.06 ID:jPS+QcJg0 BE:844481327-PLT(12345)

    >>1続き
    マルチスズキは、幅広い車種に天然ガス車のS-CNGを用意している。新型ワゴンRのS-CNGには、デュアルECU(電子制御ユニット)とインテリジェント噴射システムを搭載する。
    マルチスズキによると、あらゆる道路で最適なパフォーマンスと高い運転性を実現するという。

    なお、新型ワゴンRのS-CNG は、CNGのタンク容量を60リットル(水に換算した値)とした。CNGが1kgあたり、32.52kmの燃費を達成する、としている。

    おしまい


    【スズキがワゴンRに天然ガス車を設定 燃費は1kgあたり32.52km】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    eb5c34e918e3c219031f50ac70bbcc25_t

    1: 2020/02/19(水) 05:44:23.52 ID:Alcr3Xgi0● BE:842343564-2BP(2000)

    我が国とは真逆だった「日本では高級車に乗って見せびらかすと嫌われるらしい」=中国
    https://www.excite.co.jp/news/article/Searchina_20200216005/

    中国社会では自分のメンツを立て、人からの敬意を得るために高級車を買う人は少なくないが、中国メディアの今日頭条は11日付で、日本には中国社会に根付く「高級車はステータス」という社会現象は存在しないと説明する記事を掲載した。

    記事は、中国において車は「地位の象徴」であると紹介しつつ、こうした考え方は古代中国においても存在しており、「階級ごとに乗り物が厳格に規定されていた」と説明。
    したがって現代中国でも「車が自らのステータスを示す」のはごく自然なことであり、それゆえ車は「極めて重要なパートナー」なのだと指摘した。

    しかし、日本は中国と違い、「車がステータスとして見られることはあまりない」と指摘。その理由について、日本社会の場合は自分の資産を見せびらかす人は「他人から敬意を得ることができない」ためであり、むしろ「富をひけらかすと人から見下される」ため、たとえお金持ちであっても自分のステータスのために高級車を買うことは少ないと論じた。

    また、経済的に平等な社会を望む時勢に逆らって高級車を見せびらかせば、日本では人から嫌われることになると強調し、裕福であっても価格が比較的安い車を購入する傾向があると論じた。

    さらに有名な日本企業のトップたちの愛車についても説明し、価格がそれほど高くない自動車に乗っている人や自分の車を持っていない人さえいることを紹介。こうした控え目かつ簡素な生活スタイルは彼らの事業や企業イメージにとってもプラスになっていると指摘した。


    【日本では高級車を見せびらかす奴は嫌われると判明。中国メディア伝える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    1: 2020/02/18(火) 17:09:15.95 ID:7CpoYyke9

    軽乗用車を盗んだ疑いで女を逮捕

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20200218/8010007461.html
    8010007461_20200218141957_m


    17日夜、高知市内のコンビニエンスストアで、買い物に来た女性の
    軽乗用車を盗んだとして40代の女が警察に逮捕されました。
    車には、生後5か月の赤ちゃんが乗せられたままでしたが、無事保護されました。

    警察によりますと、17日夜10時すぎ、高知市高須本町のコンビニエンスストアで、
    買い物に来た20歳の女性の軽乗用車が盗まれたと警察に通報がありました。
    軽乗用車は鍵がついた状態で、後部座席には、生後5か月の男の赤ちゃんが乗せられたままだったということです。

    警察が緊急配備を敷いて捜査を始めたところ、通報からおよそ40分後に
    香南市の香南警察庁舎に車を運転して出頭してきた高知市上町の48歳の女を盗みの疑いで逮捕しました。
    赤ちゃんに、けがはありませんでした。

    警察の調べに対して、「盗んだことに間違いないが、子どもが乗っていたことは気づかなかった」
    と供述しているということです。
    警察は、詳しいいきさつを調べることにしています。

    02/18 11:54


    【20歳のおかん、夜のコンビニで買い物中に鍵つけたままの車盗まれる(赤ちゃん付き)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2020/02/18(火) 14:49:32.90 ID:d6h/3Dw/0● BE:842343564-2BP(2000)

    寒い日「フロントウインドウの曇り止め」使用に注意! ガラスが割れる可能性あり

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00010000-amweb-bus_all
    20200218-00010000-amweb-000-3-view

    冬場の寒い朝など、出かけようとしたらクルマのフロントウインドウが霜で被われていた、なんて経験ありますよね。そこでエアコンの「デフロスター(フロントウインドウに風を送る)」というをオンにして溶かす人は多いでしょう。

    飛び石による小さなヒビがイッ気に広がったウインドウ【画像】

     しかし、ウインドウに飛び石などによるキズが付いていたり、補修をしたクルマは注意が必要。最悪の場合、ウインドウにヒビが一気に走るかもしれません。クルマのフロントウインドウに使用されているガラスは、「合わせガラス」と呼ばれる2枚の合わせガラスの間に、とても強くて柔軟なプラスチックの“薄い膜“を挟んだものが主流です。

    「合わせガラス」は、万一の衝突事故で、乗員の頭部がぶつかってガラスが割れても、この膜がまるで布のように乗員の頭部を包みこむように受けとめるので、頭部に与える衝撃も小さく、大きなケガから乗員を守ります。また、割れた場合も“膜“にくっついているため破片が落ちません。この「合わせガラス」は、1987年9月以降に生産されたクルマには装着されています。

     また、サイドガラスやリヤウインドウ(法令化される前のフロントウインドウ)のような強化ガラスと異なり、「合わせガラス」は飛び石などで多少ヒビが入っても、一気にガラスが割れ落ちることはありません。しかし、キズやヒビが入ったところは、ガラス粒子のバランスが崩れているのでキズが広がりやすいという性質があるのです。


    【寒い日「フロントウインドウの曇り止め」使用に注意! ガラスが割れる可能性あり】の続きを読む

    このページのトップヘ