乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2018/10/18(木) 20:47:42.68 ID:D+ufiO+60

    マツダは新型アクセラを予告するティザー動画を2018年10月17日に公開した。
    予告された通り2018年11月に、新型アクセラとして正式発表される見込み。
    技術面では新開発ガソリンエンジンのSKYACTIV-Xが大きなトピックとなる。
    量産ガソリンエンジンとしては世界初となるHCCI(Homogeneous Charge Compression Ignition)予混合圧縮着火技術が導入され、この新型アクセラから搭載される。
    https://car-research.jp/tag/axela
    no title


    【マツダ次期アクセラ ティザー動画を公開、2018年11月正式発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    001

    1: 2018/10/19(金) 05:01:24.45 ID:CAP_USER9

    岩谷産業は18日、燃料電池車(FCV)に水素を充填する水素ステーションにセルフ式を導入したと発表した。まずは安全教育を受けた同社社員が社用車に充填する。将来的には一般ドライバーも利用できるようにする。セルフ式とすることで、水素ステーションの人件費抑制が期待できる。

    イワタニ水素ステーション芝公園(東京・港)で始めた。これまでは高圧ガス保安法にもとづいて従業員が充填作業を担っていたが、規制緩和でドライバーも可能になったことに対応した。セルフ式は米国やドイツで認められている。



    日本経済新聞 2018/10/18 23:10
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3666702018102018LKA000/


    【岩谷産業、燃料電池車の水素充填でセルフ式導入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2018/10/18(木) 20:48:10.52 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は2018年10月18日、同年11月17日に東京・明治神宮外苑で開催される予定の「2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑」の、開催概要を発表した。

    ■“ビンテージイヤー”生まれの日本の名車が集結

    本イベントは、トヨタの文化施設であるトヨタ博物館が自動車文化の醸成・継承とクルマファンの交流を目的に開催している、クラシックカーの祭典である。12回目となる今回も、明治神宮外苑聖徳記念絵画館前の広場をメイン会場に、企画展示やデモ走行、一般参加のクラシックカー約100台による銀座中央通りでのパレードなど、多彩なプログラムが予定されている。

    特に企画展示では、「Japanese Vintage Year 1989」というテーマのもと、1989年発表の車両を各メーカーの協力のもとに展示。平成最後となる今回のクラシックカー・フェスティバルを「日本車のビンテージイヤー」とも呼ばれる平成元年にデビューしたクルマで盛り上げる。

    企画展示の車両は以下の通り。

    ・スバル・レガシィ ツーリングワゴン(1990年)
    ・トヨタ・セルシオ(1991年)
    ・日産スカイラインGT-R(1989年)
    ・ホンダNSX(1990年)
    ・ユーノス・ロードスター(1989年)

    また、会場では展示されるクラシックカーの人気投票や、「T型フォード」「ホルヒ853」「ジャガーEタイプ」に乗車しての記念乗車撮影も実施されるという。

    イベントの開催時間は10時から15時30分まで。入場は無料。(webCG)

    2018.10.18
    https://www.webcg.net/articles/-/39663

    2017年の「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑」の様子
    no title

    スバル・レガシィ ツーリングワゴン(1990年)
    no title

    トヨタ・セルシオ(1991年)
    no title

    日産スカイラインGT-R(1989年)
    no title

    ホンダNSX(1990年)
    no title

    ユーノス・ロードスター(1989年)
    no title


    【トヨタ、クラシックカー・フェスティバルの開催概要を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2018/10/18(木) 22:24:51.97 ID:0JKIstjS0

    【ベルリン共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は18日、旧型ディーゼル車を買い替えた場合、ドイツ全土で割引措置を行うと発表した。
    昨年に続く措置で、2世代前の排ガス基準「ユーロ4」までの車が対象。
    地元メディアによると、割引額は最大8千ユーロ(約100万円)程度になるという。

    大気汚染の激しい北部ハンブルク市の一部地域では、既に旧型ディーゼル車の乗り入れ禁止を実施している。
    来年には、ベルリンなど他の大都市でも禁止措置が始まる見通しで、メーカー側は対応を迫られている。

    VWは、1世代前の「ユーロ5」についても、14都市では割引の対象とした。

    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018101801002147.html
    no title


    【VW「古いディーゼル車にお乗りの方へ、買い替えで最大100万円割引します」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    the-new-mercedes-benz-a-class-47

    1: 2018/10/18(木) 16:06:36.41 ID:PgoQaEJe0 

    あの「ナイトライダー」もびっくり、メルセデス・ベンツがしゃべる車を発売します。
     話しかけると車が言うことを聞いてくれる。そんな、ドラマで描かれていた世界が現実のものと
    なるかもしれません。

     メルセデス・ベンツが発表したのは、AI=人工知能を搭載し、運転手と「会話」ができる
    新型車です。AIが流行語などを学習するため、運転手と自然な日常会話ができます。

     「はい、メルセデス」(小川慎記者)
     「どうぞ、お話ください」
     「今日の調子はどう?」(小川慎記者)
     「人生最高の一日ですよ、今までのところですが」

     さらに、照明などの操作も口頭でできます。例えば、車内で運転手が「暑い」と言えば、
    クルマが理解して自動で温度を下げます。

     新型車は10月18日から販売の受け付けを始め、12月以降に納車される予定です。
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3501008.html


    【新型ベンツ AI搭載でナイトライダー仕様に!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ