乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2018/01/13(土) 22:36:37.62 ID:CAP_USER9

     最高速を競うチューニングカーの祭典から始まった「東京オートサロン」の花形はやっぱり、オイルや焼けたゴムの匂いが漂ってきそうなチューナー自慢のデモカーたち。中でもひときわ異彩を放つのが、ボンネットからはみ出した四つのターボを積んだ異形の日産シルビア(S14型)だ。ダメ押し気味にジェットエンジンを積む過剰きわまりない「魔改造」な一台だが、進化の途上にあるという。

     もともとの直列4気筒SR型エンジンから、トヨタ・スープラの直列6気筒2JZ型に換装。ただでさえ大きくなったエンジンに、ターボのタービンを4基くっつけた。理論上はまだまだパワーを絞り出せるが、駆動系の負担を避けるために850馬力に抑えたという。右側ヘッドライトを潰して無理やり詰め込んだ巨大なタービンたちはエンジンルームに収まりきらず、くりぬいたボンネットからはみ出してしまっている。ラジエーターやオイルクーラーは車体後部に追いやり、結果的に前後重量バランスに配慮したレーシングカーのような取り回しになった。

     手がけたのは、栃木県日光市のチューニングショップ「CLR」。渡辺拓郎代表(40)が10年近く前から、サーキット走行用のデモカーとして2千万円近くかけて作り込んできた。最大の特徴でもある車両後端のジェットエンジンは、RC(無線操縦)飛行機用のもの。上向きに取り付けて上空へジェット噴射することで、後輪を地面に押しつける強いダウンフォースを得る狙いだ。しかし肝心の効果については、「正直言って分かりませんでした」と笑う。

     これだけの「魔改造」を施しても、渡辺代表によると現在はまだ「第4形態」だそうで、これから「ロボット工学と電動化で『トランスフォーマー』を目指す」と意気込む。冗談にしか聞こえない言葉だが、この破天荒な独創性を目の当たりにすると、独自の解釈のロボットマシンが本当に生まれそうで思わず期待が高まった。(北林慎也)

    2018年1月13日18時35分
    https://www.asahi.com/articles/ASL1F4CD9L1FUEHF002.html

    魔改造シルビア(S14型)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ターボ多すぎな魔改造シルビア ジェットエンジンも搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 50コメント

    1: 2018/01/13(土) 09:47:08.21 ID:osYOoHvh0 

    東京オートサロン2018のNGKブースは、モータースポーツとスパークプラグを前面に打ち出している。デモカ―としてSUPER GTの
    参戦車両(GT-R)が展示され、そのうしろにイリジウムプラグなど同社の主力製品が並ぶ。

    130本のイリジウムプラグ全品番の展示は圧巻だ。以前と違って最近のクルマはプラグ交換など必要としないかのようだが、
    エンジンのことを考えればプラグは消耗品であり、しっかりメンテナンスする必要がある部品のひとつだ。
    ea063afb085d69b2ab676e33de0f1f61

    https://response.jp/article/2018/01/13/304661.html


    【軽自動車とHV車のアイドリングストップに警鐘 プラグを酷使している 東京オートサロン2018】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2018/01/13(土) 06:12:23.40 ID:CAP_USER9

    REを捨てたRX―8と、REにこだわる13Bコスモ
    2018年1月12日22時38分
    https://www.asahi.com/articles/ASL1D45SGL1DUEHF002.html?ref=tw_asahi

     純正にこだわる人が多いクラシックカーのパーツを惜しげもなくどんどん取り換えたり、エンジンこそ最大の特徴だと思われるマツダのロータリーエンジン(RE)車のエンジンを載せ替えたり。カスタムの楽しみ方はファンの数だけある。千葉・幕張メッセで12日から開かれているカスタムカーの祭典「東京オートサロン」で、その様子を垣間見ることができた。

     RE車チューニングの老舗ショップ「RE雨宮」(千葉県富里市)は、マツダが初めてREを積んだ「コスモスポーツ」に、現時点で最後のRE搭載車「RX―8」のパーツなどを組み合わせたロータリーエンジンを載せた。雨宮勇美代表はその狙いを「壊れにくいから」と説明する。
     マツダが長く生産を続け、「RX―7」などにも搭載された2ローターの「13B型」は、初期のREに比べて耐久性に優れる。トラブルを避けて長く乗りたいというファンの要望に応えた。1967~72年に生産されたコスモスポーツの純正パーツはいまや希少で価格が高いこともあり、ステアリングは初代ロードスターのもので代用。バンパーやシート、テールランプもリビルド品に換えた。雨宮代表は「純正にこだわる人たちからは評判は悪いんだけどね」と謙遜するが、違和感も少なく需要はありそうだ。
     一方、RX―8にあえてトヨタ製の直列6気筒レシプロエンジンを載せたのは、「ガレージYAMAGUTI」(千葉県香取市)制作のデモカー。「『RE車のデザインは好きだけど、エンジンすぐ壊れるんでしょ』と聞くお客さんは多い。それならいっそのこと、と載せ替えた」と山口潔代表。
     ただ、コンパクトなREでしか実現できない低重心のデザインがRX―8の特徴。大きなエンジン搭載を想定していないエンジンルームに押し込むのは大変だった。ボディー内部は「切って、たたいて」大改修。ホース類もほとんど作り直したという。まだほとんど走らせていないというが、RX―8の良さを残しつつ新しい魅力も付加されているのかどうか、ぜひ乗って試したい一台だった。(神沢和敬)

    AS20180112004471_comm


    【【マツダ】RE(ロータリーエンジン)を捨てたRX―8と、REにこだわる13Bコスモ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/01/13(土) 11:05:51.75 0

     米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を2019年に実用化すると発表した。
    特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転の技術を搭載する世界初の量産車になる可能性がある。

    完全な自動運転車の実用化を目指す米IT大手グーグル系のウェイモや日本勢を含む他の自動車メーカーなどとの先陣争いが一段と激化しそうだ。

     新車両「クルーズAV」は、小型電気自動車「シボレー・ボルトEV」をベースに開発する。ロイター通信によると、GMは11日、この車を走行させる許可を米政府に申請したという。

     GMは昨年11月、運転手が不要な「無人タクシー」を19年に事業化する計画を明らかにしており、当初はクルーズAVを無人タクシーとして使う方針だ。(共同)

    http://www.sankei.com/smp/economy/news/180113/ecn1801130019-s1.html
    no title


    【アメリカGM「2019年までにハンドルのない全自動運転車を量産する」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2018/01/12(金) 21:44:57.53 ID:CAP_USER

    no title


    text:Taro Ueno(上野太朗) photo:Hiroyuki Kondo(近藤浩之)、BH Auction

    トヨタ2000GT 国内オークションで7600万円
    東京オートサロン内「BHオークション」にてトヨタ2000GTが、予想落札価格6500万円~8800万円に対し7600万円で落札された。

    2年かけてレストアされたもの。1970年製だ。

    no title


    BHオークションの説明は以下のとおり。

    「当個体は、内外装ともに約2年の歳月を掛けて完璧と言えるレベルでレストアされたもので、快適装備として希少な純正クーラーも設置されている」

    「また、ダッシュボードやセンターコンソールを始め、日本楽器の木工技術を大いに活かした良質な木材からなる高品質かつ高精度な内装の仕立ては国産初の本格的GTカーの名に恥じないもので、思わず目を奪われるほどの美しさを誇る」

    「その木目一つ一つから素材の温もりや職人の丁寧な仕事ぶりを窺い知ることができ、ステアリングを握れば、まさに当時の日本工業技術の粋が集められたことを強く実感できる」

    「機関に関してもすこぶる調子が良く、ひとたびスロットルを開ければ心地よい加速感を堪能できることは間違いない。ぜひ実車を目の当たりにして、その品質の高さを感じてほしい1台である」

    なおこの価格に販売手数料が上乗せされる。

    https://www.autocar.jp/news/2018/01/12/260503/


    【トヨタ2000GT、7600万円で落札 日本国内BHオークションにて】の続きを読む

    このページのトップヘ