乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2017/11/16(木) 17:43:01.56 ID:CAP_USER9

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171116/k10011225851000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    11月16日 17時18分IT・ネット

    世界の自動車メーカーが車をインターネットにつなげる次世代の車「コネクテッドカー」の開発を加速させる中、ホンダはこの分野で通信大手のソフトバンクと提携し、高速の無線通信機能を活用して車どうしの衝突を回避する技術などの開発を共同で進めることになりました。

    ホンダとソフトバンクはこれまでAI=人工知能を搭載した車の研究で提携してきましたが、新たに車をインターネットにつなげる「コネクテッドカー」の分野でも提携関係を結ぶことになりました。

    大量のデータがやり取りできる次世代の通信規格「5G」を活用し、走行している車どうしがリアルタイムで位置情報をやり取りして衝突を回避する技術や、トンネルなどでもスムーズにデータ通信を行える技術などの開発を目指すということです。

    こうした技術は、自動車メーカーなどが開発を急ぐ自動運転の車にも欠かせない技術として期待されています。

    コネクテッドカーの分野では、トヨタ自動車もNTTやKDDIと提携していて、異業種の企業が連携し、開発を加速させようという動きが広がっています。

    no title


    【ホンダとソフトバンク 「コネクテッドカー」開発で提携】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2017/11/16(木) 18:02:48.72 ID:CAP_USER9

    https://www.cnn.co.jp/m/business/35110500.html

    2017.11.16 Thu posted at 11:30 JST

    ニューヨーク(CNNMoney) 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は16日までに、「シボレー」ブランドの新型「コルベットZR1」を発表した。コルベット史上最速だという。755馬力で、6.2リットルのスーパーチャージャーエンジンを搭載。最高速度は時速約338キロ。

    コルベットは一般に入手しやすいスポーツカーとみられているが、GMによれば、ZR1は「スーパーカー」だという。馬力は、ランボルギーニ・アヴェンタドールやフェラーリ488GTBを上回る。

    その高速で走行する能力から、ZR1にはいくつかの空力学的特徴が備わっている。リアウイングは2種類から買い手が選択することが出来る。


    「ハイ・ウイング」はレース場での使用を念頭に設計され、ダウンフォースが増す。標準装備の「ロー・ウイング」だと、ハイ・ウイングよりダウンフォースは減るが、最高速度を出すことは可能だという。

    価格は未定。来春にも発売される見通しだという。


    no title

    コルベット史上最速で、最高速度は時速約338キロだという


    【米GM、シボレー・コルベット新型「コルベットZR1」を発表 最高速度338km/h】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    1: 2017/11/16(木) 21:17:35.72 ID:CAP_USER9

     日産自動車は11月16日、スーパースポーツカー「GT-R」2018年モデルを発売した。価格は1023万円~1397万円円(税込)。

     570PS、637Nmを発揮する3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン「VR38DETT」を搭載する超高性能車。

     2018年モデルでは、これまで「GT-R NISMO」「GT-R Premium edition」に標準設定していた車両防盗システムを全グレードで標準装備とした。また「Apple CarPlay」にも全グレードで対応し、インフォテインメントシステムとiPhoneを連携できる。

     専用チューニングを施した「GT-R NISMO」も2018年モデルを発売する。価格は1870万円(同)。

    2017年11月16日 14時27分
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/16/news093.html
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/16/news093_2.html

    GT-R
    no title

    no title

    no title

    no title

    GT-R NISMO
    no title


    【日産、「GT-R」2018年モデル発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2017/11/15(水) 18:28:04.72 ID:CAP_USER9

    スズキ 「スイフト」
    no title


    スズキの小型乗用車『スイフト』が11月15日、日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2018年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞した。

    27回目となるRJCカー オブ ザ イヤーの選考は、2016年11月1日から2017年10月31日までに発表された国産車を対象に、RJC会員の投票によって実施。11月1日に「6ベスト」が選出され、その中から11月14日の投票によって2018年次RJCカー オブ ザ イヤーが決定した。

    RJCカー オブ ザ イヤーに選ばれたスイフトは、2004年の発売開始から3代目のモデル。スイフトとして3代連続の受賞となった。スズキ車がRJCカー オブ ザ イヤーを受賞するのは、『ワゴンR』(1993年)、『ワゴンR/ワゴンRスティングレー』(2008年)、『スイフト』(2005年、2010年)、『ハスラー』(2014年)、『アルト』(2015年)に続き、2年ぶり7度目。

    今回、動力性能・操縦性に優れ、高いスポーツ性を持つ6速MTのスイフトスポーツや、独自の機構を持つ廉価なハイブリッドモデルなど、幅広いユーザーニーズに対応した点などが高く評価された。

    スイフトシリーズは2004年の発売以来、日本をはじめ欧州を中心とした海外市場で高く評価されてきたスズキの主力コンパクトカー。グローバルの累計販売台数は577万台に達している。

    配信2017年11月15日(水) 17時21分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/11/15/302540.html


    【スズキ 「スイフト」、RJCカーオブザイヤー受賞…初代から3代連続】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/11/15(水) 00:00:42.57 ID:CAP_USER9

    最優秀作品と渋谷さん
    no title


    自動車のご当地ナンバープレート「平泉」に描かれる図柄が13日、決まった。国土交通省への申請を経て正式決定し、来年10月にも交付が始まる。
     
    岩手県平泉町役場で発表会があり、応募53作品から一関市藤沢町の住職渋谷真之さん(42)の作品が最優秀作品に選ばれた。平和を表す円と、泉から湧き出て未来へ流れる大河をイメージし、平泉の黄金文化にちなんだ金色を基調とした。
     
    図柄入り「平泉」ナンバーの導入は、対象地域の一関、奥州、金ケ崎、平泉の4市町などでつくる実行委員会が進めてきた。佐藤晄僖委員長は「多くの住民に図柄入りナンバーを付けてもらえるよう活動を続けたい」と話した。
     
    賞金5万円を受け取った渋谷さんは、一日で描き起こしたと言い「(デザインの経験は)寺の祭り用ポスターを手掛けてきた程度。信じられない」と話した。

    配信2017年11月14日火曜日
    河北新報
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171114_33041.html


    【ピカピカに輝くデザイン 黄金の平泉ナンバープレート 来年10月にも交付】の続きを読む

    このページのトップヘ