乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2017/07/19(水) 21:43:53.39 ID:CAP_USER

    究極のクリーンエネルギー”
    水素は、よく、そう表現されます。二酸化炭素を出さない次世代エネルギーの本命とも言われます。ただ、今、日本で利用されている水素エネルギーは、実は製造過程で二酸化炭素が発生し、理想を完全には実現できていません。さらに期待したほど普及が進まず、厳しい現実に直面しています。“水素社会”は本当にやってくるのでしょうか。

    今月、トヨタ自動車と東芝が、相次いで水素の新たな事業を発表しました。目指すのは二酸化炭素ゼロの究極の水素を作り出す取り組みです。

    トヨタが始めたのは風力発電。神奈川県などと共同で、横浜市にある風力発電所に水素の製造装置を作りました。CO2を出さない風力の電気を使って、水を電気分解して水素を取り出します。できた水素は近くの工場のフォークリフトの燃料に利用します。一方、東芝は太陽光発電です。やはりCO2を出さない太陽光の電力で水から水素を取り出し、工場や港で動く車の燃料にします。

    実は、今、日本で使われている水素の多くは、天然ガスから取り出す方法で製造されています。しかし、これだと、製造過程でCO2が排出されてしまいます。トヨタと東芝の試みは、水素の製造から利用まで一貫してCO2を出さないことがアピールポイントです。

    東芝の次世代エネルギー事業開発プロジェクトチームの大田裕之統括部長は「世界のエネルギー需要を見ても、二酸化炭素をどう減らすかが課題になっている。それを解決できるのが水素だ」と強調していました。
    no title


    日本の大手企業が、なぜ、相次いで、こうしたアピールを行ったのでしょうか?

    1つには、水素が思うように普及しないという焦りがあります。水素が次世代のエネルギーとして大きく注目されるようになったのは2002年。トヨタとホンダが、水素を燃料にする燃料電池車のリース販売を開始したことでした。

    燃料電池車は、燃料の水素と空気中の酸素を使って電気を起こし、それをエネルギーに走る車。排出されるのは水だけです。2年前には、トヨタは一般の消費者向けに燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の販売を開始。エコカーの“本命”がいよいよ登場、と期待が高まりました。

    しかし、「MIRAI」のメーカー希望小売価格は723万円(補助金含めず)と高額で、なかなか手が出ないのが正直なところ。これまでに国内で売れたのは1770台です。水素を補給する水素ステーションも建設費用が高く、思うように整備が進んでいないのが現状です。

    量産できれば車の価格も下がり、もっと買いやすくなるし、水素の消費も増える。そうすれば水素ステーションも採算が合い、あちこちで整備が進む。残念ながらそういう好循環はまだ起きていません。トヨタの友山茂樹専務も「いかに使い手を増やしてコストを下げていくかが課題だ」と話しています。

    燃料電池車の普及が進まない中、エコカーとして一気に存在感を高めたのが電気自動車(EV)です。

    電気自動車のリーダー的メーカー、アメリカのテスラ・モーターズの株式の時価総額が、4月にGM=ゼネラル・モーターズを一時、上回り、話題をさらいました。電気自動車の今の勢いを物語るエピソードです。

    世界最大の自動車市場・中国では、電気自動車を優遇する国家戦略が進んでいます。ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンは2025年までに30車種以上の電気自動車を販売すると宣言。今、世界的な“EVシフト”が進んでいます。

    燃料電池車は、“車の中”で電気を作ります。それに対して、電気自動車は、“車の外”から電気を入れます。どちらも電気で動くエコカーという点では共通していますが、コストが大きく違います。それが電気自動車リードの大きな理由です。

    自動車メーカーや各国の政府が今すぐ普及できる次世代のエコカーを考えたとき、車体の価格で見ても、充電器の整備などインフラ整備の手間を見ても、現時点では、電気自動車に軍配があがるのは間違いありません。
    http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0719.html


    スポンサーリンク

    【【トヨタ】“水素社会”は本当にやってくるのか?普及が進まず、厳しい現実】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    i1kzm0rkkzw3tg-1-1
    1: 2017/07/14(金) 13:12:14.94 ID:A5A20NBg0● 

    発売日が10月19日に決定! PS VR対応の『グランツーリスモSPORT』いよいよです

    待望のGTシリーズ最新作、ついに。

    グランツーリスモシリーズの最新作にして、シリーズ初のPS4作品となる『グランツーリスモSPORT』の
    国内発売日が2017年10月19日に決定しましたよ。

    この発売日決定に伴い、公式サイトとYouTubeでは発売日告知トレーラー動画も公開されています。


    Video: GRAN TURISMO TV/YouTube
    本作は4K、60fps、HDR対応。4K出力にはPS4 Proと対応テレビが必要となりますけど、逆にこのタイトルのためなら、
    PS4 Proやテレビは揃えたる! と気合の入った人も多いのかもしれません。追求されたリアリティを体験するには、
    環境を見直すだけの価値があると思うんですよね。また、PlayStation VRにも対応し、自分視点でレースの
    臨場感を味わうことができますよ。こっちのプレイも体験してみたい!

    価格は通常版が6,900円(税別)、初回生産限定の「リミテッドエディション」が9,900円(税別)。
    リミテッドエディションにはスペシャルブックレットや、ゲーム内で「カーパック」などがダウンロードできる
    プロダクトコードが同梱されます。

    http://www.gizmodo.jp/2017/07/ps4-gt-sport-19th-october.html


    スポンサーリンク

    【「グランツーリスモSPORT」 10月19日に発売決定!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 54コメント

    daimler

    1: 2017/07/19(水) 06:49:00.66 ID:q1lhk1ry0 

    【フランクフルト=深尾幸生】独ダイムラーは18日、欧州で300万台以上のディーゼル車を無償で修理すると発表した。2億2千万ユーロ(約280億円)を投じる。来週から順次始める。
    同社は12日に100万台以上のディーゼル自動車で違法な排ガス操作をしていた疑いがあると報じられた。
    早期に対策を打ち出し、事態の沈静化を狙ったものとみられる。

    ディーター・ツェッチェ社長は声明で「世の中のディーゼルを巡る議論で顧客を不安にさせてしまっている。ディーゼル車の運転手を安心させる措置だ」と述べた。

    ダイムラーは独フォルクスワーゲン(VW)の不正発覚後、排ガス制御装置を修正するため独自に24万7千台をリコール(回収・無償修理)していた。
    今回の措置はその延長線上にあるという。最新の排ガス規制の「ユーロ6」と一世代前の「ユーロ5」に対応したディーゼル車のほぼ全てが対象になる。

    有力紙「南ドイツ新聞」は12日、ダイムラーが2008年から16年までに欧州と米国で販売した主力車種が規制を大きく超過する有害物質を排出し、検察が調べていると報じていた。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC18H1I_Y7A710C1000000/


    スポンサーリンク

    【ドイツのダイムラーがベンツなど300万台リコール VWと同様の排ガス不正】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    1: 2017/07/17(月) 17:03:30.42 ID:jo8fFv5M0 

    no title


    24歳の時に初代シーマを購入した伊藤かずえさん。それから25年間乗り続け、走行距離はなんと25万㎞超え! 地球を6周したことになるんだとかーー。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170703/Myjitsu_025284.html
    no title


    スポンサーリンク

    【お前ら何万キロまで行った?伊藤かずえが「初代シーマ」にかけるこだわり 乗り続けて25年 25万㎞超!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2017/07/18(火) 08:51:06.50 ID:CAP_USER9

    趣味を存分に楽しむなら、遊び道具は満載で出かけたいし、だからってクルマの走りだって忘れたくそんなワガママを叶えてくれる粋なクルマを紹介しよう。

    ■ 今時のスーパーカーは遊び道具も運べる!

    スーパーカーといえば走りに特化したマシンを想像するかもしれないが、家族4人が無理なく乗れて、積載性も確保したモデルも存在する。
    ポルシェ『パナメーラ』はゴルフバックを横積みにしても余裕がある広い荷室と圧倒的な速さを両立。
    ターボモデルなら時速100kmまでわずか3.8秒で加速する。

    写真:ポルシェ パナメーラ 価格:1162万円~(ターボ 2377万円~ )
    no title


    スーパーカーの代名詞、フェラーリからはハッチバック『GTC4ルッソ』が登場。
    心臓部は伝統のV12エンジンで、最高速度は時速335kmに達するが、荷室も広く後部座席を前に倒せばサーフボードも余裕で載る。

    写真:フェラーリ GTC4ルッソ 価格:3470万円~
    no title

    no title


    もう一つのイタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニからはなんとSUVが2018年発売予定。
    800馬力のエンジンにフルタイム4WD、ターボやハイブリッドモデルの用意など、様々な展開が予想されている。
    SUVにランボルギーニらしさがどう吹き込まれるか注目だ。

    ランボルギーニ ウルス 予価:2280万円~
    no title


    http://news.livedoor.com/article/detail/13349499/


    スポンサーリンク

    【ランボルギーニからSUVが登場 家族にも優しい今時のスーパーカー】の続きを読む

    このページのトップヘ