乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2018/01/11(木) 21:58:21.88 ID:CAP_USER

    アウディジャパン(東京)は11日、高度な自動運転技術を搭載した旗艦車「A8」の新型モデルを今年半ばに発売すると明らかにした。2020年までにスポーツタイプ多目的車(SUV)の電気自動車(EV)も投入し、高まる輸入車人気に対応する。

     斎藤徹社長が東京都内で記者会見した。高級モデルである「A7」と「A6」の新型車も年内に発売すると説明し「ブランドの認知度を高めたい」と意気込んだ。

     A8は、一定の条件下でドライバーに代わり自動で走る「レベル3」と呼ばれる技術を備えているのが売り。ただ法律が整備されていないため、当面は現行の他メーカーの自動運転車と同様、ハンドルなど複数の操作を自動化する「レベル2」にして販売する。

     SUVタイプのEVは中国などで人気だが、国内市場では珍しい。20年までに二つのモデルを導入する予定という。

     国内市場では高額な輸入車の人気が高まっている。
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180111/bsa1801111722008-n1.htm
    no title


    【アウディが新型A8を年半ばに発売 EVのSUVも投入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント

    1: 2018/01/12(金) 20:26:08.80 ID:Gw5jQUU30 

     1月12日、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)において「東京オートサロン 2018」が開幕した。東8ホールにブースを設けるトヨタ自動車は、
    TOYOTA GAZOO Racingをメインとした展示を行なっている。

     開幕直後に行なわれたプレスカンファレンスにおいてアンベールされたのが、世界初公開となる「GRスーパースポーツコンセプト」と、
    開発に使用されるテストカーだ。

     GRスーパースポーツコンセプトは、ハイパワーと環境性能を両立した次世代のスーパースポーツカー。パワーユニットはWEC
    (FIA世界耐久選手権)に参戦中の「TS050 HYBRID」で使用されているV型6気筒2.4リッターツインターボチャージャーエンジンを
    核とした「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」を搭載する。最高速度などは開発中のため非公開となっている。

    GRスーパースポーツコンセプト

    エンジン型式 V型6気筒直噴ツインターボチャージャー
    エンジン排気量 2400cc
    パワーユニット最高出力 735kW/1000PS(エンジン+ハイブリッドモーター)
    ハイブリッドシステム THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)
    フロントホイール 18×13J
    リアホイール 18×13J
    フロントタイヤ 330/710 R18
    リアタイヤ 330/710 R18

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2018autosalon/1100811.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタ「これが次世代のスーパースポーツカーだ!」GRスーパースポーツコンセプトを世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2018/01/12(金) 08:39:35.70 ID:4I44YRfx0 

    駐車場でドアミラーたたむ? そもそもなんのための電動なのか

    ドアミラーをたたむ習慣、いつから?

    駐車する際にドアミラーをたたむ、という人が少なくありません。スイッチひとつでたためることもあり、インターネット上では
    「たたむのがマナー」という意見も見られます。

    世界で初めて電動格納式ドアミラーが搭載された、1984年発売の日産「ローレル」C32型
    no title


    しかしながら、ドアミラー車でも、電動でたためる機構がない車種もあります。そもそもかつては、ボンネット付きの車両においては、
    ボンネットに据え付けられたフェンダーミラーの設置が法令で定められており、これが改正されドアミラーが解禁されたのは
    1983(昭和58)年のことです。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00010000-norimono-bus_all


    【駐車場でリモコン式キーによってミラーを折りたたむ意味があるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2018/01/11(木) 12:42:18.05 ID:CAP_USER9

    http://sp.yomiuri.co.jp/national/20180110-OYT1T50064.html

    名古屋市消防局は13、14日、国内に唯一現存するとされるドイツのメルセデス・ベンツ社製のはしご車の特別展示を行う。

     国産のはしご車がなかった1935年、高層化が進んだ市中心部の消防体制を強化するため、中消防署に配置され、68年までの33年間活躍した。

     老朽化が進んでいたが、広報車などとして活用するため、2016年から中日本自動車短期大学(岐阜県坂祝町)で修復作業が進められており、手動式サイレンを鳴らすことができるようになった。将来的には自走することを目指している。

     名古屋港ガーデンふ頭・ジェティ広場(港区)で行われる特別展示ではエンジンルームや運転席内の修理状況のほか、ボンネットやヘッドライト、エンブレムなどを見ることができ、修復過程ならではの展示となる。サイレンの体験や当時の写真パネル展示も行われる。また、このはしご車をあしらった「消防カード」を限定配布(2日間で計700枚)する。

     両日とも午前9時半から午後2時まで。

    no title


    【国内に唯一現存、メルセデス・ベンツ製はしご車を特別展示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2018/01/11(木) 21:09:21.85 ID:+yhT5chp0 

    ルノーは、新型『メガーヌR.S.』のベース価格を3万7600ユーロ(約502万円)に設定すると発表した。欧州では、2月から受注を開始する予定。

    同車は、新型『メガーヌ』をベースに、ルノーの高性能車部門、ルノースポールが開発を手がけた新型メガーヌの最強グレード。
    エンジンは、先代よりも排気量を200cc縮小した直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ。それでも、最大出力は280hp/6000rpm、最大トルクは39.8kgmと、先代を7hp、3.1kgm上回る。

    新型メガーヌR.S.には4輪ステアリングの「4CONTROL」を採用。これは、リアアクスルに取り付けられた電磁アクチュエータによって、
    ステアリングを補助できるようにする4輪操舵システム。車両の機敏性、コーナリング性能、ステアリング精度などを向上させる。

    トランスミッションは、6速MTまたはパドルシフト付き6速デュアルクラッチの「EDC」。エアロダイナミクス性能は、先代比で大きく引き上げた。
    なお、ルノーは、4CONTROLは新型メガーヌR.S.がセグメント初の装備、としている。

    また、新型には、2種類のシャシーを設定。ハイパフォーマンスと乗り心地を日常使用で両立させたスポーツシャーシと、
    究極のサーキットパフォーマンスを提供するように設計されたカップシャシーのどちらかが選択できる。

    https://response.jp/article/2018/01/11/304589.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
     


    【新型『メガーヌR.S.』 500万円 これならシビック選ぶわ】の続きを読む

    このページのトップヘ