乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    1: 2018/11/19(月) 09:58:14.42 ID:CAP_USER9

    読売新聞 2018年11月19日 08時41分

    政府は、皇太子さまの即位を内外に示す来年秋の「即位礼正殿の儀」当日のパレードで使うオープンカーを、国内自動車メーカーに新たに発注する方針を固めた。

    新しい天皇、皇后両陛下が国民の祝福を受けるパレード「祝賀御列の儀」は、来年10月22日に予定される正殿の儀終了後、皇居から東宮御所(東京・元赤坂)まで行われる。

    平成の代替わりに伴う1990年のパレードでは、政府が英国車ロールス・ロイスの黒いオープンカーを約4000万円で購入。93年の皇太子ご夫妻の結婚パレードでも使われた。
    だが、年式が古くなり、現在は走行不能の状態だ。「車の登録を抹消して参考用として保存している」(宮内庁)という。

    政府は英国車の修理も検討したが、費用がかさむことが分かり、新たに購入する方が望ましいと判断した。発注先のメーカーは今後、検討する。

    皇太子さまと雅子さまの結婚パレードで使われたロールス・ロイス。宮殿前広場で(1993年6月9日撮影)
    no title


    https://www.yomiuri.co.jp/national/20181118-OYT1T50123.html?from=ytop_photo


    【【皇室】政府、新天皇即位パレードで使う国産車発注へ・・・今まで使用していた英国車「ロールス・ロイス」が走行不能の為 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2018/11/17(土) 09:22:25.30 ID:CAP_USER

    no title


    中国の江蘇省連雲港市でこのほど、乗用車のタイヤが4つ全て盗まれる事件が発生。犯人がタイヤを盗んだ理由は、警官も失笑してしまうほどにおかしなものだった。11月13日付で中国メディア・未来網が伝えた。

    今月2日深夜、同市の駐車場に止めてあった車からタイヤが4つ盗まれた。被害者は犯人に心当たりがなく、警察は付近の監視カメラから容疑者の車両を特定。その後盗まれたタイヤ4つを無事取り返した。

    拘束された男は動機について、「友人に愛車のタイヤとホイールがダサいとからかわれたから」と語っており、愛車と同じメーカーの韓国車からタイヤとホイール盗み自分の車に装着したという。

    (出典:https://www.youtube.com/watch?v=Bhw15zJoNoA




    2018.11.15
    https://videoclip.club/china/31120/


    【【悲報】韓国車に乗った中国人「愛車のホイールがダサいと言われたから盗んだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/11/18(日) 17:45:38.29 ID:CAP_USER9

    2018年 マカオGP FIA F3ワールドカップの決勝レースで、女性ドライバーのソフィア・フローレシュ(Van Amersfoot Racing)が大クラッシュ。レースは赤旗中断となっている。

    レースはオープニングラップでリスボアでクラッシュがあり、セーフティカーが導入。4周目からレースは再開された。しかし、再開直後にリスボアで大クラッシュが発生。ソフィア・フローレシュのマシンが宙に浮き、ガードレースを乗り越えてフェンスに直撃。

    現地観戦者がTwitterにアップした動画では、後ろ向きになってドライバー側の面から奥のフェンスにクラッシュしている。タイミングモニターではソフィア・フローレシュのスピードは276.2km/h。リプレイ映像などが放送されることはなく、ドライバーの安否が懸念される。

    ソース/F1-Gate
    https://f1-gate.com/macaugp/movie_46078.html

    動画(閲覧注意)



    ドライバーは無事だったとのこと
    また、マーシャルとリポーターが負傷
    【【衝撃】マカオGPでレーシングマシンが宙を舞う大クラッシュしてしまう(※動画あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    mazda-and-toyota-logos_100616812_l

    1: 2018/11/18(日) 06:04:31.02 ID:CAP_USER9

    トヨタとマツダ、米で新工場着工…地域貢献期待
    2018年11月17日 21時11分
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181117-OYT1T50102.html

     【ニューヨーク=有光裕】トヨタ自動車とマツダは16日、米南部アラバマ州で新工場の建設工事を始めたと発表した。建設費は総額約16億ドル(約1800億円)、年間生産能力は約30万台で、2021年の操業開始を目指す。

     新工場で、トヨタは小型セダン「カローラ」を、マツダはスポーツ用多目的車(SUV)を、それぞれ生産する予定だ。北米トヨタのジム・レンツ最高経営責任者(CEO)は、「米国やアラバマへの大規模な投資による明るい未来の到来が待ちきれない」とのコメントを発表した。
     トランプ米大統領は、対日貿易赤字の大きな原因を自動車分野とみて、米国での生産拡大を求めている。トヨタとマツダは、新工場の稼働で4000人の新規雇用を見込んでおり、地域経済への貢献もアピールしていく考えだ。


    【トヨタとマツダ、米で新工場着工…地域貢献期待 2021年の操業開始を目指す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2018/11/17(土) 22:56:15.21 ID:CAP_USER

    独フォルクスワーゲン(VW)が電気自動車(EV)の会社へ変身すべくアクセルを踏み込んだ。16日、2023年までの5年間でEVなど電動化の分野に300億ユーロ(約3兆8500億円)を投資する計画を発表した。電池の自社生産にも乗り出し、25年までに欧州生産の2割をEVに転換する。VWの賭けは成功するのか。

    「VWをeモビリティーのナンバーワンにする」。ウォルフスブルクの本社で開いた記者会見でヘルベルト・ディース社長は言い切った。「VWはディスラプト(破壊)されるのではなく破壊する側になる」

    19~23年に電動化と自動運転、デジタル化の3分野に440億ユーロ(約5兆6000億円)を投資する。なかでも電動化は約3分の2を占める。これまで3分野への投資計画は5年間で340億ユーロだったが、新しい計画では1年あたりの平均額を約3割積み増す。

    この計画には連結対象ではない中国は含んでいない。中国では同日、19年に電動化などに40億ユーロを投資すると発表。20年までに30車種のEVと充電が可能なプラグインハイブリッド車(PHV)を投入する。

    ドイツでは19年からEVを量産する東部のツウィッカウ工場に加え、独北部エムデン工場を22年にEV専用工場に刷新する。商用車ではハノーバー工場で「ワーゲンバス」の現代版「I.D.BUZZ」を生産する。ディース社長は「25年に欧州生産の17~20%がEVになる」と語った。

    エムデンやハノーバーでのEV転換では、将来性のあるEV生産を任す代わりに、人員の自然減で人件費を減らす「取引」を従業員代表と成立させた。エムデンで生産している中型車「パサート」はチェコの工場に移し全体でコストを下げる。

    長い間、「可能性を検討する」としていた電池の自社生産でも踏み込んだ。最終決定はしていないが、韓国のエネルギー大手SKイノベーションと合弁でセルを生産する可能性が高いという。

    ディース氏は「23年までに年間150ギガワット時の電池容量が必要だが現在欧州の生産能力は20ギガワット時しかない」と指摘し、安定調達の必要性を強調した。

    環境規制に対応するためにEVが必要なのは間違いないが、消費者は受け入れてくれるのか。ディース氏は質問に「いまはまだEVのシェアは小さいが、次の2年間で大きく変わる。消費者はEVにあらがうことが難しくなる」と答えた。

    19年に量産を始めるVWの新しい世代のEV「I.D.」シリーズは満充電での走行距離が最大550キロメートルで価格は現在のディーゼル車と同等になる。「MEB」と呼ぶEV専用の車台をグループ全体で使い、規模の利益を追求する。

    VWの新計画は独ダイムラーや日産・仏ルノー・三菱自動車連合などEVに積極的な他社と比べても突出している。既存車で世界一を争うトヨタ自動車は、充電インフラの不足や電池の劣化などの課題が解決されていないとしてEVには慎重姿勢だ。VWのEVへの傾注は大きなリスクもはらむが、競合他社の戦略に影響を与えそうだ。
    vw

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37904470X11C18A1EA5000/


    【VW、EV会社に変身 5年で3.8兆円投資】の続きを読む

    このページのトップヘ