乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2017/11/15(水) 12:19:20.00 ID:CAP_USER9

    no title


    FCA ジャパンは、フィアット「パンダ」の4WDモデル「パンダ 4×4(フォーバイフォー)」を、11月18日に100台限定で発売する。価格は251万6400円。

    パンダ 4×4は、標準グレード「Easy」と比べて全高を65mmアップするなど走破性を高めた専用のエクステリアデザインを採用したモデル。最高出力63kW(85PS)/5500rpm、最大トルク145Nm(14.8kgm)/1900rpmを発生する直列2気筒 0.9リッターターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速MTを組み合わせ、駆動方式は4WDとなる。

    パンダ 4×4専用の「フロント/リアバンパー」「15インチアロイホイール」を装備するほか、「ELD(電子制御式ディファレンシャルロック)」「センターコンソール収納」を採用した。

    インテリアでは、チタングレーの専用インストルメントパネルのほか、ダークグレーとグリーンを組み合わせたバイカラーのシートを採用。

    ボディカラーは「タスカン・グリーン」の1色となる。 Car Watch,編集部:椿山和雄

    配信11/14(火) 21:29
    Impress Watch
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000132-impress-ind


    【フィアット、直列2気筒ターボと6速MTの4WDモデル「パンダ 4×4」 11月18日発売 お値段251万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    main_img01
    1: 2017/11/15(水) 08:15:24.53 ID:CAP_USER9

    日産工場、ISO認証取り消し 6工場の国内向け生産
    11/15(水) 5:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000005-asahi-bus_all

     日産自動車の無資格検査問題で、品質管理の仕組みが適正であることを示す国際基準「ISO規格」の認証機関が、日産の国内全6工場の国内向けの生産に関する認証を取り消したことがわかった。日産が近く公表する報告書の内容次第では、追加の調査や輸出分に関しての取り消しに踏み切る可能性がある。

     対象となるのは、追浜工場(神奈川県横須賀市)、栃木工場(栃木県上三川町)、日産九州(福岡県苅田町)、日産車体(神奈川県平塚市)、同社傘下のオートワークス京都(京都府宇治市)、日産車体九州(福岡県苅田町)の6工場。

     ISO規格は、世界中で同じ品質の製品をつくれるよう、スイスに本部を置く国際標準化機構が定める。製品を対象にする規格のほか、組織の品質管理の仕組みに対する規格もある。認証機関が審査する。


    【日産工場、ISO認証取り消し 6工場の国内向け生産】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    logo
    1: 2017/11/14(火) 16:41:46.03 ID:CAP_USER9

    トヨタの先進技術統括部チーフプロフェッショナルエンジニア、葛巻清吾氏が内燃機関を持った車は間もなく死ぬと予測した。車情報サイト「Autocar」が報じた。

    葛巻氏によると、内燃機関のみを搭載した車からハイブリッド車や電気自動車への完全な移行は2050年までに起きる。

    葛巻氏は、2050年までには2010年から比べてCO2排出量を90%減らすとした上で、達成のため2040年までに、内燃機関のみを搭載した車の出荷が終了すると指摘した。

    配信 2017年11月14日 01:55
    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/science/201711144274307/


    【トヨタ、間もなく内燃機関は死ぬと予測 先進技術統括部CPE葛巻清吾氏】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2017/11/14(火) 01:54:52.83 ID:zM7b25wK0 

    請求書を見て驚愕

    エンジンオイルを交換するため、店に車を預けていた、がわっち(@gawacchi)さん。
    請求書の『作業内容及び使用部品名』の欄に、通常なら考えられないことが書いてあったのです!

    実際の画像をご覧ください。
    no title


    なぜ、エンジンルームに柿が…。しかも2個も!

    車の請求書を見て、多くの人が驚きの声を上げました。
    ・柿が入っているなんて、そんなことがあるとは…。
    ・猫は柿を持ち込まないだろうし、何か別の動物が侵入しているのかも。
    ・やっぱり車に乗る前に、『猫バンバン』しないと危ないですね。

    請求書には「エンジンルームに動物が侵入している」と、車を点検した人のコメントも書かれています。
    今回は、柿が2個入っているというビックリするだけの話で済みましたが、動物が入っていたらと思うとゾッとします。
    寒い季節になったら、車に乗る前にまず『猫バンバン』。さまざまな動物の命を守るためにも、習慣化するようにしましょう。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13880949/


    【「ただ今無料でエンジンルーム点検してます^^」 「そか、ほな頼むわ」 ⇒ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    1: 2017/11/13(月) 22:29:44.88 ID:CAP_USER9

    13日午後1時50分ごろ、松山市内で「車に当て逃げされた」との110番通報が複数あった。
    逃走車はパトカーなど数十台に追われながら、車の走行が禁止されている市中心部の商店街を走行するなど約50分間走り続けた。
    愛媛県警は道路交通法違反(転回禁止)の疑いで、今治市立花町3の会社員、在間亮平容疑者(41)を現行犯逮捕した。
    「いろいろなストレスがあり自暴自棄になった」と容疑を認めているという。

    県警松山東署によると、午後2時40分ごろ、松山市大手町1の県道の転回禁止区域でUターンした後に車から降りてきた在間容疑者を、
    駆け付けた署員が取り押さえた。逃走中、車は道路を逆走したり、看板などに衝突したりしたほか、自転車に乗った60代女性と接触した。女性は軽傷という。

    後部座席には在間容疑者の母親が乗っていた。同署は、当て逃げや女性へのひき逃げの疑いでも調べる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000066-mai-soci
    no title


    【【松山車暴走】在間亮平容疑者「いろいろストレスがあり自暴自棄になった」…母親を後部座席に乗せ50分間カーチェイス 】の続きを読む

    このページのトップヘ