乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 76コメント

    1: 2019/09/17(火) 14:50:34.43 ID:UiAtR3s99

    2019年9月17日 発売
    カローラ:193万6000円~294万8000円
    カローラ ツーリング:201万3000円~299万7500円
    カローラ スポーツ:216万9200円~282万4800円

    トヨタ自動車は9月17日、新型セダン「カローラ」、新型ステーションワゴン「カローラ ツーリング」を発売した。価格はカローラが193万6000円~294万8000円。カローラ ツーリングが201万3000円~299万7500円。また、合わせて同じカローラシリーズのハッチバックモデル「カローラ スポーツ」の一部改良も実施した。価格は216万9200円~282万4800円。なお、それぞれ価格は消費税10%を含むもの。

    カローラは1966年11月に初代モデルが発売されて以降、半世紀以上にわたって生産が続けられているトヨタのロングセラーカー。歴代モデルではセダン以外にもステーションワゴン、ハッチバック、クーペ、ミニバンなどさまざまなボディバリエーションを派生モデルとして生み出し、世界の150以上の国や地域で販売を実施。累計販売台数は4750万台以上を数えている。

    12代目となる新型カローラは、車名を先代まで2世代にわたり使用した「カローラ アクシオ」からカローラのみに変更。同じくステーションワゴンでは車名を「カローラ フィールダー」からカローラ ツーリングに変更した。車両の土台となるプラットフォームには、2015年12月に発売された4代目「プリウス」から本格導入が開始されたトヨタの新しいクルマづくり「TNGA(Toyota New Global Architecture)」から生み出されたグローバル共通プラットフォーム「GA-C」を採用。これを受け、ボディは従来までの5ナンバーサイズから3ナンバーサイズに拡大している。

    なお、先代モデルのカローラ アクシオとカローラ フィールダーも装備の一部見直しなどを行ないつつ、「EX」「EX HYBRID」の2グレードを継続販売する。

    以下ソース先で

    新型「カローラ」
    no title

    no title

    no title

    no title

    新型「カローラ ツーリング」
    no title

    no title

    一部改良した「カローラ スポーツ」
    no title

    no title


    2019年9月17日 13:12
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1207577.html


    【トヨタ、3ナンバー 新型「カローラ」「カローラ ツーリング」発売 1.2リッター直噴ターボ+6速MT車も お値段193万円~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    74892306

    1: 2019/09/16(月) 22:55:49.60 ID:bOQJqB7t0 BE:194767121-PLT(12001)

    “クルマ離れ”阻止の救世主『SUV』の人気の秘密
    https://npn.co.jp/article/detail/74892306/


    【高い位置で乗れる車って(女性が股を広げなくていい為)女性に好評なんだよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    hyouhen_car_drive

    1: 2019/09/17(火) 06:41:25.24 ID:H11SD5Qj0● BE:842343564-2BP(2000)

    26年連れ添った夫と熟年離婚、原因は“あおり運転”もする夫のキレやすい性格

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190916-00049020-otonans-soci&p=1

    「絶対に結婚してはいけない男」とは、どんなタイプだと思いますか。何はともあれ「キレやすい人」だと思います。現在、あおり運転が社会問題になっていますが、
    あおり運転をしたり、あおられたからといって逆上してあおり返したり、さらに、相手に危害を加えたりするような人は、皆「キレやすい人」。キレた時点で、正常な判断ができなくなっているのです。

    「26年間、キレる夫に我慢してきました」

     先日、吉田芙美子さん(50歳、仮名)が、婚活相談にやってきました。

    「先月、26年連れ添った夫との離婚が成立しました。我慢に我慢を重ねた結婚生活でした。上のお姉ちゃんは既に社会人、下の妹も今年の春に大学を卒業して就職できたので、やっと離婚の決断ができました」

     26年もの間、何をそんなに我慢してきたかというと、夫がささいなことでキレる人だったから。それに耐えてきたのは、シングルマザーになって経済的に困窮するよりも、自分が我慢することで、子どもの教育にはちゃんとお金をかけてあげたかったからだといいます。

    「夫は私の言動にはキレるのですが、娘たちのことは猫かわいがりで、たとえ娘たちの言動でキレたとしても、罵詈(ばり)雑言のターゲットは私なんです。だから『私が我慢すれば』と思ってしまったんですね」

    「ボケ!」「この役立たず」「この世から消えろ」「俺をこんなに怒らせやがって、どうしてくれる」。26年間、浴びせられた罵詈雑言は数知れず…。

     しかし、キレやすい性格さえ除けば「ギャンブルはやらない」「お酒はたしなむ程度」「女性関係には無縁」という、真面目を絵に描いたような人。会社も一部上場企業で給料も安定していたし、高給取りでした。

     では、どんなことでキレるのでしょうか。

    「それは、もう本当にささいなことなんですよ。例えば、夫が会社に行く前に食べる翌朝のパンを私が買い忘れたとか、日曜日は18時にご飯を食べるのが習慣なのに、18時までにテーブルに食事が並んでいなかったとか。
    自分の中で決めているルールがあって、それを私が守らないとその瞬間にキレるんです」

     あおり運転の常習者であったともいいます。

    「とにかく『自分ルール』の人なので、狭い道で幅寄せされたり、割り込み運転をされたりしたら大変でした。『チッ』と舌打ちをしたり、『ウリャー!』と大声を上げて同じことをやり返したりする。いったんキレると怒りがどんどん増幅していって、もう止まらなくなるんです」


    【キレやすく煽り運転する夫に我慢の26年。ついに離婚の決意した50歳妻】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2019/09/16(月) 08:32:31.80 ID:TvzKDVCL0● BE:659060378-2BP(8000)

    京都府警のパトカーが高速道路上を145km/hで走行中に、
    オービスに捕捉されて、
    運転していた警察官が兵庫県警に検挙されるという珍事が起きました。
    取締り地点の法定速度は80km/hでしたが、
    パトカーの緊急時最高速度は100km/hであるため、
    45km/hオーバーで御用ということになりました。

    画像
    no title


    【【悲報】パトカーがスピード違反で逮捕される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2019/09/16(月) 17:24:16.10 ID:nWeBlC/a0● BE:842343564-2BP(2000)

    コンビニに車が突っ込み「2人」がケガ 『スリップして突っ込んだ』 大阪市・大正区
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-15503402-kantelev-l27

    16日午後、大阪市大正区のコンビニエンスストアに車が突っ込み、2人がけがをしました。

    【店内にいた女性】
    「ドーンっていうのと、ガシャーンっていう音が同時にした感じ。(運転手は)降りてきたと思う。頭から血を流して歩いていく感じ」

    午後1時半ごろ、大阪市大正区の「デイリーヤマザキ大正店」に車が突っ込みました。当時、店には客と店員の2人がいましたが、客の女性が倒れてきた棚で軽いケガをしました。

    また、車を運転していた20代の男性がケガをして病院に搬送されたということです。

    警察の調べに対し運転手の男性は「運転を誤って、スリップして突っ込んだ」と話していて、警察は詳しい事故の原因を調べています。


    no title


    【【画像】コンビニにランエボが突っ込んで2人怪我。「タイヤが滑った」】の続きを読む

    このページのトップヘ