乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    57125370dd08957d118b48b1-750-375
    1: 2018/09/14(金) 11:08:58.27 ID:CAP_USER9

    独VW、「ビートル」製造を2019年に終了 小型車の象徴的存在

     [13日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は13日、コンパクトカー「ビートル」の製造を2019年に終了すると発表した。
     大衆向け電気自動車(EV)の製造準備に軸足を移す。

     ビートルのオリジナルモデル「タイプ1」は1930年代に開発。
     ヒトラーの肝いりで生産された時代を経て、第二次大戦後は民主的な製造業の中心地として生まれ変わったドイツ再生の象徴とされるようになった。

     60年代には、戦後のベビーブーム世代において「スモール・イズ・ビューティフル」の象徴的存在だった。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    ロイター 2018年9月14日 9時14分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15304087/


    【【悲報】独VW、「ビートル」製造の終了を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    1: 2018/09/14(金) 07:00:54.48 ID:s9hRalyH0● 

    吉澤ひとみ容疑者 “飲酒運転”で被害者を吹っ飛ばす決定的瞬間
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180914-00010000-friday-soci
    左の写真を見て欲しい。道路側の信号が赤になり、歩行者らが横断歩道を渡ろうとしたその瞬間。
    手前から信号無視をした白いミニバンが猛スピードで突っ込んできて、自転車に乗っていた20代前半の女性に激突した。

     これは9月6日の午前6時57分、山手通りの東中野駅近くで発生した事故を記録した画像だ。車を運転していたのは、元『モーニング娘。』のリーダー・吉澤ひとみ容疑者(33)。
    FRIDAYは、彼女の悪質なひき逃げを捉えた決定的なドライブレコーダー映像を入手した。

     現場に居合わせ、事故を目撃したという人物はこう証言する。

    「事故の瞬間は、パニックで何が起きたかわかりませんでした。急に車が横断歩道に進入してきて、『ドーン!』という大きな衝撃音が鳴ったんです。そのまま、自転車に乗っていた人がはねられました。
    巻き添えを食って、別の歩行者もすごい勢いで路上に放り出された。事故を起こした車は、猛スピードで逃げていきました。ブレーキをかけたような雰囲気はなかったですね。あの衝撃音からすると、打ち所が悪ければ死亡事故にすらなりかねなかったと恐ろしくなります」

     事故の15分後、吉澤容疑者は「自転車をひいた」と自ら通報。そのまま自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで逮捕された。元アイドルが起こしたひき逃げ事件とあって、報道直後から日本中で驚きと失望の声があがっている。

    「吉澤容疑者は、事故後の捜査員とのやり取りにも罪悪感が見受けられなかったといいます。そのため飲酒運転は初めてではなく、日常化していたのではと疑われている。
    捜査当局は『今回の事故は悪質だ』と怒っていますよ。事故当日は練馬で朝9時半からイベントがあり、彼女は会場へ向かう途中でした。吉澤容疑者は逃走について『周囲に車が多くて停車できなかった。気が動転していた』と供述しています」(警視庁記者クラブ記者)

     だが、彼女の言葉は鵜呑みにできない。写真を見れば一目瞭然だが、事故の瞬間、吉澤容疑者の運転する車の近くに別車両は走っていなかった。停めようと思えば、停車できる状況だったのだ。

     吉澤容疑者は『モー娘。』を卒業する直前、最愛の弟を交通事故で亡くしている。
    そのショックは計り知れなかったようで、当時はスタッフとの会話もままならないほど泣き崩れたという。ところが交通事故の遺族だったはずの彼女が11年経った今、加害者となってしまったのだ。

     飲酒運転の厳罰化が進み、事故を起こせば社会的な立場は一瞬で失われる。酒を飲んで車を運転すれば、一生を棒に振ることになるのだ。そんな当たり前のことが、吉澤容疑者にはわからなくなっていたようだ。

     9月14日発売のFRIDAY最新号では、接触事故の連続写真を掲載し、事故について詳しく報じている。また、FRIDAYデジタルでは、事故をとらえたドライブレコーダーの衝撃的な映像を配信している。


    【【衝撃】吉澤ひとみ、事故の瞬間がドラレコに撮られていた・・・!(動画あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    DHVYpSqXcAAtTki

    1: 2018/09/13(木) 08:47:18.17 ID:CAP_USER9

    よもやみずから、飲酒運転をしでかしてしまうとは…。数多くの関係者が今回の事件に胸を痛めているはずだ。元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者が
    9月6日にしでかした酒気帯び運転とひき逃げ事件について、警察関係者が顔をしかめているに違いないだろう。

    その吉澤容疑者がこれまで何回も「一日警察署長」を務めていたことは今や広く知られるところ。
    出身地である埼玉県三芳町の広報大使を務め(現在は解嘱済み)、同町を管轄する埼玉県警東入間警察署にて、一日警察署長として活躍してきた。
    当時のブログでは「最近は自転車での交通事故が特に増えているそうです」などと交通安全を呼び掛けていた吉澤容疑者だが、実は飲酒運転についても啓蒙していたというのだ。

    「2016年12月10日に吉澤が『東入間地区交通安全フェア』に参加した際には、自転車の安全運転を啓蒙するチラシなどを封入した啓発グッズが1500セット用意され、
    地元のショッピングセンター・アクロスプラザ三芳にて吉澤みずからが買い物客たちに手渡していました。その中に『STOP!!飲酒運転』というおなじみの文章が入ったポケットティッシュも入っていたんです。
    まさか飲酒運転の撲滅をアピールしていた1年9カ月後にみずからが酒気帯び運転をしでかすとは、皮肉にもほどがあるというものでしょう」(芸能記者)

    同フェアで吉澤容疑者は「自転車に乗る時はヘルメットを着用して、ルールを守って走ってもらいたいなと思います」と、しっかりした口調で啓発コメントを発していた。
    しかし今回は、車に乗る時にルールを守ることができなかったようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15297784/
    2018年9月13日 5時59分 アサ芸プラス


    【【驚愕】吉澤ひとみ、「STOP!!飲酒運転」を自らグッズも配ってアピールしていた事が判明・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    16143936008_o

    1: 2018/09/13(木) 13:31:19.69 ID:CAP_USER9

    2018.9.13 13:05
    https://dot.asahi.com/dot/2018091300024.html

    「なおみ、ナイスやんか」奇妙な大阪弁で娘をコーチした父 一家はアイドル的な存在

     テニスの全米オープン優勝を果たした大坂なおみ選手(20)が13日午前、凱旋帰国。出迎えたスポンサーの日清ホールディングスの安藤宏基社長から花束を受け取ると、続いて日産の「ブランドアンバサダー」に就任した。横浜市内で開かれた会見には大勢の報道陣が詰めかけ、「大坂特需」となっている。

    【大坂選手がインスタグラムに掲載した家族との写真】

     大坂選手は日産の「セレナ」という自動車について質問されると、「知りませんでした。ごめんなさい!」と笑顔。以下は司会者との一問一答。

    ――大坂さんの運転はワイルドでは?

     No! いつも安全運転です!

    ――日産で一番好きな車があるって聞いています。

     GTRです。速い。

    ――GTR、プレゼントします。

     ありがとうございます。

    ――大坂選手は「ゲームチェンジャー」と言われていますが、どんな人がテニス界のゲームチェンジャーになると思いますか?

     私でしょうか? もしかるすると。今よりももっとランクの上にいって、ゲームチェンジャーになりたいと思います。

    ――車との思い出はありますか?

     父親が日産クエストを運転していました。ずいぶん長いこと運転していたので、子どもの頃の車との思い出かな。

    ――マイアミでGTRに乗ってどこに行きますか?

     練習します! 練習して、運転します。

    ――グランドスラムで優勝して、今後の夢は?

     年末まで頑張って、トップ5にできれば入りたいです。

     会見で父の愛車が日産のクエストだったと子供の頃の思い出を明かした大坂選手。

     3歳までは大阪市内で育った。大坂選手が幼い頃に通っていた「ICT靭テニスセンター」では、ハイチ出身の米国人である父親のレオナルド・フランソワさんがテニスの手ほどきをしたという。

     米国メディアの報道によると、大坂選手が日本で暮らしやすいように父親の名字ではなく、母親の日本名を使うようになったという。父親は大阪市内で英語講師などをしていたという。父親の元同僚がこう振り返る。


    【大坂なおみ「セレナ知りません。GTRが好き」 日産「GTRプレゼントしますね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    menkyo_old_man

    1: 2018/09/13(木) 15:12:43.16 ID:CAP_USER9

    高齢者事故多く「安全サポート車」限定免許検討
    2018年09月13日 15時01分
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20180913-OYT1T50086.html?from=ytop_top

     今年上半期(1~6月)の全国の交通事故死者数は、過去最少の1603人だったことが13日、警察庁のまとめでわかった。昨年同期を72人下回り、統計の残る1948年以降、最少のペース。一方、75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故は昨年同期より32件増え、同庁は、自動ブレーキなどの高齢者向け機能を搭載した「安全サポート車」限定免許などの対策を検討している。
     死者のうち65歳以上の高齢者の割合は、過去最多の56・6%。年齢別では75~79歳と80~84歳がいずれも196人で最多だった。
     事故の状態別で最も多かったのは「歩行中」にはねられた581人で、うち414人が65歳以上だった。65歳以上の約6割には、横断歩道外を渡る「横断違反」などの交通違反があった。
    (ここまで329文字 / 残り458文字)


    【【朗報】警察庁が高齢者向けに「安全サポート車」限定免許検討】の続きを読む

    このページのトップヘ