乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 43コメント

    1: 2017/07/15(土) 16:58:05.93 ID:CAP_USER9

     【ニューヨーク時事】消費者の「セダン離れ」が顕著な米国で、トヨタ自動車とホンダが主力セダンの全面刷新モデルを相次ぎ発売する。販売減に歯止めがかからない中、セダン市場を牙城とする2社がそろって新型車を投入し、てこ入れを図る。

     トヨタは今夏、主力の中型セダン「カムリ」の新型モデルを米国で発売する。全面刷新は約6年ぶりで、全ての部品をゼロベースで見直す力の入れようだ。競合するホンダも、10代目となる「アコード」を年内に投入する。スポーティーかつ重厚感のあるデザインで、「既存モデルの延長線上でない、新しいアコード」を目指した。

     ガソリン安や低金利を背景に、米国ではスポーツ用多目的車(SUV)など大型車への需要回帰が続く。2012年には5割だった大型車の市場シェアは、足元では6割超に拡大した。他方、燃費性能の良さが売りのセダンは苦戦し、2桁の販売減が定着している。

     トヨタの米子会社幹部は「新型のカムリとアコードがセダン市場に活力を取り戻してくれるだろう」と話しており、底が見えない中、中型セダンでシェア首位のカムリと2位のアコードに寄せる期待は大きい。

    http://www.jiji.com/sp/article?k=2017071500389&g=eco
    ホンダが年内に米国で発売する中型セダン「アコード」の10代目モデル=14日、米デトロイト(ホンダ提供)
    no title


    スポンサーリンク

    【【米国】「セダン離れ」歯止めなるか=トヨタとホンダが新型車を投入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    10101040_201512

    1: 2017/07/15(土) 04:08:23.19 ID:3uw5QYIn0● 

    クルマ旅に行くなら、
    あこがれの車でさっそうと
    出掛けたいですよね。

    Q.クルマ旅に出たくなるあこがれの車を教えてください(複数回答)

    1位 プリウス 16.7%
    2位 トヨタ86 12.0%
    3位 パジェロ 8.8%
    4位 スカイライン 8.6%
    5位 ランドクルーザー 7.6%

    ■番外編:男性の車へのこだわりは果てしない
    ・アルファード「大きな車で車中泊をしてみたい」(31歳/金融・証券/営業職)
    ・ビートル「ルパンをほうふつとさせてかっこいから」(26歳/金融・証券/営業職)
    ・フェアレディZ「形が流線型でスタイリッシュだから」(25歳/建設・土木/技術職)

    http://s.news.mynavi.jp/c_cobs/enquete/realranking/2012/12/21_3.html


    スポンサーリンク

    【男がクルマ旅に出たくなるあこがれの車ランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    svg
    1: 2017/07/13(木) 09:56:26.90 ID:CAP_USER

    現代自動車が1回の充填で580キロ走行する次世代水素燃料電池自動車(FCV)を来月公開する。2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開催に合わせて来年2月ごろ公開するとしていた当初の計画を修正し、6カ月以上も操り上げた。鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車副会長がトヨタやホンダなどライバル企業を抑えて世界水素自動車市場で主導権を握るために動き出したという評価が出ている。エコカー普及拡大に取り組む新政権の政策に応じるための側面もある。

    現代車の関係者は12日、「2013年に世界で初めて商用化した『ツーソン』水素自動車より走行距離など性能を大幅に向上させた次世代水素自動車を8月に公開することにした」とし「現代車の優れた水素自動車技術力を示し、世界市場の主導権を確保する計画も発表する予定」と明らかにした。

    現代車は来年2月ごろこの水素自動車を発売する予定だったが、未来の自動車をめぐるグローバル企業の主導権争いが激化している状況を考慮し、公開日程を操り上げたと説明した。早ければ年末から本格的に量産に入ると予想され、価格は6000万ウォン台(約600万円台、補助金による実際の購買価格は3000万ウォン台)という。

    現代車は今回の次世代水素自動車公開のためにソウル市と手を握った。8月末に汝矣島(ヨイド)漢江(ハンガン)付近に水素コンセプトハウスを設置し、ここで次世代水素自動車を公開することで合意した。未来の「水素社会」を紹介する水素コンセプトハウスのすべての設備と機器は、展示される水素自動車が生産する電気で稼働するという。
    http://japanese.joins.com/article/210/231210.html


    スポンサーリンク

    【現代車、580キロ走行の水素自動車を8月公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1a264e8d5032bff20d29af8615602000_t
    1: 2017/07/13(木)22:28:46 ID:2k5

    判例タイムズ 1417-226
    http://www.hanta.co.jp/books/6502/

     コインパーキング式(後払い式)の無人駐車場が増えています。
    その駐車場のシステムは、利用者が駐車枠に車両を入庫させると機械がそれを感知して車両の前輪と後輪との間の位置に設置されたフラップ板が上昇し、
    出庫の際に、利用者が利用時間に応じて機械が計算した料金を精算機に投入して支払えば、フラップ板が下降して車両を出庫させることができるというものが多いようです。

     そして、駐車場経営者は、駐車場に、「不正利用の場合は、罰金として5万円頂きます」などと記載した看板を設置していることもあります。
     このような状況で、駐車場利用者が、出庫の際、スラップ板を乗り越えて不正に出庫した場合、
    駐車場経営者が不正利用者に対して当該罰金を請求できるか争いとなった裁判例があります。


    平成25年8月27日 岡山
     同判決は、次のように述べて、罰金についての契約が成立していると認めました

    「本件駐車場は、コインパーキング式(後払い方式)の無人駐車場であり、駐車枠、精算機、フラップ板等の無人駐車場設備を備えており、
    入り口付近に設置された本件看板に利用方法が記載されていること、本件記載は、本件看板のうち、赤字で「ご注意」と記載された項目の1つであり、
    本件記載の字の大きさは、
    (中略)
    本件契約における違約金の定めに基づき、違約金5万円を支払う義務を負う。


    スポンサーリンク

    【【朗報】コインパーキングで不正駐車したDQN。罰金5万円を拒否→裁判で負ける】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    auto-2374719_640

    1: 2017/07/13(木) 08:38:55.44 ID:CAP_USER9

    【フランクフルト=深尾幸生】独ダイムラーが100万台以上のディーゼル自動車で違法な排ガス操作をしていた疑いがあると12日、有力紙「南ドイツ新聞」が報じた。
    検察が5月にダイムラーの拠点を捜索した根拠になっているという。2008年から16年までに欧州と米国で販売した主力車種が、規制を大きく超過する有害物質を排出していたとしている。

    南ドイツ新聞と2つの公共放送局が捜査令状の文面を入手したという。これによると、高級車「メルセデス・ベンツ」の主力車種や小型商用車などに幅広く搭載されていた2つの型式のディーゼルエンジンが疑われている。
    販売された台数は100万台を超えているとみられる。

    独フォルクスワーゲン(VW)の不正発覚後、ダイムラーは排ガス制御装置を修正するため独自に24万7千台をリコール(回収・無償修理)していたが、それを大きく上回る規模となる可能性がある。

    ダイムラーが本社を置くシュツットガルトの検察当局は、当該エンジンが試験のときだけ窒素酸化物(NOx)などの有害物質を減らす装置を備えていたと疑っている。
    南ドイツ新聞は新車発売時に検査機関から得た型式認証が取り消される恐れもあると指摘している。認証取り消しとなれば所有者への影響も大きくなる。

    配信 2017/7/13 4:20
    日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN12H2H_S7A710C1000000/


    スポンサーリンク

    【【ドイツ】ダイムラー、「ベンツ」など100万台以上で排ガス不正の疑い 独紙報道】の続きを読む

    このページのトップヘ