乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2019/01/16(水) 11:46:23.10 ID:IiEtvEwY0● 

    【映像】米でチャイルドシートが脱落 走行中の車から幼児ごと落下
    1/16(水) 11:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00010000-aptsushinv-n_ame
    無題


    【映像】米でチャイルドシートが脱落 走行中の車から幼児ごと落下
    マンケートー、ミネソタ州、1月16日(AP)― 米中西部ミネソタ州マンケートーで1月14日、幼児が固定されたチャイルドシートごと走行中の車から転落するという事故があったが、幸いにも2歳になる幼児にけがはなかった。
     チャド・モックさんは、前方を走行していた車が右カーブを曲がった後、センターライン上に何かが落ちているのを発見して停止した。車を降りたモックさんが発見したのは、幼児が固定されたままのチャイルドシートだった。
     現場に駆けつけた警察と救急隊が調べた結果、幼児にけががないことが確認され、子どもがいないことに気付いた母親が現場に取って返して幼児を引き取った。
     警察の調べによると、幼児はチャイルドシートに固定されていたが、シートが車の座席にしっかり固定されていなかったため、カーブを曲がった際の遠心力で落下したのではないかという。


    【「メーデー!メーデー!これよりシートの射出を行う」幼児載せたチャイルドシートを射出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2019/01/16(水) 14:36:09.85 ID:fd83qaKf9

    高齢ドライバーの車暴走 7人重軽傷、東京・渋谷区

     16日午後1時半過ぎ、東京のJR新宿駅近くで70代の男性が運転する乗用車が歩道に乗り上げ、歩行者を次々とはねました。
     男性を含めて7人がけがをしていて、うち2人は重傷だということです。警視庁は事故の原因を調べています。

    TBS NEWS
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3575030.html


    【【速報】高齢ドライバーの車が暴走 歩道に乗り上げ歩行者を次々はねる 7人重軽傷 新宿駅近く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    63009246de0133e5ea4f279d74414705_t

    1: 2019/01/16(水) 11:02:14.44 ID:G+/LEEHw9

    1/16(水) 10:48配信
    朝日新聞デジタル

     石油元売り大手「JXTGエネルギー」(本社・東京都)は15日、愛知県尾張旭市のガソリンスタンドで、販売したレギュラーガソリンに水分が混入した可能性があると発表した。延べ200台ほどで混入した可能性があり、給油した車計4台が動かなくなるなど不具合が確認されているという。

     同社によると、水分が混入した可能性があるのは、ENEOS城山SS(尾張旭市新居町)。今月11日から14日までに給油した車が対象で、ガソリンを貯蔵する地下タンクや配管が何らかの原因で損傷し、水分が混ざった可能性があるという。尾張旭市消防本部によると、このガソリンスタンドで給油した救急車1台も直後に動かなくなったという。搬送業務への影響はなかった。

     同社は、給油した人に城山SSへの連絡を呼び掛けている。

    朝日新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000021-asahi-soci


    【【悲報】ガソリンに水混入、給油した救急車が止まる 愛知のGS】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 64コメント

    20190114Toyota-Supra_001-20190115005351

    1: 2019/01/15(火) 17:23:32.16 ID:3CJIvpl40 

    新型「スープラ」の生産委託先が象徴する、トヨタの経営戦略

     トヨタ自動車が2019年前半に発売するスポーツ車「スープラ」の生産全量を、オーストリアのマグナ・シュタイヤーに委託する方針であることが分かった。
    生産台数は年数千台程度とみられる。マグナにとって日系メーカーの車両生産は初めて。自動運転や電気自動車(EV)といった次世代車の開発競争が激化しており、
    トヨタは経営効率の向上をテーマに掲げる。外部生産委託の拡大もその一環となる。

     17年ぶりに市販される新型スープラは、独BMWとの共同開発。BMWのスポーツ車「Z4」と車台を共用するほか、パワートレーンなどでBMW製の部品を採用する。
    マグナはグラーツ工場(グラーツ)で18年からZ4の生産を手がけており、生産効率の面からも同拠点への生産委託を決めたとみられる。19年前半にも生産を始める。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15862768/


    【トヨタはなぜ儲からないスポーツカーを外部に丸投げするのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    fdf475e00a11f76fb31f17a89294debd

    1: 2019/01/15(火) 21:22:14.90 ID:CAP_USER

    2019/1/15 18:24

    【ソウル=山田健一】韓国公正取引委員会は15日、トヨタ自動車の韓国法人に不適切な広告表示があったとして、8億1700万ウォン(約7900万円)の課徴金支払いを命じる決定を下したと発表した。決定は9日付。支払額は今後、同社の収益などを勘案して変更する可能性があるとしている。

    韓国公取委はトヨタの小型SUV(多目的スポーツ車)「RAV4」の2015~16年モデルについて、安全性を高める特定の部品が「米国販売モデルには搭載され、韓国販売モデルにはなかった」と指摘。その上で、RAV4が米国の団体から最高安全車両に選定されたと韓国のカタログで宣伝したことは「消費者の合理的な選択を妨害し、表示広告法に抵触する」とした。

    韓国法人はカタログに「内容と実際の車は違いがある場合があります」と注釈をつけていたが、公取委は「文字が小さく消費者が意味を認識しづらい」と判断した。決定についてトヨタは「仕様の違いを故意に隠蔽したことはない。議決書が届き次第、韓国法人が対応を検討する」とコメントした。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40025120V10C19A1FF2000/


    【【悲報】韓国公取委、トヨタに課徴金 約8000万円】の続きを読む

    このページのトップヘ