乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2018/07/10(火) 18:53:24.86 ID:CAP_USER

    no title


    トヨタは、ネズミにとってたまらなく美味しいエンジンの配線ケーブルを製造してしまったのかもしれないが、ネズミに配線ケーブルを囓られ、補償を求めていたトヨタ車のオーナー達による 集団訴訟は幕を閉じた。

    米国カリフォルニア州の連邦判事は先月、米国トヨタ自動車販売株式会社に対して保証による修理費用の負担を求める訴訟を退ける申し立てを認めた。ミシガン州の地元紙『 Detroit Free Press』によれば、この訴訟は修正する許可を受けることなく却下されており、つまり再提出することができないという。

    2012年~2016年のモデルイヤーのトヨタ車オーナーは、エンジンの配線ケーブルに使用されている大豆由来の保護材をネズミが囓り、費用のかさむ修理が必要となったと主張。インディアナ州在住のアルバート・へーバー氏は、ネズミが同氏の2012年型「 タンドラ」の配線ケーブルの保護材を3度もかじり、修理代がトータルで1,500ドル(約16万6,000円)に上ったとして最初に提訴した。ホンダも同様の訴訟に直面したが、こちらも却下された。

    原告側の主席弁護人であるBrian Kabateck氏は、「トヨタはこの欠陥を無償修理したり、ネズミによるダメージを修復するために整備士に大金を支払った顧客に埋め合わせをするつもりはないようです」と、『Detroit Free Press』に語っている。「人々は、信頼できる製品だと信じているからこそ、トヨタのクルマを購入しました。しかし同社はこの問題の存在さえ認めず、また車両保証でこのダメージをカバーすることも拒否しています」

    トヨタはこの申し立てを「価値のないもの」とみなし、クルマの配線ケーブルへのネズミによるダメージは自動車業界で広まっており、複数の自動車メーカーで起こっていること、そしてネズミが大豆由来の自動車の配線ケーブルの保護材に寄ってきたと証明する痕跡がないことも判明していると述べている。

    『Detroit Free Press』は、この訴訟における4度目の修正訴状で21人の原告がいるが、連邦判事は彼らの申し立てをいくつか却下しており、5度目の訴状修正を拒否したと報じている。

    By SVEN GUSTAFSON
    翻訳:日本映像翻訳アカデミー

    https://jp.autoblog.com/2018/07/09/toyota-wiring-rats-lawsuit-dismissed/


    【エンジンの配線をネズミにかじられたトヨタ車オーナー達による集団訴訟が却下】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2018/07/09(月) 20:07:57.26 ID:S65+5/Pf0● 

    横浜の“聖地”で「ドリフト走行」繰り返す 17人を逮捕・書類送検 神奈川県警
    7/9(月) 18:24配信

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000547-san-soci
    20180709-185729-1-0014

     乗用車で集団暴走を繰り返したとして、神奈川県警交通捜査課は道路交通法違反(共同危険行為)の容疑で、アルバイトの福井啓太容疑者(23)=東京都練馬区貫井=ら17人を逮捕・書類送検した。全員容疑を認めている。

     逮捕・書類送検容疑は平成29年5月20日午前0時20分ごろから3時10分ごろにかけて、横浜市鶴見区大黒ふ頭の市道で、乗用車を連ねて車体を滑らせながら交差点を通過したり、車線を転回したりする「ドリフト走行」を繰り返したとしている。

     福井容疑者らは夜間に一部が閉鎖される市道の約700メートルの区間を周回しながら暴走を行っていた。同課によると、現場はドリフトを取り上げた漫画などにも登場。マニアの間では“聖地”として知られ、犯行時は「ギャラリー」と呼ばれる見物人も約200人いたという。


    【大黒ふ頭でドリフト走行をした17人を逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2018/07/09(月) 15:50:17.28 ID:CAP_USER

    ■2018年7月12日(現地時間)世界デビュー

     日産自動車とイタルデザインは、6月29日に発表した共同開発のプロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」が、
    英国 チェスターで7月12日(現地時間)に開催される
    「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で世界デビューすると発表した。
    また、同発表内ではこの車両について「将来的に台数限定で生産する可能性」があるとしている。

     Nissan GT-R50 by Italdesignはグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでの世界デビューを皮切りに、
    今後数カ月間に世界各地でお披露目される予定となっており、
    「お客さま向けに本プロトタイプから創意を得た車両を限定生産する可能性があります」とのこと。
    この場合、50台以下の車両が購入者それぞれの好みに合わせて仕立てられ、イタルデザインによって生産される。
    価格はおおむね90万ユーロからになるとの想定。

     発表の中で日産自動車 専務執行役員 グローバルデザイン担当のアルフォンソ・アルバイサ氏は
    「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは、両社が50年間お客さまの夢を常に鼓舞しつづけたことを祝福する、
    パワーと芸術性の融合である『Nissan GT-R50 by Italdesign』をお披露目するのに理想的なイベントです。
    このプロトタイプモデルと同様に、グッドウッドはクルマのデザインやパフォーマンスを讃え、
    過去と未来の独創的な自動車への耽溺、そして愛にあふれています。
    だからこそ、人々の想像力をかき立て、夢を膨らませるこのプロトタイプ車を出展するのに最高の場所なのです」とコメント。

     また、イタルデザイン・ジウジアーロ CEOのヨルグ・アスタロッシュ氏は
    「イタルデザインには、お客さまの夢を実現してきた長い歴史があります。
    私たちは今回、日産をパートナーとして迎え、夢のGT-Rを実現しました
    両社の目指すところは、この『クルマのモンスター』がほどなくして
    50名の選ばれしエンスージアストの生活に新たな彩りをもたらすことです」としている。

    ■動画
    The Nissan GT-R50 by Italdesign https://youtu.be/QmGawXG8mYo



    no title


    Car Watch
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1131863.html


    【日産、「Nissan GT-R50 by Italdesign」を約90万ユーロ(1億1700万円)から限定生産 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2018/07/09(月) 17:55:15.85 ID:TtzNyC6J0● 

    駐車してある車に老人がカッターナイフを持ってボンネット部分に傷を付けるという卑劣なイタズラが録画され、
    その映像がTwitterに投稿された。

    映像は19秒のもので12秒頃から白い帽子を被った老人がボンネット部分を横切るのが確認できる。
    その老人はカッターナイフのような物を右手に持っておりカッターナイフでボンネットで傷付けているかのような行為。

    持ち主は実際にこの車に傷付けられたとTwitterで投稿。このボンネットの傷が何者によるものかドライブレコーダーで
    確認したところ、老人による犯行だという。

    映像は2015年となっているが日付が狂っているだけで、実際は2018年6月26日の映像だという。

    この老人の目的はなんだったのか、またカッターナイフを持ち歩いていることから常習的に
    このような行為を行っていたのか気になるところだ。

    http://gogotsu.com/archives/41356
    no title

    no title


    【老人がカッターナイフで駐車中のボンネットをガリガリ傷付ける瞬間をドラレコが録画 目的は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2018/07/09(月) 16:28:13.61 ID:CAP_USER9

    https://m.bild.de/regional/frankfurt/unfaelle/mercedes-kracht-in-hauswand-56256760.bildMobile.html

    Mercedes kracht in Hauswand

    09.07.2018 - 08:01 Uhr
    Budenheim – Der Mercedes, ein zerquetschtes Wrack. Die Bushaltestelle liegt zertrümmert auf der Straße. Die Hauswand ist eingefallen und der Fahrer eingequetscht: Schlimmer Unfall in Rheinland-Pfalz!
    Der Wiesbadener fuhr am Montagmorgen die Binger Straße entlang, kam plötzlich von der Straße ab.
    Unkontrolliert schlitterte der Mercedes gegen eine Bushaltestelle und krachte anschließend in eine Hauswand samt Garage.

    Durch den Aufprall wurde das Auto so stark zerquetscht, dass der Fahrer darin eingeklemmt wurde. Die Feuerwehr brauchte eineinhalb Stunden, um den Mann aus seinem Wagen zu befreien.
    Mit schweren Verletzungen kam der Mann ins Krankenhaus. Der Schaden liegt im sechsstelligen Bereich.

    オシャカになったメルセデスベンツ
    no title

    突っ込んだ壁
    no title


    【こんな事故でも運転手生きています メルセデスベンツ車の底力】の続きを読む

    このページのトップヘ