乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント
    1: ラダームーンサルト(芋) 2014/01/27 13:41:25 ID:nldSCYBUP
    プレスコンファレンスの中で、CEOのディーター・ツェッチェ氏は、「Cクラスは単一市場としてはアメリカが世界で最も販売台数の多いマーケット。
    だからこのクルマをアメリカで作ります」と、Cクラスの北米での生産を発表した。

    現在アラバマ州タスカルーザのメルセデス工場では、『Mクラス』『Rクラス』それに『GLクラス』の生産が行われている。ここにCクラスの生産が加わる。
    そしてメルセデスは、2015年にはもう1車種、北米での生産を決めていて、合計5車種が北米で生産されることになるのである。

    思えばCクラスは、メルセデスベンツというクルマを現在の方向性に導いた最初のクルマであった。『190』の名で親しまれた「W201」のコードネームを
    持つコンパクトなメルセデスが、Cクラスとして生まれ変わったのは1993年、今から21年前のことである。Cクラス誕生前のメルセデスは徹底的に自社生産にこだわり、部品の大半を内製していた。

    機械技術に頼っていたメルセデスだけに、ある意味では電子制御技術の導入に遅れを生じさせていたのである。Cクラスは徹底的な合理化と、
    電子制御技術の導入を進めたメルセデス初のクルマであったといってよい。

    以来世代を重ねて今回登場したのは、「W205」のコードネームを持つ4世代目のモデルだ。最初に電子制御化に先鞭をつけたのはCクラスだったが、
    その後は『Eクラス』や『Sクラス』に次々と新しい技術が導入されるようになり、いつしかCクラスは上級車種で導入された技術のおすそ分けを貰うという、
    メルセデス内部のヒエラルキーにおける、末席のセダンとしての地位に戻っていた。だが、W205は違う。勿論今はメルセデスラインナップにおいてもCクラスは末席ではなく、
    その下に複数のラインナップを持つ。特に同じセダンの『CLA』が登場したのは、Cクラスを上級移行させるための大きな要因となったことは間違いない。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/198499/
    no title

    no title

    no title

    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/198499/

    【Cクラスを「小ベンツ」と呼ぶ奴に漂うバブル加齢臭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント
    a1ce3d76-9deb-4ae0-8fc8-189cec32c130_n

    1: フォーク攻撃(千葉県) 2014/01/27 21:02:37 ID:6dRHwgAv0
    2014年1月20日 22:00
    ホンダ S660 コンセプト プロモーション動画ロングバージョン


    東京モーターショー2013で公開されたホンダ S660 コンセプトのプロモーション動画ロングバージョンです。

    久々の後輪駆動軽スポーツという事で私も非常に期待しているのですが、その出鼻をくじくような最近の軽自動車税増税のニュース。

    なんだよそれ!ち、ちきしょー!軽自動車は安さが命だというのになんてこったい・・・・まあS660の魅力は維持費が安い軽だからってだけじゃないとは思いますがね。

    私なんかは軽だからこそのライトウェイト感と気持ちよく吹け上がるエンジンを密かに期待しています。

    http://topics.jp.msn.com/onna_blog/other/article.aspx?articleid=3050490



    http://www.youtube.com/watch?v=5AfTVrPu8Wo


    【ホンダ S660 コンセプト プロモーション動画ロングバージョンきたーーー!!かっこよすぎ!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    1: ラ ケブラーダ(芋) 2014/01/26 15:14:48 ID:CB30uc/8P
    no title


    BMW初のFFミニバン アクティブツアラーは3月発表され2015初頭にリリース!
    BMW初となるFFのMPV BMWアクティブツアラーコンセプトの市販モデルは、2015年初頭にリリースされると、
    BMWノースアメリカのCEOが米自動車メディアEdmundsのインタビューで明らかにしました。※トップ画像は以前撮影された開発車両

    このBMW 2シリーズアクティブツアラーという名称になると言われているBMW初のFFミニバンは、新型Miniに採用されている新開発の
    FFレイアウトをべーすとしたプラットフォーム「UKL」やエンジンを採用するなど多くMiniと共有し、ベースとなる5人乗りモデル以外にも、
    ホイールベースが延長された3列シート7人乗りのモデルやプラグインハイブリッドモデルなど、様々なバリエーションが設定されると言われています。

    下画像は以前撮影されたBMW2シリーズ アクティブツアラーの7人乗りのプロトタイプと思われる車両
    no title



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=58q7VqjA5VU


    http://www.j-sd.net/bmw-2series-2/

    【BMW初のFFミニバン、アクティブツアラーは3月発表され2015初頭にリリース!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    1: フォーク攻撃(千葉県) 2014/01/27 00:01:55 ID:RAwPJ0xM0
    今度は大人が夢中…ミニ四駆、三たびブーム

    かつて小中学生を中心に2度のブームを巻き起こした四輪駆動車の模型「ミニ四駆」が、三たびのブームに沸いている。

     今回は、かつて夢中になった大人が中心。子どもと遊んでいて本気になったり、職場の仲間と始めたりしたサラリーマンらが、目を輝かせて自慢の“マシン”を走らせている。

     ミニ四駆は1982年に模型大手「タミヤ」(静岡市)が発売。全長約15センチ、幅約10センチで、モーターと電池で走る。モーターやタイヤなどを改造し、時速30キロ以上が出るものも。
    部品代を含めて1000円前後から遊べる手軽さが受け、発売以来、約1億7500万台を売り上げている。

     鹿児島市中心部のビルに昨年秋にオープンした「M4(エムよん)GARAGE(ガレージ)」。2時間1500円でアルコール類飲み放題、ミニ四駆コース(3周で約100メートル)“走らせ放題”という“大人のミニ四駆店”だ。
    店主の大平祐介さん(33)は「再び訪れたブームを知り、大人がわいわい楽しめる空間をつくりたかった」と語る。

     午後6時から深夜までの営業。仕事帰りのサラリーマンや若者が、自慢のマシンと工具、パーツを持ち込み、にぎわっている。コースを走らせながらミニ四駆談議に花を咲かせるグループや、組み立てキットを購入してカウンターで作り始める客もいる。

     タミヤの広報担当、上田琢磨さん(34)によると、かつてのブームは、漫画「ダッシュ!四駆郎」が連載された1987~92年頃と、漫画「爆走(ばくそう)兄弟レッツ&ゴー!!」が連載された94~99年頃。
    上田さんは「30、40歳代の1次世代が親子で楽しんだり、2次世代の学生や社会人が仲間と楽しんだりしている」と話す。

     2012年、13年ぶりに公式大会「ジャパンカップ」が復活。以前は小中学生しか参加できなかったが、高校生以上が対象のオープンクラスができて大人も参加できるようになり、ブームに火がついた。

    http://www.yomiuri.co.jp/otona/news/20140126-OYT8T00244.htm?from=osusume
    no title

    【ミニ四駆は正直クルマの勉強に最適 剛性と低重心の重要さはこれで理解できた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント
    1: ラ ケブラーダ(芋) 2014/01/26 15:34:13 ID:CB30uc/8P
    no title


    アウディ R8を作っている自動車工場見学
    アウディのスーパーカー、R8。一時期日本でもサッカー選手の香川選手が購入した等で有名にもなりましたが、その美しいデザインから、
    今でも根強いファンがいます。そのアウディR8を生産している自動車工場を見学し、手作業を含め丁寧に製作されていくアウディR8の様子が海外メディアによってYOUTUBEより配信されています。

    アウディR8生産工程
    ちょっとした機械も、アウディのロゴで一気に高級に見えます。(筆者だけ?)

    no title

    no title



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=p5or9wDriCU



    http://www.j-sd.net/audi-r8/

    【アウディ R8を作っている自動車工場見学!トヨタがびっくりしそうな丁寧さ】の続きを読む

    このページのトップヘ