乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    1: キングコングニードロップ(catv?) 2013/09/13 10:28:22 ID:lVoSTJaV0
    ポルシェは9月10日、新型『911ターボ』と『911ターボS』をワールドプレミアした。

    直噴3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンは、2個のターボチャージャー(可変ジオメトリーターボ)で過給。
    911ターボが最大出力520ps/6000-6500rpm、最大トルク67.3kgm/1950-5000rpm、 911ターボSが最大出力560ps/6500-6750rpm、最大トルク71.4kgm/2100-4250rpmを発生する。

    トランスミッションは7速デュアルクラッチの「PDK」、駆動方式は4WDの「PTM」(ポルシェ・トラクション・マネジメントシステム)の
    最新版。0-100km/h加速は911ターボが3.4秒(スポーツクロノパッケージは3.2秒)、911ターボSが3.1秒。最高速は911ターボが315km/h、911ターボSが318km/hに到達する。

    注目なのは、更にアイドリングストップと巡航時の気筒休止システムを採用している点だ(新型911ターボシリーズ)。欧州複合モード燃費は10.3km/リットルとなっている。
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ポルシェ 911ターボ、パワーと環境性能の共存 低燃費10.3km/l いい加減デザイン変えろ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: セントーン(芋) 2013/09/10 21:54:41 ID:cIeEJc6z0
    "Mercedes-Benz G63 AMG"をベースとした6輪駆動モデル"Mercedes-Benz G63 AMG 6×6"は、
    メルセデス・ベンツが20台から30台程度生産する少量生産のピックアップトラックであるが、ブラバスはそのG63 AMG 6×6に手を加えた
    コンプリートカスタムモデル"Brabus B63S"を、2013 フランクフルトモーターショーで披露することを発表した。

    このB63Sは、カーボンファイバー製のエンジンフードスクープとホイールアーチなどのボディキットや、
    ティンティッド キセノンヘッドライトの採用、デイタイムランニングライトや足回りのプロテクターの追加などで
    外観のイメージを変更した上、刺繍を施したヘッドライナーなどの独自のアイテムをインテリアに加えている。

    パワートレインには、排気量5.5L V型8気筒ツインターボエンジンの出力を156hp、トルクを200Nm増強する
    "700 performance kit"を装着することで、最高出力700hp&最大トルク960Nmにまで強化している。
    しかし、動力性能は、重量が重いことや元々オフロード用にセッティングされているために、0-100km/h加速7.4秒、
    最高速度160km/h(リミッター装着)という、あまり目を引く数値ではない。

    no title



    【ブラバス、メルセデス・ベンツ G63 AMG 6輪駆動ベースのコンプリートモデルを披露へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    title

    1: うっしぃじま悪い肉φ ★ 2013/09/13 15:19:57
    ★「車の税金に負担を感じる」98%のドライバーが回答…JAF調べ

     JAF(日本自動車連盟)は、自動車ユーザーを対象に2013年度の
    「自動車税制に関するアンケート調査」を実施、その結果を発表した。

    調査は、7月5日から8月31日の間、全国の自家用乗用車保有者を対象に
    インターネットアンケートを実施、2万4729人からの回答を得た。

    自動車にかかる税金を負担に感じるかとの問いでは、「非常に負担に感じる」(58%)、
    「負担に感じる」(31%)、「やや負担に感じる」(9%)となり、
    合計で98%のユーザーが負担を感じているという結果となった。

    またガソリン税など、暫定的に本来の税率を上回る税率が課せられていることについて
    どう考えるかとの問いでは、「反対である」(63%)、「どちらかといえば反対である」(25%)となり、
    合計で88%のユーザーが反対と考えているという結果となった。

    そのほか、現在廃止が議論されている自動車重量税については、94%が廃止すべきと回答。
    ガソリン税に消費税が課せられるTax on Taxの是正についても90%のユーザーが是正を求めている。


    ▽関連リンク JAF
    ●9/12 ニュース 「自動車税制に関するアンケート調査」結果を発~自動車ユーザーの重税感は98%~

    ○調査結果(抜粋)
    回答者の98%が自動車にかかる税金を負担と感じている。
    回答者の87%は「自動車関係諸税を軽減し、必要な財源はその趣旨に応じて別途検討すべき」と考えている。
    ガソリン税等、本来の税率を上回る税率が「当分の間」として維持されていることには、9割近くが「反対」と回答している。
    自動車重量税は9割以上が廃止すべきと回答している。
    ガソリン税に消費税が課せられるTax on Taxの是正を9割の回答者が望んでいる。

    【98%のドライバーが「車の税金に負担を感じる」と回答 重量税は廃止すべき94%…JAF調べ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    1: フライングニールキック(芋) 2013/09/12 22:32:01 ID:juZKGJa10
    海外での発表を済ませた新型アクセラが、国内でもようやく10月にデビューする。今回は、そのハイパフォーマンスモデルであるマツダスピード仕様の次期型に迫る!
    マツダスピード仕様の次期アクセラに期待が高まる

    200ps、NA仕様で登場するマツダスピード アクセラ

    まずは、新型アクセラの日本仕様全体について紹介しよう。パワーユニットは当然、スカイアクティブ系だ。ガソリンは2LのスカイアクティブGに加え、
    待望の1.5L版が用意される。この1.5L版にはモーターを組み合わせたハイブリッド仕様も設定される見込みだ。また、アテンザで評価の高い2.2Lのディーゼルもラインナップされる。

    さて、次期マツダスピードバージョンだが、ターボエンジンが廃止される公算が高い。マツダは直噴ターボをいち早く実用化した実績があるだけに残念だ。
    代わって搭載されるのは2Lの自然吸気エンジンになるようだ。

    CX-5やアテンザにも搭載されているこの2L NAユニットは、最高出力155ps程度。ハイパフォーマンス版のマツダスピードに載せるには少し力不足に感じられる。
    そのため、専用チューンが施され200ps程度まで出力が高められるだろう。

    組み合わされるミッションは、おそらく6速スカイアクティブMT。エクステリアでは、他グレードとの違いを演出するエアロパーツや大径ホイールが与えられる。

    ターボ仕様は用意されないが、マツダは2シータースポーツのロードスター(特別仕様車を除く)でNAエンジンのフィーリングにこだわってきた。
    その志を踏襲する最新モデルが次期マツダスピードアクセラだとすれば期待できそうだ。


    no title

    【新型マツダ スピードアクセラ 10月にデビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    b6751c9e

    1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/09/13 10:04:30
     和歌山市と徳島市を結ぶ南海フェリー(和歌山市)は、車にアニメのキャラクターなどを描いた「痛車(いたしゃ)」の運賃を期間限定で40%割引にするサービス「痛車割」を行う。

     10月12~14日に徳島市で開かれるアニメ・ゲームのイベント「マチ☆アソビ」に合わせて実施。
    コスプレや痛車展示会、トークショーなどが繰り広げられる同イベントは、毎回多くのアニメファンでにぎわう。

     南海フェリーは公式にオリジナル美少女キャラクターを設定し、フェリーの船体にラッピングするなど“萌えキャラ”の活用に積極的。
    今回は「フェリーの利用客増に加え、徳島県の活性化にもつなげたい」と痛車割を企画した。

     割引はイベント期間を含む10月11~14日限定で、今月30日までに事前申し込みが必要。
    写真審査で「痛車」であるかを選考する。



    【南海フェリーで「痛車割」 アニメキャラ描いた車は40%割引】の続きを読む

    このページのトップヘ