乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: スノーシュー(千葉県) 2013/03/29 11:25:00 ID:+ndPsCOh0
    富士重工業は28日、アメリカで開催中のニューヨーク国際オートショーにおいて、水平対向ターボ・エンジンを搭載するAWD(全輪駆動)パフォーマンス・モデルのコンセプトカー「スバル WRX コンセプト」を世界初公開した。

    ラリーや耐久レースにおける活躍で世界的にファンが多いスバルの「WRX」といえば、歴代「インプレッサ」をベースに高い戦闘力が与えられたハイパフォーマンス・モデル。

    今回コンセプトカーという形で初めて公開された新型WRXは、ブレスリリースによれば「次期インプレッサWRXシリーズをイメージしたデザインコンセプトカー」であるとのこと。
    クーペのような傾斜したリア・ウインドウは、4ドア・インプレッサからの決別と、まったく新たなスポーツ・サルーンの登場を予感させ、期待が高まる。

    公表されているボディ・サイズは、全長4,520mm × 全幅1,890mm × 全高1,390mm。インプレッサ G4に比べると60mm短く、150mm幅広く、75mm低い。

    スバルの文字通り「顔」でもあるヘキサゴン・グリルは装飾が取り払われ、立体的なメッシュが張られている。フロント・バンパーの大きな開口部とボンネットの
    スクープ、フロント・フェンダーに開けられたダクトは「ターボエンジンによるパフォーマンスを予感させます」とスバルは言う。

    ボディ・カラーは「WRブルー・パールIII」。スバルのイメージカラーである、あの明るいブルーは日本では「WRブルー・マイカ」と呼ばれるが、あちらでは「BRZ」も「WRX」も「WRブルー・パール」というカラー名称が使われている。
    ただし「III」と付くからには新色ということになるのだろう。写真で見るとラメの粒子が粗く派手な装いだ。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    動画
    http://youtu.be/w5x-AHlXkWs



    http://jp.autoblog.com/2013/03/28/subaru-wrx-concept-world-premiere-at-new-york/

    2: ギコ(公衆) 2013/03/29 11:26:13 ID:b4j54/W+0
    おおかっけえ
    これは欲しいかも

    【スバルが次期WRXを発表!何かかっこいい、下品な羽と金ホイールにして、ちゃんとキモヲタブルーにしろ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: サイベリアン(大阪府) 2013/03/28 14:43:37 ID:FoAcw4Kj0
    【バンコクモーターショー13】国内仕様とは別物、スズキ キャリィ[詳細画像]
    2013年3月28日(木) 12時45分

    no title

    no title

    http://response.jp/imgs/zoom/544898.jpg
    no title

    no title

    http://response.jp/imgs/zoom/544901.jpg

    タイで販売されているスズキ『キャリィ』は、『スイフト』に次ぐ販売台数を占める主要モデル。
    2013年におけるタイ国内販売目標6万台のうち、4万1000台をスイフトが、1万3000台をキャリィが占めると計画している。

    名前こそ同じだが日本で販売されている軽自動車のキャリィとは別物で、全直4155mm × 全幅 1680mm × 全高1895mmと
    ふた回り以上大きい。エンジンはかつて『カルタス』や初代・2代目の『エスクード』などに搭載されていた
    1.6リットルのG16Aで、92PS・127Nmのスペックを持つ。トランスミッションは5MTのみだ。
    《ショーカーライブラリー》
    http://response.jp/article/2013/03/28/194646.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1364449417/

    【【はたらくくるま】1.6Lエンジン搭載92psのスズキ・キャリイ ちょっとほしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: [―{}@{}@{}-] 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/03/29 01:01:37
    現代自動車は28日、京畿道一山の韓国国際展示場(KINTEX)で開かれた
    「2013ソウルモーターショー」(Seoul Motor Show 2013)」プレスデーで、
    ラグジュアリースポーツクーペコンセプトカー「HND-9」を世界で初めて公開した。

    「HND-9」は現代車ナムヤン研究所でデザインされた9番目のコンセプトカーで、
    独自のデザイン哲学「フルイディック・スカルプチャー(Fluidic Sculpture)」
    を一段階発展させ、各要素に精巧なディテールを加えて高級さを強調した後輪駆動の高性能スポーツクーペ。

    全長4695ミリ、全幅1890ミリ、全高1340ミリ、ホイールベース2860ミリの「HND-9」は、
    後輪駆動プラットホームに3.3LターボGDiエンジンと8段自動変速機が組み合わされ、
    最高出力370馬力(ps)の強力な動力性能を発揮する。

    http://japanese.joins.com/article/879/169879.html?servcode=800&sectcode=860
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【現代(ヒュンダイ)自動車、ソウルモーターショーで独自デザイン哲学のクーペ「HND-9」世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: スフィンクス(福岡県) 2013/03/29 00:59:32 ID:V3Bvt8Ot0
    「ベンツの代車はレクサスが相当」と神戸地裁

    道路のくぼみにタイヤが落ち、走行中のベンツに傷が付いたとして、神戸市の会社が、道路を管理する市に代車のBMWの賃料など約130万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、
    神戸地裁は28日、「代車は国内最高級車とされるトヨタ自動車のレクサスが相当」として、市に約50万円の支払いを命じた。

    長井浩一裁判官は判決理由で「道路のくぼみは、交通安全に支障がないものとは言えない」として市の責任を認定。
    その上で「代車は必ずしも同等の車種である必要はない」として、賃料が1日5万円だったBMW「7シリーズ」ではなく、約2万円のレクサス「LS460」が相当とした。

    判決によると、2009年9月、会社が所有するベンツの最上級車種「Sクラス」を社長が運転し、神戸市中央区の道路を走行。
    アスファルトが削れてできた深さ3センチのくぼみに落ち、バンパーなどが損傷した。
    (共同)

    http://www.sanspo.com/geino/news/20130328/acc13032822300000-n1.html

    4: セルカークレックス(やわらか銀行) 2013/03/29 01:04:06 ID:8Xj3nu3/P
    本物の金持ちじゃねえな

    【裁判所「ベンツの代車は国内最高級車レクサスで充分だろ。BMWである必要はない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: シンガプーラ(千葉県) 2013/03/27 21:50:25 ID:nJukiZ0D0
    ホンダの米国法人、アメリカンホンダは3月26日、北米向け『オデッセイ』の2014年モデルの概要を明らかにした。実車は3月27日(日本時間3月27日深夜)、米国で開幕するニューヨークモーターショー13で初公開される。

    北米向けオデッセイは、日本仕様よりもひと回り大きなボディを持つ。1994年デビューの初代オデッセイは、日本仕様と同一だったが、1999年に登場した2代目から、ホンダは北米専用モデルを開発。日本には『ラグレイト』として輸入された。

    2005年には、3世代目へモデルチェンジ。そして2010年6月、現行の4世代目モデルが発表された。ニューヨークモーターショー13で初公開される2014年モデルは、現行型のデビュー以来、初の大幅改良モデルとなる。

    2014年モデルのハイライトが、「Shop-Vac」ブランドと共同開発した車載掃除機、ホンダ「VAC」を、最上級の「ツーリングエリート」グレードに標準で組み込んだこと。
    アメリカンホンダによると、自動車メーカーで車載掃除機を純正採用したのは、ホンダが初めてだという。掃除機は荷室のサイド部分に、スマートに収納される。

    ホンダVACは、紙パックやフィルターを使わない方式。アメリカンホンダは、「強力な吸引力により、車内の隅々まで掃除できる」と説明する。エンジンが始動している限り連続使用できるが、エンジンを切った状態でも、最大8分間使えるという。

    また、2014年モデルでは、外装を変更。フロントグリルやバンパーのデザインを見直した。アルミ製ボンネットフードは、彫りをいっそう明確に。アルミ製フロントフェンダーも採用。リア周りでは、LEDテールライトが新しい。

    インテリアは、センタースタックの形状を一新。新型『アコード』でデビューした「ホンダリンク」を拡大採用し、コネクティビリティを高めた。また、ツーリングエリートグレードでは、前方車接近警報や車線逸脱警告システムなど、安全装備の充実も図られている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130327-00000085-rps-ind
    no title

    【ホンダが2014年型オデッセイに世界初の車載 掃除機 を搭載してしまうようです。】の続きを読む

    このページのトップヘ