乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    prius_phv_s

    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/09/30 15:48:58
    トヨタ自動車は30日、プラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」を
    一部改良して発売した。
    価格は285万円から(補助金を差し引いた実質価格は255万円から)と
    従来モデルから価格を20万円引き下げ、販売てこ入れを図る。

    プリウスPHVは2012年1月、国内を皮切りに海外でも販売を始めた。
    当初は国内の年間販売目標を3万5000~4万台としていたが、充電インフラ網の
    整備が進まないことなどから、これまでの累計販売は国内が1万4000台、世界でも
    4万台にとどまっていた。今後は当面、国内で年間1万台以上、2010年代後半には
    年間2万台以上の販売を目指す。

    今回の一部改良では内外装の上質感を高めたほか、新しい溶接技術を取り入れることで
    ボディの剛性を高め、振動や騒音も減らした。

    ソースは
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130930/biz13093014350011-n1.htm
    ■トヨタ自動車 http://www.toyota.co.jp/
     2013/09/30 TOYOTA、プリウスPHVを一部改良
     http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/09/nt13_053.html
     株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7203

    【トヨタが「プリウスPHV」を20万円値下げ 販売てこ入れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: 頭突き(catv?) 2013/09/29 16:39:59 ID:vdmIRFhF0
    トヨタ自動車が9月9日に発売した新型『クラウン マジェスタ』は、先代まで受け継がれていた縦型リアコンビネーションランプが
    廃止されたのを始め、リアデザインはクラウン ロイヤルと同一のものになった。

    製品企画を担当した岩月健一主幹は「先代までのマジェスタがクラウンからちょっと離れてしまっていた。それをよりぐっとあえて
    戻すということで、どこかクラウンの拠りどころみたいなところを残しておくのも悪いことではないと思い、なので今回、リアはロイヤルと全く一緒にした」と解説。

    さらに「マジェスタは縦型のリアコンビランプが差別化アイテムのその1というものでしたが、それもあえて差別化しないというのも
    今回の狙い。リアがロイヤルと一緒なので他の車にいくというお客様はさすがにいない。もちろん意見としてはあるが棄却理由には
    幸いなっていない。今回、リアを差別化するというアイディアは当然あったが、やはりトップオブクラウンということで変えなかった」と強調する。

    さらに「マジェスタというのは、レクサスにはいかずにやはりトヨタだろうというお客様が多い。それはレクサスでは派手にみえて乗りにくいという、
    やはり社会的な、周りの目を考えられる法人のお客様の支持を受けているから。そういうところに燃費の悪い車を提供するのはいけないと考えた」と語る。

    また「マジェスタはロイヤルの延長線上にあるとイメージされがちだが、実は足のメカ、アブソーバーやステアリング系のデバイス自体は3.5リットルモデルの
    アスリートと同じものを使っている。もちろん適合自体はマジェスタ専用になってはいるが、そういう意味でも車両運動性能としてのキャパシティは
    ロイヤルに比べると格段に良くなっている。乗り心地も出しながら走りも楽しめるようになっている」とも。

    no title

    no title

    no title


    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/192056/3/#contents

    【皇族も乗るトヨタ クラウン マジェスタ新型はV6HV、足回りはアスリートと共通 縦型リアコンビは中止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    130905_3s

    1: 頭突き(catv?) 2013/09/29 16:21:29 ID:vdmIRFhF0
     タイヤを横滑りさせて走るドリフト走行で時速217kmという世界最高速度を樹立しギネスに認定された、驚愕の走行映像が『YouTube』に掲載されている。

     今回ドリフト最速記録を樹立したのは、ORLENチームに属するポーランド人レーシングドライバーのKuba Przygonski氏。
    今月3日にポーランドのクローズドコースで217.973km/hでドリフト走行を行い、ギネス認定を受けた。

     車両は、トヨタGT86(日本名86)をベースに大掛かりな改造を加えたチューニング車で、1100馬力近い最高出力を発生するという。



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=67AQ7XBhd68


    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/191996/

    【ポーランド人レーサー、トヨタGT86でギネス記録! 世界最速ドリフトの映像】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    1: ダブルニードロップ(千葉県) 2013/09/29 13:35:05 ID:dqUfOe2H0
    ソース今月号のマグX



    当初はダイハツに作らせようとしたけど、コペンでスポーツカーは儲からないことを知っているため、ダイハツは断ったらしい
    だから、川崎重工で作るらしい

    【トヨタ、86より小さいスポーツカーは川崎重工と共同開発、大きいのはBMWと共同開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント
    1: セントーン(神奈川県) 2013/09/29 17:21:04 ID:CD6enWeQ0
    【レポート】米で大ヒットを続けるマツダ! でも生産が追い付かない...
    no title

    米自動車情報サイト「TheDetroitBureau.com」によると、マツダは米での「マツダ3」(日本名:アクセラ)、「マツダ6」(日本名:アテンザ)、
    「CX-5」の需要に、供給が全く追い付いない状態だという。その理由の1つとして、昨年フォードと資本提携を解消し、生産の拠点がデトロイト近郊から日本に移ったことが挙げられている。

    CX-5の米での8月の月間売上高は、クロスオーバーとしては過去最高となる前年同月比82.3%増。マツダ6も供給に余裕がない状況でありながら、
    8月は167%増(前年同月比)と大幅な伸びを記録している。しかし、マツダの米国市場での売り上げは2012年には26.4%上昇したが、
    2013年は8月まででわずか6.8%増。北米マツダの広報担当者、ジェレミー・バーンズ氏は、「今年は供給がとにかく遅れている。そのため、売上高がさほど伸びていない」と語った。

    2014年の春にはメキシコの新工場が稼働するため、供給体制が改善される可能性は大きいだろう。今秋から米での総売上の40%を占める新型マツダ3の4ドア・セダンも発売される。米国民としては、マツダにはぜひ一刻も早い納車をお願いしたい。
    http://jp.autoblog.com/2013/09/25/mazda-low-supply-high-sales/

    【マツダ「アメリカで売れすぎて生産追いつかねぇ」】の続きを読む

    このページのトップヘ