乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント
    1: DQN ★@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 23:13:26.62 ID:???0.net
    24時間に及ぶ長い戦いは遂にフィニッシュを迎えた。LMP1クラスはアウディ勢の1-2フィニッ
    シュの5連覇に終わったが、

    それ以外のカテゴリーは緊迫したトップ争いが最後まで続けられた。LMP2クラスはヨタスポーツ
    『ザイテック Z11SN/日産』、2位以下はティリエ by TDS レーシングの『リジェJS P2』、シグ
    ナテック『アルピーヌ A450b/日産』と日産エンジンが1位と3位を獲得している。

    GTE ProクラスはAFコルセのフェラーリ『458イタリア』51号車、1周遅れの2位にコルベット
    レーシングのシボレー『コルベット C7.R』、3位はポルシェAGチーム・マンタイの『911
    RSR』。

    GTE Amクラスはデンプシーレーシング/プロトンのポルシェ『911 GT3 RSR』がアストンマーチ
    ンレーシングの『ヴァンテージ V8』を最終版で逆転して1分差で勝利。JMWモータースポーツの
    458イタリアが3位に入っている。
    《北島友和》

    レスポンス:http://response.jp/article/2014/06/15/225474.html

    【【ルマン24時間 2014】LMP2クラスは日産エンジン強し、GTE Proはフェラーリ 458が勝利】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    ca7943ae

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 22:04:05.65 ID:???0.net
     昨年末のスキー事故でこん睡状態となっているF1元王者のミハエル・シューマッハ氏(45)のマネジャーは15日、
    同氏が意識を回復し、フランス・グルノーブルの病院から退院したと明かした。

     マネジャーのケーム氏は、シューマッハ氏はリハビリを行うために退院したと言い、世間の目から隔離されたところ
    でリハビリを行うことを理解してもらいたい、と声明を発表している。

    2014年6月16日 19:15
    http://www.sponichi.co.jp/car/news/2014/06/16/kiji/K20140616008379710.html

    ◆◆◆スレッド作成依頼スレ★865◆◆
    http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1402786832/163

    3: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 22:05:32.77 ID:oG5kLGmU0.net
    こいつは不死身か…

    11: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 22:07:04.85 ID:zthpcLTm0.net
    第一声はなんだろう?

    88: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 22:53:04.65 ID:ObhoeD290.net
    >>11
    ラルフが居ない

    119: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 23:22:42.93 ID:4+Y2G/zW0.net
    >>11
    セナに会った

    【シューマッハ氏 意識回復、退院していた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント
    1: トペ スイシーダ(catv?)@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 16:44:35.14 ID:bMcTXUoh0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    no title


    日産自動車は、新型1トンピックアップトラック『NP300 ナバラ』をタイ・バンコクで世界初公開した。

    エクステリアは、日産特有のデザインDNAを維持しながら、よりスポーティでエモーショナルな表現を追求。サイドビューは、高いウエストラインと特徴的な黒色を
    配色したBピラーにより滑らかなシルエットを創り出している。フロントは、日産の共通デザイン要素であるVモーショングリルを採用する。

    インテリアは、センターパネルからドア部分まで続く緩やかなカーブを描いたダッシュボードが、広々と感じることができる空間を演出。さらに人間工学デザインに
    基づきつつ、高品質素材を採用することで、視認性や乗降性を高めている。

    パワートレインは、改良型2.5リットルDOHC直列4気筒のディーゼルおよびガソリンエンジンをラインナップ。ディーゼルエンジンの最大出力は140kWと120kW、
    最大トルクは450Nmと403Nmで、電動アクチュエーター付きターボチャージャーにより過給圧が増大する。また燃費は現行モデルから約11%向上。
    トランスミッションは、7速ATまたは6速マニュアルから選択可能。7速ATは、低速域における燃費向上や滑らかな加速を実現している。

    NP300 ナバラは、各市場のニーズに合わせ、標準ボディ、ワイドボディやキングキャブまたはダブルキャブ、そして四輪駆動、二輪駆動など、ボディタイプと
    パワートレインを幅広く用意。今回のタイでの生産、輸出の開始を皮切りに、今後グローバル180か国以上での販売を予定している。

    http://response.jp/article/2014/06/11/225185.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    【日産、新型ピックアップトラック NP300ナバラ を世界初公開…約11%の燃費向上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント
    スバルレヴォーグ20131123_1

    1: ファイナルカット(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 11:48:56.80 ID:bf54xt4Q0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典
    「燃費が悪くなる」と敬遠されていた
    「ターボチャージャー搭載車(ターボ車)」が「復権」している。
    欧州の自動車メーカーが、エンジンを小型化し、不足した馬力を
    ターボ技術で補う「ダウンサイジング」という手法で燃費改善に
    成功したからだ。燃費向上にしのぎを削る国内メーカーも
    相次いで市場に投入する。

    http://mainichi.jp/feature/car/news/20140615k0000e020143000c.html

    7: 膝靭帯固め(千葉県)@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 12:06:16.61 ID:n44CuyHz0.net
    15年どころじゃないもっと前からわかってたよ
    軽自動車にターボつけるのも普通にやってたし

    8: メンマ(四国地方)@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 12:11:00.94 ID:8JsPgQtw0.net
    超低燃費の車なんてとっくの昔にできてる
    技術を小出しにしてるだけ

    【ターボ車、低燃費で復権】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 85コメント
    1: ムーンサルトプレス(千葉県)@\(^o^)/ 2014/06/14(土) 20:08:02.44 ID:MZz8dsKD0.net BE:548963814-PLT(12345) ポイント特典
     ホンダ は、スポーツカー とハイブリッド システムを融合させた「CR-Z 」に、特別仕様車「α・Dressed label III(アルファ・ドレスト レーベル スリー)」を設定して発売を開始した。

     ホンダCR-Zは、2010年2月にデビューした。1.5Lエンジンンに1モーター式のハイブリッドシステムが組み合わされたCR-Zは、当時の10・15モード燃費で25.0㎞/Lという低燃費を実現。
    また、6MTが設定されたことや「SPORT」「NORMAL」「ECON」の3つの走行モードを選択できるホンダ初の3モードドライブシステムが搭載され、走る楽しさもアピールした。

     そんなホンダCR-Zの販売台数は、発売直後3,000台/月を超える販売台数を記録したほど人気モデルとなった。しかし、その人気も1年経たずに収束する。

     ホンダが凄いのは、その後のCR-Zの進化。売れないからと言って放置せず、更なる進化を施しマーケットに送り出す。2012年9月にマイナーチェンジしたCR-Zには、なんと高価なリチウムイオン電池を搭載。
    モーターの力を強めて、よりパワフルな走りを追求した。従来の100Vから144Vに高電圧化。モーター出力を1.5倍にし、一段と力強い発進・追い越し加速を実現。
    さらに、エンジンも高回転型i-VTECを採用し、絶対的な出力を向上させ、走行性能にこだわった。しかし、それでも販売台数は500台/月を大きく割り込む。

     国内の販売台数に、大きく貢献することのないCR-Z。それでもホンダは見捨てたりはしなかった。今回投入された特別仕様車アルファ・ドレスト レーベル スリーは、
    外装色に鮮やかで深みのあるブリリアントスポーティブルー・メタリックを追加。そのボディカラーとコーディネイトするように、インテリアには、青の縫製を施した専用カラーコンビシートなどを採用している。
    17インチのアルミホイールは、1本9.0kgまで軽量化した。

    http://www.corism.com/news/honda/2471.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダCR-Zの進化が止まらない もはや発売当初と別の車】の続きを読む

    このページのトップヘ