乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1364043931/

    1: サイベリアン(千葉県) 2013/03/23 22:05:31 ID:SvMPvELl0
    イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリが3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13でワールドプレミアした『ラ・フェラーリ』。同車の最新映像がネット上で公開された。

    この映像は3月21日、フェラーリが公式サイトを通じて配信したもの。すでに公開されているラ・フェラーリの公式プロモーション映像について、収録の舞台裏を紹介した映像だ。

    ラ・フェラーリは、フェラーリ初の市販ハイブリッド車。『F12ベルリネッタ』用の6262cc V型12気筒ガソリンエンジンは、最大出力が800psまで引き上げられ、9250rpmという高回転まで回る。
    これにフェラーリのハイブリッドシステム、「HY-KERS」から、モーターの最大出力163psが加わる。システム全体で963psという圧倒的パワーを引き出す。

    最新のHY-KERS は2モーター方式で、ミッドシップにV型12気筒エンジンをレイアウトし、7速デュアルクラッチ・トランスミッションと1個目のモーターを一体設計。
    さらに、2個目のモーターは、エンジンの前方にレイアウト。2つのモーターは、バッテリー(二次電池)と接続される。そして減速時には、モーターがジェネレーターの役割を果たし、発生した電力をバッテリーに蓄えるというシステムだ。

    このHY-KERSが、排出ガスを低減すると同時に、パフォーマンスを向上。フェラーリによると、ラ・フェラーリは『エンツォ』比で 0-200km/h 加速タイムを約1割短縮。
    排出ガス性能はおよそ40%も低減させているという。0‐100km/h加速は3秒以下、最高速は350km/hオーバーの実力だ。

    ラ・フェラーリは、世界限定499台が生産される予定。

    http://response.jp/article/2013/03/23/194244.html
    no title


    【世界499台限定のラ・フェラーリの最新映像】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1363740414/

    1: オリエンタル(千葉県) 2013/03/20 09:46:54 ID:wzKvcbXF0
    ホンダはN-BOXの快進撃に続き、軽市場のド真ん中めがけて、新型N-ONEを送り出してきました。昭和のN360をモチーフにしたデザインは、とても新鮮で魅力的に映ります。
    しかしその背景には「フィットを超えろ!」という大号令の元、軽事業を刷新したホンダの「日本のものづくり」戦略がありました。

    no title

    no title


    ■開発陣の合言葉は、フィットを超えろ!

    新型N-ONEでは、開発陣に「フィットを超えろ!」と大号令をかけたのですから、生半可な覚悟ではありません。実は、ホンダ軽事業の存亡を掛けた大勝負だったのです。

    N-BOXが子育てファミリー層向けなら、新型N-ONEはその前後世代の若者とシニア層がターゲットです。難しいのは、目の肥えたシニア層に選んでもらうこと。
    N-ONEでは「軽のプレミアム」を目指し、軽を感じさせないデザインと質感、大人4人がゆとりを持って過ごせる室内空間と静粛性を実現しました。
    更にターボを「ダウンサイジング・ターボ」と位置づけ、走りの質感を高める排気量増幅装置として活用。1.3Lのフィットを凌ぐ走行性能を実現したのです。

    ■懐かしさと新しさが融合したデザイン!

    「昔のデザインをやってはいけない」というホンダの伝統が渦巻く中、N360のモチーフを採用するには紆余曲折があったとのこと。
    浅木LPLは「俺たちは軽ではなく新しいスモールを作って新たな市場を開拓していく。真似ただけならゾンビカーだが、N-ONEはN360のデザインと志を引き継いだヘリテージカーだ。」という信念を貫いたのです。
    まさしく昭和世代には「懐かしさ」を、平成世代には「新しさ」を感じさせる魅力的なクルマに仕上がっていると思います。

    リーマンショックと超円高の影響で、国内販売と輸出の減少に見舞われ、産業空洞化が進行してしまいました。
    浅木LPLの「日本のニーズに合っているのは軽自動車。ホンダの国内戦略は、日本のものづくりと雇用を守ることにもつながる。」というコメントに、「日本企業としての誇り」と「ホンダ魂」を感じずにはいられません。
    頑張れ、NEW NEXT NIPPON NORIMONO!

    http://clicccar.com/2013/03/19/215549/

    【新型ホンダN-ONEの開発指令は、なんと「フィットを超えろ」、そしてフィット超える走行性能に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1363861951/

    1: スミロドン(福岡県) 2013/03/21 19:32:31 ID:2oTIOJNc0
    日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は3月21日の定例会見で、
    安倍晋三首相がTPP(環太平洋経済連携協定)の交渉に
    参加を表明したことについて「歓迎する」と前向きに評価した。

    「TPPの目的は、成長産業をより成長させること。
    自由貿易の下で世界の競争に打ち勝てるように、自動車業界も頑張っていきたい。
    成長する海外市場を取り込み、次の世代に元気な日本を引き継げるように、
    国民全体で努力しなければいけない」(豊田会長)。

    米国の自動車業界が日本の軽自動車の優遇税制を
    非関税障壁とみなしていることについては、
    「軽は排気量、幅、長さ、定員などいろんな規制の中で、
    日本の道に合わせて一生懸命作っている国民車。
    海外に輸出もしていない。決して優遇ではない」と強調した。
    no title

    http://toyokeizai.net/articles/13368

    【トヨタ社長「 軽自動車は様々な規制の中で、日本の道に合わせて一生懸命作っている国民車 」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1363857928/

    1: そーきそばΦ ★ 2013/03/21 18:25:28
    エルサレム(CNN) 米政府当局者は20日、イスラエルに同日到着したオバマ大統領が乗り込むはずだった
    専用車の運転手が間違った燃料を入れたため車が動かなくなる混乱があったと発表した。
    エルサレムで通常使うディーゼル重油ではなくガソリンを給油したための失態。大統領を運ぶために予備用のリムジンが使われた。
    米大統領警護隊(シークレットサービス)の報道担当者は、専用車1台に技術的な問題が起きたことは認めたものの、原因は不明と説明。
    ガソリンが給油されたとの報道の真偽には触れなかった。
    エンジン作動が出来なかった専用車は現地時間の20日午前10時ごろ、地元業者にけん引されて移動したという。
    オバマ氏は同日正午ごろにエルサレムに到着した。
    大統領が米国内外を訪れる際には、随行員用を含めた専用車両が事前に現地に運ばれる。
    「ビースト」の名称で知られる大統領専用車はキャディラックの特製車両で重量は8トン。
    1台だけではなく多数の同型車両が用意されている。
    警護隊はビーストの性能の詳細は明かしていないが、装甲、防弾、ガス攻撃に備えた車窓の完全密閉、
    爆発の衝撃に備えた安全対策などが施されているという。
    ディーゼル重油で走行する中型トラック「シボレー・コディアック」の車体が土台とも言われる。

    ソース CNN
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35029799.html?tag=top;subStory
    画像
    no title

    【オバマ氏専用車、燃料を間違えガソリンを給油してしまい、動かなくなる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1363770887/

    1: オリエンタル(千葉県) 2013/03/20 18:14:47 ID:wzKvcbXF0
    メルセデスベンツCLA45AMGがニューヨークオートショーで世界デビューします。
    2.0リッターターボエンジンで360馬力で価格は470万前後と予想されています。

    no title

    no title

    no title


    500万以内で新車のAMGモデルが入手出来るのは魅力的ですね!
    それに内装はアルカンターラにカーボンパーツ使ってるけど本当にこの価格帯なのか?
    それにスペックも十分です。このCLAのデザイン好きって方多いと思います。

    http://ferrarinews.blog72.fc2.com/blog-entry-4009.html

    【メルセデスベンツCLA45AMG 2リッターでこういう車待ってたんだよ】の続きを読む

    このページのトップヘ