乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    1: レインメーカー(catv?)@\(^o^)/ 2014/07/27(日) 10:37:23.21 ID:xenNBMjO0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    no title


    映画ワイルドスピードの世界が現実に!スバル WRX STI vs フォード マスタングGTのドラッグレース!!

    世界中に広がっている自動車文化。非合法ながら最もメジャーなものであるストリートレース。エスケープゾーンのない公道でスピードという麻薬に冒された車好き達の心を捉えて離しません。

    今夜もそんな若者達がお金と、そして自らのプライドを賭けて熱い思いをアスファルトに焼き付けていきます。

    アメリカで撮影されたスバル WRX STIとフォード マスタングGTによるバトル。2台ともハードなチューニングが施されているようで、バトルは鳥肌モノの緊迫した展開に。

    ワイルドスピードの世界なら賭けるのは自分のマシン、ということでしょうがそこは現実世界。賭け金は300ドルということです。

    夜の帳に響き渡るエグゾーストノートと焼けた漂うタイヤの焼けた臭いすら感じられます。

    果たして熱きバトルの結末は?

    ※公道での危険運転は犯罪です。シートベルトを締めて安全運転。シークドライブはこういったの違法行為について一切の支援をしておりません。
    http://www.youtube.com/watch?v=l29JCVly2NU


    【激撮!マスタング vs スバル WRXが公道でレース!【動画】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント
    1: レインメーカー(catv?)@\(^o^)/ 2014/07/27(日) 10:35:36.73 ID:xenNBMjO0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    no title


    マツダは8月24日まで、東京・六本木けやき坂入り口交差点付近にて、発売前の新型「デミオ」をはじめ「魂動デザイン」を採用した4車種5モデルを展示している。

    これは「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」というイベントの一部として開催されている「Mazda Be a driver. Street」と名付けられた展示ブース。
    そこには「ソウルレッドプレミアムメタリック」で塗られた「CX-5」「アテンザ」「アクセラ スポーツ」「アクセラ セダン」、そして今秋に発売が予定されている新型「デミオ」のプロトタイプが揃って展示されている。
    初めて見た新型デミオは、こうしてよく似た兄姉たちと並ぶと確かに小さいが、それでも存在感は決して負けていない。同じ魂動デザインを採用していても、
    伸びやかな4ドア・セダンのアテンザあたりとは対照的に、抑揚はわりと控え目で凝縮感がある方向でまとめられている。

    クロームで縁取られたフロント・グリルは、下半分にカーボンファイバー調テクスチャが貼られていてなかなかスポーティ。ただ、日本のナンバープレートはあまり似合わないかも...。
    「フライングM」エンブレムの両脇に伸びる赤いバーは、マツダの方によれば「おそらくスポーティな上級モデルのみ、ボディ・カラーを問わず」付くそうで、それ以外のグレードでは
    ピアノブラックになるようだ。なお、今回の展示車には注目度が高い「SKYACTIV-D 1.5」と呼ばれるディーゼルではなく、「SKYACTIV-G 1.3」ガソリン・エンジンが搭載されていた。
    係の方にお願いすればボンネットを開けて見せて貰えるはずだ。

    no title


    no title

    no title

    http://jp.autoblog.com/2014/07/26/mazda-be-a-driver-street/

    【マツダ、東京・六本木けやき坂入口交差点で新型「デミオ」を展示中!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: TwilightSparkle ★ 2014/07/27(日) 12:43:22.37 ID:???.net
    毎日新聞 (最終更新 07月27日 10時46分)
    http://mainichi.jp/graph/2014/07/27/20140727k0000e040125000c/001.html
    (自動車ナンバー読み取りビジネスの概念)
    no title


     車のナンバーを自動的に読み取って自動車登録情報(車検証情報)と照合し、客の居住地などを分析するビ
    ジネスが始まっている。公開情報を利用しており法的に問題はないが、現状では車の所有者の同意を得てお
    らず、不安視する声も上がっている。読み取り技術の向上を背景に、商業利用が加速している。【日下部聡】 

     腰の高さほどのカメラが2台、埼玉県戸田市のパチンコ店「やすだ」戸田店の大型立体駐車場出入り口に備
    え付けられている。出入りする車のナンバープレートを撮影し、データに変換してコンピューターに記録できる。

     「予想より遠くから来る人がいることは分かりましたね」と、戸田店の運営会社の安田屋(東京都)の松下正・
    営業企画部課長は話す。今年2~3月に約1万台のデータを分析したところ、会員カードの住所で推定してい
    た「商圏」から来ていたのは6割で、残り4割は推定外の地域からだった。中には九州や北海道の登録の車も
    あったという。「極端に遠い所から来るのは(パチンコで稼ぐ)『プロ』かもしれない」(松下氏)

     システムは駐車場コンサルタント「駐車場綜合研究所」(東京都)が開発し、4月に発売した。安田屋での分
    析は無償提供による試験運用で、既に終了している。その後関西の大型ショッピングモールに導入する商談
    が進行中だという。

     読み取ったナンバーのリストを、駐車場綜研が自動車検査登録情報協会(自検協)と全国軽自動車協会連
    合会(全軽自協)に送信すると、車検証に記載された車種とメーカー、町名や大字までの住所が返信される。
    丁目や番地、氏名は除かれており「個人情報には当たらない」と同社は説明する。このデータを地図やグラフ
    に加工、顧客企業に提供する。

     「お客さんがどこから来るかを詳細に分析できれば、広告チラシの配布や誘導看板の設置を効果的にできる」
    と同社の木村直子・エグゼクティブコンサルタントは説明する。

     最近の大型ショッピングモールは、駐車料金の精算などのためにナンバーを読み取るカメラを備えていると
    ころが多い。木村氏によると、取引先のモールの担当者と「このデータをもっと活用できないか」と話し合ったの
    が、システム開発のきっかけだったという。

     同様のサービスは、建設コンサルタント「エイテック」(東京都)も提供している。こちらは道路を走る車が主な
    対象だ。道路脇などに計測器をセットしてナンバーを読み取る。「道の駅」の利用動向調査などに利用されて
    いるという。

     デモ画面を見ると、計測器は時速約80キロで走り去る車のナンバーを「神戸 530 〇 〇〇〇〇 自家用
     小型」などと瞬時に読み取る。時速180キロまで対応可能という。同社の堤慎司・関東支社調査技術部統括
    リーダーは「10年ほど前から読み取り技術の正確性が飛躍的に進歩して、マーケティング調査に応用しようと
    いう発想が生まれた」と説明する。

     ただ、ビジネスとしての広がりは未知数だ。安田屋は駐車場綜研のシステムを導入しないという。「得られた
    結果は想定の範囲を大きく超えるものではなかった。今後もデータを取り続ける必要はない」(松下氏)と判断
    し、カメラは近く返却する予定だ。

     道路運送車両法は自動車登録情報は不動産登記と同じ公開情報と定めている。

     このため、国土交通省はナンバーを含む自動車登録情報を個人情報保護法の適用外とみなしている。同法
    は、保護すべき「個人情報」について、氏名や住所など直接本人を特定できる情報か、「他の情報と容易に照
    合できて、特定の個人を識別できる」情報と定義する。集めた個人情報を第三者に渡す時は本人の同意が必
    要と定めているが、自動車登録情報については本人同意が法的には不要だ。

     やすだ戸田店での試験運用も客に告知されなかった。しかし、戸田店に何度か行った埼玉県川口市の建築
    業の男性(38)は「勝手に情報を取られるのはいい気持ちはしない」と首をかしげており、駐車場綜研は「今後
    は告知することもあり得る」と説明している。

     小さな集落に住んでいる人や珍しい車に乗っている人は、地名や車種だけで個人が特定されないだろうか。
    駐車場綜研の吉本国隆常務は「その可能性はある」と話す。「私たちはそこまで調べないが、何らかの法的な
    ガイドラインは必要かもしれない」

    【車のナンバー自動読み取りで顧客分析 進むビジネス化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント
    1: リバースパワースラム(catv?)@\(^o^)/ 2014/07/26(土) 14:27:02.33 ID:ACWjEPiY0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリの頂点に立つ『ラ・フェラーリ』。この世界限定499台の1台を、フェラーリコレクターがちょっと粋な方法で、引き取りに現れ、話題になっている。

    これは7月18日、イタリアのフェラーリ本社での出来事。英国在住のジョン・ハント氏に、待望のラ・フェラーリが引き渡された。ジョン・ハント氏は、
    英国の不動産王として知られ、フェラーリのコレクター。彼のコレクションに、ラ・フェラーリが加わる日が、どれほど待ち遠しかったかは、彼の行動が示している。

    ジョン・ハント氏は、英国ロンドンからイタリアのモデナまで、フェラーリを自走してやって来た。しかも、友人に運転を依頼して、彼のコレクションの中から、4台の限定フェラーリを伴って登場したのだ。

    その4台とは、『288GTO』、『F40』、『F50』、『エンツォ』。どれも、生産台数が限られており、フェラーリファンにとっては垂涎のモデル。

    フェラーリ最新の限定車、ラ・フェラーリと対面したジョン・ハント氏、「例えば、エンツォだけでも1万6000km以上走行したけど、所有する4台には、
    それぞれ個性がある。この日が待ち遠しかった。ラ・フェラーリは特別な車と断言できるよ」とコメントしている。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20140726-10208146-carview/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【富豪はこうして ラ・フェラーリ を納車する…粋な方法が話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント
    1: 垂直落下式DDT(芋)@\(^o^)/ 2014/07/25(金) 21:39:22.16 ID:Gk4UN8LA0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    no title

    超極上のスープラ新古車がカナダのトヨタ ディーラーで販売中!
    80年代当時のトヨタのを代表するスポーツカーといえばセリカやスープラ。だが時代の流れが進み、世界的に車のFF化への波が押し寄せた。

    セリカも時代の流れに沿ってFF化にチェンジしてしまったが、1986年にフルモデルチェンジした3代目スープラは従来のFRレイアウトをキープ。

    そんな3代目スープラの誕生から早28年がたった今、なんとカナダのアルバータ州カルガリーにあるカントリーヒルズ トヨタ ディーラーで、ほぼ新車の状態で販売中!
    no title

    no title

    no title

    そして気になるこの真っ赤な1990年式トヨタ スープラ極上車の走行距離はたったの150km!

    画像で見ての通りシートやフロア、ドアの内張りにはまだ新車時の内装を覆うビニールカバーが張ってある状態。

    販売者はどういった経緯で販売に至ったのか明かしていませんが、希望販売価格 69,998カナダドル(約663万円)となっています。
    http://www.j-sd.net/toyota-70-supra-sales/

    【走行距離わずか150km!超極上のスープラ 新古車がディーラーで販売中!】の続きを読む

    このページのトップヘ