乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント
    1: レッドインク(芋)@\(^o^)/ 2014/11/21(金) 19:04:16.33 ID:N/1No5Pj0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    マツダは、11月28日から開催される「タイ国際モーターエキスポ2014」で新型「Mazda2(日本名:デミオ)」のセダンを世界初公開する。

    新型「Mazda2」セダンは、端正なプロポーションと力強いスタイリング、上質かつスポーティなインテリア空間、優れた走りと環境安全性能を
    高次元で実現するコンパクトセダン。同モーターショーには、このほか新型「Mazda2」ハッチバックのタイでの一般初公開も予定しており、
    いずれも新開発の小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を搭載する。なお、タイでの新型「Mazda2」の販売開始時期は2015年初頭を予定している。

    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/20141121-10214437-carview/
    no title

    no title

    no title

    【マツダ、タイ国際モーターエキスポで新型Mazda2セダンを世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 48コメント
    1: レッドインク(芋)@\(^o^)/ 2014/11/21(金) 10:22:59.58 ID:N/1No5Pj0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    トヨタは、2014 ロサンゼルス国際オートショーにおいて、2015年モデルのアクア(Prius C)を発表した。

    追加された3つの新色。
    新しいシングルLED プロジェクターハイ&ロービームヘッドライトやリアコンビネーションランプ、トールランプを備えた。

    新デザインのフロントバンパー
    加えて、キャビンもよりプレミアムな素材を採用している。

    1.5L 4気筒エンジンを変わらず採用している。
    燃費は変わらずJC08モード燃費37km/Lとなる様子だ。

    今回のモデルチェンジに合わせてSUVモデル「X-URBAN(エックスアーバン)」もリリースされる。

    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=4DCUPf8koZM


    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-417.html

    【トヨタ 新型 アクア マイナーチェンジ 2015年モデルフェイスリフト!! 3つの新色を追加!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント
    1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ c2ch.net 2014/11/07(金) 16:50:36.20 ID:???0.net
    長年連れ添った牧羊犬のフロス君を失った男性が、その思い出を形として残すことにしました。

    プジョーに36万円をかけて愛犬のイメージそのままに改造したとのこと。
    新フロス君は時速70kmで走行することが可能だそうです。

    no title


    翻案:キャプシス
    http://metro.co.uk/2014/11/06/farmer-turns-family-car-into-a-sheepdog-named-floss-4937037/

    【愛犬を失った男性、プジョーをベースに36万円をかけて思い出を形に 英(写真あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント
    Toyota-Mirai-front-large

    1: ドラゴンスープレックス(京都府)@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 15:17:19.56 ID:Yw4AF/5v0●.net BE:725951203-PLT(26252) ポイント特典
    日本経済新聞(この記事は会員登録なしで全文読めます)
    ----------
    「水素音」に驚き トヨタの燃料電池車を運転

     トヨタ自動車が11月18日に発表した燃料電池車(FCV)の「ミライ」。水素
    と酸素の化学反応で電気を起こし、車を動かすためのモーターを回す。走行時に水
    しか出さないために「究極のエコカー」と呼ばれるが、車としての性能はどうだろ
    う。12月15日の発売に先駆けて、記者が実際に運転してみた。
    ■加速性能は「プリウス」以上
     走り出してまず印象的だったのは静かだということ。エンジンがとどろく音がし
    ないため、車内での会話もクリアに聞こえる。聞こえてくるのはモーター駆動の車
    特有の「キーン」という音だが、特に不快さはない。このあたりは、同じくモータ
    ーで動く電気自動車(EV)と同じ特徴を備えているといえる。
     だが、アクセルを踏み込んでみてまた印象が変わった。速度が増すとともに今度
    は「グオー」という不思議な音がじわじわと響いてきた。何の音か。同乗したトヨ
    タの人に聞くと「水素です」。FCVは加速時に燃料タンクの水素を大量に発電装
    置に送り込むため、高圧ポンプがフル稼働する。その作動音だという。
     FCVならではの「水素音」が加速とともに高まっていく――。静寂を保ったま
    まスピードが上がるのは、少し味気ないかなと思っていた記者にはこれは新鮮な驚
    きだった。ちなみにモーター駆動なので加速感もよい。停止状態からアクセルを踏
    んで時速100キロメートルに持っていくまで9.6秒。ハイブリッド車(HV)「プ
    リウス」の上を行く。
     長さが限られたテストコースの中だったのでフルパワーで走ることは難しかった
    が、ミライの駆動システムはガソリン車のエンジンでいえば6気筒で3~3.5リッ
    トル級の性能を持っているという。トヨタ車でいえば高級車「クラウン」と同じよ
    うな走りの性能を出せるということだ。開発責任者の田中義和主査は「エコだけで
    なく走りもしっかりした車」と言い切る。【以下略】
    ----------
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79905740Z11C14A1000000/

    【日経記者がトヨタの燃料電池車に試乗 「あっ!水素の音がする!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    car-save-gas-lg

    1: Anubis ★@\(^o^)/ 2014/11/19(水) 17:42:14.20 ID:???0.net
    車にかかる費用は生涯で約4000万円! 

    ●ガソリン代:18万7500円
    ・車 日産キューブ(2010年式)
    ・平均燃費 約12キロ/1リットル 
    ・1リットルのガソリン代 約150円(山口県内 2014年11月時点の価格)
    ・年間走行距離 約1万5000キロ
    →1万5000キロ÷12キロ/リットル×150円/リットル=18万7500円

    ●整備費用など:9万6000円
    ・車検、点検、オイル交換費用 8万円(車検代は1年分のみ算入)
    ・タイヤ代 1万6000円(1万6000円/本×4本÷4年ごと)

    ●税金・保険:8万3890円
    ・自動車税 3万4500円(1500CC以下)
    ・任意保険 3万5470円(ネット損保 17等級)
    ・自賠責保険料 1万3920円 (2年間2万7840円÷2年)

    ●高速道路通行料:3万円程度

    ●駐車場代:14万4000円(1万2000円/月×12カ月)

    ここまでを合計すると、年間54万1390円、月額で4万5115円がかかっています。その他にも、カー用品や洗車代、出掛けた先でのパーキング代、不具合やぶつけた場合の修理代などの費用も不定期に発生します。

    ◆年間でトータル80万円超もかかる
    また、7年に一度新車250万円(諸費用込み)を乗り換えるという人なら、下取りが40万円としても、7年ごとに210万円を車両購入費用として準備するか、ローン返済(金利がプラス)しないといけません。210万円を乗り換えまでの7年間で割ると、単純計算で年間30万円になります。

    車に対する車両購入費用約30万円と維持費約54万円を合計すると、1年間の支出は84万円(月額7万円)ということになります。あらためて金額を計算すると、こんなにお金がかかっていたんだなとビックリしてしまいますね。

    ◆車と生涯付き合ったらなんと約4000万円!
    同じ条件で、仮に20歳~70歳までの50年間、車に乗り続けたらいくらになるでしょうか。

    ●車の購入代金
    210万円(下取りを差し引いた金額)÷7年間×50年間=1500万円
    ●車の維持費
    54万円/年間×50年=2700万円

    合計でなんと4200万円! 思わずため息をついてしまう金額ですね。マイホームの購入金額に匹敵します。もちろん、車の種類や使い方でこの金額は大きく変わってきますが、いずれにしても数千万円単位の出費が必要です。

    ちなみに軽自動車だと、概算で上記金額の約半分の2000万円、クラウンクラスだと上記金額の1.5~2倍程度、6000万円~1億円程度が必要です。

    夫は普通車、妻は軽自動車と2台以上保有する家庭も多いですが、その場合は普通車で約4000万円、軽自動車で約2000万円の合計6000万円です。会社員の生涯賃金は2億円から3億円と言われていますが、かなりの割合がカーライフに充てられることになります。

    ◆車に対する価値観やライフプランも費用に影響
    車好きな方も多いと思いますし、一方で、車は走ればいいという価値観もあります。好きな車に乗り続けたいというのも価値観。どちらも否定できません。

    いずれにしても、生涯のライフプランの全体像を掴んだ上で、我が家のカーライフをどうしていくか考えていきたいところです。

    ◆車を持たない生活How Much?
    タクシーや公共の交通機関、レジャー時にはレンタカーを使う。これは筆者が8年間、東京の都心(中野区)で暮らしていた時のカーライフのスタイルでした。

    都心だと駐車場代だけでも1月3万~5万円は当たり前! 当時サラリーマンだった私にはとても車を持つことができませんでした。その代わり、地下鉄などの公共交通機関が発達しているエリアだったため、不自由はありませんでした。

    このように思い切って車を所有せずに、代わりにかかる費用を試算してみましょう。

    ●交通費
    月に1万円ずつタクシーを使ったとして50年間で計算
    →1万円/月×12カ月×50年間=600万円

    ●レンタカー代
    月に1回レジャーを楽しむためにレンタカーを24時間借りる場合
    →トヨタ プリウスで約1万2000円+高速代・ガソリン代約7000円=約2万円/月
    →2万円/月×12カ月×50年間=1200万円

    合計すると、50年間で1800万円。生涯キューブクラスに乗り続けた場合の4200万円との差額は、2400万円にもなってしまいます。

    ◆レンタカーのほかに、カーシェアリングを利用する手も
    レンタカーだと、気分によってRV車にしたりスポーツタイプにしたりとチョイスして、いろいろな車に乗ることもできます。子供が生まれた、引っ越しした、といった環境の変化による買い替えの必要もありません。一方で、自分の所有物ではないことや、他の人も運転する車であるというデメリットもあります。

    また、カーシェアリングという手段もあります。拠点が近くにあれば、レンタカーよりリーズナブルに利用できるかもしれません。

    人それぞれのライフスタイルや住んでいる地域などで、車はどうしても必要という場合もあります。車もハイブリッドやEV、これからは燃料電池車も普及していき、燃費コストも改善することが見込まれます。前述の計算例はあくまで参考として考えてください。

    一方で、車のように生涯付き合うもの(保険や家などもそうですね)は、少し目先を変えるだけで、小さい金額のようでトータルでは、かなり大きな金額の違いがでてきます。

    我が家の価値観を大切にしつつ、ライフプランとにらめっこしながら考えていきましょう!

    http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20141119-00000001-argent-column

    【車にかかる費用は生涯で約4000万円!】の続きを読む

    このページのトップヘ