乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    1: フェイスクラッシャー(千葉県) 2013/10/30 21:09:25 ID:nutnhViM0
    Honda HPD CR-Z - Sneak Peek before Debut at SEMA on November 5th unveiling
    Honda HPD CR-Z to debut at 2013 SEMA show in Las Vegas
    Predictions, will the new HPD CR-Z use a supercharger as the Limited Edition Mugen RZ version sold in Japan, or the turbo like the HPD SEMA show car from the past.

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    Engine Type: In-line 4-cylinder turbocharged
    Displacement: 1.5-liter
    Turbo Details: Borg Warner AAP, TiAL compressor wheel, abradable seal, dual ball bearing, air-water intercooler
    Engine Pwr/Tq: 175 hp/155 lb-ft (estimated)
    IMA Pwr/Tq: 25 hp/65 lb-ft (estimated)
    Engine + IMA: 200 hp/175 lb-ft (estimated)



    http://www.youtube.com/watch?v=4UQ_aTSJBpY


    【ホンダがCR-Z高性能版きたーーー1.5Lで200馬力!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/31 09:50:15
    富士重工業は主力乗用車「レガシィ」のうち、ワゴン車の「ツーリングワゴン」を
    2014年内に廃止する。

    1989年の登場以来、アウトドア向けの「RVブーム」を先導してきたが、
    最近はワゴン車の人気低迷などで販売が落ち込んでいた。

    セダン「B4」と、車高の高いスポーツ用多目的車(SUV)「アウトバック」は
    存続させる。富士重工は14年内に、レガシィより一回り小さい新型ワゴン車
    「レヴォーグ」を発売し、新たな需要を掘り起こす考えだ。

    レガシィは、独自の水平対向エンジンと四輪駆動を採用し、96年度には国内販売が
    年9万台を超えたが、2012年度は2万4207台に落ち込んでいる。

    ●2014年に廃止されるレガシィ「ツーリングワゴン」
    no title


    ◎富士重工業(7270) http://www.fhi.co.jp/

    http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20131031-OYT1T00214.htm?from=main5

    ◎関連スレ
    【車/戦略】富士重工業(スバル)、新型スポーツワゴン『レヴォーグ』を2014年投入--『東京モーターショー』で試作車公開 [10/30]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1383132731/

    【富士重工業(スバル)、『レガシィ ツーリングワゴン』を2014年で「廃止」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/30 20:32:11
    富士重工業は30日、2014年に新型のスポーツワゴン車を市場投入すると発表した。

    車名は「LEVORG(レヴォーグ)」で国内向けに開発。米国市場に合わせて
    大型仕様で販売している主力車「レガシィ」などより小型にし、運転支援技術
    「次世代アイサイト」も採用する。「東京モーターショー2013」で試作車を展示する。

    レヴォーグはスポーツ車仕様の5人乗りワゴン車。レガシィなどに搭載する2リットル型の
    「水平対向直噴ターボエンジン」の技術をベースに、1.6リットル型を新たに開発した。

    コンセプト車の発売はトヨタ自動車と共同開発したスポーツ車「SUBARU BRZ」以来、
    2年ぶりとなる。

    富士重はこれまで米国向けにレガシィなど基幹車種のサイズを大きくして販売してきたが、
    新型車は日本市場でニーズの高いサイズで設計。当面は国内で販売するが海外向けも
    視野に入れる。

    東京モーターショーではレヴォーグのほか、ステレオカメラなどを使った自動運転技術を
    搭載した試作車も展示する。

    ●画像(※別ソースより)
    no title

    no title

    no title


    ◎富士重工業(7270)のリリース
    http://www.fhi.co.jp/contents/pdf_92359.pdf

    ◎ソース http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD300AC_Q3A031C1TJ2000/

    ◎別ソース 【スバルの新型車、レヴォーグが世界初公開へ】
    http://carview.yahoo.co.jp/article/photo/101827/

    ◎関連スレ
    【輸送用機器】富士重工業、中間利益が1千億円に迫る--北米販売好調で増額修正、過去最高を上積み [10/25]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1382686539/

    【富士重工業(スバル)、新型スポーツワゴン『レヴォーグ』を2014年投入--『東京モーターショー』で試作車公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント
    1: フェイスクラッシャー(千葉県) 2013/10/30 20:53:44 ID:nutnhViM0
    ダイハツ、東京モーターショーで2014年前半の発売を目指す新型「コペン」のコンセプトモデル

     ダイハツ工業は10月30日、「第43回東京モーターショー」(11月20日~21日プレスデー、22日特別招待日、22日プレビュー・ナイト、23日~12月1日一般公開日)の出展概要を発表した。

    コペンのコンセプトモデルは「新感覚・オープンスポーツ NEW FUN+」をコンセプトに、軽オープンスポーツの新しい形を提案するとしており、
    「KOPEN future included Rmz(コペン・フューチャーインクルーデッド アール・エムゼット)」「KOPEN future included Xmz(コペン・フューチャーインクルーデッド クロス・エムゼット)」というコンセプトの異なる2台を展示する。

     このコンセプトモデルでは、「走る楽しさ・持つ楽しさを極限まで追求したモデル」を謳うとともに、外板意匠をスマホのカバーケースのように自由に着せ替えられるという新しい使い方の提案をしている。
    Rmzはスタイリッシュ&エモーショナルな独創的スタイリングに仕上げ、インテリアは素材にこだわった上質なものとした。Xmzはタフ&アグレッシブなスタイリングで、インテリアはスパルタンさを強調したものとなっている。

     2011年の東京モーターショーでも新型コペンを想起させる「D-X(ディークロス)」を展示し、その際はパワートレーンに直噴2気筒660ccターボエンジンの改良型を採用していた。
    一方、今回のコンセプトモデルでは「KF」型の直列3気筒DOHC 0.66リッターターボエンジンを搭載し、トランスミッションにCVT(パドル付き)を組み合わせ、前輪駆動モデルであることが発表された。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20131030_621478.html

    【ダイハツが発売間近の次期型コペン・プロトタイプを発表!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/30 16:47:34
    タクシーやハイヤーに使われることの多いトヨタのクラウンセダン、クラウンコンフォート、
    そしてコンフォート・コンフォート教習車がマイナーチェンジを受けました。

    1995年デビューのコンフォート系はトヨタのラインナップでも長寿シリーズですが、
    今回の小変更では全車に車両安定装置であるVSCとTRCを標準装備しています。
    そのほか、メーター照度コントロール機能を追加したスピードメーター&タコメーター
    となりました。

    VSCの標準装備化は、国土交通省により横滑り防止装置(ESC)を継続生産車において
    2014年10月1日から装備義務化になることに対応したものといえます。

    エンジンは教習車以外はLPG仕様の2.0リッター4気筒、教習車にはガソリン2.0リッターが
    用意されています。いずれも駆動方式はFRで、基本となる変速機は4速AT。コンフォート、
    コンフォート教習車には5MTが用意されます。

    メーカー希望小売価格は、次のようになっています。

    コンフォート:1,801,800円~2,326,800円
    コンフォート教習車:1,738,800円~2,064,300円
    クラウンコンフォート:2,211,300円~2,442,300円
    クラウンセダン:2,690,100円~2,973,600円

    ●画像
    no title

    no title

    no title

    no title


    ◎トヨタ自動車(7203)のリリース
    http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/10/nt13_060.html

    http://clicccar.com/2013/10/30/234454/

    【タクシーや教習車にも「スピン防止装置」--トヨタ、クラウンセダンとコンフォート系をマイナーチェンジ】の続きを読む

    このページのトップヘ