乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: かかと落とし(秋田県) 2013/08/11 20:20:16 ID:S5ao6EuC0
    先日、日産の横浜工場を訪ねる機会があった。入り口には日本の国旗とフランスの国旗がはためいていた。日産がルノーの傘下であることを、改めて感じさせる情景だった。

     ルノー・ジャポンは新型ルノー ルーテシアを、9月24日から全国のルノー正規販売店で販売する。4代目となる同車は、ルノーの新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」
    アイデンティティーのもとでデザインされた初めてのモデル。

     新型ルノー ルーテシアには、新開発の1.2リッター ターボチャージャー付筒内直接噴射 直列4気筒エンジンが搭載される。1.2リッターという小排気量ながら、
    パワーは1.6リッター自然吸気エンジン並み、トルクは2.0リッター自然吸気エンジン並みの高い性能を発揮する。このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、
    2組のクラッチ機構を持つ6速エフィシェント デュアルクラッチ トランスミッション(EDC)となっている。

     7色のボディカラーと内装カラー、ホイールカラーを組み合わせた「パック・クルール」や、内装パーツセットの「パック・デザイン」といったオプションにより、
    自分だけの1台をデザインすることができるという。日常での使いやすさといった特徴をさらに伸ばしつつ、情熱的なデザインと爽快感溢れる走りによって、
    さらに魅力的なモデルへと生まれ変わったとしている。価格は199万8000円~238万円。

    http://economic.jp/?p=26013
    no title

    【やっぱFF車ってハンドルにトルク変動出るから駄目だよな 走るならFR車だな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント
    1: 毒霧(catv?) 2013/08/10 09:07:45 ID:ZoYDzBQ20
    アウディ7人乗りMPV(ミニバン) アウディV4のバッジが付けられる可能性があるというこのMPVは、アウディA3セダンと同じFFベースのMQBプラットフォームを基盤としながら、
    長いリアのオーバーハングを付加することによって室内空間を確保、2列5シートないしは3列7シートが備えられるとのこと。 最近ではBMWも7人乗りのミニバンを開発中で、
    ベンツのビアノもVクラスと名称を元に戻し気合いを入れています、今後ベンツ・BMW・アウディと独ブランドMPV戦争がはじまるのでしょうか

    no title


    http://seekdrive.net/?p=11280

    【アウディ7人乗りのミニバン開発にゴーサイン!ヴェルファイア、アルファード(笑)エリシオン(核爆)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント
    1: ◆Rouge.4nKEwz @かき氷に味ぽんφ ★ 2013/08/11 00:29:20
    伝説のF1ドライバー、故アイルトン・セナ選手。
    同選手が生前、所有していたホンダ『NSX』が、オークションに出品されていることが分かった。

    これは競売大手のebayが、英国の公式サイトにアップしているもの。
    ある個人が、「Honda NSX -- driven by Senna」と題して、かつてセナ選手の愛車だったNSXをオークションに出品している。

    このホンダNSXは1993年式。
    NSXの開発に参画したことでも知られるセナ選手は、大のNSXファン。
    3台のNSXを所有していたと伝えられており、今回オークションに出品されたのは、そのうちの1台。
    シャシーナンバーは「999」。

    ボディカラーはブラックで、走行距離は約5万km。
    内外装から駆動系まで、完全なオリジナル状態を保つ。
    出品者によると、セナ選手が手放した後、17年間、このNSXを所有してきたという。

    8月10日の時点では、5万1000ポンド(約760万円)の値が付いているNSX、
    8月17日のオークション終了時には、いくらで落札されるだろうか。

    レスポンス 2013/08/13 12:08
    http://response.jp/article/2013/08/10/204107.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    Honda NSX -- driven by Senna
    http://www.ebay.co.uk/itm/Honda-NSX-driven-by-Senna-/181192150042?clk_rvr_id=508055059592

    【アイルトン・セナの愛車、93年式のホンダNSX…英ebayでオークションに出品中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    EXP13531130771

    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/08/09 12:19:02
    ソースは
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MR5K6I6JTSEI01.html

    [1/2]
    8月9日(ブルームバーグ):2012年以来の株価上昇率が約5倍と、突出している
    自動車メーカーがある。「スバル」ブランドの販売拡大で業績好調な富士重工業 だ。
    その吉永泰之社長はいま、「このまま規模拡大するのが本当にスバルの道なのか」
    という問いかけをしようとしている。

    吉永社長は5日のインタビューで「販売が好調だと、こんなに売れてるんだから
    安い車も出そうよという雰囲気にもなる」と会社全体が勢いづいている現状を
    指摘した上で、8月下旬から社内であらためてスバルが目指す方向を議論し、
    来春にもまとめたいとの意向を示した。
    新たな方向性が決まれば「スバルとしては大きなターニングポイントになる」という。

    吉永社長は、年間販売100万台レベルがスバルに合っており、その達成後は
    台数より利益率を求めたいとの考えを示した。
    国内自動車8社のうち販売規模は最少だが、「他社と違う立ち位置を持つことに
    強い意味」があり、その違いは「他よりちょっとだけ高くてスバルにしか
    つくれない車」や「高付加価値で高利益率を目指すビジネスモデル」という。
    富士重は20年までに年間販売100万台を目指す計画を示している。

    調査会社IHSオートモーティブの川野義昭アナリストは、スバルは
    水平対向エンジンという差別化の武器を持っており、得意分野に集中するのは
    評価できると述べた。
    また、ナカニシ自動車産業リサーチの中西孝樹アナリストは、100万台レベルで
    ニッチ市場に応えていくのは正しい戦略だという見方を示した。
    水平対向エンジンは左右に分かれたピストンが対称的に動いて振動を打ち消し合う
    構造で、低重心で走行の安定性に優れているとされる。
    独ポルシェとスバルが車両に搭載しており、「スバリスト」と呼ばれる
    熱心なファンがいる。

    ■抜群の利益率
    09年度に1.91%だった富士重の営業利益率は、東日本大震災時の11年度に
    一時低下したのを除き毎年向上。13年度4-6月期には12.73%へ拡大した。
    ブルームバーグデータによると、4-6月期はトヨタ自動車 の同10.61%、
    ダイハツ工業 の9.57%、ホンダ の6.53%などをしのぎ、国内8社でトップ。

    スバル販売好調は、09年に全面改良した5代目レガシィを投入したころに始まった。
    世界で自動車の小型化が進む中、セダンタイプの車幅を50ミリ、車高で80ミリ拡大し、
    アウトドア愛好家好みに仕上げた。
    以後、新車投入の度に、アウトドア向けだけでなく都市部や女性などに顧客層を
    広げた。世界販売は08年度の55.5万台に対し、13年度に約35%増の75.2万台の見込みだ。

    ラインアップが少ないのもスバルの特徴だ。
    富士重は08年にトヨタ、ダイハツと3社の協力関係強化で合意し、経営資源集中のため
    軽自動車の生産を止めた。現在の基本生産モデルは「レガシィ」「インプレッサ」
    「フォレスター」など6車種でいずれも水平対抗エンジンを搭載している。

    安全性でも評価は高い。
    米国ハイウェイ安全保険協会の安全評価で、スバルは北米販売モデルで
    相次ぎ高い評価を得ている。中西アナリストは、スバルは「アウトドア」と
    「安全性」の2つの強みで顧客を惹きつけており、満足度も高いと述べた。

    -続きます-

    【「スバル」は利益率で勝負へ、台数追わず--富士重工業社長】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: 張り手(埼玉県) 2013/08/08 18:09:52 ID:YpLyEJB4P
    ベンツ、Eクラスのクーペとカブリオレを発売

    メルセデス・ベンツ日本(東京都港区)は5日、新型Eクラスのクーペとカブリオレを発売した。

    価格はクーペが669万円から、カブリオレが699万円から。

    今回、同社として初めて3カ月のお試し期間を設け、車の性能や品質に満足できなかった場合は
    その後のリース契約を解除できる新たなリースプログラム「ドリームリース」を始めた。
    全国限定50台で、クーペとカブリオレが対象となる。

    両車種とも、2000ccの新型過給器付きエンジンを採用し、従来モデル比で燃費性能を約17%向上させた。
    自動ブレーキや、先行車が停止した場合に減速して停止する機能を備え、安全性能も高めた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/7926397/
    no title

    【ぶっちゃけベンツって誰に需要あるんだよ 俺の知ってる社長のほとんどはレクサス乗りだぞ】の続きを読む

    このページのトップヘ