乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 69コメント
    lexus-lf

    1: フランケンシュタイナー(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/08/08(金) 20:51:52.61 ID:L/JHm2620.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
      8月8日(ブルームバーグ):トヨタ自動車 は高級ブランド「レクサス」で将来、スーパーカー市場への再参入を検討している。
    2012年に生産終了した同ブランドのスーパーカー「LFA」の後継と位置付け、ポルシェやフェラーリに対抗する。

    レクサスインターナショナルのエグゼクティブ・バイス・プレジデントのマーク・テンプリン氏は8日、トヨタの豊田章男社長は
    どんな世代にもLFAのような車があるべきだと信じていると述べ、「われわれが今の世代に向けてLFAを作る」と福岡県内で
    記者団に語った。プレジデントの福市得雄氏は、レクサスのブランドを構築する上で「LFAのようなイメージリーダーは必要」
    と話した。

    LFAはトヨタがレクサスブランドの最上位クラスとして09年の東京モーターショーで発表した2人乗りのスーパーカー。
    翌年から生産・販売し、価格は3750万円だった。以降、トヨタのラインアップにスーパーカーはない。

    福市氏は、LFAのような価格の500台の限定発売ではなく「皆さんに乗ってもらえる形」を模索したいという。同氏は福岡県内の
    工場で開かれた、レクサス初の小型SUV「NX」の生産開始式典が始まる前に記者団に話した。

    NXは7月29日に国内で発売した。価格は428万-582万円。月間販売目標は700台。テンプリン氏によると、国内で6000台の
    受注があった。ゼネラルマネジャーのジェフ・ブラッケン氏によると、米国では11月に発売し、今年3000台、来年は4万2000台の
    販売を見込んでいる。
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9VSVU6KLVRL01.html

    【トヨタ、スーパーカー市場再参入を検討 レクサス「LFA」の後継】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント
    1: エメラルドフロウジョン(芋)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 08:01:57.58 ID:Vub2PQQn0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    スバル360は、コロッとした愛らしいデザインとRRパッケージが最大の特徴です。ただメカやスタイルが個性的なだけに、室内空間や
    使い勝手については大いに気になるところ。そこでここでは、RRパッケージを踏まえながら、スバル360の使い勝手について紹介したいと思います。

    no title


    ■シンプルなインパネと奥深い足元に注目

    ドアは、前側が開くタイプを採用。初期型スバル360は、インパネが超シンプルで、ボディの骨格にちょこんとメーターを置いた感じです。
    後のマイナーチェンジでインパネは大きくなりましたネ。またシフトパターンは、変速機を横置きに搭載したために、横H型というのがシブイ!
     前席の足元は、意外なほど奥行きがあります。フロントにエンジンがない、RRパッケージの得意技といったところでしょう。

    no title


    室内空間は外寸以上に広々

    360cc軽規格の寸法と個性的な外見からすると、室内空間は思った以上に広い印象です。さすがに後席に大人が座り続けるのはちょっこし
    厳しそうですが、夫婦2人と子ども2人の標準的な家庭なら、充分な広さだと思います。

    つまりスバル360は、小さい寸法の中、個性と居住性を高い次元で両立していたのですネ。なるほど長年ベストセラーを記録し続けた理由が、あらためて良くわかりました。

    no title

    no title

    http://clicccar.com/2014/07/18/262169/

    【スバル360に家族4人が乗れた秘密は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント
    1: 断崖式ニードロップ(芋)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 07:58:26.94 ID:zIyeV9hf0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    トヨタは「ランクル70」を再販を目指して新たな開発を進めている。

    日本ではあまり馴染みがない「ランクル70」だがアフリカや中東、豪州などでランクルと言えばこの型である。

    「ランクル70」は2004年に生産が中止となったが十年ぶりに再販となる様子だ。

    当時は「ランクル70」はディーゼルが主流で排気ガス規制により販売が終了した。

    最近日本では自然災害が多発しており、地震、津波、大雨、大雪などだ。ここにきてランクル70に需要がある。

    日本仕様は、プラドと同じV6 DOHC 4L エンジンが搭載となる、 

    バン:400万円
    ピックアップ:350万円
    no title

    no title

    no title

    no title

    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-325.html

    【トヨタ 新型 ランクル70 期間限定で2014年9月発売?! ハリアー買おうと思ってたけどこっちにするわ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント
    1: 男色ドライバー(catv?)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 15:44:31.86 ID:ock4689U0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    トヨタ自動車は6日、商用バン『プロボックス』と『サクシード』をマイナーチェンジし9月1日より発売すると発表した。2002年の発売以来、12年目の大幅改良となる。

    プロボックスとサクシードは、それぞれ『カローラバン』『カルディナバン』の後を継ぎ商用専用車として2002年に誕生。多目的に使える広い荷室、高い経済性など
    専用車ならではの特徴が、経営者やドライバーに評価され、クラスでトップシェアを維持してきた。今回のマイナーチェンジでは、ビジネスシーンで実際にクルマを使用する人々の声を取り込み機能を特化、「日本のビジネスマンを力強くサポートする」。

    プロボックスに新搭載する1.3リットルエンジン、両車の1.5リットルエンジンともにSuper CVT-iを組み合わせ、滑らかな走りと高い燃費性能を実現。
    1.5リットル2WD車は、JC08モード燃費18.2km/リットルを実現。全車でエコカー減税の対象となった。

    新エンジンの搭載にあたり、フロントのプラットフォームを刷新しサスペンションの構造も最適化。さらに車速感応型の電動パワーステアリングを全車に採用し、
    空車時、積載時ともに扱いやすさと高い操縦安定性を実現した。一方で、高い評価を得ている居住空間、荷室については従来型のプラットフォームを
    流用しプロボックスとサクシードの利点をそのまま活かした。

    車内で過ごす時間が長い商用車ならではの改良として、特に運転席まわり全面的に刷新し使い勝手を大幅に向上。あらゆる機能を運転席から手が届
    く範囲で完結するようにし、実用性を高めた。1リットル紙パック飲料がそのまま収納できるセンタートレイ、A4サイズのノートPCや弁当が置けるインパネテーブル、
    スマートフォンを充電しながら固定できるマルチホルダーなどをセンタークラスターに集中。さらに、運転席のすぐ横にビジネスバッグが置けるようにするなど、ビジネスマンの利用シーンを想定した装備/機能を満載した。

    新デザインとなったフロントマスクは、キープコンセプトながら力強さを増すとともに、歩行者傷害軽減ボディ構造を採用している。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20140806-10208722-carview/
    no title

    no title

    【【トヨタ プロボックス/サクシード 改良新型】商用車の定番が12年目の改良、実用性と燃費を大幅向上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 81コメント
    004_o

    1: 断崖式ニードロップ(芋)@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 07:57:43.15 ID:zIyeV9hf0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    新型コペンに注文が殺到しているようです!早くも年内納車は難しい状況になっているとか

    月販目標の6倍の注文!

    新型コペンが発売されたのは6月19日。それから約一ヶ月後の7月22日にプレスリリースが出ています。
    ダイハツ 軽オープンスポーツカー「コペン」の受注状況について
    ~月販目標の約6倍となる4,000台を受注~

    これによると、発売後一ヶ月で月販目標700台の約6倍となる4000台の注文が積み上がったとか。6倍ってすごいですね。発売直後に注文が集中するのは
    世の常とはいえ、6倍ってのはすごい。ダイハツにとっては儲かる車種ではないだろうけど、自動車業界の活性化という意味ではいいことですよね。

    月産を1000台に増産

    これを受けて、ダイハツでは月産台数を1000台に引き上げるようです。儲からないクルマを増産するとは、ダイハツとしては嬉しい一方で苦しさもあるといったところでしょうか。

    テレビCMなしでこの売れ行き!

    今回の新型コペンのヒットで重要な点は、テレビCMを一切やってないってことです。新型コペンのCM、見たことないでしょ?ダイハツは下記のような軽トラのCMまでやってるっていうのに、新型コペンはCMがないんですよ。
    http://www.youtube.com/watch?v=b0L7dO17GCg


    http://used-move.com/2014/08/9026/

    コミュニティの形成に成功

    しかし、テレビCMを排除する一方で、別の手段でファンを獲得しています。それは新型コペンFIRST TEST DRIVEのようなファンミーティングであったり、
    COPEN専門サイトであったり、コペンローカルベース鎌倉であったり、Facebookページの運営であったりします。いずれも、ダイハツとファンの人たちが
    直接やり取りできる場です。つまり、コミュニティの形成ですね。

    http://used-move.com/2014/08/9026/

    【新型コペンに注文殺到、一切TVCMをやらないのに、売れすぎて年内納車は間に合わない状況に!!】の続きを読む

    このページのトップヘ