乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    img

    1: 河津掛け(東日本)@\(^o^)/ 2015/04/02(木) 12:50:13.82 ID:E8ZGe2Qo0.net BE:837857943-2BP(1500)

    ・プロレーサーが仕掛人
    仕掛人は、マレーシアでプロレーサーをしているレオナ・チンさん。いかにもドジッ子風なメガネ姿に
    変装しての登場だ。実際に運転してみると、エンストを連発するため、教官も不安を隠せず、
    「この子センスないなぁ」といったような表情がうかがえる。
    ……だがしかし! レオナさんが「もう一度チャンスをください」とお願いすると、本格的にドッキリ開始! 
    急発進で教官を驚かせたと思ったら、ドリフトしまくり! さっきまでのどんくさい彼女は、もうそこにはいないぞ。

    ・恐怖に突き落とされた教官たち
    その後も白煙を巻き上げながら、車はドリフトし続け、一瞬にして恐怖に突き落とされた教官たちは
    パニック状態。必死になだめようとする人、絶叫する人、女性教官にいたっては、恐怖のあまり顔を覆い、
    ひたすら悲鳴をあげるしかない状態になってしまう。

    http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20150401/Rocketnews24_563556.html

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=WaAu4L2cl4c&feature=youtu.be


    【ドッキリ動画 自動車教習所の生徒がドリフトをして教官が絶叫!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/04/01(水) 22:01:14.41 ID:???.net

    ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、電気自動車「BMW i3」を、総合オンラインストア「Amazon.co.jp」にて、
    4月1日より販売開始すると発表した。外部のウェブサイトを通じて新車の販売を行うのは、BMWジャパンが日本初。

    BMW iの販売では、BMW正規ディーラーが保有する185店舗の内、46店舗をBMW i販売店とし、
    専門トレーニングを受講したBMW i専任のセールススタッフを配置。また、BMW i販売店が近くにない地域のために、
    BMWジャパンの社員であるモバイルセールスアドバイザー(移動型セールス)を導入するなど、新しい販売モデルを採用している。

    今回、総合オンラインストア「Amazon.co.jp」でBMW i3の販売を開始することで、BMW iの革新的なマルチチャンネルでの
    販売モデルをさらに推し進める

    no title

    no title

    http://response.jp/article/2015/04/01/248081.html

    BMW i3(Amazon販売ページ)
    http://www.amazon.co.jp/gp/browse.html?node=3443139051


    【BMWジャパン、電気自動車「BMW i3」をAmazonで販売開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    mercedes-benz-c_01


    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/03/31(火) 18:12:03.39 ID:???.net

    メルセデス・ベンツ日本(東京)は31日、
    大半のモデルを4月1日に平均約2%値上げすると発表した。
    消費税増税に伴う価格の見直しを除くと、2008年10月以来6年半ぶりの値上げ。
    同社は値上げについて、輸送コストや原材料費の高騰に対応するためで、
    円安が理由ではないと説明している。
    売れ筋のセダン「C180アバンギャルド」は従来の467万円から476万円に1.9%引き上げる。

    時事通信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00000103-jij-bus_all


    【メルセデス・ベンツ値上げ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: マシンガンチョップ(東京都)@\(^o^)/ 2015/04/01(水) 19:35:58.88 ID:qizSrhr+0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

    日本損害保険協会は、自動車盗難事故実態調査結果を発表した。調査は損害保険会社が2014年11月に
    保険金を支払った自動車盗難372件、車上ねらい・部品盗難626件を対象に実態調査したもの。調査は
    2000年から実施しており、今回が16回目。

    自動車盗難では、車種別で2007年調査から7年連続でワースト1位だったトヨタ『ハイエース』の被害が
    148件から40件に大幅減少し、2位となった。ハイエースは、2012年5月発売モデルから盗難防止装置である
    イモビライザが全車標準装備されたことが大幅減少の背景にあると見られる。

    代わってワースト1位となったのはプリウスで、被害件数は前年同数だったものの、ハイエースの被害が減少したため。
    3位は前回調査と同じ『ランドクルーザー』。『アクア』の被害は前回調査の6件から23件に増加しワースト4位となった。

    車齢別では、平均で7年6カ月で、前年比で3か月短くなった。これは初度登録から5年未満の車両盗難の割合が
    前年比12.9ポイント増加したため。

    同協会では「アクアが4位にランクインしていることから、防盗性能が高められている最新車種でも被害に遭っており、
    市場流通量の多い人気車種は窃盗犯に狙われるリスクも高い。バー式ハンドルロックやセンサー式警報装置、
    GPS追跡装置など、複数の盗難防止装置を活用し自己防衛を行う必要がある」としている。

    車上ねらい・部品盗難では、カーナビの被害割合が前年の26.4%から10.9%に大きく減少した。その一方で、
    バッグ類、外装部品(バンパー・ドアミラーなど)、タイヤ・ホイールなどの被害品の割合が増加した。

    no title

    http://response.jp/article/2015/04/01/248053.html


    【盗難車ワースト1位、ハイエースからプリウスに変わる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: くじら1号 ★ 2015/04/01(水) 13:38:08.31 ID:???*.net

    ドイツの高級車、メルセデスベンツの高性能車部門、「メルセデス-AMG」が今度は商用車分野に進出する。
    4月1日、メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAが公式Facebookページで
    エイプリルフールネタとして発表したもの。『メルセデス-AMG スプリンター63 S』の画像を公開している。

    ベース車両の『スプリンター』は、最大積載量3.5トンクラスの欧州商用車のベストセラーモデル。
    2代目に当たる現行型は、2006年に発売された。スプリンターには、バン、ピックアップトラックなど、
    用途に応じたバリエーションを設定。米国市場でも販売されており、次期型は現地生産されることも決定済み。

    さて、4月1日限定公開のメルセデス-AMG スプリンター63 S、パワートレインには、新型スポーツカー、
    『メルセデス-AMG GT』用の4.0リットルV型8気筒ツインターボを搭載。最大出力503hpを引き出す。
    商用車のカテゴリーでは、まさに敵なし。

    ハイルーフのボディに、AMGデザインのグリルやバンパー、アルミホイール、マフラーなどが迫力を
    醸し出すメルセデス-AMG スプリンター63 S。メルセデスベンツUSAは、
    「AMGチューンのスポーツサスペンションが、コーナーを撃破する」と説明。優れたコーナリングマシンと、アピールしている。

    no title

    http://response.jp/article/2015/04/01/248063.html


    【メルセデス商用車、ついに究極の「AMG 63」…503hpツインターボでビジネス】の続きを読む

    このページのトップヘ