乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント
    no title

    1: 魔神風車固め(芋)@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 13:04:18.87 ID:87wzUBhT0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
     この6月度(6/1-6/30)は「不正改造車排除」の強化月間となっているので、これを機会に、どんなことをすると不正改造にあたるのか、
    どんな迷惑や危険につながるのかを再確認しておきましょう。



    1.灯火類の色の変更
    色つきのテールランプレンズをクリアレンズに交換したりすると、クルマの印象がだいぶ変わりますよね。でも、それによって灯火光まで変わってしまうのは不正改造にあたります。
    制動灯や方向指示器灯などは、投光の色が定められていて、その他の色を使うと他の交通に誤認を与えて事故を誘発する危険があり、とても危険だからです。

    2.基準外のウイングの取り付け(特に幅広のもの)
    レーシングカーのような大きなウイングを装着すると、スポーティでカッコよく見えるようになるかもしれません。でも、基準に適合しない形状やサイズのウイングは
    ]不正改造になります。他の交通の安全の妨げになりますからね。

    3.タイヤのハミ出し
    タイヤ・ホイールが内側に引っ込んでいると、電車みたいでカッコわるいと思う人も多いようです。
    そこでタイヤ・ホイールの面とフェンダーの面をそろえると、「ツライチ」といってカッコいいとされます。
    でもそれを超えてタイヤやホイールが車体よりも外側にハミ出してしまうと不正改造になります。

    4.着色ウインドウガラス
    フロントウインドウや運転席/助手席のサイドウインドウに濃い色の着色フィルムを張ると不正改造になります。
    気をつけたいのは透明なフィルムを張っても違反になるケースがあるということです。

    5.不正マフラー
    マフラーを交換したければ、ちゃんと保安基準に適合したスポーツマフラーを装着しましょう。

    6.不正な警音機
    音が自動的に断続したり、音の大きさや音色が自動的に変化したり、運転席で変えられるようになっているものはやはり不正改造です。そもそも警音ですから無粋でもいいんですよね。

    http://clicccar.com/2014/06/02/256443/

    【それって合法? 意外と知らない不正改造車の6ポイント】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント
    1: キン肉バスター(芋)@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 18:37:21.99 ID:vVzo9qq50.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    no title

    マツダは、6月5日に「アクセラ」をベースとした教習車の累計生産数が1万台に到達したことを発表した。これは、2004年5月の生産開始から約10年で達成したことになる。

    no title

    達成を祝して、広島県広島市のE&T特装工場において、記念式典が開催された。なお、式典にはアクセラ教習車の顧客を代表して、コヤマドライビングスクールの遠藤 一夫専務も招待された。

    記念式典会場でコヤマドライビングスクールの遠藤専務は、「アクセラ教習車は、走る・曲がる・止まるといった基本性能がしっかりしているのはもちろんのこと、 コンパクトなボディで取り回しがよく、教習車として最適です。
    また、洗練されたデザインが教習生にも大変好評です。これからも教習生や指導員が安全に楽しく教習できるクルマを造り続けていただきたいと思います」と挨拶した。

    no title

    http://jp.autoblog.com/2014/06/08/mazda-axela-mazda3-drivingschool-2014/

    【オフセットナンバーステー採用!? マツダ「アクセラ」教習車、累計生産数1万台達成!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 66コメント
    1: フォーク攻撃(芋)@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 11:22:20.94 ID:0nQeg+Bb0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    ホンダはビート後継となる軽自動車規格の次世代スポーツカーとして、S660コンセプトを2013年の東京モーターショーで発表していた。
    その市販モデルのデビュー時期としては2015年前半頃が予測されており、早ければ2014年度内での発売が実現しそうである。
    生産はホンダの子会社でもある八千代工業の四日市製作所が担当する予定となっている。

    S660のデザインのベースとなったのは、2011年の東京モーターショーで公開されたEV-STERである。
    EV-STERは電気自動車ということもあり市販化されることは無かったわけだが、S660市販モデルは
    軽自動車規格に適合した660ccクラスの3気筒ガソリンターボエンジンがミッドシップ搭載される。
    その最高出力は64ps。トランスミッションは5MTとCVTの2タイプの設定となることが現在のところ期待される。
    ホンダS660のライバルはコペン、S1000として欧州仕様の計画もあるようだ
    さて、S660コンセプトのボディサイズは発表されていなかったわけだが、実物を見た感じではコンパクトではあるものの
    軽自動車としては非常に立派な印象を受けた。実は全幅に関しては1480mmを超えていたのではないかと考える。

    S660は軽自動車規格の日本仕様の他に、S1000として約100mm幅広のワイドボディに1.0Lエンジンを搭載させた
    欧州仕様の計画も存在するようだ。東京モーターショーで発表されたのは、このS1000に近いモデルであった可能性もある。
    S1000は、2015年の発売が予測される次期MX-5(日本名マツダロードスター)とも競合することになり、ライトウェイトオープンスポーツカーのカテゴリーは注目となるだろう。
    http://car-research.jp/honda/s660-3.html
    no title

    【ホンダS660は2015年の発売見込み、CVTと5MT】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント
    1: ダブルニードロップ(catv?)@\(^o^)/ 2014/06/04(水) 10:36:03.71 ID:nHPTFfUm0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    会員制レンタカー事業などを展開するThe fun2drive Owners' Clubは、同社が保有する歴代『RX-7』3台をレンタルし、乗り比べを楽しみながら、箱根・伊豆を巡る「歴代RX-7乗り比べツーリング」を2014年9月までの期間限定で実施する。

    用意する車両は「SA22C」「FC3S」「FD3S」の3台。箱根仙石原~箱根ターンパイク~伊豆スカイライン往復~芦ノ湖スカイライン~箱根仙石原の約160kmのコースを6区間に分け、ペア3組6名がそれぞれ各車両を順次乗り換えながら、ドライブを楽しむ。

    参加料金は1組1万5540円。通行料金、ガソリン代は別途要。

    また、「ハコスカR仕様」「BNR34」「R35」の3台を体感できる「新・歴代GT-R乗り比べ」も9月までの期間限定で実施する。

    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20140603-10205298-carview/
    no title

    no title

    no title

    【FRこそが至高のピュアスポーツ 歴代マツダ RX-7 を箱根で乗り比べ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント
    images

    1: バズソーキック(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/06/07(土) 16:50:59.12 ID:0SBJMD020.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
    ダイハツ、原価低減「1台10万円」-軽に目標設定

     ダイハツ工業は軽自動車1台当たり10万円の原価低減目標を設定した。グループの内製コスト低減と調達改革の継続で目標に近づける。
    特に部品調達では「オープン&フェア」を方針に掲げ、国内外を問わず技術力や原価力を備えた新規取引先の開拓を加速する。
    ダイハツは軽で培った技術をベースにコスト競争力を一層高め、未開市場への商品投入を狙う。

     目標に据えた10万円は「一つの大きな象徴的な数字」(ダイハツ首脳)。2009年に始めた調達改革では購入部品コストの3割削減を目指し、
    販売価格の引き下げに成果を出した。今後のグローバル競争に勝ち残るには大幅な原価力の向上が必須のため、再度、高い目標を設定した。
     軽は一般的に販売価格が低く、利幅も薄いとされる。10万円の原価低減目標は、軽乗用車で最廉価の「ミライース=写真」で2―3割の
    コストダウンに相当すると見られる。

     実現に向けて中国や韓国、インドネシアなど海外製部品の検討を本格化する。14年春に稼働した久留米開発センター(福岡県久留米市)で、
    海外製プラットフォーム部品を評価する。
    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420140606aaap.html

    【ダイハツ「軽自動車の原価を1台10万円下げる。海外製部品も本格的に検討する」】の続きを読む

    このページのトップヘ