乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 54コメント
    1: ストマッククロー(千葉県)@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 07:46:56.36 ID:3qYZRMQE0.net BE:548963814-PLT(12345) ポイント特典

    3: パロスペシャル(北海道)@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 07:50:01.98 ID:YZmMaZF40.net
    コンセプトよりも少ーしビートしてるね

    5: ジャンピングパワーボム(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 07:55:05.55 ID:GBNgGWXgO.net
    ビートかよ。
    Sを名乗るなら丸っこくしろ。

    11: アイアンクロー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 07:59:54.60 ID:SoBNLYxT0.net
    ヘッドライト周辺が殆どビートだな

    【ホンダS660きたーーーーー!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント
    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 19:57:44.59 ID:???0.net
    no title


    デロリアン・モーター・カンパニーは、米国のTV番組「ナイトライダー」に登場するドリームカー『ナイト2000』
    をモチーフとしたカスタムカー『ナイト2000Gs』の販売を開始する。

    ナイト2000は、1982~86年に米国で放映されたテレビドラマ「ナイトライダー」の中で人工知能「K.I.T.T.」
    搭載のスーパーコンピューター・カーとして数々の先進的な機能を搭載した「未来車の原型」として登場
    した。

    今回発売するナイト2000Gsは、米ゼネラルモータースのポンティアック『ファイヤーバード・トランザム』を
    ベースに、外装、内装ともにナイト2000仕様に改造したものだ。

    完全受注生産で価格は950万4000円。
    《纐纈敏也@DAYS》

    レスポンス 2014年07月09日(水) 19時23分
    http://response.jp/article/2014/07/09/227271.html

    ◆◆◆スレッド作成依頼スレ★869◆◆
    http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404715168/305

    【ナイトライダー、950万円で発売…デロリアンモーターから】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント
    Volkswagen-Passat-05

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/07/08(火) 21:48:57.27 ID:???.net
    独フォルクスワーゲン(VW)は当地の設計センターで、人気のセダン「パサート」の最新モデルを披露した。
    同社は高級な機能を装備した、スポーティーな新型パサートを競争力のある価格で提供し
    大衆車ブランドと高級車ブランドの区別を不明瞭にしている。「国民(フォルク)」のための高級車戦略とでも呼ぶべきものだ。

     独BMWや独メルセデス・ベンツなどの高級車メーカーが低価格車にシフトし
    VWや仏ルノー、米フォード・モーター、米ゼネラル・モーターズ(GM)といった量産メーカーの顧客を奪っている。
    そうしたなか、VWは新型パサートで反撃を狙う。

     VWのマルティン・ビンターコルン最高経営責任者(CEO)は新型パサートについて
    「この車は高価でない高級モデルになることを目指している」と語った。

     VWだけではなく、他社も売れ筋の量産モデルに高級車の機能を詰め込んでいる。
    フォードはパサートと直接競合する「モンデオ・ヴィニャーレ」の設計を進めている。
    GM傘下のオペルはパサートや低価格の高級セダンに対抗する「インシグニア」を開発した。
    フランスのPSAプジョーシトロエンは「DS」シリーズを高級ブランドに発展させている。

     新型パサートは燃費性能に優れた240馬力の5.3リットル直噴ガソリンターボエンジンとともに
    これまでBMW、ダイムラー傘下のメルセデス、VW傘下のアウディなどが製造する高級車にしか見られなかった機能を装備する。
    ハンドルの背後のダッシュボードにはコックピットのようなコマンドセンターを配置し
    運転手が居眠りをするなどの緊急時に備えた自動運転システム機能も搭載する。
    車載システムが運転手を起こすことができない場合、このシステムが作動して車を待避レーンに寄せて減速し、最終的に停車する。

     価格は約2万5900ユーロ(約360万円)からと、現行モデルを500ユーロ上回るだけだ。

     新型パサートは今秋、欧州で発売する。VWが4日に発表した新モデルは米国では発売しない。
    VWの販売責任者、クリスチャン・クリングラー氏は「われわれは間もなく米国について答えを出す」と語った。

     パサートを手ごろな高級車として位置づけ直せばBMWやメルセデスに奪われたシェアを回復できるかもしれないが
    VWグループ内で顧客を奪い合うリスクもある。ベルギッシュ・グラートバッハ応用科学大学自動車研究センターの
    シュテファン・ブラッツェル所長は「VWはパサートを一層高級なクラスに位置づけて(高級車部門の)
    アウディを損なわないように注意する必要がある」と指摘した。

     VWは車中通信やLED照明といったハイテクシステムの低価格化に加えて
    部品の共通化でパサートの価格抑制を実現した。パサートは「ゴルフ」、「アウディA3」
    スペインのセアトの「レオン」、チェコのシュコダの「オクタビア」と同じプラットフォームを利用している。

     アナリストらの見方では、アウディは今後も価格の高さに見合うようにセダンの「A3」、「A4」、「A6」の高級化を進める必要がある。

    http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304188504580016443577630602

    【VW、新型「パサート」で高級化を推進】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント
    1: ファルコンアロー(芋)@\(^o^)/ 2014/07/05(土) 07:35:36.65 ID:ymVLr9R70.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンが2014年1月、デトロイトモーターショー14に出品した『ザ・ビートル・デューンコンセプト』。同車の市販化が決定した。

    これは6月26日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。同社は、「2016年、ザ・ビートル・デューンコンセプトを市販する」と発表している。

    ザ・ビートル・デューンコンセプトは、『ザ・ビートル』をベースに、オフロードテイストに仕上げたコンセプトカー。外観はザ・ビートルに対して、アンダーガードや
    フェンダーエクステンション、大径タイヤを追加装備。車高は50mm引き上げられた。ボディカラーは明るいオレンジ、「アリゾナ」で塗装。バンパーは専用デザインとした。

    室内はボディカラーに合わせて、ダッシュボードやドアトリム、ステアリングホイールなどにオレンジのアクセントを使用。助手席前方のダッシュボードには、アシストグリップが装着される。

    パワートレインは、ザ・ビートルの「Rライン」と共通。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」は、最大出力210psを発生。トランスミッションは、6速デュアルクラッチの「DSG」。電子制御ディファレンシャルロックの「XDS」も装備された。

    6月26日、フォルクスワーゲングループは、ザ・ビートル・デューンコンセプトの2016年の市販化を宣言。同社は、ボディタイプについて、「クーペとカブリオレを設定する」と公表している。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20140703-10207008-carview/
    no title

    no title

    【VW ザ・ビートル、オフロード風味の“デューン”を2016年に市販化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント
    vtec-gif
    1: 毒霧(千葉県)@\(^o^)/ 2014/07/05(土) 20:18:46.61 ID:kJo6gWwi0.net BE:548963814-PLT(12345) ポイント特典
    ホンダはフリードとフリードスパイクに新開発を進めている1.0L 3気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載して燃費アップとコストダウンを図る予定だ。

    現行のフリードハイブリッドの燃費が21.6km/Lで236万円~だが、新型のフリードターボは燃費を30km/L 前後になり価格も180万円~を目指していると思われる。

    エンジンについては
    直噴ガソリンターボエンジン「VTEC TURBO」を新開発

    VTECをはじめとした可変動弁機構を適用し、徹底した低フリクション化を図った新骨格エンジンをベースに、低イナーシャ高応答ターボチャージャーと直噴技術により、
    従来の自然吸気エンジンをしのぐ高出力・高トルクと低燃費を優れたバランスで両立した、次世代のコンパクトエンジン。

    発売日は2015年の4月頃ではないかと思われる。

    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-298.html

    【ホンダ新型フリード 1.0LのVTECターボで燃費は30km/l】の続きを読む

    このページのトップヘ