乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 60コメント
    1: ファイナルカット(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 14:31:30.33 ID:ITUvPFXt0.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
    Jonathan Ive: 「最近の車のデザインは酷い(特にトヨタのプラッツ)」

    Appleのデザインチームのトップとして、数々のApple製品のデザインを担当してきた著名なインダストリアルデザイナーのJonathan Ive(ジョナサン・アイブ)が
    最近に自動車のデザインは醜いとする自動車業界批判を行っていたことが雑誌「The New Yorker」の最新号に掲載された彼のインタビュー記事により明らかとなった。

    このインタビューの中で、Jonathan Iveは、「街角では見るとショックを催すような車が走っている」
    「車は街角を飾る光景の一つでもあり(もっと洗練されたデザインが必要)」との見解を示した。その上で彼が「醜い」と感じている具体的な車名については明示的には言及は避けたが、
    彼に対してインタビューを行ったNew Yorkerの編集者のIan Parkerは暗に彼が言及したのは「Toyota Echo(トヨタ・プラッツ)」のことと指摘している。

    no title


    また、Jonathan Iveが美しいと感じる自動車については具他的な社名を挙げて「Bentley(ベントレー)」の「Aston Martin DB4」を挙げたが、デザインについては満足はしていないとも述べた。

    no title


    最近行われた報道によりAppleは社内に電気自動車の開発製造を行う部門を立ち上げ、数年以内をメドに実車の販売を開始することを計画していることが明らかとなっていた。
    今回のNew YorkerによるJonathan Iveに対するインタビュー記事は、Appleがどのようなデザインの自動車のリリースを考えているのかを示す上で示唆を与えるものともなりそうだ。

    http://www.businessnewsline.com/news/201502161804030000.html

    【Appleジョナサンアイブ「最近のトヨタ車のデザインはマジで酷い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント
    no title

    1: ジャンピングDDT(大阪府)@\(^o^)/ 2015/02/16(月) 13:59:51.70 ID:MxUWvOOs0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
     15日午前8時5分ごろ、青森県平川市の東北自動車道下り線で軽トラックが逆走していると、通行中の車などから110番があった。
    警戒中の警察官が約20分後に、同市碇ケ関西碇ケ関山の東北自動車道弘前線の上り線で軽トラックを発見した。事故やけが人はなかったが、逆走距離は計約3キロに及んだ。

     高速道路交通警察隊によると、運転していたのは岩手県内の80歳代の男性。碇ケ関料金所から下りランプウエー(RW)を逆走したうえ、本線を秋田県方面へ約1キロ逆走。
    その後逆走に気づいてUターンし、同料金所内側の駐車場に戻ったが、今度は上りRWを逆走し、上りの本線を走行した。
    このトラブルで、下り線の小坂インターチェンジ(IC)-碇ケ関IC間は約20分間通行止めとなった。【石灘早紀】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150216-00000013-mai-soci

    【爺「ああ、逆走してるわ」→Uターンして反対車線を逆走】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: シロディール住民 ★ 2015/02/15(日) 20:14:40.05 ID:???.net
    毎日新聞 2015年02月15日 13時46分(最終更新 02月15日 19時18分)
    米ニューヨーク市のイエローキャブに採用された日産のNV200=日産提供
    no title


     ◇日本発・世界のヒット商品

     日産自動車のミニバン「NV200」は、米ニューヨーク市名物の黄色いタクシー
    「イエローキャブ」の次世代モデルに選ばれた。ミニバンの特徴である車内の広さ
    に加え、現地のニーズにも対応して同市のコンペを勝ち抜いた。

     ニューヨーク市は2009年、排ガス中の二酸化炭素削減や渋滞の緩和を狙い、
    次世代タクシーの開発を公募した。同市はNV200の燃費の良さや、小型でも車
    内が広いことなどを評価。最終選考に残った米フォードなどを退けた。イエローキャブ
    約1万3000台が、13年から入れ替わり始めている。

     ミニバン特有の車内の広さや、乗降を助ける補助ステップ、景色を楽しむための
    透明な天井パネルなど、基本仕様は日本モデルと同じだ。

     しかし、日本向けはエンジン排気量が1.6リットルだが、イエローキャブでは2.0
    リットルに大型化し、力強い走りを好む米国の乗客に対応した。銃犯罪が多い米国
    の事情も考慮して、オプションで防弾ガラスも用意している。また、タクシーは一般の
    車よりも走行距離が長いため、日産が各タクシー会社に整備方法などを教える体制
    も整えている。

     ニューヨーク市では現在、トヨタのハイブリッド車「プリウス」など20車種以上がタク
    シーとして利用されている。同市が、NV200を独占的に採用することには、地元タク
    シー団体から不満も上がり裁判になったが、ニューヨーク州高裁は昨年6月、同市の
    判断を「合法的で適切」と認める判決を出した。

     日産はイエローキャブ向けをメキシコの工場で生産し、価格は2万9700ドル
    (約356万円)。北米日産の広報ダイレクター、トラビス・パーマンさんは「乗り心地
    など、評判はいい。毎日約60万人が利用するニューヨークのタクシーは、当社の商
    品力を世界中に披露する絶好の機会だ」と話している。【山口知】
     ◇ミニバンやワゴン主流に

     タクシーはセダンタイプが主流だったが、近年は車内の広さなどが好まれ、ミニバン
    やワゴンタイプの開発が進んでいる。日産は、1960年から法人向けタクシーとして販
    売してきたセダン「セドリック」の生産を終了。今年から国内でもNV200を発売し、法
    人タクシー向けの車両として一本化する。トヨタ自動車も、タクシー業界と協議しながら、
    ワゴンタイプのタクシー開発を進めている。

    http://mainichi.jp/select/news/20150215k0000e020136000c.html

    【日産:快走イエローキャブモデル 車内広々、防弾ガラスも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント
    1: ショルダーアームブリーカー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/02/15(日) 10:10:04.19 ID:dCHl0Vm20.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典
    新型マツダ・ロードスター、買っても「安心」な3つの理由

    1月31日の報道解禁とともに、怒涛のように押し寄せるNDロードスターに関する情報。まだハードウェアの核心は明らかになってませんが、
    著名ジャーナリストのインプレッションを目にして、“お品書きを見てもないのに食べた気になってる”みなさんも多いことでしょう。

    さらに3月20日からの「先行商談予約」スタートもアナウンスされ、いちはやく乗りたい“一番納車”希望者が殺到することは間違いないところです。


    オーナー熱烈希望する人も、まだ購入を迷ってる人も…NDロードスターが気になって仕方がない今、購入後の“ハッピーライフ”についてご紹介します。


    【その1】いつまでも「下取り価格」が期待できる

    購入するからには長く乗りたいロードスターですが、気になるのが数年後に残る「価値」です。その指針は中古車マーケットを見るとわかります。

    市場が形成されているということは、サスティナブルな「価値」があるということ。そのリセールバリュー(売る際の価値)を、世代順に見てみましょう。

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150215-00010003-clicccarz-bus_all👀

    【新型マツダ・ロードスター、買っても「安心」な3つの理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 68コメント
    1: ショルダーアームブリーカー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/02/15(日) 12:45:55.18 ID:dCHl0Vm20.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典
    ホンダ S660 プロトタイプ、開発責任者はなんと26歳…スタッフ平均年齢も30代

    ホンダは2月14日、北海道にあるテストコースの鷹栖プルービンググラウンドで来月発表予定の軽スポーツカー『S660』を報道陣に公開した。

    この日、会場にはS660の開発責任者は姿を見せなかったが、開発責任者代行を務める本田技術研究所四輪R&Dセンターの安積悟主任研究員は
    「S660の開発責任者は非常に若くて、今26歳。開発スタッフも若手ばかりで平均年齢は30歳代」と明かす。

    26歳という若い開発責任者が誕生した経緯を開発部門のトップ、本田技術研究所の山本芳春社長に聞いたところ、「あの車のもともとのスタートは、
    研究所50周年記念のイベントで従業員にアイデアを募集したところ、『ゆるスポ』という提案があって、それが従業員投票で一番になった。
    それを提案したのが彼だった。一番の褒美として試作車を造ってもらって、本来ならそれで終わるつもりだった」というエピソードを披露。

    ところが「ホンダの株主総会で株主様からの要請に伊東孝紳社長が『軽スポーツを造る』と答えたことがきっかけになって、本気で造ることになった。
    軽スポーツを造るにあたって、もともと『ゆるスポ』という提案があったのだから、それなら彼にやってもらおうと、かなりシンプルに決めた」ということだった。

    以下ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150215-00000005-rps-ind👀

    【ホンダ S660 プロトタイプ、開発責任者はなんと26歳…スタッフ平均年齢も30代】の続きを読む

    このページのトップヘ