乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自転車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    smartphone_jitensya_man

    1: 2021/04/16(金) 19:33:50.12 ID:vNAD7Dvt0 BE:844628612-PLT(14990)

    自転車に少額違反金 取り締まりの新制度創設へ 14歳以上検討(毎日新聞)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6690255cd50aba71fa99121fb4b996c024506a8c

    警察庁の有識者検討会は15日、自転車運転の取り締まりについて、新たな違反金制度の創設を求める中間報告書をまとめた。 自転車運転が摘発されても起訴される割合が極めて低い現状を踏まえ、少額の違反金を支払わせる枠組みを作ることで、多くの違反者の責任を問うことを求めた。

    警察庁は新制度の創設に向け、道路交通法の改正を視野に検討を始める。検討会は立ち乗り二輪車「電動キックスケーター」
    などの普及で交通環境が複雑になることを見据え、自転車の違反者に対する取り締まり強化の必要性を指摘した。

    新制度では交通違反をした自転車の運転者に違反金の支払いを求める。刑事罰とはせず、前科はつかない。対象は14歳以上を目安に検討し、運転免許証やマイナンバーカード、
    学生証といった身分証明書などで本人確認する見込みだ。自転車には運転免許制度がないため、車やバイクのような点数制度は作らない。

    警察は2006年以降、信号無視など悪質な自転車運転の摘発を強化しており、20年の摘発は2万5465件で06年と比べて40倍超に増えた。
    摘発の際は大半のケースで刑事手続きに入ることを示す「交通切符」(赤切符)を交付。検察が略式起訴すれば裁判所が罰金などを科している。
    しかし、道交法違反罪で実際に起訴されるのは1~2%にとどまる。

    罰金となれば前科として残るため、検察側は極めて悪質な違反以外は他の犯罪とのバランスを考慮し、起訴することに消極的になっているとみられる。

    車やバイクと異なり、自転車には「交通反則切符」(青切符)の制度がない。車やバイクの場合、一時停止をしないなど比較的軽い違反をすれば、青切符を切られて反則金の納付を求められる。
    しかし、刑事罰ではないため納付すれば前科はつかない仕組みになっている。

    報告書は赤切符の制度による自転車の取り締まりについて「刑罰的な責任追及が著しく不十分なものにとどまっている」と指摘。
    現在の制度に代わるものとして「少額の違反金など、違反の抑止のために実効性のある方法を検討すべきだ」と訴えている。



    【【朗報】自転車乗りのマナーが悪過ぎるので違反金制度創設へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    d466e00c351e6dd63cc4ac590417badd_t

    1: 2021/04/05(月) 23:37:04.78 ID:8a2m8UBI0 BE:422186189-PLT(12015)

    自転車販売のあさひ 税引き益84%増47億円 21年2月期最高益
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF0568C0V00C21A4000000/

    自転車販売のあさひが5日発表した2021年2月期の単独決算は、税引き利益が前の期比84%増の47億円と過去最高益を更新した。密を避けられる移動手段として通勤・通学などで電動アシスト自転車の需要が高まったほか、運動不足を解消する手段としてスポーツサイクルの引き合いが増えた。



    【自転車がバカ売れ、コロナより危険なレベルに激増】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2021/03/18(木) 05:20:13.32 ID:+R/WttVH0 BE:837857943-PLT(16930)

    「子どもを安全に乗せたい」ママたちの思いに日本の技術が応え生み出された優秀自転車・ママチャリ。
    今や「mamachari 」はsushi, tofu と同じくらい国際語と言われています。

    ママチャリの元祖となる女性用軽快車のスマートレディ(山口自転車)は昭和31年に誕生しました。自転車の軽量化と車体の重心を
    下げたことにより、小柄な女性やスカートを履いた女性が快適に漕ぐことができるタイプの自転車です。

    恐らく最大の工夫が自転車の先に買い物かごを取り付けたことだったのではないでしょうか。

    昭和40年代になると、自転車にサドルレバーが取り付けられ、ますます安定した乗り心地になりました。その後ミニサイクル自転車と
    女性用軽快車が合体し、ママチャリの基本形が誕生します。26インチタイヤを搭載した機能性と便利性が成功した自転車です。

    昭和60年になると「ふらっかーず」(丸石自転車)が登場します。今ではよく見慣れた、前のかごが二つのハンドルで挟まれたタイプです。
    かごの真ん中の底面の位置と車体とハンドルの取り付け位置を精巧に計算。見事に荷物や子どもを乗せても安定性を保てるような
    安全な造りとなりました。

    平成の時代になってから安全性と安定性を最大の課題とした優秀な自転車…ママチャリがますます進化していっています。

    アメリカの名無しさん
    ママチャリを買いたくてずっと探しているの。数年前日本に住んでいた時には持っていたのよ。かごを前に取りつけてカギも簡単に閉められて
    すごい便利で気に入っていたの。アメリカでシンプルなママチャリをどこで入手できるか誰か知らないかしら。

    アメリカの名無しさん
    ママチャリはとても頑丈なんだ。最初に購入した時、その作りの素晴らしさにびっくりしたね。

    https://golden-zipangu.jp/mamachari/
    no title



    【日本のママチャリが世界で大人気 寿司や豆腐と同じくらい国際語へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2021/02/16(火) 13:09:18.64 ID:SJNth/wq9

    ※読売新聞

    全国で初めて自転車による道路交通法違反(あおり運転)などに問われた埼玉県桶川市、無職の男(33)の初公判が16日、さいたま地裁(中桐圭一裁判官)であり、男は「間違いありません」と起訴事実を認めた。

    起訴状では、男は2019年8月21日、同県上尾市内の道路を自転車で走行中、乗用車の前に飛び出し、運転者に危害を及ぼすような妨害運転を行ったなどとしている。

    男は、自転車によるあおり運転をくり返していたとされ、地域住民から「ひょっこり男」などと呼ばれていた。今月9日には、千葉県内でも同様のあおり運転をしていたとして、同容疑でさいたま地検に追送検されている。

    2021/02/16 11:36
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20210216-OYT1T50107/
    no title



    【「ひょっこり男」初公判、自転車であおり運転の起訴事実認める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2021/01/21(木) 17:31:35.96 ID:PBJNSnmJ0 BE:663277603-2BP(2000)

    デザイン
    no title



    ウィリエールが発表した話題の軽量エアロロード「FILANTE SLR]」に早くも限定カラーが登場する。
    イタリアのハンドメイドペイントによる、艶やかなアスタナ・プレミアテックとトタル・ディレクトエネルジーのチームエディションが日本からも購入できる。
    受注は2月14日まで。

    フレームセット税抜き価格:740,000円
    https://www.cyclowired.jp/news/node/339686



    【ウィリエールからミクさんカラーのエアロロードバイクが登場】の続きを読む

    このページのトップヘ